安重根が伊藤博文を殺したのは大きな過ちだった 伊藤が生きていたら太平洋戦争もなくアジアの近代化も成功していた 韓国の反応

(スレ主)
日本も政治争いがひどかったけど伊藤博文は

日本国内の強硬派軍部勢力を牽制できる唯一の人物だった。

実際安重根義士がハルビンで伊藤博文を殺した年が1909年
その翌年の1910年に朝鮮は併合される。
伊藤博文が死亡し、日本国内の強硬派軍部勢力の足かせが解けたためだ。

安重根義士は日本が軍部独裁国家に進む原因提供者になったのだ。
日本が1次世界大戦戦勝国の地位を有している連合国の国家だったのは知っているか?

伊藤博文の勢力が政権を握り続けたら、
力のある外交政策を展開し、
第二次世界大戦でドイツと手を組まず、連合国側に残ったはず。
(そうするしかないのは資源の80%を米国に依存していた国だから)

軍人が権力を行使するようになってから日本がおかしくなって
日中戦争を起こし
太平洋戦争を起こした

これが独裁の怖さ。
それが嫌なら反対勢力が存在しなければならないが
それを安重根が無くしてしまった。

伊藤博文が生きていたら
日中戦争もなかっただろうし
太平洋戦争もなかっただろう

ヨーロッパだけが破壊されて終わっていただろう。

その隙にアジア諸国は近代化を成功させ、

白人たちに無視されていなかったかもしれない。



●韓国人
伊藤博文が福沢諭吉の思想に同調する人であった
福沢諭吉は最初、朝鮮を西洋列強に対抗して一緒に進むべきパートナーと考えた。
しかし、彼の愛弟子、金玉均の政変が失敗し、斬首されたのを見て号泣したそうだ。
このために福沢諭吉は朝鮮に非常に失望するようになりパートナーの考えはあきらめたが..
それでも朝鮮人を日本人とのルーツが同じ人だと考えて皇国臣民に編入させ、多くの融和政策をとった。
福沢一派のこのような思想のおかげで西洋列強の植民地に比べて朝鮮は平和だったのです。
もちろん、これに反対する強硬派も多かった。
しかし穏健派だった伊藤博文を暗殺して結局強硬派が勢力を得るようになってしまったwww


●韓国人
安重根はただのテロ犯殺人者だと考えてみろ。
独立さえしていなければ私たちは日本人だと威張り息巻きながら、ありがとうと言って強制徴用も受けず、幸せに暮らすことができた。

●↑韓国人
安重根が伊藤を殺し、その後日本がドイツと組んで
私たちはアメリカの側に付くことができた。
その結果独立できたのだから、テロ犯ではない


●韓国人
安重根は日本のために伊藤を殺害したのであって独立のためにしたのではない。
安重根はものすごい親日派であった。
実はその時は日本が祖国なので愛国者と言うのが正しい。

●↑韓国人
安重根は朝鮮人で伊藤を殺す時も朝鮮は独立していた
伊藤が死んだ翌年に日韓併合になった
左翼の教育を受けて、時間の概念を失って、この事件の歴史に号泣するな


●韓国人
テロリストだ
裁判記録を見れば、何も知らない病身だと分かる


●韓国人
安重根の息子が朝鮮総督に父の過ちを謝罪し、自ら養子となって一生日本政府より金を受け取って生活した。
これがファクトだよ。



●韓国人
でも、韓国の歴史教育では暗殺事件ぐらいにしてしまう。
一番日本の敗北に大きな役割を果たした人物ですが、
おかしいけど安重根は大東亜共栄圏を望んで伊藤を殺したこと

●↑韓国人
それは違う。
日本が言う大東話共栄圏はイギリスとその植民地のような概念で、
安重根が言うアジア連合はEUのようなシステムです。


●韓国人
我々が学ぶ歴史は、すべて我々の好みに合うものだけである。


●韓国人
安重根は情勢の把握も疎い人であった。
伊藤暗殺の口実で日本の軍部の勢力が台頭し、当時の首相は責任論に押された。
それ以来、韓半島は言葉にはない「朝鮮人」扱いされた。

●↑韓国人
そのように軍部が暴れた結果、
核爆弾を落とされることまで安重根先生が計画していたなら
天才戦略家としてふさわしい。


●韓国人
歴史に「もし」はない。


●韓国人
このように歴史を違う目で見ることも必要なのに、悪口を叩きつけるなんて…。



●韓国人
お前は相変らず日本の奴隷だろう….
反日野郎も疎ましいけど···
親日野郎はもっと疎ましいよ···
くそっ..いい加減にしなさい..
お前のせいで土着倭寇の国と言われる。
お前の見よう見まねで後始末しろよな
くだらない奴だ。


●韓国人
誰が見ても、韓日併合は当たり前の手順だった。
当時の経済と政治状況が分からないから、このような愚痴をこぼしているのだ。
18世紀から全世界の経済は独占資本主義体制へ移行しているが、産業革命で供給は増えたが、需要の限界を感じて市場の開拓のために、西欧列強は植民地開拓に熱を上げるようになる。
その影響で日本も開国して朝鮮も強制開国させられたんだよ。
日本は西欧列強の前例をそのまま見て学び、近代化に一発で成功し、これを朝鮮で再び行ったことになる。
日本も近代化に成功したから、品物を売って供給を安定的にしなければならない植民地が必要だったが、日本の地政学的位置からそれがどこなのか。
これは、韓日併合と同時に開始した2つの政策だけで答えられる。
朝鮮会社令と土地調査事業
頭に入っていないのなら、安重根が伊藤を殺したのは間違いだなどと言って暮らせばいい。
すべての政策は経済危機へと繋がることになっている。


●韓国人
私も安重根は嫌い。
こいつのために苦労して暮すようになって面倒くさい。


●韓国人
伊藤の当時の年齢が70代だ
もう死ぬ直前だね。
一次大戦はその8年後だった。


●韓国人
伊藤博文が朝鮮にかなり好意的で、朝鮮人と親しくなりたいという穏健派だった。
朝鮮に関する知識も多かった。
伊藤博文が死ぬと、朝鮮には朝鮮の知識がない強硬派軍人出身の総督が来た。
そのため、朝鮮人は存亡の兆しを見せた。


●韓国人
安重根の病身野郎.
穏健派の伊藤を殺して
むしろチョッパリにしっかりやられたね。

●↑韓国人
そうだね。
学識も多く、人柄もいい政治家だったのに。

https://www.ilbe.com/view/11231533813より翻訳

コメント

コメントを書き込む
※露骨な誹謗中傷となる表現は避けてください。

(反映までタイムラグがあります)

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ