// PCで表示させたい内容

日本人女性は最高だけど結婚すると豹変する、日本人の妻と協議離婚以外で早く離婚する方法ってないの? 海外の反応

(スレ主)
私はアメリカ人で、米国では協議離婚は認められていないため、協議離婚はできません。
私が協議離婚ができない事を知る前に、離婚のためのお金の金額に同意しました。
それで、私たちは調停離婚をすることに同意しました。
妻は、3か月かかると主張しています。
彼女が本当の事を言っているのかどうかはわかりませんが、彼女は私たちが同意した金額を支払わないことをほのめかしています。
彼女と一緒に暮らすことは、彼女が私を脅迫し、いつも怒っているので耐えられません。
アメリカに戻るのに十分なお金がありません。
私は賃金の安い教育の仕事をしていて、日本語学校に通いながら夫をしています。
彼女と彼女の親は、彼らが弁護士に行き、私たちが法廷に行っても何も手に入らないと主張しています。
私は弁護士に持っているものを少しでも払って、自分の状況について相談するつもりですが、誰かがもっと早く離婚する方法を知っていることを望んでいます。



●彼女達は多分あなたが情報を得られると知っているんだよ。
弁護士を雇うんだ。


●なんでそんなに早く離婚したいの?

●↑私がスポンサービザでいるから。
彼女が更新しないと確信しているから。


●私の理解ではアメリカのある州は協議離婚を認めている。
たしかカリフォルニアとかそうだったと思う。


●それは大変だ。


●アドバイスできることは少ないけど、私も日本の女性と複雑な離婚協議中だから本当にあなたに同情する。


●ある場所に住むことは旅行で訪れるのとは全然違う。
物事をまともに受け止めちゃいけない。



●↑日本は美しい国。
素晴らしい歴史、おいしい食事。
日本人女性は付き合っているときは最高だけど、一度結婚するとモンスターに豹変する。


●もし子供がこの状況でいたらと思うと想像できない。
胸が痛い。


●奥さんやその両親たちがあなたにうそをうかないとでも思ってるの?


●市役所に行って奥さんが勝手にハンコを押せないようにする書類をとってくることを勧める。

●↑ハンコ隠す方が簡単じゃない?


●婚前契約書がない限り、普通は折半になると思う。

●↑婚前契約書はない。それに別に半分もいらない。
ただアメリカに帰ったときにホームレスにならない程度欲しかったんだ。



●奥さんはおそらくあなたが諦めるようにさせているんだ。
良い弁護士のアドバイスに反しない限り、絶対に自分で対処しちゃだめだ。


●トピ主の奥さん、明らかに精神的に問題あるよ


●聞いてもいいかな、なんで奥さんそんなに攻撃的になっちゃったの?

●↑忘れないで、redditではストーリーの一部しか知ることができないことを。


●本気で、アメリカに戻るお金ないの?
そんなのばかげた状況だけど、本当に絶望的だったらアメリカ大使館が助けてくれると信じてる


●何も助けてあげられないけれど、きっとすぐよくなるよ。
今の状況を気の毒に思うよ。


●ハハ、奥さん寝取られたんだろ。

https://www.reddit.com/r/japanlife/comments/do98rm/より翻訳

57 Responses to “日本人女性は最高だけど結婚すると豹変する、日本人の妻と協議離婚以外で早く離婚する方法ってないの? 海外の反応”

  1. 名無しさん より:

    詳しい事情を一切言わないということは、何か自分に都合の悪いことを隠しているかもしれんね
    結婚して豹変するのは国籍男女問わず、一定数はいるだろうにね

    • 名無しさん より:

      まともに働いてなくて、妻と妻方の親に生活費の面倒みてもらってた寄生型とみた

      • 名無しさん より:

        >私は賃金の安い教育の仕事をしていて、日本語学校に通いながら夫をしています。

        これ、日本の妻や妻の親に生活の面倒見て貰っていて自分の財産は無かったパターンでは?
        これ夫が生活費の半分出していたなら結婚後の共有資産で裁判することはできるけど、妻が養ってたのなら妻や妻の親が結婚前から持ってた財産を何で夫にあげなきゃいけないのよ?
        そんなのアメリカですら難しいんじゃない?

  2. 名無しさん より:

    日本でワケ有りだから外人にいった女
    見た目、性格がいい女は既に日本人の男にお買い上げされてる

  3. 名無しさん より:

    こいつ童貞で結婚したのか?
    女なんかどこの国でも同じだよ

  4. 名無しさん より:

    その女の人がそうだっただけで
    全日本人がそうってわけではないような

  5. 名無しさん より:

    外国人英語教師が生徒に手を出して日本嫁ブチ切れて「小遣い制」宣言とか、割といっぱいある話。

  6. 名無しさん より:

    外国人と結婚する女は日本人の中では活発的なキツイ性格をしていることが多い

    • 名無しさん より:

      今日ジムでみたわwwいちゃいちゃしてたけどお互い浅い感じが伝わってきて笑ったwせめて片方ぺらぺらじゃないと人となりわからねぇよ?常識だろww

    • 名無しさん より:

      それな!
      日本で余った女性が外国人と結婚してるイメージ
      才能があって海外で活躍してたまたま外国人と結婚した日本人女性は例外で素敵な人もいるけど
      最初から外国人狙いの女性は気が強いから要注意
      まあ、中国、朝鮮人女性の方がもっと気が強いけどね

  7. 名無しさん より:

    結婚して女神になる女のほうが少ないと思う
    とはいえ日本人にもアメリカ人っていうブランドが目的で結婚をする卑しい女もいるからなあ
    まぁおつかれした

  8. 名無しさん より:

    日本人の女に幻想抱きすぎでしょ。ほとんどは結婚後に豹変するよ。

    • 名無しさん より:

      日本人女性は男に奴隷のように尽くすと勘違いしてる外国人いるからね
      財産持ってるメイドのつもりで結婚したら家事はしてくれるけど給料全部持ってかれて後悔する外国人男性いるよね
      最初に日本人差別や女性蔑視で日本のイメージを決めつけて現実を知らずに結婚するとそんな目にあう

  9. 名無しさん より:

    不倫か借金?奥さんが攻撃的になって、奥さんの両親がすぐ味方につくとしたら…
    ただ奥さんがおかしいだけかもしれないけど

    • 名無しさん より:

      イライラしてたのは普通に賃金の安い仕事についてて、もっと上を目指さないで現状維持してたからだよ。日本語の出来ない英語講師で手取り18万円以下じゃ半年が限界だろうね。

    • 名無しさん より:

      英語教師はルーザーだって、同じアメリカ人から言われるくらいだからなぁ。

  10. 名無しさん より:

    外人って日本人が避けるタイプの地雷の日本人女性を好む傾向にあるよて

  11. 名無しさん より:

    付き合っているうちは相手の嫌なところも我慢して居られるけど、結婚したら我慢できなくなるんだろうね。

    文化の違いとか何となーく嫌なことがあっても遠慮して言わずに居て、突然キレるんだろう。

    何回かの数時間のデート時と42時間365日ずーっと顔合わせてる時じゃ女性の心持ちも違うだろうに

    • 名無しさん より:

      「亭主元気で留守がいい」っていうしね。
      昼間は働きに出てて夜だけ顔を合わせる程度が
      お互いにストレスを溜め過ぎることもなく円満な関係が続くコツかもね。

  12. 名無しさん より:

    男女国籍に限らず程度が違うだけでそういう面はあるんじゃないの
    少数ではあるが日本女性が結婚前に猫を被ってる事があるのは否定しないけど

  13. 名無しさん より:

    典型的なロシアの女性

    10代前半:可憐な妖精
    20歳前後:おかん
    20代後半~:ビール樽

  14. 名無しさん より:

    帰化済みなキムラだのカネコだのいう苗字だったりするとかかもしらんしな

    • 名無しさん より:

      多分それだと思う。
      あと日本の女は、ホームレスの男性よりも遥かに劣るんだから感謝して暮らせよ。

      「高学歴ま~ん」とか無価値だと言う事に気付けてない時点で低能だぞ。

      • 名無しさん より:

        わざとらしすぎて笑ってしまうw
        どんなに扇動しても日本の男女は対立しないし、国際結婚も増えずに、日本をリベラルな移民国家にするのは難しいですなぁw

  15. 名無しさん より:

    日本の文化も知らずにヒモ生活
    だったのであろう
    出て行けと言われる原因が有る筈だ

  16. 名無しさん より:

    まぁ、ボーイフレンドじゃなく家族になれば
    親に接するのと同じで遠慮が消えて本音がでるよね。

  17. 名無しさん より:

    普段は『日本人は表裏があって本音を言わない』とか文句を言ってるのに
    身内になって本音を言われるようになったらなったで文句言うんだなw

  18. 名無しさん より:

    同じ場で双方の意見を聞いてみないと公平じゃないね。
    相手がいない場所では一方的に自分の都合のいいように言えるからね。

    相手が反論できる場では嘘をついても指摘されるから
    言えない事が多いんじゃないかな。

  19. 名無しさん より:

    何でそんな女に行ったんだ、おまえ・・・

  20. 名無しさん より:

    この手の話は相手側の言い分も聞かない限りわからん。
    豹変する程ってことは、この外人男の方もクズに違いない。

    • 名無しさん より:

      それな
      豹変せざるを得ないくらいの将来考えたら叩き直さなきゃいけないクズの可能性
      嫁が本性アレだったのと半々くらいであるよな

  21. 名無しさん より:

    話がいまいち読めないな。
    要するにヒモレベルの貧乏外国語教師のアメリカ人が、離婚するにあたって嫁家族からさらに金を引き出したいという話?
    で、日本で働くための保証人が嫁になってるから、このままだと不法移民に転落するみたいな話?

  22. 名無しさん より:

    自分がゴミ女に引っかかったゴミ男なだけだろw

  23. 名無しさん より:

    どうせ甲斐性なしの怠け者で
    ロクに家庭にカネも入れない英会話教師だろ?
    離婚後の生活費まで無心する時点でクズ確定じゃん

    まあ選んだ嫁にも責任あるけどな

  24. 名無しさん より:

    アメリカでは協議離婚がない
    ってどういうこと?

    • 名無しさん より:

      ちょっと興味が出て調べてみた。
      日本ではドラマみたいに判子ついて役所に提出で協議離婚が成立する。
      でも米国ではきちんと裁判所で調停をしないと認められないようだね。
      日本で協議離婚してもそれは日本国内でのみで、米国人であるこの人は向うでは結婚したままということになるようだ。
      この人は今後も日本で暮らしたいようだから、次の保証人を見つけないといけない。おそらく保証人になる次の女の目処はついているから、ビザの期限が切れて強制退去になる前に今の嫁と離婚して乗り換えなきゃいけないという話なのかと。日本で別の女と結婚するには協議離婚ではだめなんだろうね。向うの方で重婚扱いになるだろうから。
      で離婚が先か強制退去が先かで慌ててるのかと。
      ついでに当面の生活費も欲しくてごねてると。

  25. 名無しさん より:

    結婚しても一緒に済まない方がいい。マジで価値観が衝突して仲が悪くなる。
    仕事終わりに会うくらいに留めないと後悔する。

  26. 名無しさん より:

    甲斐性なしの男なのはわかった

  27. 名無しさん より:

    どうせこいつも自国でルーザーだった男だろ?
    日本女性にモテると信じて来日したネット弁慶タイプ
    外人ハンター系の女くらいしか外人男は捕まえられないんだから仕方ない
    豹変するんじゃなくてこいつが普通の日本女性を掴えられる程の魅力がないだけ

  28. 名無しさん より:

    公平に言えば結婚すると豹変するってのは何処の国でもあると思うで
    男女に限らず。この件は知らんけどな。実際、沢山の人が離婚するけど結婚する前は相手がそんな人だとは思ってなかったんだよね

    俺はSNSでの女たちの男叩きを見て、女も男とまったく変わらんと分かっているから
    女に対して変な幻想を持ってない。どんな美男美女も中身はおっさん、おばさんと一緒
    結婚までする必要はないし、自分が働いた対価の半数を捧げるに値する異性は存在しない

  29. 名無しさん より:

    どの程度の資産を保有して結婚したか、日本での収入がどの程度でその収入で生活できていたのか。その辺わからないとなんとも言えない。
    無資産・自分の小遣い程度で生活費無しだったら、帰国費用はともかく自国に帰ってからの生活の保障なんて知ったこっちゃない。

  30. 名無しさん より:

    海外のネットでミームになってる日本の女はみんな白人に憧れてて、
    しかも性格が大人しくて従順っていうのを信じて、
    簡単にヒモ生活ができると思って来日して念願の日本人女性と結婚したけど
    現実はそうではなかったってところかな?

  31. 名無しさん より:

    母国から逃れてきたLOSER GAIJINのくだらん戯言だな。どうせ誰でもやれる英会話教師をやっているのだろうが、そんな奴に信用なんてないから、今の嫁とゴネて他の女へ乗り換えたいというのが真相なのだろうよ。本当にこういう奴らって幼稚な思考のまんまデカくなっているのだろうね。

  32. 名無しさん より:

    逆に日本の男はルーザーではないまともな欧米女でもノー!だからなw 日本在住欧米女が憤るのも分からなくもない。

  33. 名無しさん より:

    日本は女性が強い国だからな
    当の日本の女性さえ知らない人も多いから外国でも勘違いされてるが
    日本の平等はどこでも平等ではなくてTPOで優位が変わる平等
    全体的にみると女性がやや有利になってる
    仕事場では働く男性が優位だが家庭では女性や子供が優位
    刀つくるにも沢山の職人が関わっているように
    完全分業で日本はやってきてる

  34. 名無しさん より:

    外専の女は、日本人なんて興味ないとか酸っぱい葡萄で自尊心を保っている、顔と性格がブスすぎて日本人の男から嫌われているのが全て

  35. 名無しさん より:

    ただでさえ日本の女はメディアの洗脳で尻軽化が進んでるのに、外国人に食らいつくようなのはろくでもないのが多いと思うわ

  36. 名無しさん より:

    協議離婚だから、双方が離婚に同意すればいいだけの話。
    でも、反対される理由は、おそらく子供がいたり、現在妊娠していたり、
    この外国人が女性側に金銭の借りがあるのかもね。
    日本語学校に通っているくらいだから、家や金銭面をバックアップして貰ってたんじゃないの?
    散々利用して、離婚すればいいと思ってるのは外国人だけだよ。
    これ、金を払うように言われているって事がミソ。
    こいつ、自分が被害者に成りすましているけど。おそらく、自分がクズ。
    外国に住んで外国人と結婚している日本人妻が多くの被害を受けた事案と同じ。
    この外国人男性は、ただのヒモ。
    どうせ、他の女性と結婚したくなったとか、付き合っているんだろう。
    だから、協議離婚なんじゃねぇの?普通なら、クズとはさっさと縁切りたいもん。

    • 名無しさん より:

      日本にいる欧米人はいざとなれば
      ドロンして帰国してしまえばチャラになると思ってるからね。
      とくに在日米軍の兵士やアメリカ企業の単身赴任者はその傾向が強く、
      ハーフの子供をもつ母子家庭を量産してる。

      そういう外国人は籍を入れるのを嫌って
      事実婚(内縁の夫婦関係)を望む場合が多い。
      逃げた跡で足が着かないよう、
      妻に教えてた勤め先の会社名も架空だったりね。

      仮に知人のつてで本国の居場所を突き止めても
      そこには籍を入れてる本当の妻と子供がいたりする。

  37. 名無しさん より:

    アメリカの離婚者は3.60/1000
    日本の離婚者は1.77/1000

    離婚の理由が「豹変」ならアメリカ人の方がダブルスコア超で豹変してるという結果になるな

    個別の事情を知らない立場で(日米カップルの離婚の原因を)推定しろと言うなら、どっちに火元があるのか上の数字が示してる通り、としか…

  38. 名無しさん より:

    遺産目的なんだろうな

  39. 名無しさん より:

    双方思い込みが強かったのでは?
    前にアメリカ人と付き合っていた日本人の話に「キミは日本人なのに何で料理しないの?」とか言われたという人居た。裏を返せばアメリカ人が日本人女性=尽くしてくれる、家庭的、男を立ててくれる、従順という思い込みの強さからだろう。

  40. 名無しさん より:

    日本は双方納得していればすぐ離婚出来ます。
    離婚するのに3ヶ月かかるのは韓国です。
    もしかして在日の方と結婚されたのでしょうか?

  41. 名無しさん より:

    しっかし何故日本に来る欧米圏の男ってこの手の負け犬外人が多いんだろうな
    逆に日本に来る欧米圏の女は割と普通なのに

  42. 名無しさん より:

    日本人女×外人(白人)男の組み合わせの典型的なパターンだろ、これw

    鼻筋の通った手足の長いハーフの子が欲しいあまり、ホームレスでも何でもいいと思うほど外人に病的なまでの憧れを抱く日本女。

    片や、従順で何でも自分の言いなりになって無条件に言うことを聞くと思い込み、日本女に馬鹿げた幻想を抱く外人男。

    要するにお互い相手を哀れなほど美化・理想化し、勝手に描いたおよそ現実と乖離した過大評価な姿を相手に重ねて結びつく。

    当然そんな馬鹿な理想像は存在するはずもなく、相手への評価は結婚後はひたすら絶頂から谷底へ落ちるのみ。この組み合わせは最初から離婚はもはや時間の問題という本質的欠陥を抱えているんだよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ