おしえて!ギャル子ちゃん第10話:海外の反応「肉子、走り早い。音速の肉」

 

●馬鹿どもめ


●どんなアニメでもこのことについて対処しようとしていたと思うんだけど、私はギャル子にはスポーツブラが必要だと思っていた。
(マジな話、日本では売ってないのか、漫画作者とアニメのライターの間で秘密の合意があるのだろうか?)

●↑ギャル子のお姉さんが彼女にブラを勧めてたと思うよ。
速く走っていた別の女の子はたぶんスポーツブラを着けてるように見える。

●↑別のエピソードで、カスタムメイドのブラが必要だと下着ショップの女性店員が話してたように、彼女のカップに合うサイズのブラはないんじゃないの?

●↑ギャル子はソニックおっぱいを持ってる子に頼んで、一つ借りる必要がある。

●↑まさしくその通り。

View post on imgur.com

●肉子は健康的。


●すげー、ソニックミートこと肉子、走り早い。

●↑音速の肉

View post on imgur.com

「という噂聞いたんですけど本当ですか?」

●オタ子:クラスの知識源

●この話でこの男の考え方の続きをもっと出してほしかったよ。
オタ子とチャラ男が共通の話題で絆を深めてるのが良かったよ。

View post on imgur.com

「カレーうどんの跳ねたシミって、時間がたつと特に落ちにくくなるんだよね」

●チャラ男のベストについた、カレーうどんのはねたシミをギャル子が取ってあげた。
ギャル子はお母さんみたいに優しい。

View post on imgur.com

●ギャル子ちゃんが起きました。

●↑畜生、なかなか凄いイメージ画像!

●↑ギャル子は裸で寝るんだね。
この画像だと髪の色も違って見えるな。

●↑チャラ男の想像の中でだけどね。


●ギャル子が裸で寝ている?繰り返しになるが、チャラ男の空想の中の事だ。

●↑第5話で、ギャル子はパジャマを着て寝ている。

View post on imgur.com

「俺、今日はゴム持ってるんだけど・・・」

●「俺、今日はゴム持ってるんだけど・・・」
このジョーク、ツボに入り過ぎて、マジ笑えた。
機転が利かなかった高校生の頃を思い出した(爆笑)。

●↑ここでチャラ男が言っているゴムて何の事だ?
ジョークの意味がまだ分からない。。。

●↑ゴムはコンドームのスラング的な言い方。

●↑ちょっと待って、チャラ男は後輩の目の前でコンドームを持ってると言ったの?
コンドーム以外の物を意味していたのではなく?(爆笑)

●↑そう、まさにコンドームを意味していた。

View post on imgur.com

「姉貴には関係ねーよ」

●チャラ男のお姉さんは正面から見る事さえ、出来なかった。
ギャル子のお姉さんと違うね。

●↑彼は彼女のことを兄貴じゃなくて姉貴と呼んでるみたいだ。
姉貴はお姉さんのことね。
姉貴の姉上の違いがわからない。
どのように書くんだろう。

●↑兄貴/兄上は両方ともお兄さんを意味する。
兄上のほうがちょっと敬意がある言い方だ。
姉貴/姉上は両方ともお姉さんを意味する。
姉上の方がちょっと敬意のある言い方だ。

●↑俺が知る限り、チャラ男のお姉さんが登場したのは、初めてのはずだ。

View post on imgur.com

「やっぱり好き!」

●速すぎ

●チャラ男の後輩、かわいいな。


●男どもに焦点があてられ、新しい登場人物が出てきて楽しかった。
最後のジョークは想定外だったけど!

●↑時々、ギャル子、オタ子とお嬢以外のクラスの様子を何回も見せてくれるのが好きだよ。
後輩がちょっと気の毒に思えた。

●↑まあ、結婚した夫婦が大好きなモデル(性別の好みは自由)について考えてはいけないと言っているようなものだ。
誰かをキレイと思っても、その人にロマンチックな興味を抱くなというのは理解できる。
チャラ男は揺れるギャル子の爆乳が好きなだけだと思うよ。
チャラ男は現れてから、彼女の家に行き、デートにも行く。
やるべき事はやっていると思う。
クラスには一人は目立つ男/女はいるものだ。
ゴムのジョークは笑えたけど、本当に想定外だった。

●↑まあ、好きなモデルについて考える事と、その好きなモデルが他の誰かと寝ているかもしれないと嫉妬で怒ることは違うからね。
チャラ男がギャル子の外見だけを評価して興味をもっているわけではない事は明らかだ。

●↑明らかかな?
ギャル子の巨乳が視界に入った時にチャラ男が赤面するから?
彼はまだ十代の若者だぜ。
チャラ男の年なら、彼女がいるいない関係なく、カワイイ女の子の話をするだろう、普通は。

●↑チャラ男が感情的にギャル子の性生活を調べたから、ギャル子が誰かとセ〇クスをしているかもという可能性が彼を悩ます。
ギャル子とデートする彼氏でもないのに、これは変に独占的で不健全だ。
結局、彼の嫉妬は杞憂だと分かったからよかったけど、後輩とのデートはそっちのけで、ギャル子の事について精神的に葛藤しているということは、後輩のことはあまり大切に思ってないってことだよね。

●↑そうだ、これは3人の男子が抱いている「ギャル子には清純であってほしい」的ファンタジーの一部だと思う。
次の数話では、ギャル子のダークな一面も見れるかも、ハッハ!

https://www.reddit.com/4bwx4d/より翻訳

 

2 Responses to “おしえて!ギャル子ちゃん第10話:海外の反応「肉子、走り早い。音速の肉」”

  1. 名無しさん より:

    たしかこのチャラ男は挿す方じゃなく挿される方なんだよね

    • 名無しさん より:

      誤解だって言ってるだろおおおお

      というか、後輩ちゃん、アレだけ説明されても「先輩は実は女装が・・・」とか思い込んでるのは、実は自分自身の願望で目が曇っているのでは?
      無自覚に入れる側を希望しているとか

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38