新世紀エヴァンゲリオン第25話:海外の反応「人類補完が何を引き起こすかについての説明があるね」


 


View post on imgur.com

●少し前回の要約があって、スーパー予算節約タイムだ。
シンジはいい状態じゃない。

●悪くて有名な最後の2話の始まりだ。
この時点で予算は尽きていて、庵野はどうにかしてやり遂げる必要があったんだ。
音楽はまたもや大げさで、「なぜ彼を殺したのか?」を「喜びの歌」とともに繰り返すのはすごく強力だね。

●うーん、予算が尽きたね。
エピソードが本当に始まる前に、シンジの罪に関する素材が少しだけあるね。

●シンジは第17使徒カヲルを殺したことで苦しんでいる。
そしてもちろん、BGMは「喜びの歌」、前回カヲルがハミングしていたのと同じ曲だと思うよ。
シンジは初号機に向かって「母さん」と叫んでいる。

●このファイナルでの唯一本当の問題は、何かがないことだね。
特に、第25話。
24話の終わりから25話への移行がただ不快すぎることだよ。

View post on imgur.com

「何も見えない……。何も分からない……。」

●シンジだけが霧の海の中にいるシーンになる。
彼は何をしたらよいか教えてくれと友だちを当てにするが、彼が見ているのは初号機だけだ。

●シンジは死んだんだ。

View post on imgur.com

「あんたバカァ?」

●アスカの影が現れて、「内省」の場面に移行する。
レイはここではカウンセラーの役で、とても心配しているね。
あと、3人のレイが自分たちだけで会話もするよ。
レイはむしろ異常心理について関心があるようだね。

●この回はほとんどが繰り返しで、シンジが椅子に座っていて質問に答えるんだ。
彼は彼が知っている人々からの答えを受け取る。
本当はそこにいないとしてもだ。
アスカは彼が孤独で、幸せじゃないと言う……
そしてレイも彼女に同じことを言う。

●次に各パイロットの心理概要報告があるけど、実際本当にこういうの好きだよ。
とても興味深いし、実際かなり影響力があるね。

●シンジは尋問されている。
アスカが使徒に「尋問」されていた時、あるいは人々がゼーレに答えていた時と同じ感じのシーンだね。
アスカが言うすべてはアスカにとって真実で、シンジもミサトもリツコもレイもそうだよ。
これが人間性だ。

View post on imgur.com

●アスカが弐号機の中にいるシーンになるけど、彼女はなぜそこにいるのか分かっていないね。

●アスカは弐号機に乗っている……
シートに対して小さすぎるように見えるね(象徴なの? 彼女はその価値がないと感じているってこと?)。

View post on imgur.com

「でも本当のあなたは他にいるのよ。」

●レイは他の自分と話しているね。

●レイは「本当のあなたは内部に隠されている。」という考え方を一蹴するね。
「私達」のすべてが私達なんだ。

View post on imgur.com

「今は怖いの。」

●繰り返しはレイの独白でリアルになる。
小さいレイが私たちのレイに、すべては終わりに向かっていて、彼女は消えるだろうと言うね。
彼女は怯えている。
ゲンドウが彼女を迎えに来て、こうして「人類補完計画」が開始されるんだ。

●「違う人間がどうやって同じ人間になれるの?」
「他人が同じ名前で私たちを呼ぶから。」
仮面の話に戻れば、我々は各々たくさんの仮面をもっていて、それらをつなぐものは名前、ラベル、同一性を想定するものなんだ。

View post on imgur.com

「さあ行こう。今日、この日のためにお前はいたのだ、レイ。」

●これだ。
これをずっと待っていたんだよ。

●「補完が始まった。」
ゲンドウがレイと出会った後、つまり手のひらにアダムをもっている男と、自分の魂の入れ物であるリリスを具現化した少女が出会った後に。

View post on imgur.com

●「そして人類の補完が始まる。」

●「人類補完計画」?
すべての魂がいっしょになり、お互いに心の穴を埋めあうのかな。

View post on imgur.com

「違う。虚無へ帰るわけではない。」

●人類補完が何を引き起こすかについての説明があるね。

●シリーズの間、人類は常に虚無を持っていて、それを意味で埋めようとしていたが、最終的には常にこの虚無を埋めることに失敗するところを見てきた。
カヲルは最良の人間ができることは、この虚無を忘れることだとさえ語っている。
最終的には、私たちはみなATフィールド(絶対恐怖フィールド)を持っていて、どうであれ私たちは常に孤独であり続けるという意味だね。

View post on imgur.com

「この世界に失われている母へと帰るだけだ。」

●ゲンドウが言うには、補完とは「世界が失った原初の子宮」に帰ることだ。
子宮を記述する方法としてはおもしろいね。
誕生が失われたのか?
リツコはターミナル・ドグマの底と思われる場所のLCLの中に顔をつけて倒れている。
ミサトはどことも知れぬ壁にもたれかかって撃たれている。

ある種の影としてね。
リツコとミサトは会話を交わす。
リツコは、すべての人間の成果がみんなの心の空虚を埋めるために努力したと言う。

●リツコとミサトが両方とも死んでいるのが見え、その間に(虚無にいる)両者とゲンドウがある種の解説をしてくれる。
それによると計画はすべての魂を結びつけ、心の空虚を埋めるんだ。
ミサトは世の中に「良い子」のイメージを与えることに疲れている。
ミサトと加持がセ〇クスしている様子をシンジに見せるんだ。
ミサトは苦しんでいる。

●みんな死んでるね(ミサトとリツコが撃たれて死んでいるのがあからさまに出てきて、糞野郎ゲンドウもね)。

●無に帰するわけではなく、元の状態を保っているんだ。
リツコは水に浮かんで死んでいる。
ミサトは廊下で殺されている。

View post on imgur.com

「と同時にシンジくんの心の中にいる私の心というわけね。」

●次はミサトとシンジだ。
二人は自分たちのことについて話している。
ミサトは自分の自己破滅的な振る舞いについて話す。
彼女は人生のたくさんあった束の間の瞬間について話し、自分は何者かを定義する物について話す。
ミサトは加持にとって自分は人生の問題だと理解しているんだ。
彼女はみじめさの中でも幸福であること、仕事や日常生活のために仮面をかぶっていることなどを話す。
ところが、これは本当の自分じゃない(ペルソナアアアア)、自分の人生は満足じゃないと言う。

●ミサトは自分に嘘をつき、自分は幸福だと言う。
最後に嘘をついていた、自分は幸福じゃないと認めるね。
彼女は不安で、孤独だ。

●次にゲンドウが補完計画を始め、後半が始まる。
ミサトのケースはすごく良いね。
彼女はアニメで最高に展開したキャラクターの1人だし、制作者たちも彼女を独立した女性にすることを恐れていないよ。
ミサトはメディアに存在する純粋無垢な若い女性キャラクターとは正反対だから、すごいと思うよ。

●あと、「純粋な見かけは、汚されたがっている。」
聖女=娼婦、オタク文化のアイドルの概念でもあるね。

View post on imgur.com

●誰かが、ミサトは(正確な名称はわからないけど)セ〇クス依存症に近いと言ってたけど、私はこれには反対だよ。
彼女が煙が出るほどセ〇クスをしているのは知ってるけど、第25話で彼女の心の場面になった時に、多くの男とセ〇クスしたけど、それはセ〇クスのためじゃなく、寂しくてむなしさを埋めるためにセ〇クスそれを使ったって言ってたよ(OK.。なんかアル中の話みたいになってきたけど、それでも彼女を「ビ〇チ」(言葉忘れた)だとは思わない)。

●↑君が探している言葉は「淫乱」だと思うよ。

●「好きな男には喜んでこんな姿を見せるくせに。」
そして、加持かシンジに見せるのか、あるいは両者かとも読めるね。

View post on imgur.com

「でも、まだ泣いてる。」

●今度はアスカの番だ。
つい最近見たばかりのことだけど、失ったアスカの母親をまた見る事になる。
アスカは他人に頼りたくないし必要としない。
だって頼りにならないから。
だが同時に彼女も人間であり、人間の世界から免れない(あるいは、もしそうしたら幸福ではない)。

●アスカは他者を拒否する。
彼女は自己満足していたいのかな?
彼女は傷つきたくないんだね。
もう泣かないから他者を拒否することになるんだ。
山嵐のジレンマの光に照らされて進行する人生だね。

View post on imgur.com

「だからママと死にましょう。パパは私たちがいらないもの。」

●第2のケースはアスカだ。
すでに分かってるけど、彼女には早く成長して、泣かないで、自分でやろうという信念があるんだね。
アスカのケースは既に前に出てきたけど、彼女の母の狂気、娘だと思っていた人形を殺したこと、次に自殺したことについてもっと詳しいシーンが出てくるね。
アスカはみんなが嫌いだけど、1人になるのも嫌だと言うんだ。

View post on imgur.com

「あなたのお父さんが進めていた人間の補完計画よ。」

●今や後退しているね。
我々が見ているものは補完の結果で、ミサトとシンジは演劇を見ていて、さらに劇に参加する。
みんながこれはシンジが望んだ世界だと言い、自己や個人の否定はその希望の結果なんだ。シンジは反論するけど、人々はかえってそれを望んだ彼を非難するね。

●第25話ではみんなの心の中に入って、死ぬときに彼らの魂が悪魔とどう格闘しているかを見ているね(補完計画は本質的には黙示録だよ)。

●劇場の最後の部分はおもしろいね。
ミサトとシンジは演劇を見ていて、シンジは補完計画に関する件を話される。
ここのイメージ大好き。
この最後の2つのエピソードでみんな、何を言ってもいいけど、お金がなかったのに、庵野は優秀な監督だったんだよ。
ゆっくりとした横移動や静止画で必要なアニメーションを減らせるけど、十分な雰囲気を展開できるんだ。

View post on imgur.com

「ただ、今自分で感じているものが事実でしかないわ。」

●「ただ、今自分で感じているものが事実でしかない。」
ハードコアな経験主義、あるいは反対に、深く唯我論的で、深いグノーシス主義的な解釈なのかな?

View post on imgur.com

「そしてその記憶となるものが君の真実となっていく。」

●「その記憶となるものが君の真実となっていく。」
とても建設的な唯我論だね。
でもこれが番組のメッセージだよ。
つまり、私達の自己イメージ、私達の世界のイメージは、私達を認識する他者をどう認識するのかという事によって打ち立てられるんだ。
「客観的な真実」じゃなくてね。

View post on imgur.com

「あなた自身が導いたこの世の終わりなのよ。」

●世界の破滅、この「現実」はシンジの願いだ。
補完はシンジの願いだったんだ。
彼はこの現実の所有者であって、決定を下せる者なんだ。
彼は自分が孤独になれる現実を望んだんだね。

●いずれにせよ、世界の終わりが動きだした。
すべては今シンジの手の中にあるんだ。

●シンジのイメージの世界なの?

●「無への回帰、絶滅、これは君が望んだことだ。」
口唇期のことかな。

口唇期(こうしんき):ジークムント・フロイトが主張する5つの性的発達段階の中で最初の段階。
口は最初に経験する快楽の源で、生存のためにある。
赤ん坊は本能的に吸う。
口から満足を得ることで、赤ん坊には信頼と楽観的パーソナリティが発達する。
時期については諸説あるがおおむね出生時から2歳までとされる。

https://www.reddit.com/2vs8nf/から翻訳

 

31 Responses to “新世紀エヴァンゲリオン第25話:海外の反応「人類補完が何を引き起こすかについての説明があるね」”

  1. 名無しさん より:

    25、26話の脚本はめちゃくちゃだ
    ふつう、何年かまえに脚本って出来上がってるもんじゃないのか
    なにひとつ物語の風呂敷を畳めていない
    プロットは破綻している
    エンターテインメントを放棄してアート風にごまかしてるだけだ
    結末にこれほど失望させられた作品もない
    まどかマギカのほうが上だ、確実に

    • 名無しさん より:

      脚本自体は出来上がってたでしょ
      旧劇が本来なら最終2話になる予定だったけど、
      内容的にストップが掛かったのか、庵野の気まぐれなのかでああなっただけ。
      だからって25、26話が良いとは決して思わないけどw

    • 名無しさん より:

      25話の脚本の良さがわからないとは
      さすがまどマギを過大評価するだけのことはあるな
      エヴァは20年経ってもまだまだ再放送もされてる
      5年程度しか保たずに忘れ去られてる作品とはレベルが違うということ

      • 名無しさん より:

        無理矢理称賛するにはそうやって他作品を貶めるぐらいしかないわな
        まあどうやったって終盤ゴミクソなのは覆せないけどな

        • 名無しさん より:

          その理屈はなによりも最初にコメントした人に突き刺さるから止めて差し上げろ

    • 名無しさん より:

      アニメの脚本なんて放送中にもまだ書き終わってないなんてザラ
      まどマギはたしかにバランス良くまとまったアニメだがそれもエヴァという土台があったからこそ綺麗に落着できたわけだ
      先人を貶めるなかれ

    • 名無しさん より:

      >ふつう、何年かまえに脚本って出来上がってるもんじゃないのか

      そんなの1クールアニメの一部だけだよ
      大まかなプロットは企画書の段階で26話分出来きてたけどね

  2. 名無しさん より:

    身内から「庵野にTVは、無理だOVAでいけ」って言われていたのに
    ムリしてTVでやったそうだしね、案の定無理だった

  3. 名無しさん より:

    今見ると銀魂を思い出してしまってダメだw

  4. 名無しさん より:

    物語を畳む形としてTV版は取りあえず提示されたものと理解している
    ってか旧劇場版のあのエネルギーを思えば、TV最後の2話だけじゃとても間に合わない
    2年待たされたけど、これはこれでよかった
    物語を畳むことができないでアニメにされたことすら忘れられるあまたの残滓よりよっぽどいいよ

  5. 名無しさん より:

    ただでさえ遅れていたのに、クオリティに納得できなくて、外注してたのをまるまる捨てたエピソードだよね
    ビジネス的には御法度だろうけど、低品質で小さくまとめようとするより、結果的には良かったからな
    このやぶれかぶれが話題になり、シリーズが終わってからの社会現象になる端緒っていうが皮肉だけど

  6. 名無しさん より:

    まあ26話内にはとても収まらないよね
    あとから見ると劇場版と流れ自体は同じだけど、リアリタイムで見てた時は結局どうなったんだってばよ…って感じだった

  7. 名無しさん より:

    でもコレがあったからこそ続編映画や今も続く「ちゃんと完結させろ」って意見があるわけで
    商売的には(結果的にだが)大成功だったよな

  8. 名無しさん より:

    TV版までしか観てないか旧劇場版まで観るかでTV版25・26話の評価が変わるな
    とにかく当時は「補完計画って具体的に何をどうやるんだよ!」って不満があった
    劇場版はそれがちゃんと描かれてて満足

  9. 名無しさん より:

    今見るとこういう終わり方もありだと思えてくる

  10. 名無しさん より:

    もし旧劇場版の感想まで出てくるようなら是非反応お願いしたいです
    見た目と最後が全然違うけど25、6話とやってること大体同じだと思うから旧劇場版と見比べた感想見たいな

  11. 名無しさん より:

    ナディアは湾岸戦争がなかったらどうなってたんだろうな
    エヴァの企画そのものが通らない事態になってた可能性もある

  12. 名無しさん より:

    人類保管計画=NWOかな。人間牧場。

  13. 名無しさん より:

    レーザーディスクを未だに持っているが、最後の辺りは未開封だわ
    ナディアは全部開封してあって、特に最後辺りは何度も見たが

  14. 名無しさん より:

    当時リアルタイムで見てたが後半は制作状態が悪化していくのが見ててあからさまに感じられたから、中途半端に作るよりかは時間と金をかけて最高のクオリティでクライマックスを作ってほしいと思ってたのでこの最終回でも納得してた
    LDに完全版が収録されるんだとばかり思ってたから映画になると知った時は驚いたな

  15. 名無しさん より:

    25,26で内面の補完だけに特化させたというのは英断だと思ったけどな
    当時14歳だったから結構心に来た
    劇場版の出来も良かったし、なによりCMが凄かったしな
    そっちのまとめもしてくれるのかな?楽しみ

  16. 名無しさん より:

    今思えば、諦めさえしなければ作品は完結させられる。という
    監督流の人生への応援歌のような作品だったのかも。
    もし、楽な方へ逃げていたなら旧劇はなくスグ忘れ去られていただろうか。

    • 名無しさん より:

      庵野はTV版で言いたい事全部セリフにして言って終わらせたつもりだったんだよ
      ファンが騒ぐから仕方なしに映画作らされて鬱病になって
      「TVでセリフだけでやった話を映像付きでもう一回作るの面倒くさい」
      「もう続き見たいなんて言うな!終ったんだよ!俺を教祖扱いするな!」
      って叩きつけたのが旧劇
      なお、10年たって前向きな気持ちで始めた新劇も3作目で・・・

      • 名無しさん より:

        というかあの頃ネット黎明期で、ダイレクトに悪意剥き出しの罵倒を見ちゃったのが旧劇のアレに繋がったのよね…
        そんなこと知らない、関係ない視聴者はポカーンだったけど
        そういうネットの悪意の洗礼を受けちゃったクリエイターがあの頃多かった。

  17. 名無しさん より:

    予算とか制作状況とかいうけど既定路線だったという話もあるし
    ここら辺は本当に混沌としているよ
    実際テーマ的な所はちゃんと拾ってるわけで心理学っぽいノリにケリをつけるうえではこんな終わりも納得できる

    • 名無しさん より:

      いや、あの当時庵野が「とっくに絵を作ってなきゃいけない時期に脚本すら出来てない」って言ってる
      しかも放送前に言ってるから後から謙遜して言ったとかじゃないしスタッフも同じこと言ってる
      DVDに収録されてる新作カット入りじゃなくリアルタイムで見てた人なら
      20話以降どんどんヤバくなってるのが分かる
      予告編で来週の映像が全く出来てなかったりとかを演出と言うのには無理があるよ

    • 名無しさん より:

      ちなみにDVDに入ってる新規カットは劇場総集編の物で
      その総集編を作った理由も劇場完結編が公開日に間に合わなかったから
      その間、DVDの発売も21話以降に新規カットを入れるために一時中断している

  18. 名無しさん より:

    NHKが旧劇場版まで放送してくれた事には賛辞を贈りたい。
    TVシリーズだけで終わるんじゃないかと心配していた。

    NHKは変わったな。昔じゃあり得なかった。

  19. 名無しさん より:

    社会現象になるなんて作品は殆ど無い

  20. 名無しさん より:

    含み持たせて意味ありげな言葉連発しとけば後は勝手に視聴者が解釈して神格化してくれる

  21. 名無しさん より:

    あー、みんなBSの再放送でここに来たのか
    劇場版までやったんだね、へぇ

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38