海外の反応「美しいアートスタイルなのに過小評価されている9つのアニメはこれだ!」

 


毎シーズンたくさんのアニメがリリースされる。
そのため多くのアニメがファンたちに視聴されないのもしかたながないことである。
スポットライトに当たるチャンスの無かったアニメもたくさんあるし、恥ではない。
ビジュアルが美しくて過小評価されていて、見てみるべきアニメを挙げていこう。

1.京騒戯画

京騒戯画は君達が見たことのないアニメで一番ワイルドな作品である。
このアニメはキルラキルがあった2013年秋シーズンに放映された。
京騒戯画は視聴者の注目を集めることはなかった。
いくつかのすばらしいビジュアルのある心温まる家族の話であり、スタイルとシナリオが珍しいアニメである。

View post on imgur.com

2.コンクリート・レボルティオ



コンクリート・レボルティオはスーパーヒーローと社会的コメンタリーがミックスされたアニメである。

伝統的なコミックファンなら親しみやすいスタイルである。
しかしこのようなスタイルのアニメを見るのに慣れているファンが多くなかったために、あまり視聴されなかった。
だが、このアニメは美しいアニメーションと異国人を社会に受け入れるという鋭い視点のために視聴する価値のある作品である。

View post on imgur.com

3.Ergo Proxy

Ergo Proxyは暗い色合いと薄暗いライティングが美しいビジュアルにつながることを示した作品である。
人類がAIに置き換えられるという未来的な環境設定の、スリリングな殺人ミステリー作品である。

View post on imgur.com

4.有頂天家族

有頂天家族は3つの異なる種族からなる奇妙なキャラクター達のアニメである。
人間とタヌキと天狗が共存しようとする話である。
背景が美しくスムーズなアニメーションの作品であり、P.A Worksが作成した。

View post on imgur.com

5.フリップフラッパーズ



フリップフラッパーズは魔法少女とおとぎ話の要素を超現実的に取り入れたアニメである。

各話ごとに新しいアニメーションスタイルが用いられており、見るといつでも新鮮な感覚が得られる作品である。
ストーリーは後回しにしているため、明確な答えを求めている人にとっては迷ってしまう作品かもしれない。

View post on imgur.com

6.夜桜四重奏



夜桜四重奏はデュラララのイラストレーターによってつくられた。

そのためスタイリッシュに見えるだろう。
ストーリーは超能力を持った10代のグループが妖怪から町を守るというものである。

View post on imgur.com

7.四畳半神話大系



あなたはこのアニメに取り入れられたたくさんのディテールを評価するためにこの作品を何度も見る必要があるかもしれない。

このアニメはメインキャラクターの心理状態にスポットをあてるために普通とは異なるアニメーション技法が使われている。

View post on imgur.com

8.絶園のテンペスト



絶園のテンペストはシェークスピアのハムレットとテンペストを扱ったユニークなアニメである。

ストーリーは復讐をメインにしており、あなたを引き付けるひねりにあふれたアニメである。

View post on imgur.com

9.ロードス島戦記



ロードス島戦記は90年代に作られた伝説的なファンタジーアニメであり、いくつかの素晴らしいアニメーションシーンが特徴である。

ロードス島戦記は当時は人気があったが、新しいアニメファンは、古いアートスタイルのため敬遠しがちである。
ロードオブザリングをアニメ化したようなものと言ったほうが近いだろう。

View post on imgur.com

あなたの好きな美しいビジュアルの過小評価されているアニメはどれ?

http://goboiano.com/9-underrated-anime-with-beautiful-art-styles/より翻訳


●ロードス島戦記は偉大なアニメだよ。
ここに上がってるのは面白いね。
長い間忘れていたけど、ちょうど数日前に思い出したよ。

●コンクリート・レボルティオははとてもすごいアニメで、タイムラインに注目できるなら、ピースが集まって全体の話が理解できるよ。
2回は観る必要があるけどね。
私は2回で理解できたよ。


●プロダクションアイムズが作るアニメは殆ど過小評価されてるよ。
デート・ア・ライブとか新妹魔王とかハンドレッドは文字通り過小評価されている。

●↑デート・ア・ライブ大好きだよ。
2期を観る必要があるな。


●ロードス島戦記はチェっくする必要があるかも。

●↑絶園のテンペストはよさそうに見えるね。

●↑君がシェークスピアに興味があるようには思えないんだけどw


●えとたまはどこだ?
ローリングガールズは?

●東京レイヴンズを入れろ
あとワールドトリガーと問題児たちが異世界から来るようですよがあれば完璧だ。

●みんなアニメのこと分かってないのが明らかだね。
刀語がないとか。

●コンクリート・レボルティオとフリップフラッパーズは極端に過小評価されてたよね。
パンチラインがリストにないのも驚いたよ。

●京騒戯画、Ergo Proxy、夜桜四重奏は過小評価されてないと思うよ。

●フリップフラッパーズがリストにあってよかった。
素晴らしいアニメだった。
私は楽しんで観てたよ。

●私はコンクリート・レボルティオは2期ともみたよ。
タイムラインが混乱したけどね。

●京騒戯画を見ていない人のためにいっておくけど、時間を無駄にするな!

●物語はリストにないの?

●いいアートスタイルだからいいアニメってわけじゃないけどね。

●京騒戯画とフリップフラッパーズは過小評価されている。

●ピンポン The Animationは?

●キズナイーバーは美しかった。
リストに入れるべきだ。

●四畳半神話大系はものすごくよかった。

●ACCA,ACCA,ACCA このリストにACCAを入れる必要がある。


●ソードアートオンラインがこのリストにないのはいいことだね。

●↑正直言って、ソードアートオンラインはいいアニメだよ、特にアクションシーンが。

●↑だか過大評価され過ぎている。


●絶園のテンペストはよかったよ。

●絶園のテンペストのアートスタイルは特にユニークじゃなかったよ。

●刀語もこのリストにあるべきだったと思うよ。


●このすば

●↑過大評価されすぎだよ。

●↑いや、私はアートスタイルは美しいと思うよ。

●↑過大評価され過ぎじゃないよ。

https://www.facebook.com/goboiano/posts/1375127595876841より翻訳

 

51 Responses to “海外の反応「美しいアートスタイルなのに過小評価されている9つのアニメはこれだ!」”

  1. 名無しさん より:

    ロードスはそれまで羽の生えた妖精みたいだったエルフの外見を笹穂耳の白人という方向性で
    日本のアニメや漫画界に広く固定化したという意味において記憶されるべき

    • 名無しさん より:

      それとピロテースのキャラデザの艶めかしさが
      褐色エルフ(ダークエルフ)はエロい、という
      昨今の流れの源泉にもなってるな。
      デザインだけで、ピロテース自体はそんなキャラではないのだが。

      とにかく、後世に与えた影響の大きさは凄いものがある作品。

    • 名無しさん より:

      日本において中世風ファンタジーのイメージを良くも悪くも定着させたね。元となったTRPGのリプレイがD&Dだったから、今風のファンタジーから見るとかなりトールキン寄りだけどもね。

      ロードス島戦記といえば、「風のファンタジア」を鼻歌交じりで歌うとサビ始まりが何故か「檄!帝国華撃団」のサビに移行しちゃう。

      • 名無しさん より:

        光の速さで走れ〜
        からの、走れ、光速の帝国歌劇団!という事か?w

        鼻歌だから歌詞のせいではないかもしれないけど

        • 名無しさん より:

          サビの「♪風の~」の所の入りが何故か「♪走れ~」に変わってしまうんだよw原曲聴いていたらそんなこと無いのだけど、うろ覚えだからだと思う。

        • 名無しさん より:

          サビというかBメロだな。「♪風の~」部分に印象が残っているわw

  2. 名無しさん より:

    コンレボは日本の戦後のカルトなネタがわからないと面白さが
    伝わらないだろうなあ、それこそオタクレベルなネタが多い

    • 名無しさん より:

      オタク+昭和ネタの知識がいるな。2chのスレに助けられた
      さすがに昭和流行のギャグとか昭和当時に新発売の道具とかはネタがわからんからな

    • 名無しさん より:

      コンレボは話のアウトライン(超人登録法でヒーロー同士が揉めてから一分の派閥が異界に移住するまで)が
      マーベルのアメコミそのまんまだからな
      しかもマーベルだとガチで自社ヒーローだけで成立できた所がコンレボではウルトラマンモドキ、戦隊ヒーローモドキ、と
      バックボーンのない「それっぽい代用品」でアメコミの借り物のストーリーをなぞるって
      学生闘争とかの雰囲気以外はどうしようもない代用品の代用品みたいな話になってしまった
      やりたければ本腰入れて東映とか円谷に許可を取らないと意味がない企画だったわ

  3. 名無しさん より:

    一番は内容だからとしか

  4. 名無しさん より:

    Tiger&BUNNYやフラクタル
    ウィザード・バリスターズとか作画が良いのに内容がダメ過ぎた

  5. 名無しさん より:

    アートスタイルだけで単純に話がつまらないものも含まれてるね

  6. 名無しさん より:

    雰囲気アニメが好きなのはわかった

  7. 名無しさん より:

    京騒戯画もコンレボも何度もいきなり過去に飛ぶ構成がなあ
    余りにも時系列に展開しないのは映像作品としては人気出ないよ

  8. 名無しさん より:

    【危険】忍者ツール(遠隔操作ウィルス)を仕込んだ中国の反応、海外の反応ブログに注意!
    (通称GENOウイルス)フリーソフトや一部のウィルスソフトでは検出されない
    「中国の反応」全て、「海外のお前ら」は忍者ツールを使用しているので注意!!

    最近やたら増えている海外の反応ブログは中国人のプロパガンダ偏向ブログが多いので注意
    確認できている中国人が管理している偏向プロパガンダブログ
    ・海外反応 キキミミ
    ・海外の万国反応記 (海外のお前らに近い関係の中国人)
    ・ジパング 世界の反応
    ・ 劇訳表示。(すぐに削除はしないが挑戦的な中国人)
    ・ 海外まとめネット ≫ 海外の反応(気に入らないコメントは全削除する中国人)
    ・P magazine 海外の反応
    ・ 海外のお前ら(とくに偏向がひどい中国人)(気に入らないコメントは全削除)
    ・どんぐりこ(朝鮮系)
    ・ 【海外の反応】ロコロコニュース

  9. 名無しさん より:

    ロードス島はOP”奇跡の海”だけは必見。
    なお本編は…

    • 名無しさん より:

      それは英雄騎士伝の方な。こっちは旧OVA。
      なお奇跡の海のOPアニメーションは制作時点でキャラ表が上がってなくて、旧OVAのキャラを参考にしたとかなんとか。

      あと夜桜も旧アニメと、ここで話題に挙がってるハナノウタを間違わないように。

  10. 名無しさん より:

    どれもお話が残念だから、過小評価ではない。

  11. 名無しさん より:

    フリップフラッパーズは良かった

  12. 名無しさん より:

    別に話も残念とは思えんけどな
    癖のある展開の仕方だから単純に好き嫌いが明確になるって感じ
    あと「雰囲気アニメ」とか「意識高い系」とかレッテル貼って馬鹿にする風潮のせいで一部自分の意見の無い人が引き摺られるのも良くない

  13. 名無しさん より:

    スレタイの文言入れ替えた方がわかりやすいんでない?

    例えば、「過小評価されてるけどアートスタイルの良い作品」とかさ
    アートスタイルは作品の個性であって優劣付ける部分じゃないし

  14. 名無しさん より:

    えとたまは名作
    続編はよしろ

  15. 名無しさん より:

    意識高い系はマジで見てる奴らが通気取りで鼻につくから馬鹿にされてるだけだろ

    • 名無しさん より:

      作画アニメ、雰囲気アニメという評価には同意するところも多いが、お前の発言はちょっと意識が低過ぎないか?

    • 名無しさん より:

      例えば俺は2011年のオリジナルアニメだとまどかよりピングドラムの方が好きだっただけど、別にこれ難解だから通好みとかそういうのじゃなくて、それこそ雰囲気が好きなわけよ

      それで見てるアニメに謎が散りばめられていたらとりあえずは考察してみたりするってだけなんだよ

  16. 名無しさん より:

    今の世の中、過小評価ってのはまず無いな

    何か問題があるから評価が低いのですよw

  17. 名無しさん より:

    コンクリート・レボルティオは、時代があちらこちらへ頻繁に跳んだのが失敗だと思う。もう少し抑え気味にしておけば分かりやすくなったのに。

  18. 名無しさん より:

    >●↑過大評価されすぎだよ。

    もともと「過大」が「大きすぎる」という意味だから落ち着かない表現だなあ

  19. 名無しさん より:

    TVの「ロードス島戦記英雄騎士伝」と聞いたら、新山志保さんを思い出してしまう。

  20. 名無しさん より:

    おいおい巌窟王が入ってないとかあり得ないだろ
    美しいだろが!

  21. 名無しさん より:

    有頂天家族、フリップフラッパーズ、四畳半神話大系は評価されてるべ
    特に有頂天家族は2期が始まったし、四畳半神話大系は、同じじゃないけど似た世界観の作品が劇場版で公開されたばかしだし

  22. 名無しさん より:

    確かに出てきてる作品の作画は過小評価かもしれない
    ただ有頂天家族以外はストーリーと他の演出がいまいちだからしゃーない
    有頂天家族だけは作画以外にもシナリオや演出など高く評価されている

  23. 名無しさん より:

    「絶園のテンペスト」は、ラストが少し残念だったけど、愛花殺害の謎が暴かれるまでは非常に面白かったけどな。
    ただ、アートスタイルがどうのって話は???
    前半のオープニングは、Nothing’s Carved In Stoneの”Spirit Inspiration”と映像が上手く嵌って、カッコよかったけどね。
    ただし、葉風かわいいw

    • 名無しさん より:

      絶縁のテンペストは、アニメーションは躍動感があって素晴らしい。
      さすがボンズ。
      ただ、アートスタイルが個性的とか別にそうではないね。

  24. 名無しさん より:

    まじでツマラン作品も交じってるんだが…

  25. 名無しさん より:

    ロードスはカセットブックの2作目まではパーンを竹村拓、ディードリットを鶴ひろみさんが演じてたのに、3作目でいきなりOVA版に合わせて草尾毅と冬馬冬美さんに代わって、ちょっと違和感があった。
    そのカセットブック2作目まではスレインをは塩沢兼人さんが演じていたのは、いい思い出。
    カシュー王が池田秀一、アシュラムを神谷明ってのは最初は逆だろ!って思ったが、いざ観てみるとしっくりいっていた。

  26. 名無しさん より:

    外国では評価されていないって事かな?
    日本じゃ十分評価されている

  27. 名無しさん より:

    コンクリートレボルティオは10年に1本の名作だと思う
    確かにタイムラインが分かりにくいのは難点だったが
    つまり星野輝子は最高にムラムラくるって事ですよ

  28. 名無しさん より:

    アートスタイルだけで評価されるなら苦労しねーわな
    高い人気が得られなかったはそれ以外で欠けているモノが多かったってことだ
    作画レベルが高かったりしても不思議雰囲気系作品は大抵そのパターンに陥っている
    この中で俺がわりとアートスタイル以外でも評価できるのは有頂天家族とエルゴプラクシーくらいだわ

  29. 名無しさん より:

    夜桜四重奏はフラストレーションの蓄積と開放のバランスが悪すぎる。
    フラストレーションを溜めさせるだけ溜めさせておいて、その開放のエクスタシーが殆どない。

  30. 名無しさん より:

    コンクリート・レボルティオは1期で広げた風呂敷の2期でのしょぼいたたみ方が残念だったわ。
    物語ってのは終わり方が重要なんだよ。

  31. 名無しさん より:

    ストーリーはアレだけど百合熊嵐がアートデザインは良い

  32. 名無しさん より:

    フリップフラッパーズ、そんな斬新でもないよ
    放課後のプレアデス、ろーりんぐがーるず
    似たようなのあるし

  33. 名無しさん より:

    ボビーに首ったけ、カリフォルニアクライシス、
    ロボットカーニバル(特に梅津)、X電車で行こう、
    御先祖様万々歳、この辺も観てもらいたいね

  34. 名無しさん より:

    貼ってある夜桜四重奏2のgifは鈴ピン絵じゃない

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38