// PCで表示させたい内容

韓国経済崩壊か?100年以内に日本に追いつけば文大統領はノーベル賞を受賞する!韓国のGDP、物価20年ぶりに最低 韓国の反応

「国内企業の収益性は落ち、景況感は急速に冷え込んでいる。」
韓国の全般的な物価水準を示すGDPデフレーター騰落率が1年連続のマイナスを記録したことに対して韓国銀行が下した診断だ。 7日、韓国銀行によると、3四半期全体のGDPデフレーター騰落率(-1.6%)が20年ぶりに最安値を示した。

GDPデフレーターは名目GDPを実質GDPで割った指標だが、この価格が持続的に低くなっているということは家計・企業・政府など経済主体が引き続き萎縮していることを意味する。

GDPデフレーターは内需·輸出·輸入デフレーターで構成される。
内需低迷の中、輸出価格まで大幅に下がった。
内需の変動率は1.0%に、2016年2四半期0.8%以来の最安値だった。
半導体、石油化学製品の価格が大幅に下がり、輸出の変動率-6.7%を記録して2016年3四半期-10.0%以来最も低い水準を示した。 収入の変動率は-0.1%と、小幅ながらマイナスに止まった。

このように輸入価格より輸出価格が一段と大きく下がれば、企業の交易条件は悪化し、国内企業は採算性に打撃を受ける。
韓銀が集計した韓国企業の営業利益率が昨年から減少し始めたことを見ても分かる。
昨年2四半期7.71%から今年2四半期5.22%まで落ちた。

韓銀のシン・スンチョル経済統計局部長は、「輸出価格の下落幅があまりにも大きく、メーカーが事情が大きく悪化した」とし、「最近、三星電子やLG電子のような大企業の営業実績が落ちたことを見ても分かる」と述べた。
内需も懸念材料だ。
彼は「内需デフレーターが1%に下落したのは、消費者物価の下落と為替のため」とし、「内需もいい状況ではない」と評価した。

シン・セドン淑明女子大学経済学部教授は「GDPデフレーターが4四半期連続でマイナスになったというのは韓国の経済がデフレの危機に直面したという根拠」と「ただ、韓国の輸出依存度が高く、海外需要要因によって輸出物価が下がった可能性が大きいという点で、世界経済の状況を注意深く見つめなければならない」と話した。

韓銀が同日、3四半期、韓国国内総生産(GDP)成長率の暫定値が前期比0.4%を記録して10月24日発表した速報値と同じ水準を記録したと明らかにした。
成長寄与度を見れば、内需が大きく低迷した。
内需は-1.0%、純輸出は1.4%ポイントを記録した。
内需の中でも投資が大きく不振だったが、特に建設投資の成長貢献度が-0.9%ポイントで電気0.2%ポイントに比べ大きく悪化した。
主体別に見ると、民間と政府がそれぞれ0.2%ポイントを記録した。
民間の場合2四半期はー0.2%ポイントから改善されたが、政府は1.2%ポイントから大幅に落ちた。

一方、3四半期の総貯蓄率の変動率は35%で2四半期(34.6%)より増えた。
所得増加率より支出増加率が遅かったためだ。
国民総処分可能所得で総資本形成が占める割合である国内総投資率は30.4%で2四半期(31.9%)より減少した。
建設投資(-4.1%)が減ったためだ。



●韓国人
マンション価格が上がる理由は何なの?

●↑韓国人
経験したことのないことを経験してもらうという公約守るため…

●↑韓国人
文災害の効果


●韓国人
韓国は日本を真似ているのに。
日本は労働者が韓国のように意味のないことはしない。
アフリカの女の子たちも何日かすれば勉強するのに、韓国は単純組み立てを年俸1億以上払って使わなければならない国。
あらゆる規制で企業、手足を縛り…労働者だけ肉離れして…企業は減って失業者は溢れている。


●韓国人
所得主導の成長が内需を破壊した。
誤った政策は代価を支払うことになる。


●韓国人
日本より高い物価、高い住宅価格のどこが安いと言うのか


●韓国人
文在寅と一緒なら乞食でも幸福だ


●韓国人
生きにくいのは事実だ


●韓国人
文災害のせいで何もできない!!



●韓国人
物価が低くてデフレが心配だって聞いたけど、全く体感できない神秘的な超現実主義社会


●韓国人
文大統領と政府与党は景気がいいんだって?
誰が国民の前で嘘をつくのか。
韓国銀行の判断がより信頼できると思う。
文大統領が国民の前に言ったとおり、早く北朝鮮と経済協力で平和経済を成し遂げ、一気に日本に追いつかなければならないのだが…。
100年以内にでもいくかな?
そしたら文大統領がノーベル平和賞とノーベル経済学賞も受賞するのだが…


●韓国人
文罪人を弾劾させてこそ国が生きる


●韓国人
「経済無能」「安保無能」「外交無能」「弾劾」が答えだ。


●韓国人
とにかく経済を知らない人が政権を取ったから、経済がよくなるっておかしいよね…


●韓国人
現政権の経済失敗
口先だけの成功
ショーをするな
国民は馬鹿ではない


●韓国人
全部落ちているのに税金とアパートの価格だけ上がるのか。



●韓国人
文在寅の所得主導成長ってこういうことだったんだね


●韓国人
国をだめにしているのに、情けない国民はなおさら残念だ。


●韓国人
朴槿恵の時が懐かしいたのは私だけか


●韓国人
北朝鮮経済のようにするために全力を尽くしている文災厄様 !
「南朝鮮の犬たちよ、次期大統領はよく選べ」…「こんな奴を選ばないで」


●韓国人
景気がよくなるかもしれないけど、何もかも否定的に話し、予算も使わせない自韓党、基準も少なく悪い記事ばかり書いてる記者たちのせいだよ。


●韓国人
金利ちょっと上げろ!
殺人的な物価で住むことができない!
世界的に悪名高い韓国の生活物価


●韓国人
最悪の大統領府


●韓国人
文罪人政権の成果です。
文罪人弾圧だけが正解。

https://news.v.daum.net/v/20191207072603259より翻訳

20 Responses to “韓国経済崩壊か?100年以内に日本に追いつけば文大統領はノーベル賞を受賞する!韓国のGDP、物価20年ぶりに最低 韓国の反応”

  1. 名無しさん より:

    北と平和統一したら日本を追い越す
    文がノーベル賞賞受賞

    この韓国人は韓国の中でも極めてハイレベルな馬鹿だな
    日本の前に追い越すべき欧州諸国があるのに目に入らないんだな
    何でもかんでも日本と絡めて気持ち悪い

  2. 名無しさん より:

    ノーベル賞は生きている人しか貰えないんだがw
    文在寅に残された時間は100歳まで生きても34年

    • 名無しさん より:

      ムンムン があと100年大統領を続けるということだろう。
      是非とも、目指して貰いたい。ムンムン あっての南朝鮮だからね。

  3. 名無しさん より:

    韓国という国際法すら無視する野蛮国家を壊滅に導いた文大統領にノーベル平和賞を授与します、おめでとう

  4. 名無しさん より:

    「欲しがりません勝つまでは」の精神でがんばれ

  5. 名無しさん より:

    文君は君らの代表だから。
    そういうことですよ。

  6. 名無しさん より:

    100年日本が止まっていれば追いつけるかもね!頑張って!早く死んで!

  7. 名無しさん より:

    日本コンプレックスとノーベル賞コンプレックス
    万年属国で歴史、文化、真実もない国だから劣等感すごいね^^

  8. 名無しさん より:

    文が死ぬまで韓国の大統領って事だな
    いいね是非やってくれ

  9. 名無しさん より:

    中華もそうだが、日本が経済戦略も技術も与えてやっただけなんだから
    まんま日本のコピー状態の経済構造を見たら、どうなるかわかるだろうが
    しかも、韓国は労働力を買い叩いて、労働力ダンピングで競争力を確保してる
    地力あると思うか?

    その上で経済成長が2%以下になるって事は成長止まり失われた10年が来るって事だよ
    日本に喧嘩売って、今後やってくるの失われた10年とそれ以降の低迷を自力で
    解決する能力が韓国にあると思うか?耐える事すら大変だって分かってねえだろうな

  10. 名無しさん より:

    とりあえず、中韓にすぐ協力する団塊パヨクと産業スパイを取り締まっておけ

  11. 名無しさん より:

    韓国はデフレ状態に成ったようだが、
    日本より物価高い状態で固定されるという事かな?(だとしたら爆笑!)

    日本の経験からすると、
    品物が売れなくなると値段を下げても売ろうとするわけだから、今より物価が下がって貧乏人は生き易くなるのでは?(まあ、収入も減るから生活苦は変わらないかもしれないが)

  12. 名無しさん より:

    来年中に逝くかも知れない国が100年も先の話をするな!それに、日本がその場所にいると思うなよ、韓国って足枷が無くなったら更に先へ進むから韓国には絶対に追いつく事なんて不可能。

  13. 名無しさん より:

    文にお似合いなのはノーベル平和賞ではなく孔子平和賞。

  14. 名無しさん より:

    100年以内とか、みんなこの世に居ないから(笑)

  15. 名無しさん より:

    韓国は追いつくどころかマジ国が亡びるから下らない心配しなくていいよw

  16. 名無しさん より:

    韓国の今の状況を、スタグフレーションと言うのだよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ