「自称民主国家の韓国」歴代大統領の恩赦を巡り大揺れ!「情治国家」【韓国の反応】

応援クリックよろしくお願い致します!


人気ブログランキング



■反省すれば赦免?李明博·朴槿恵氏の側近らが激昂「巷の雑犯か」


李洛淵(イ・ナクヨン)代表が取り出した’赦免論’に’当事者謝罪’を条件に掲げると、当事者である李明博(イ・ミョンバク)大統領と朴槿恵(パク・グンヘ)前大統領の周辺で激昂した反応が殺到した。


赦免論そのものは歓迎しながらも、反省を条件に掲げたことに反発する立場がある一方、赦免論を提起した背景に政治的狙いがある」と反発した。特に赦免決定権を握っている側が当事者にボールを渡すのは前例のない話だという批判も出ており、14日に予定された朴元大統領の最終審判決を控え、世論を「無視」するのではないかという不快感も出ている。


李前大統領の側近である李在五(イ·ジェオ)「国民の力」常任顧問は4日、CBSラジオ「キム·ヒョンジョンのニュースショー」で赦免検討そのものについては歓迎しながらも、「(反省を前提とした赦免の主張は)市中の雑犯たちにも言う話だ」と反発した。


金委員長は「当事者の立場では2年、3年刑務所で暮らしたことだけでも悔しいのに、追い出そうとすればきれいに追い出すだけで、どういうことか」とし「最高裁の判決は判決であり、政治的報復に対する悔しさは(別のもの)」と述べた。


また、赦免を断行するためには国民的共感が必要だという意見に対しても、「雲をつかむ話」とし、「(赦免をめぐって)賛成もあり、反対もある。 結局、賛成を選ぶか反対を選ぶかは赦免権者の政治的決断だ」と指摘した。


キム·ギヒョン議員もこの日、同じ番組で元大統領たちを「のらりくらり」扱いしていると強く反発し、「謝罪、反省云々は滑稽だ」と主張した。李前大統領本人も収監直前まで「真実は閉じ込めることができない」と裁判結果を受け入れておらず、反省や謝罪に乗り出す可能性はさらに低いようだ。


朴元大統領側のムードも大きく変わらない。


連合ニュースによると、旧親朴(親朴槿恵)系の座長と呼ばれた徐清源(ソ・チョンウォン)前議員は”赦免権は大統領の固有権限だが、今になって、当事者らに反省文を書けというのは前例がない、とても非道徳的な要求”だとし、遺憾の意を示した。


また朴元大統領の”腹心”と呼ばれた李貞鉉(イ·ジョンヒョン)元議員も「崖っぷちに立たされた支持率反転のために政治化する極悪非道な行為」とし「政権だけのため朴元大統領を重ねて犠牲にする政治ショーは自制しなければならない」と糾弾した。


彼は”李洛淵(イ・ナクヨン)代表と文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、朴元大統領赦免を、必要なときに入れた省いたとしている財布の中カードから見ても”と問い返した。ただ、両元大統領はいずれも高齢で健康状態が良くないため、これに対する周辺の憂慮が深く、赦免のための行動に出る可能性もあるという観測もある。


李元大統領は昨年10月、懲役17年刑の確定で再び収監された後、現在、ソウル大学病院に入院している。 朴元大統領は来週の宣告を控え、拘束収監状態で最近、週2回通院治療を受けているという。



■韓国の反応

●韓国人
数年後、文在寅の赦免を論じる時は謝罪と反省より、”思想転向”をすれば、赦免することが出来そうだね。


●韓国人
本当に礼儀のない政権だよ。


●韓国人
側近たちは知らなければならない! 主体思想に染まった真っ赤な群れ、彼らは日常が皆で悪口を言い合う。 侮蔑感で陵辱することで、魂まで破壊する種族たち!!


●韓国人
赦免は難しいが、そのまま懲役に服して出て来い。


●韓国人
反省は文政権がしなければならないのでは? 国民の前でひざまずかないと!!!! 助けてくださいって言ってみろ!!!


●韓国人
「災い」よ、監房に行って経験してみろ。


●韓国人
反省すべきは現政権と民主党の実力者たちだ。自分達がしたことが、前政権の国政よりもはるかに国を混乱に追い込んだことを反省せよ。




●韓国人
お前たちはもう話を持ち出すな。 反省もしない奴ら、一生監獄で腐れ。


●韓国人
これは、イ·ナギョンのレベルです。 陰険て軽率なのが特徴である人物が、無能で卑怯な文在寅と対比されますね。


●韓国人
反省、謝罪したからと言ってその真正性を信じるのか? 恩赦を受けたなら、自分たちの勝利だと言うだろう。恩赦に反対する。


●韓国人
一般の犯罪者は反省しても、ずっとそれを引きずって生きなければならない。あいつらは反省したら赦免しなければならないのか? 法は公正であってこそ。


●韓国人
犯罪者たちを釈放する日にろうそく集会が再びスタートする、でたらめなことは絶対するな!


●韓国人
謝罪が欲しいのに話にならない。ふざけてんのか!




●韓国人
赦免の話は一体どこから出て来たのか。李明博、朴槿恵の処罰を受けて、国民が民主党に力を与えたのに文在寅大統領と民主党に本当にがっかりです。赦免の話で文大統領と民主党に背を向ける人も多いと思います!!


●韓国人
誰が赦免なんかさせてやるか。


●韓国人
赦免は絶対だめだ。 歴史を正しく立て直さなければならない。 赦免は歴史の後退だ。


●韓国人
謝れば赦免してやる.. くだらないことを言っていますね。




https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=081&aid=0003152948
その他より翻訳、引用


コメント
  1. 名無しさん より:

    ムンは国家反逆罪で死刑だろ。恩赦もクソもねぇよ。

    • 名無しさん より:

      文は離任後、国外逃亡かもね。
      その為に予め娘をタイに移民させたんだろ?

    • 名無しさん より:

      それは他所からの解釈でみれば、の話でしょ。
      ムンがやっている事は韓国と韓国人を想えば
      英雄的行為と言える。まさに韓国人の鑑でしょ。
      叛逆とは真逆だわ。

  2. 名無しさん より:

    韓国は監獄なのかな?

  3. 名無しさん より:

    これだから、いつも日本にタカりにくるんだな

  4. 名無しさん より:

    根本から狂ってるんだよこの民族は。

  5. 名無しさん より:

    恩赦って 何かめでたい事でもあったのかしら?
    お国倒産しそうだし・・コロナでバチ当たってるし・・??????

    • 名無しさん より:

      文が任期終えた後の布石だろ
      一度前例ができれば、それを引っくり返すのは結構難しい

    • 名無しさん より:

      大統領が就任したり退任するたびにやってる
      韓国じゃ前科10犯でやっと駆け出しの初心者扱いだからね
      犯罪は恩赦で借金は徳政令でチャラにするのが韓国のセーフティネットになってる
      まさに犯罪者天国だね

  6. 名無しさん より:

    よく分かんねぇ罪で二人共、有罪投獄
    なのでよく分からん理由で恩赦
    そりゃムン・ジェインは「自分も同じ目に合う」事が確定してりゃそうならないように先手を打つわな

    まぁあいつはこのまま行けば、暗殺されるだろうけどな。
    仮に北と統一したら高射砲で木っ端微塵だろう。

    どっちにしろお縄に付くより先にあの世にたどり着いちゃうだろう。

    • 名無しさん より:

      日本のメディアと活動家と野党は、日本でもそれやろうとしていたからね
      モリトモなんて、贈収賄がなさそうだから、学校名の安倍晋三記念小学校が賄賂だと主張し、その学校名が全く関係ないものだとバレると忖度とやらだけで、政権転覆、逮捕まで狙っていた感じ
      もう基準が韓国と同レベル、さすが朝鮮飲みが普段の習慣に出てしまう方々

  7. 名無しさん より:

    何でいつも楽な方に楽な方に流れようとするんだよ。
    支持を得る為の地道な努力をなぜ怠ったの?

  8. 名無しさん より:

    なんでいっつもマッチポンプみたいな方法で支持率上げ狙うんだろか
    ちゃんと、普通に、働いても支持されない土壌があるのか?

  9. 名無しさん より:

    世界よ。これが朝鮮の国民情緒法だ!

  10. 名無しさん より:

    こんなつまらない事考える必要もない。
    邪魔な民主主義の皮など取っ払って、己の邪魔になりそうなものは
    全て排除しろ。ムンにアンチな連中など、NETで愚痴るだけで
    何もできやしないのだから。

  11. 名無しさん より:

    あれ? 
    ”自称”政治先進国じゃなかったの?

  12. 名無しさん より:

    文大統領は自らの将来を心配してのことだろう
    文も大統領をやめれば、自分や家族などが逮捕される可能性はある
    有罪になっても恩赦で早く出られるように

  13. 名無しさん より:

    >>歴史を正しく立て直さなければならない。

    未開な韓国人らしい言葉だな。

  14. 名無しさん より:

    国際法すら順守できないバ・韓・国が法治国家だなんて誰も思ってねぇからw

コメントを書き込む

サブコンテンツ

カテゴリー

カレンダー検索

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ