【靖国】未だに神社を墓だと思ってる・・・【韓国の反応】




墓をつくれば聖地になるかと…。遺骨を太平洋に撒いた


太平洋戦争が終わり、極東国際軍事裁判で死刑判決を受けた東條英機など、日本のA級戦犯7人の遺骨が太平洋に撒かれたという記録が盛り込まれた米国の公文書が発見された。 これまで彼らの遺骨が太平洋や東京湾沖合に撒かれたという推測が出ていたが、米軍の公式文書で確認されたのは今回が初めてだ。


7日、東京新聞など日本のマスコミによると、日本大学の高澤弘明専任講師(法学)は、米国立文書記録管理庁(NARA)を通じて、このような内容が盛り込まれた米第8軍作成文書を入手した。


今回発見された文書は、A級戦犯7人が処刑された1948年12月23日と49年1月4日に作成された2件の機密解除文書だ。 当時現場の責任者だったルーサー·プライアソン少佐は「戦争犯罪人の処刑と遺体の最終処分に対する詳しい報告」というタイトルで当時の状況を記録した。


文書によると、A級戦犯7人の死刑は1948年12月23日午前0時、東京の巣鴨刑務所で執行された。 その後、彼らの遺体は第8軍が司令部を置いていた横浜に移され、火葬された。 火葬後に収拾された遺骨は、第8軍の滑走路に移された。 ・ルーサー・プライオスン少佐は”私が連絡機にこれを乗せて横浜東48キロ、太平洋の上空まで移動し、遺骨を広範囲にまいた”と書いた。


当時米軍は、A級戦犯たちの墓が作られ、日本人に崇められることを憂慮して、遺骨を遺族に返さずに処分する方針を立てていた。 A級戦犯処刑に立ち会った当時、連合国軍総司令部(GHQ)のウィリアム·シーボルト外交局長は著書で「指導者の墓が将来神聖視されないよう遺骨は撒くことになっていた」と明らかにしている。


該当文書を入手した滝沢講師は当時の資料から見るとB·C級戦犯も処刑後海上に遺骨が散布された可能性があると明らかにした。 裁判所は当時、侵略戦争を企画·開始·遂行した指揮部をA級戦犯、上級者命令などに従って拷問や殺人などを行った者はB·C級戦犯と分類した。 朝鮮人148人も捕虜虐待などの疑いでB·C級戦犯に分類され、23人が死刑となった。


しかし、戦犯たちの墓が造られないことを望んでいた米国の意図とは違って、日本には彼らの墓が存在する。 当時、米国は遺骨が遺族の手に渡ることがないよう気を使ったが、火葬場の職員を買収した戦犯弁護人によって遺骨の一部が流出したという。 日本の右翼勢力はこの遺骨を運んできて1960年、愛知県西尾市の三ケ根山頂に「殉国七士廟」を造成した。


日本政府は1978年10月、東京靖国神社にこれら7人に獄死した7人を加えた14人のA級戦犯を合祀し、彼らの英霊を称えている。


■韓国の反応

●韓国人
趙中東が尊敬する人物ではないか…君たちの心の祖国日本。


●韓国人
アメリカも戦犯国だと言うのに、日本ではないと言う。


●韓国人
やっぱりアメリカの子達が冷徹だね。ビンラディン氏もあのように整理したんだって…


●韓国人
「竹やりを持って戦おう」という子どもたちの感情遊びよりも、克日できる政策ビジョンと心構えが大事だ。


●韓国人
あの人の写真を見ると某市長とすごく似ているという気がする。


●韓国人
すりおろして食べる。


●韓国人
日本人の基準で言えば本当に日本人は自分で知っているだろうか? 彼らのおかげで最終的にはアメリカが広島と長崎に原爆を投下するしかなかったし、数多くの日本の民間人が犠牲になったことを…彼らは、絶対に本人が崇めるべき国家的英雄ではなく、彼らにとって決して忘れてはならない愛国を装った軍国主義貪欲の元凶であり、国家逆賊、国民殺人者であることを…




●韓国人
東條英機はある意味かわいそうな人なんだ。アメリカと戦争をしては絶対勝てないことを知って、最初に戦争に反対したが、狂信的戦争の主唱者たちが「あなたは天皇のために玉砕されるのが怖いのか」などと、背中を押されて軍事全権を受けて参戦していた。


●韓国人
「猿たち、みんな太平洋に飛び込む」オーライ


●韓国人
二度と日帝侵略されないためには、今のようにMZ世代が駄々をこねる唐の軍隊を立て直さなければならない。


●韓国人
でも日本はこれに対してアメリカに文句は言えないよ。


●韓国人
太平洋の海に入るのも嫌だ…


●韓国人
日本に核をさらに落とそう。


●韓国人
本当の克日は、韓国が日本を越えて軍事大国·経済大国に立ち上がることだ。そのようになるまでは、日本は絶対に謝罪や譲歩をしないだろう。日本の経済が低迷しているとはいえ、いまだに単一国家として世界第3位の経済大国である。 日本を越えて第2の三星(サムスン)を出なければならない。素材部品の基礎科学では日本の堅実さが高い。


●韓国人
全羅道ではムン·ジェアンが神だけど。


●韓国人
韓国も性犯罪者の神格化を阻止すべき。


●韓国人
ただでさえ心配なのが、日本のように天王を神格化しているように、韓国も統一しても「イノム左派」のために金正恩を神格化して「金氏王族」だと言うのではないか心配だ。


応援クリックよろしくお願い致します!


人気ブログランキング




https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=025&aid=0003107671
その他より翻訳、引用


コメント

1 2 3 6
  1. 名無しさん より:

    私達日本人を代表して、一人の女性として、過去の加害の歴史を忘れません。
    韓国の方々と仲良くしたいです。

    1
    60
    • 名無しさん より:

      なんの印象操作か知りませんが
      もう少し日本語を勉強してからじゃないと通用しないと思いますよ
      こういうしょうもない工作ばかりやってるから世界中の笑い物になってるんですよ

      35
    • 名無しさん より:

      韓国と仲良くとか願い下げ
      どういうつもりであちこちに似たような書き込みをしてるのか知らないが日本と仲良くしたいなら逆効果
      お前の書き込みが嫌韓を増やしてるんだから

      32
      • 名無しさん より:

        嫌韓を増やしてるのには同意
        ただヤツは自身が嫌韓なんよ
        自分でどうにかしようとか見た事無い
        日本が助けるべき ばかり
        口先ばかりの愛国心 
        こんなの いない方が韓国の為になるんじゃない?

    • 名無しさん より:

      在コ無職のオッサンが何言ってんだよww
      兵役行け。朝鮮憲法違犯になるぞw

      17
    • 名無しさん より:

      おい!チョン!
      本当にキモイわ!
      日本人がNAVERやDAUMに侵入して、嫌韓コメント書いているのか?
      良く考えろ!
      南チョンは、北朝鮮人より醜悪で異常な民族であることをww

      10
    • 名無しさん より:

      おう、いつもお疲れ様!
      今日はそういう方向性なんだね!

  2. 名無しさん より:

    誰も仲良くしたいなどと思ってない。 日本人のふりはやめなさい。

    20
  3. 名無しさん より:

    SF講和条約では、日本の領土から切り離す土地のことが羅列されてるがそこには竹島は含まれてない。よって、竹島=日本領でFAなのだが、韓国は、竹島は鬱陵島の付属島とし、鬱陵島と返還とともに帰ってきたものと主張、不法占拠を正当化している。
    しかしSF講和条約での竹島の扱いについては明確な前段があり、それがラスク書簡。ラスク書簡は、韓国の竹島自国領願いに対し、米国が明確にNOを突きつけ、日本領だと返答した文書。この文書は、未だに無いものとして扱われている。

    韓国は、死傷者44人、拉致被害者は3929人、この日本漁民を人質に、竹島を奪い取ったのよ。コレは歴史的事実であり、韓国がヤラカシタ!国際犯罪!。韓国は、人質外交で、日本人がどうなってもイイノカ?をやらかした、テロ国家!

    「日韓漁業対策運動史」などを読んで見るとイイ。
    獄中生活は悲惨を極めた。雑居房には20人前後が押し込められ、手足だけでなく体も重ねあわせて寝なければならなかった。食事の不潔さは言語に絶し、カビの生えた麦、腐敗した魚は度々で人間の食べる物ではなかった。ほぼ全員が栄養失調状態となって死線をさまよい、ついに餓死者まで出たのだった。
     54年以降は、「刑期」を終了した者さえ釈放せず、韓国側は抑留者を「人質」にしてさまざまな要求を日本に突き付けてきた。帰国の希望を奪われた抑留者は、肉体的にも精神的にも限界を超え、狂乱状態になるものもあったという。残された家族にも、重い経済的、精神的負担が発生した。堪えかねて精神を病み、自殺した妻もいた。

    16
  4. 名無しさん より:

    死んだ人を祀るところはお寺で、
    神社は神様を祀るところだよ、
    って教えてあげたら余計にブチ切れるだろうなw

    15
  5. 名無しさん より:

    エラも戦犯として処刑されてるのに
    そこは見ないフリなのな。

    17
1 2 3 6
コメントを書き込む
※露骨な誹謗中傷となる表現は避けてください。

(反映までタイムラグがあります)

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ