機動戦士ガンダム第2話:海外の反応「シャアは本当にカッコイイ」


 


●オープニングが本当に大好きだ。

●↑レトロだよね。
全部のエピソードのオープニングを聞かなくちゃ!

「あなたたちのお母さんは、後で私が探してあげるからね」

●フラウボウがかなり強い人物として描かれているね。
両親の死から立ち直るのが早かったね。

●セイラが叩いた!ってことは平手打ち、二回目?

●哀れなカイ。

View post on imgur.com

●ピンクの服を着た少女が、ピンクのノーマルスーツを着たシャアに出会う。
彼は彼女が誰だか分らなかったみたいだけど、マスクを外したシャアの素顔を見たら、彼女ビックリしてた。
うーん、シャアはマスクを外すのは問題なかったのか。
彼が素顔をずっと隠し通すのかと思ってたよ。
基地の中でシャアを撃とうとするけど、失敗に終わるね。
でもシャアはすぐに撃ちかえしてきた。
キャラクターについては興味深いエピソードだね。
シャアはかなり興味深いやつで、彼には謎がかなりあるみたいだ。
みんな彼に興味津々。

●↑なぜ彼がマスクを装着するようになったのかを知るエピソードが公開されるのを待ってるよ。

●↑明らかにしておきたいことがあるんだけど、機動戦士ガンダムのネタバレになるけどガンダム・ジ・オリジンによると、シャアはザビ家から自分を隠しているんだと思ってたよ。
本物のシャア・アズナブルの目の色は違うって聞いたんだけど。

●↑自分もそう思ってた。

●↑>彼は彼女が誰だか分らなかったみたいだけど、マスクを外したシャアの素顔を見たら、彼女ビックリしてた。
うーん、シャアはマスクを外すのは問題なかったのか。
これがネタバレにならないといいけど、大丈夫でありますように。
彼がマスクを脱いだ理由は、セイラに銃で撃つと脅されてどうしようもなかったからだよ。
彼女に自分自身をさらすことが最善の方法だったんだと思う。
そしてセイラは撃つことができないと知った。
もしマスクを脱がなかったら、おそらく逃げることができなかっただろうね。

View post on imgur.com

●シャアの顔を一瞬見たけど、ガンダムWのゼクスみたいに、少なくともこのシリーズのうちの半分はヘルメットをつけたままなんだろうなあ。

●↑アニメの中で仮面をつけた男に対して言及があったことに感謝するよ。
彼の顔は何もおかしいところはなかった。
第2話で彼の顔を拝見することができたね!


●シャアをセイラが撃たなかったシーンはかなり興味深い。
人を撃つようトレーニングされていない、撃った経験がない一般市民という感じだったね。

View post on imgur.com

●セイラがあんなに遠くにいるのに、シャアの足は長いんだね。
彼女が手に握っている銃を蹴り飛ばしたよ。

●↑良く考えてごらん、でも自分がそのシーンを5回ほど見たけど、彼女にある程度歩いて近づいているみたいだよ。

●シャアは本当にタチが悪いね!
自分の大好きな悪役の一人さ。

●シャアは本当にすごい!このアニメを見るたびに、いつも彼にびっくりさせられるよ。

●シャアはこのエピソードで活躍していたね。
タチが悪いマスクをかぶっている、タチが悪い男。
今の所自分が一番好きなキャラクターさ。
あとは、シャアには味方なのか敵なのかわからない、ずっと行方不明の兄弟がいるってことが分かったね。
これが最後には良い方向に働くといいけど。

「人間みたいな小さな目標にそうそう当たるもんじゃない」

●シャアは本当にカッコイイ。
頭の右側をビームがかすめたけど、全く動じなかった。
彼の妹が銃を向けたとき、それを足で一蹴したね。
シャアはガンダムシリーズで最高のシャアで、どのシャアよりもこのシリーズのシャアが一番シャアらしいや。
シャアの他にも、自分が好きなキャラクターは他にもいる。
セイラ、リュウ、ミライ、それにカイ「ちょっとダメな」シデン。
みんな次のエピソードを早く見たいと思ってるよね。
だってみんなガンダムに引き込まれるもん。

●↑いい趣味だね、
セイラは本当にイイキャラクターだよ!
リュウ、ミライ、カイも本当にいいやつだね、もちろん。

●↑シャアが一番好きだな、このエピソードがシャアのよさを教えてくれた。

●↑カイにとっては、記念すべき平手打ち1回目。

「1機のザクは通常の三倍のスピードで接近します」

●シャアのザクと他の兵士たちのザクはどういった点が違うわけ?
色以外で。

●↑標準的なモデルのザクⅡの、指揮官用ってだけだよ。
他のザクに比べると指揮官用のモデルはちょっとスピードが出るんだ。
(30%ぐらい。3倍も早くならないと思うけど… シャアのザクだけみたいだね。)
そういうことさ。


●シャアをマジにとることができないね。
昔のアニメだからか、エピソードで描かれるシャアの悪さがコミカルに描かれている。
3倍のスピードってのは基本的にミームだと思うけど。
基本的にはこのエピソードが好きだなあ。
アニメが特に優れてるってわけじゃないけど、アムロとザクの戦いは見るのが楽しい。
アニメはかなり素晴らしいね。

●シャアとアムロの初対戦だったね。どうだった?
興味深いトリビア:当時は昇る太陽を赤色で表現していたことから、シャアのザクを赤色にすることになったそうだよ。
宇宙では赤色が認識されず、シャアのザクは色が塗られていないように見えるんだって。
シャアは塗装することなくなんとか最大限にザクの力を引き出したいと考えているんだ。
ジオン兵の全員がそれを理解しているわけではないけどね。

それはさておき、シャアのザクについて詳細は明らかになっていないけれども、敵の攻撃に備えて装甲を強化するより、ザクの装甲、シャアのパイロットとしての高度なスキル、頭の回転の速さを反映させて、敵からの砲火を避けるスピードの強化を重視しているんだって。

●↑そうだね、赤を上手に使っていると思う。
ウォーハンマー40Kのオークスと同じロジックだと思う。
イイと思うわ。

ウォーハンマー40K: ウォーハンマー(Warhammer)とは、イギリスのゲーム製作会社ゲームズワークショップが製作・販売しているミニチュアゲームのシリーズ名。
同社の主要なコンテンツであり、ファンタジー世界を舞台にしている「ウォーハンマー:ファンタジーバトル」(ウォーハンマーFB)と、SF世界を舞台にしている「ウォーハンマー40,000」(ウォーハンマー40K)の、二つのシリーズで展開されている。

●↑オークスはおそらく一例だね。

●↑ちょっとしたトリビアだけど面白いね!
塗装の色がザクⅡの司令官に大きく影響を与えているなんて知らなかった。
ジョークはおいといて、彼の性格がよく出ていると思う。
意図的にマシーンに手を加えることをせずに、マシーンの能力を最大化しようとしているんだね。
アムロとは真逆だね。

●↑そうじゃないかと思ってたんだよ。
操縦する際にかかる負荷という面で、パイロットが着用するモビルスーツには制限があるに違いないからね。
面白いトリビアだと思う。

●↑ガンダム・ジ・オリジンでは、シャアは世界が赤く染まるのを見るのが好きだから、赤をトレードマークにすることを決めたという設定だったと思うんだけど。(自分なりの理解だけど)
新しく設定がつくられたってこと?
まあいずれ明らかになると思うけど。

View post on imgur.com

●話して動くやつ、ハロ、今回のエピソードでは全く動かなかったなあ。

●↑ハロには自分の時間があるんだ。
見る、待つ、正しい方向へ移動する。

「ガンダムの整備をしておけ」

●ブライトにはイライラする。アムロを休憩させるべきだったんだ。
彼は本当にガンダムにハマっているけれども、まだまだ未熟だろ。
アムロはブライトに一発お見舞いしてやるべきなんだ。


●シャアに妹がいるって?
あとは、3倍のスピードを誇る赤いザクⅡの戦いを見ることができたね。
なぜプリンセスがいることが紹介されなかったについて考えてみたことがある?
プリンセスっているのかなあ?
彼女について言及されてもいいと思うんだけどなあ。

●↑正確に言うと、カスタムザクⅡの指揮官モデルだよ。
でも全てのカスタム機は赤く塗装されてる。

●↑>プリンセスっているのかなあ?
そうだよ、でもセイラは従来のガンダムのプリンセスたちとはちょっと違うんだ。
ガンダムのプリンセスの出自はどこだと思う?
セイラはプリンセスなんだ。
彼女は、ザビの一族に殺されたジオンの創始者の娘なんだ。

https://www.reddit.com/464kb0/から翻訳

 

 

23 Responses to “機動戦士ガンダム第2話:海外の反応「シャアは本当にカッコイイ」”

  1. 名無しさん より:

    3倍のスピードのザクとあしたのジョーのトリプルクロスカウンターはギャグだと思っているw

  2. 名無しさん より:

     仕返しは”3倍増し”だからじゃね?

  3. 名無しさん より:

    シャアザクの三倍は、
    ドッグファイトや艦戦への攻撃など目視だった大東亜戦争時には誤認は幾らでもあった。
    有視界戦闘に慣れてない設定だし、戦場では何があるか分からない、みたいな怖さがあったな。
    アニメ的なハッタリの産物が7割方だと思うけど、後付の理屈とは違う冨野らしいリアルさとして感じた。

  4. 名無しさん より:

    塗料が余ってたから赤という名のピンクになったと聞いた気が…

    • 名無しさん より:

      >塗料が余ってたから赤という名のピンクになったと聞いた気が…
      それはガセ。ピンクになったのは 赤がガンダムに使われてるから被り回避。
      胴体のあずき色とピンクで 動くと混ざって赤に見えるという配色テクニック

  5. 名無しさん より:

    改めて見ると、シャアは本当にイケメンだな
    シャアめ!

  6. 名無しさん より:

    初見が多いんだな
    ファーストガンダムは名言を大量生産してたからパロディも多いんだけど元ネタ知らずに見てるやつが多いって事か
    今のアニメの基本が作られてたのがこの時期だからまぁ見ないよりは見た方がいいけど

  7. 名無しさん より:

    当時だけじゃなく日本人は大陽を赤で塗るだろ 外国では黄色だが
    ただシャアの色は大陽じゃなくドイツのレッドバロンあたりが元ネタじゃないの

  8. 名無しさん より:

    セイラが呆けてしまったのは兄だと感じたからだよなあ
    シャアの方は撃たれそうでそれどころじゃなかったと思うとなんか可哀想w

  9. 名無しさん より:

    ガンダム奪ったifルートすき。赤ガンダムかっこいい。

  10. 名無しさん より:

    シャアの機体が赤いのが多いのは未塗装の試作品だから・・
    という説もある
    たしかにゲルググではそういうセリフもあった

    つまりシャアは
    「新型キタ―――(゚∀゚)―――― !!乗りたい乗らせてもう乗った!」
    なパイロットだとw

  11. 名無しさん より:

    >従来のガンダムのプリンセスたちとはちょっと違うんだ。
    おい!
    元の言葉がわからないので翻訳の具合か、これが最初だと理解していないあほの子なのかわからんが

  12. 名無しさん より:

    どう見てもピンクな彗星な件w

  13. 名無しさん より:

    シャアは、加速減速の計算が天才的で、三割り増しのザクで、三割以上早い動きをしていて、超長距離からの急接近みたいな特殊条件下では三倍の速度が出てたと勝手に思ってた。

    • 名無しさん より:

      OVAである08小隊のオマケ映像で解説されてたんだけど、
      シャア専用機は一応隊長機であるから出力は1.5倍くらいはあるそうなんだが、宇宙空間の戦闘で戦艦から離脱する際に、モビルスーツの足で壁面を蹴飛ばして先ず助走を付けてからバーニアを噴かすことで一気に加速して離脱する技を使って、それが通常の三倍くらいに見えたんだとか。
      ちょっとうろ覚えでスマン

  14. 名無しさん より:

    ホワイトベースが85km/hで逃げていると仮定して通常のザクⅡが100km/hで追撃、シャアザクは3割増しの130km/hで追撃するとホワイトベースからは3倍の速度で迫ってくるように見えるってことで決着はついたのではなかったのか?

    • 名無しさん より:

      どこでの決着だよww

      • 名無しさん より:

                  ,、L,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-‐‐‐”””~´_____,,,,、、-‐’r゛
              , -‐’    ________,,,,,,,、、、-=;;””ヽ| ,,、-‐””
             < ―‐'''!'''''''h''T'''廿'i= .r廿´| { r~
               ̄ ̄ |⌒i r ヽ– '   |i‐‐‐'  }|
                  |λ|{        ヽ    .|
        .          |ヽi |       , r.'    |
                  lV r            |       
                  `、 !   ‐‐''''''''"""'   !
                   ヽト     ""     /                   あなたの心です
                     |\         ,.!
                   ,,、rl  '''''''ー‐_"''''""_´└ 、
                 // __`-‐''""~   /    丶-、__

  15. 名無しさん より:

    外国人たちは知らない。
    あのヤシマ家のご令嬢の家業、ヤシマ重工が作った兵器を
    連邦もジオンも買ってお互い撃ち合っていることを。

  16. 名無しさん より:

    UCでフルフロンたるのシナンジュが、デブリを回避しながらの速度が通常の3倍という解釈をやってたっけ。

コメントを残す


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38