デュラララ!!×2 承第5話:海外の反応「スタンガン少女は何らかの犯罪組織に関係があると思う」

image12

 

image1

実際問題、人間なんて蓋を開けてみるまでわからない。

●臨也、vertical videoで撮影するなよ。

●↑いーざぁーやぁああー

●↑これはちゃんと意味があるんだよ、
臨也は人をイラつかせるのが大好きだからね。

vertical video:スマホを縦にして撮影すること。
PCなどの端末で動画を再生すると上の画像のように小さく表示されるため嫌われている。

image2

●今回、いろんな場面の背景に双子が映ってたね。
何してたんだろう。

●↑彼女たちがセルティを探してたことを忘れちゃいけない。
きっと、いろいろ観察をしてたんだよ。誰と誰が仲間かとかね。


●彼女たちはこの街の全ての中心にいたいのさ。
臨也や帝人のように。
どうしたらそれが実現できるか調査中なのさ。

●↑来週わかるよ、きっとすごいことさ。

image4

●チャットルームで、誰がどのハンドルネームを使ってるのか注釈が必要だよ…。

●↑
田 田中太郎=帝人

甘 甘楽=臨也
セ セットン=セルティ
罪 罪歌=杏里
バ バキュラ=正臣
狂 =九瑠璃
参 =舞流

●↑すっげぇ役に立つ。来週から使わせてもらうよ。

image6

●紀田が帝人に警告してたけど、紀田が何か関わってるのかな?
それとも誰かからタレこみを受けただけ?

●紀田は何か感付いてるみたい、どうして?
来週になったらわかるかな。

image8

まぁお前に1発ぶん殴られりゃ、止めみてぇなもんだけどな。
4発っす。俺のパンチ4発目まで起きやがってきました。

●千景はそこまで悪い奴じゃなさそう。
ひどい女ったらしだけど仲間の面倒はしっかり見てるし。

●↑静雄のパンチを4発受け止めたってだけで、紹介としては十分だよ。

image10

「どうしたんすか?」
「いや後ろ」

●偉大なる萌えの力を持ってしても静雄を笑わせることはできないのか…。

●↑萌えの力と言うのは人を傷つけることじゃない。
もっといいことに使われるものだ。

●↑大いなる萌えには、大いなる責任が伴う。


●ベン叔父さんはこの少女に失望しているだろうよ。

「大いなる萌えには…」:映画「スパイダーマン」で主人公の叔父であるベンが言った「大いなる力には、大いなる責任が伴う」のもじり。

image12

死んじゃえ

●シリアスな雰囲気が出てきたね。
スタンガン少女は何らかの犯罪組織に関係があると思う。


●彼女にどんな事情があるかわからないけど好きになってしまった。

●↑ターゲットに死んでとお願いする子供の暗殺者ほどかわいらしいものはない。

●↑もし彼女がこんなに可愛くなければ、スタンガンを押し当てた瞬間静雄にぶん殴られてただろう。

●↑判断基準の偏向はこれまでも研究されてきたテーマだよ。
たとえば、人は女性や子供に対しては甘い判断を下すんだ。


●スタンガンでは人を殺せないよ。ちゃんと調べないとね、お嬢さん。

●↑きっとこれはWOMBOへの布石なんだよ。

WOMBOWombo Comboのこと。ゲームなどでの凄まじいコンボに対して使われたりする。


●俺の暗殺者がこんなに可愛いわけがない。

image13

俺達がどんな連中か、ダラーズとか言うふざけた名前の連中に教えてやるさ。

●静雄のパンチを4発も耐えたやつが、To羅丸のリーダーか。
いよいよダラーズに宣戦布告か。
休日は終わりだ。

View post on imgur.com

●前の信号に止まってる時にワイヤーを設置してたね。

●↑よく気づいたな!

View post on imgur.com

●首切っただけ?俺はポケモンマスターじゃないけど、あんまり効果あるとは思えないな。

●↑ゴーストタイプにノーマル攻撃をするみたいにね。

●↑でもセルティを殺すつもりだってことは伝わったよね。めっちゃまずい。


●3人の新しいキャラが登場したね。
To羅丸のリーダーは裏表なさそうだけど、静雄を狙った暗殺者とバイクの女は何か裏がありそうで楽しみ。

●すげぇわくわくする。
今回のキャラ紹介は引き込まれたよ。
素晴らしい作品になる予感がするよ。

https://www.reddit.com/30m36rより翻訳

 

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38