海外「大谷は爆風を巻き起こす!」大谷翔平の特大アーチに


image credit:mlb.com


■試合開始直後、大谷翔平の特大アーチに熱狂

米大リーグで、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)レイズ戦に先発出場し、初回の第1打席で24号本塁打を放った。

MLBは公式ツイッターで「彼にとっては大したことじゃない。試合開始直後に、巨大看板を越える打球速度116.1マイル(約186.8キロ)、飛距離453フィートの本塁打を放った」と記し、米ファンも熱狂している。


■海外の反応

●とあるアメリカ人
この時点で、彼がAL MVPを受賞しないわけないよ!


●とあるアメリカ人
彼は今まで見たこともないような自然な形で両方を支配しているね。


●とあるアメリカ人
大谷選手はホームランダービーの準備をしているようだな。


●国籍不明
シーズンを通して健康なままこのレベルを維持できたら、ALのMVPは間違いないよ。まさに今歴史を作ってる。これからもレジェンドでいてほしい。


●とある中国人
エンゼルスにはあと6、7人のショウヘイが必要だね


●とあるアメリカ人
爆風が巻き起こっていたな!


●とあるアメリカ人
あれは爆弾だったよ!


●とあるアメリカ人
宣伝されているよりも更に優れているよね?だいたい多く場合は、アジア出身の選手は過大に宣伝されている気がするけど、この選手は全く信じられないほど、評判以上だと思う!MLBで活躍した史上最高の日本の選手になりそうな気がする。



●国籍不明

大谷選手はどのポジションでも野獣みたいだね。なんて素晴らしいんだ!


●とあるアメリカ人
マジ興奮した!


●とあるアメリカ人
他の選手とは音が違う気がするね


●とあるアメリカ人
彼は最も雄大なホームランを打つから、YouTubeで見ていても飽きないよ。


●とある中国人

私は、大谷翔平のように、5回から始まって6回で勝ち、7回で外野を守って中継点を取り、8回で外野を守って9回で救援を受け、そして…と、試合全体の活躍を見るのが好きです。


●とあるアメリカ人
453フィート以上あったはずだよ!


●とあるアジア人
投げるのも打つのも上手い!!! 前人未踏!



●国籍不明

彼は絶対的な存在だな


●とあるアメリカ人
もし彼とデグロムが健康を維持し、今のレベルでシーズンを戦い続ければ、彼らがそれぞれALとNLのMVPを受賞しないわけがない。


●国籍不明
彼は毎試合のようにホームランを打っているようだ。


●とあるアメリカ人
うわー、なんて素晴らしいショットなんだ!!!


●国籍不明
健康でいてください、大谷さん


●とあるアメリカ人
あのスウィングが好き!


●とあるアメリカ人
ホームランダービーを勝ち取りに来ることを皆に予告しているんだよ。彼はイベント中に500フィート以上のホームランを打つような気がする。


●国籍不明
神だ!




ttps://www.mlb.com/video/shohei-ohtani-s-453-ft-home-run
ttps://www.facebook.com/mlb/posts/10159573127882451
その他より翻訳、引用

コメント

  1. 名無しさん より:

    イチローだって最高の選手だったと思うのだが、アメリカ人には理解できないんかね?

    16
    4
  2. 名無しさん より:

    毎回毎回ホームランにしか興味ないんかね?あいつらは。もっと立ち居振る舞いとか一挙手一投足に目を向けてほしいもんだ。

    17
    2
  3. 名無しさん より:

    日本人がホームランダービーにノミネートされたのは素直にうれしいね

    16
    1
  4. 名無しさん より:

    大谷はすごいだけで日本人がすごいわけじゃなので勘違いするなw

    3
    20
    • 名無しさん より:

      チョンは巣にお帰りください

      11
      2
    • 名無しさん より:

      10年前亡くなった祖父が
      「自分がアフリカに生まれていればここまでの成功はなかった。自分達が可能性に恵まれてるのは、日本のおかげ。国際的地位と信用を勝ち取った先人達や同胞のおかげ。」とか言って、色んなとこに寄付してた。
      「〜が凄いのであって、日本人は凄くない」とか言ってる人を見ると、どうしても思い出す。。

      13
  5. 名無しさん より:

    なんだ朝鮮人か

    9
    2
コメントを書き込む
※露骨な誹謗中傷となる表現は避けてください。

(反映までタイムラグがあります)

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ