海外の反応「2017年における世界のトップ10戦闘機が話題に」

2017年における世界のトップ10戦闘機が話題になっていたので紹介します。

●(動画主)
2017年世界の戦闘機トップ10
1.T-50(ロシア)
2.F-22ラプター(USA)
3.SU-35(ロシア)
4.SU-30(ロシア)
4.F-35 ライトニング Ⅱ(USA)
5.F-16(USA)
5.ユーロファイタータイフーン(EU)
6.ラファエル(フランス)
7.F-15ストライクイーグル(USA)
8.FA-18スーパーホーネット(USA)
9.J-10(中国)
10.JAS-39グリペン(スウェーデン)


●2017年ベストトップ10ありがとう。

●↑トップがロシアという愚かなバイアスがかかっているから、君のビデオは意味がないよ。
T-50が2017年中頃までテスト中でだと言う事さえ知らないんだね。

●↑F-16が5位でラファエルが6位
ハハハ …
愚かなビデオを作る前に両方の能力を勉強しないとね…
なぜ第五世代と第四世代の戦闘機をミックスさせてるの・・・・
一番いい第四世代の戦闘機は第五世代戦闘機に及びもしないよ。
本当によく分かってるのか?

●↑知っているかって?
F16はその世代で最高の戦闘機で、さらに新型のF35はどうなんだ。

●↑でも君がロシア人なら、何ができる?
ロシア人は全ての事で他の誰より優れていると思っているからね。


●T-50は軍隊では使用されていない。実験用だ。

●↑2017年にパクファは就任して、生産開始だよ。


●君がF-18でなくF-15の写真を出しているのを確かめて。


●嫌な格付けランキングで、良くないな。
J-10はジャンクだし、なぜテジャスが入っていないんだ?
テジャスはJ-10より遥かに優れているし、記憶に残ってるよ。

テジャス:アメリカなどの技術協力を受け開発されているインドの国産戦闘機

●↑君に激しく同意するよ。
テジャス、そして時代遅れのF5でさえも、J−10戦闘機よりいいよ。


●私はこのリストのどこにJ-20があるべきか疑問に思ってるよ。
中国からJ-20をチェックする。

●↑J-20はF-22ほど良くなくて、T-50はエンジンがいいから3位には入るべきだ。
でも、J-20は第5世代戦闘機の中で一番価格が安い、F-22より安いんだ。


●T-50がF-22よりいいって?
冗談かい?

●そして、インドはすべてを買うだろう。

●PA-200 トーネード(ドイツ)はどこだ!!!???

●誰がこのランキングの順位を決めたんだ?
ラファエルの方がF-35より優れているように見えるんだけどな。

●明らかにRUSKIESは再び彼らが最高だという事を喜んでるよ

●タイフーン、グリペン、J-20はどこだ、 T-50がナンバーワンてどういうことだ、ワロタ・・・ロシア人め

●T-50は人間が今までに作った最悪の物であり、ソビエト時代の後は、ロシアは全ての面でクソだよ。

●よく知らないし、どの飛行機がベストかわからないけど、、T-50が多くの戦闘機の中で見た目が一番いいと思う。。

●ロシアからの宣伝だよ。
T-50には、F-22ラプターが持っているスラストベクトル技術もない。
ステルスレーダーもないんだ。

https://youtu.be/H2dshmqTZGIより翻訳

コメント

1 2 3 5
  1. 名無しさん より:

    日本のニワカオタが作っても同じランキングになると思う
    中身について知らないで性能語るトコとかそっくり

  2. 名無しさん より:

    元記事の謎基準ランキングはともかく
    ラファエルとパクファは流石に草
    興味ないなら無理にやらんでもええんやで

  3. 名無しさん より:

    中国機のランクが低すぎる
    もっと上に考えるべきだ
    脅威を口実にする為にねw

  4. 名無しさん より:

    T-50はまだ良く分からん
    評価を下すには早すぎる
    ベクタードノズルは必ずしも必要なのかと言う、疑問もあるし
    まぁSu-35がいい戦闘機だし、T-50も手堅いレベルにはまとめてるんじゃないかとは思ってる

    中国機も西側技術が入っているからバカにはできん
    冶金技術の問題で、エンジン寿命が極端に短い欠点があるが、それが解消されたら脅威度は飛躍的に上がるし、コスパの面で途上国には格好の選択肢となる

  5. 名無しさん より:

    カタログスペックが基本なんだろうけど、それすら半分は自称専門家の推定スペックだろうし何とも言えない順位付け・・・

1 2 3 5
コメントを書き込む
※露骨な誹謗中傷となる表現は避けてください。

(反映までタイムラグがあります)

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ