// PCで表示させたい内容

海外の反応「東京はオリンピックの夏の暑さの対応のためにより多くの救急車と言語サポートを準備している」

来夏のオリンピックおよびパラリンピック競技大会での熱中症の急増に対する安全対策として、東京消防局は追加の救急車とアスリートと観客のための多言語サポートを準備している。
消防署には合計約260台の救急車がある。
通常、新しい隊は6年後にサービスを停止し、古い救急車は廃棄されるまでしばらくの間予備として保管される。
しかし、オリンピックの一時的な対策として、処分されるはずだった古い救急車を保持することを検討しており、それによって車両の総数が増加している。
また、追加の残業シフトや地元の消防署との協力により、2020年の大会中に利用可能な救助隊員の数を増やすことも計画している。

https://www.japantimes.co.jp/news/2019/08/20/national/tokyo-2020-olympics-ambulances/#.XV0VVXvgqUkより翻訳


●「2017年7月の通訳センターの開始に従い、その部門は現在、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語の5言語の緊急連絡に対応可能だ。」
消防部門によると、英語を話すことができる隊員を含む35以上のレスキュー隊があるという。
おお、そんなこと知らなかった。

●↑多くの熱中症患者がでるだろうね。
僕はエアコンの効いたリビングに腰かけて、65インチのテレビでオリンピックを見ることにするよ。
ありがとう。

●↑65インチだって?
田舎かよ。

●↑そうだね、1LDKの部屋ならもっと大きいやつの方がいいよね。

●↑オリンピックが行われる時、東京にいるよりこの方がどれほどいいかわかんないよ。

●↑僕は東京に住んでいるが、東京は避けるだろうね。
君は夏真っ盛りのここがどうなっているかわからないんだ。
何にも楽しくない。
苦痛のみさ。

●↑だから俺はインドアの競技のチケットを取ったんだ。

●↑俺は日本は日本でも東京じゃない所のチケットを取ったよ。

●↑>英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語
つまり、日本にいる大半の人々はアメリカ人、中国人、韓国人、そしてブラジル人なんだな。


●政府が推奨しているエアコンの温度が28度だということを思い出せ。

●↑おっと、俺のは25度だ。

●↑生暖かそうですね。
夫が暑苦しいから、私たちのは21度くらいよ。

●↑僕はオリンピック期間中、日本を出るか少なくとも東京を離れようと考えているんだ。
チケットは当たらなかったし、ばかげたショーのように思える。


●1964年の例に従い、オリンピックを10月に行うべきだ。
2020年の夏は酷になるぞ。

●↑でも、スーパーボウルが。

●↑ワールドシリーズもな。


●患者を受け入れる病院を見つけるのに、救急車はまだ何時間も走り回らないといけないのだろうか?

●↑日本のことを言ってるのか?



●日本がオリンピックに向けてどう準備しているかについて読むと日本に行きたくなるよ。

●↑東京に行ったことあるの?
思ってるより人通りが激しいぜ。
それでも行きたいのかい?


●僕は医療の経験があり、3言語を話せるんだ。
このの仕事にどうやって契約するんだい?

●↑仕事だと?
金をもらって?
「無償のボランティア」だと言われてもおかしくないぜ。

https://www.reddit.com/r/japan/comments/cswm2k/より翻訳

3 Responses to “海外の反応「東京はオリンピックの夏の暑さの対応のためにより多くの救急車と言語サポートを準備している」”

  1. 名無しさん より:

    でも五輪中は首都高全域値上げで下道が混むから救急車の到着遅れるんでしょ

  2. 名無しさん より:

    何で主催者のクズどもは頑なに時期をずらそうとしないんだ?

  3. 名無しさん より:

    救急車の確保は良いことだけれど、
    その先の病院側の費用はどうなっているのか?
    海外から来られる方の医療費はすべて個人任せが基本なら
    途上国の方達はもちろん医療費払えないでしょう。

    せめてオリ、パラリンピック期間だけでも入国時の全ての外国人に
    医療保険加入等を必須とするべき。
    様々な国の人達を治療するには言語や習慣、宗教等の違いで関係者の精神的な
    負担が増加する病院側に金銭的負担を強いる事にならないように願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ