// PCで表示させたい内容

韓国の反応「10年すれば韓国は日本を逆転だ!R&D税制支援の格差、韓国は日本より13段階も下」

OECDが発表した大手企業の研究開発(R&D)活動に対する税制支援、各国のランキングで、韓国が日本より13段階下であることが分かった。
過去10年間、これらの格差は10段階もさらに広がった。
これは大手のR&D支援政策の強化が必要だということだ。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院は10日、OECDで発表する36カ国の大企業のR&D税制支援順位に基づいて比較した結果、このように述べた。

比較の結果によると、韓国は大企業の一般的なR&D租税減免率が過去2013年の12.1%から4.1%となり、5年の間に3分の1の水準に急減した。

韓経研はこれにより、大企業のR&D税制支援順位が過去10年間、韓国は14位から27位に13段階下落し、日本は11位から14位の3段階下落し、両国間の格差が深刻になったとした。

続いて韓経研は格差が広がった原因が、韓国が大企業のR&D支援を縮小しながら、日本は、R&D投資の活性化のために控除率と上限上方修正、投資インセンティブ拡大、控除費用の範囲拡大を推進するなど、相反する政策を展開した結果であると明らかにした。

韓経研は「日本は韓国より租税支援対象となるのR&D費用の認定範囲が広く、企業活動に合わせて専門人材と専門部署運営も柔軟に行っている」とし「韓国は日本に比べて控除率、共済限度が低く、R&D投資量を増加させるための誘引策が不足して、R&D投資の質的向上を引き出す制度が不十分である」と主張した。

日本は今年、既存のインセンティブ構造をさらに強化し、高品質のR&D投資を増やすための税法改正を行った。
税法改正により、企業が受け取ることができる最大のR&D控除限度が法人税額の40%から45%に増えた。



●韓国人
中小企業が強い日本では、絶対大手を後押しするはずないだろ。
金もらって書いた記事か。


●韓国人
普通は大企業なら金出すだろ。


●韓国人
中小企業が国を導いて行く次世代の研究能力となるかな…大企業でも中小企業でも、R&Dサポートを増やしていくべき。


●韓国人
努力しなくても、10年すれば逆転だ。

●↑韓国人
お前のような奴が研究開発にどのような支援になるのか?
お前の給料をサムスンに寄付するのか?
ちょっと考えろ。

●↑韓国人
そういう話はノーベル賞でも取ってからしよう、恥ずかしい。


●韓国人
過去10年間の親日政府だったからだろう。
これからはますます差が狭まり、或いは逆転するだろう。


●韓国人
日本に勝つことができる。
私たちには優れた能力を持つ文在寅大統領がいる。
文在寅大統領を信じて積極的に支持すれば、日本に勝つことができる。
私たちの文在寅大統領が大韓民国の真の独立に新たに乗り出している。

●↑韓国人
どのようにして勝つんだ?感情で?
私たちは、現在孤立している。
みんなが付和雷同しなければ、本当に実力で勝つことができる。
その日までの力を育てなければならない。

●↑韓国人
もしかして入れ変わったのか?

●↑韓国人
文在寅ファンドには加入したの?

●↑韓国人
インテリアンチか?


●韓国人
こういうゴミメディアのせいで、国家競争力がめちゃくちゃになっている。


●韓国人
韓国は政権が企業を支援するのではなく、血を吸う吸血鬼だ。


●韓国人
土着倭寇記者アウト

●韓国人
嘘つくな、誰がこんなニュースを信じるとでも?

●韓国人
メディアさえなくなれば、日本に勝つことができる。



●韓国人
日本の電気料金と韓国の電気料金の差を見ろ。
韓国の企業の電気料金がどれだけ安いか分からないか?


●韓国人
結局大企業の支援をもっと手厚くするんだろ…はあ

●韓国人
努力すればいい…現在は重要じゃない…

●韓国人
だから大企業にお前らが嫌いな税金をばら撒こうとするのか?


●韓国人
R&D育成が急務である。
支援しなければならない。

https://news.v.daum.net/v/20191010110027139より翻訳

26 Responses to “韓国の反応「10年すれば韓国は日本を逆転だ!R&D税制支援の格差、韓国は日本より13段階も下」”

  1. 名無しさん より:

    日本側の悪い予想をさておくとしても、韓国だけは順調に成長を続けるという間抜けな願望が前提になってるというw
    経済をけん引してる分野を中国台湾に全部取られて泣きわめいてる気がするぞ

  2. 名無しさん より:

    デジャヴがすごい

  3. 名無しさん より:

    こいつら10年前も10年後にはって言ってたな

  4. 名無しさん より:

    これが韓国名物「永遠の十年」か……

  5. 名無しさん より:

    なんでこの記事を読んで、ポジティブになれるのかがわからんw

  6. 名無しさん より:

    クソ食いキチガイには付き合い切れん
    事ある毎に日本をみて妄想のマスターベーション 

  7. 名無しさん より:

    こんな記事、そして反応を何回見たことか・・・(呆
    しかしいつまで経っても状況は変わらずw

  8. 名無しさん より:

    造船業界やら半導体業界等への裏の資金援助は表に出せないわな。
    だから記事の内容と実体経済が乖離しているんだ。
    永遠のゼロ年になるかもね。

  9. 名無しさん より:

    朝鮮人どもが全く思い通りにいかない現実に対して
    自分たちの願望や妄想ではなく現実の方を否定するの良いよね…

  10. 名無しさん より:

    10年後、韓国なんてあってたまるか。

  11. 名無しさん より:

    韓国人のずれは激しいですね、ノーベル賞も世界中の同じような事柄を研究してる人々との競争です、その研究開発の1番になればノーベル賞をもらえる可能性が出てくるというだけの事です、その事柄が世界を変えるほどの事で現実に世界が変わって、それが
    確認出来てノーベル賞をもらえるという運びになるんですが、1年に一人か一組しかもらえません、世界中の研究者と競争しなければならなくて運もいるのに日本が日本がと言っても意味ないでしょう、韓国はずれてます。

  12. 名無しさん より:

    日本の企業形態を韓国と同じだと思っているから勘違いな話ばかり
    庶民レベルなら仕方ないかも知れんが政財界も同じようなレベルなんだろうな、だから話が通じない

  13. 名無しさん より:

    >>過去10年間の親日政府だったからだろう。
     
    10年前のイミョンバクは、以前の大統領が誰もやらなかった竹島上陸して反日。
    その次のパククネは、就任直後から反日発言して日韓首脳会談が一回も無いまま弾効。
    現在のムンジョインも、就任直後から反日発言して日韓首脳会談から逃げ続け、過去の国際合意を反故にして、世界中の政府代表が出席する天皇陛下即位の礼にも来ない。
     
    過去10年が最も反日政府じゃないか。
    日韓併合時代の真実を知る世代が次々と死亡しているので、死人に口無しで新しい反日材料を次々と作っているのが現在の韓国。それを後押ししている韓国政府。

  14. 名無しさん より:

    >メディアさえなくなれば、日本に勝つことができる。
    否、韓国人さえ、いなくなれば
    日本に勝つことができるんじゃね?w

  15. 名無しさん より:

    日本に勝つって事はバ韓国がGDP世界3位になるってこと?
    あり得ない!
    バカすぎる!!

  16. 名無しさん より:

    10年後韓国が存在しているかも怪しいのになw

  17. 名無しさん より:

    ま~た永遠の10年か。
    良く飽きないな。

  18. 名無しさん より:

    日本に勝てるとか、悲しくならないのか?

  19. 名無しさん より:

    国自体が滅びる寸前なのに、特定分野の一つや二つ日本を上回っているって記事を真に受けて「日本を追い抜く」とか大喜びしてるのが非常に滑稽。
    この人たち、国が滅んだ後にもそれに気付かずにこんなこと言ってそう。

  20. 名無しさん より:

    いや韓国大本営が言うことだきっと正しい
    このまま突き進むんだ!

  21. 名無しさん より:

    20年以上前から韓国は10年後にはって言い続けてるなぁ

  22. 名無しさん より:

    そんな不確かな未来の開発の話より現在をどうにかしろよ
    落ちる橋、走らない電車、沈む船、当たらないミサイルとか色々あるやる事があるだろ

  23. 名無しさん より:

    いくら金をばら撒いても、研究意開発する人材が・・・・・

  24. 韓名物 ×年後 シリーズ 定期 より:

    韓名物 ×年後 シリーズ 定期

    ウリは×年後 にチョッパリを××しているニダ
    ウリがそう思うからそうに違いない ニダ

    韓ができるのわ、妄想と新手の集りだけ、
    いつまで、この乞食は日本を見るつもり?

  25. 名無しさん より:

    10後「かんこく」などという地名も国もモンキーパークも無い。

  26. 名無しさん より:

    電気料金? ずっと赤字で税金つぎ込んでることも知らないのか?w
    目の前しか見ないやつら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ