【韓国の反応】日英同盟の復活、ウイグル人の人権問題を全く理解できない韓国人の反応




■ウイグル集団強姦:中国を叩く英、日本と近くなる理由は


1902年に二つの島国が手を取りました。 産業革命の先頭走者として強大な海軍力を基盤に、世界に君臨した大英帝国、そしてイギリスのように帝国になることを夢見た日本が同盟を結んだのです。 20世紀北東アジアの版図を揺さぶり、韓半島の運命にも決定的な影響を及ぼした日英同盟(Anglo-Japanese Alliance)です。


ところが、この両国の最近の動きが尋常ではないです。 米国を輪にして密着する姿が、まるで120年前の状況が再現されているようだという話も出ています」


20世紀初め、覇権国の英国が日本と手を組んだのはロシアの膨張を警戒してのことでした。 最近の密着運動でも覇権国アメリカが中国による起伏を防ぐために同盟間の結束を強化する過程で起こっています。


■英空母日本近海に異例の長期派遣


日米同盟は、第2次世界大戦以降続いた北東アジアの地政学の神髄でした。 さらに、いち早く日本との同盟関係を清算した英国まで、目立って日本に目を向けている姿は注目される。 2015年のブレグジット決定前から、イギリスは日本をアジアに最も近い安保協力国とし、その後徐々に密着してきました。



先月初め、英国と日本は外務·国防相「2+2会議」を開き、今年インド太平洋地域で日米韓3カ国の合同演習を行うことにしました。 イギリスはこの訓練のために、2017年に建造した最新鋭空母であり、イギリス海軍最大級の艦艇(長さ280メートル、満載トン数6万5000トン)の「クイーンエリザベス」を日本近海に長期派遣することにしました。


イギリスの空母が北東アジア近海で長期間任務を遂行するのは異例のことです。 これまでこの地域には、米国と周辺国以外の国の空母が長期間滞在していなかったためだ。 国立外交院のチョン·ヘウォン教授は「一面が海であるイギリスがアジアに目を向ければ、日本と密着せざるを得ない理由の中には、日本の地政学的位置、すなわち空母を長期間派遣する際、停泊と支援が容易という要素もある」と説明した。



■中国を牽制したアングロ·スピア、日本と密着


興味深いのは、こうした様相がいわゆる「アングロスピア」(Anglosphere)の復活の動きとともに起こっているということです。 アングロスピアとは英語を使用し、類似した文化的価値観を共有する圏域のことを言います。 イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどですね。 情報機密を共有するいわゆる「ファイブアイズ」(Five Eyes)を構成している国々でもあります。



彼らを団結させるきっかけは、中国の台頭です。 覇権国の米国が新興覇権を夢見る中国を牽制するのは当然のことのように見受けられます。 さらに英国も、ブレグジット(欧州連合脱退)後、アジアに目を向け、大衆牽制の先鋒に立っています。 「今年に入っても、新疆ウイグルの少数民族弾圧をBBCが暴露し、中国の反発にもかかわらず、香港人に移民の門戸を開きました。 「オーストラリアも侮れません。 原材料の輸出で生計を立てる国が、損害を甘受して「大口の中国」と争っています。 カナダも昨年、香港とファーウェイ問題を取り上げ、中国に対する制裁に着手しました。 このような固い連帯は、同じ西欧国家でありながら、中国が関係する問題では留保的な態度を見せるドイツ、フランスと対照的な行動です。


ところが、アングロスピアの国々が、まるで約束でもしたかのように日本に密着しています」 北東アジアでは中国と対立できる国だからです。 あたかも120年前、イギリスがロシアを牽制する馬を探していたとき、日本がすでにロシアと戦争を準備していた状況を思わせるくだりです。 国立外交院の金漢権(キム·ハングォン)教授は「中国に積極的に対立してきた戦力も反中戦線を構築しようとする米国と英国に”信頼感”を与える要因だろう」と評価しました。


■米シンクタンク「シックスアイズ」構築を目指す


昨年12月、米戦略国際問題研究所(CSIS)が発表した「第5次アーミテージ·ナイ報告書」。 [CSIS]
これらの間の結束は、まず「情報同盟」として現れる可能性があります。 『ファイブアイズ』(Five Eyes)に日本を参加させるべきだという声が出ているからです。


昨年12月、米戦略国際問題研究所(CSIS)は、日本が含まれた「シックスアイズ」(SixEyes)の構築に向けて、ワシントンと東京が真剣に努力を傾けるべき時だと提言する報告書を発表しました。 いわゆる「第5次アーミテージ·ナイ報告書」で、リチャード·アーミテージ元国務副長官(ブッシュ政権)と著名な国際政治学者のジョセフ·ナイ·ハーバード大学碩座教授が作成しました。 過去4回にわたるアーミテージ·ナイ報告書は、日米同盟の強化に貢献してきたと評価されています。 CSISも報告書を発表し、「解決策:日本はファイブアイズのオフィシャルメンバーになる準備ができた」と編集者の注釈をつけました。


見方によっては、血縁同盟ともいえるアングロサクソン基盤の国家会合に日本が公式に参加する可能性も排除できない雰囲気なのです。 たとえシックス·アイズが公式化できなくても、このような話が出るということ自体が最近の域内の雰囲気を反映していると評価されています。 中国官営メディアのグローバルタイムズもアーミテージ·ナイ報告書に対し「日本はファイブアイズに加入しようとする意志は強いが、能力が弱いというのが障害物」としながらも「とにかく日本はこれらの同盟にもっと近づくだろう」と展望しました。


SIX IZ*ONEでなくても、彼らが結合できる方法は様々です。 米国が飛ばした「クワッド」(Quad、米国、日本、インド、オーストラリアの4カ国の安全保障協力体)が代表的です。 日本が事実上クオドの事務局の役割をしている中で、イギリスもクオド参加に関心を傾けています。 また英国はG7(米国·英国·フランス·ドイツ·イタリア·カナダ·日本)に韓国·オーストラリア·インドを加えたD10(民主主義10カ国)協議体も提案している。



■第2のグレートゲーム、日本に再武装のチャンス?


「20世紀初頭、日本が早いテンポで列強に仲間入りできたのは、英国の全方位的支援のおかげです。 イギリスは、19世紀を通してロシアとユーラシアの覇権をめぐって「グレートゲーム」を繰り広げました。 数多くの植民地管理とボーア戦争のために南下するロシアを制御する資源が不足した英国は、北東アジアで日本をパートナーにしてロシアを打ちました。 その過程で日本は軍事力を増強、朝鮮を植民地化するなど帝国の道へと進んでいきます。



「中国を牽制しようとする21世紀のアングロスフィア-日本の密着は、日本に再武装の名分を与えるだろうという見方が多い。 太平洋戦争以降、戦争ができない国となった日本は、「普通の国」になるために物心両面の努力をしてきました。 シーラ·スミス米外交協会主任研究員は著書『日本の再武装』で、「中国の浮上」や「米国の警察国家役割の弱体化」などが経済だけでなく、軍事的にも強大な日本を誕生させるという展望を出している。


先月CNNによると、日本の自衛隊は昨年、米国の船舶や航空機の防御のため、計25の任務を遂行しています。 これは前年(14回)比78%増の数値です。 これについてCNNは、「アジアで最も強力な二つの軍隊の統合の動きが増えている」と論評しました。


4日、米国務省は日米両国の外交·国防当局者が中国海洋警察の武器使用法に対する懸念を共有する内容の審議官級協議を行ったと明らかにし「日米同盟はいつになく堅固だ」と明らかにした。 日本のNHKによると、今回の会談では日米両国の外交·国防相会談である「2+2会談」の開催も議論したものとみられる。


トニー·ブリンカン米国務長官とロイド·オースティン国防長官は15日に訪日すると伝えられています。 2人の訪日期間中、茂木敏充外相と岸信夫防衛相に同時に会ってインド·太平洋地域問題を議論するそうです。 続いて、韓国も訪れるものと予想されます。


最初の国務省演説で中国牽制を「21世紀最大の地政学的試験」と言及したブリンカンはおそらく120年前のイギリスのように「グレートゲーム」を構想しているようです。 彼が「第2のグレートゲーム」で日本、そして韓国に要請する役割は何なのか注目されます。


■韓国の反応

●韓国人
チョッパリとアメリカのやつらが、みんなグルに···


●韓国人
韓国の外交政治が下位レベルなので何とも言えない。


●韓国人
私たちが日本より積極的にクアッド参加して、米国だけでなく英国と同盟構築することは考えず、ただ愚かにも英国、米国非難する情けない考え。私たちがするべき行動はしないで他人を非難するだけの悪い根性。


●韓国人
真の韓国人は相手が強くても違うことはないと言って抵抗する。中国の植民地ではなく独立した国家として生き残ることができた。明も清も朝鮮半島を直接植民地に服属させるのは、新羅が唐に抵抗したり高麗が契丹と蒙古に抵抗したことを知っていて、難しいことだと非効率的だと思って直接占領して植民地にする考えをしなかったんだ。(※注:どこの平行世界ですか?w)


●韓国人
中国は日本に核一発食らわせろ~人間になる前の猿たちに…


●韓国人
過去ロシアを牽制するためにイギリスと日本が手を組み、今中国を牽制するためにイギリスと日本が手を握って歴史の流れがまた繰り返されますね。


●韓国人
我々はなぜ反中国グレート戦線に参加せず、約120年前の旧韓末時代のように世界的主流の動きに反する感情的反日だけを叫んで、無念にやられる愚かさを繰り返そうとするのか。






●韓国人
なぜBBCは韓国の良くないニュースばかり出て、日本を褒め称える記事だけが上がってくるかと思った。


●韓国人
英国、慰安婦問題に日本の肩を持つているでしょう。


●韓国人
企業の中国進出を奨励してはならない。依存度が高いため、毎日機嫌ばかり伺っているではないか。


●韓国人
韓国民主主義の脅威であるCCP、中国共産国家を分けて民主化させなければならない。


●韓国人
やはりイギリスと日本はすごい国だね。


●韓国人
ここにも演技者がいますね。 この世は演技者の世界。


●韓国人
イギリスも日本がそろそろ怖くなってきてるみたいだね。シンガポールの悪夢が生き返ってきて自分で這ってきてるようだ。




●韓国人
地球の中心は大韓民国になるだろう。今は国防、経済、どの面においても最高ではありませんが、結局、東アジアの覇権掌握を皮切りにG1になる日まで頑張りましょう。


●韓国人
イギリスには力がない。何か上手なことがあるか?カナダ、ニュージランドって何?


●韓国人
中央らしく、日本の記事を上手く書くね。


●韓国人
我々はひとまず統一しなければならない 中国、日本が大きくなるのに対抗できるのは統一しか答えがない。


●韓国人
ムン:私たちは小国、「中国の夢」に賛同します。


応援クリックよろしくお願い致します!


人気ブログランキング




https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=025&aid=0003082688
その他より翻訳、引用


コメント

1 5 6 7
  1. 名無しさん より:

    >●韓国人
    地球の中心は大韓民国になるだろう。今は国防、経済、どの面においても最高ではありませんが、結局、東アジアの覇権掌握を皮切りにG1になる日まで頑張りましょう。

    ネタなのか、真性バカなのか分別できないのが韓国の恐ろしい所www

1 5 6 7
コメントを書き込む

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ