韓国LG製バッテリーが原因で電気自動車が大炎上!!GM社、7万台リコールへ【韓国の反応】




GM、韓国産バッテリー搭載電気自動車6万9000台をグローバルリコール


米自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)が、韓国産バッテリーを装着した電気自動車を自発的にリコールすることにした。 5件の火災が発生し、2人が軽微だが、負傷して火災の危険があるという理由からだ。


ロイター通信は13日(現地時間)、2017-2019年に生産されたGM電気自動車シボレー·ボルト6万8,667台がリコールされると伝えた。 LG化学の梧倉(オチャン)工場で生産されたバッテリーを創作した車で、このうち米国内での販売分は5万932台だ。


米道路交通安全局(NHTSA)は先月、シボレー·ボルト電気車の後部座席下段部で駐車中に火災が発生した3件に対する調査に着手した。 NHTSAは、シボレー·ボルトの電気車所有者に対し、火災発生問題が解決するまで、自宅から遠く離れた屋外に駐車することを勧告した。 GMは、この自動車のバッテリーが完全に充電されたり充電量が100%に近い場合、火災が発生する危険があると発表した。 GMは、正確な火災発生の原因が分かるまで、バッテリーを最大90%まで充電できるよう制御する「ソフトウェアアップデート」を行う予定だと明らかにした。


ジェシー·オルテガGMボルト電気自動車総括エンジニアは「リコールされたすべての車に問題があるとは思わないが、予防のために充電量を制限した」とメディアに説明した。 他社の電気自動車も火災発生の危険に直面しているとロイターは伝えた。 現代自も先月、バッテリーの欠陥により2017年9月から今年3月までに生産されたCana電気自動車7万7000台のリコールを決定している。



■韓国の反応

●韓国人
まだガソリン車に乗れ。精神的にそっちのほうがいい。


●韓国人
月曜日、大変なことになるのでは・・・


●韓国人
訳もなくLGじゃないwww 絶対世界1位になれない企業である。万年23位ww


●韓国人
韓国のバッテリー事業から撤退する可能性のある重大な事件だ。


■関連記事
【海外の反応】ヒュンダイ車、米国「車内からニンニクや腐った野菜の臭いがする」「古い靴下、腐ったイカの臭い」と苦情殺到。


●韓国人
SKイノベーションのバッテリーだけが火災もなく、正常に作動するんだな。


●韓国人
月曜日、LG化学の株式を買わなければ。


●韓国人
外国ではすぐリコール…
韓国ではノーコール




●韓国人
鶏が問題か、卵が問題か。


●韓国人
LG化学、月曜日ストップ安だね。


●韓国人
韓国GMは一旦きちんと倒産し、従業員を入れ替えたほうがいいだろう。


●韓国人
LGバッテリーの問題が相次いで発生しているね。 企業に何か問題でもあるのか。


●韓国人
月曜日の株価が下がる音が聞こえるね。


●韓国人
韓国産じゃなくて、LG産~


●韓国人
めちゃくちゃだな…


●韓国人
韓国では原因究明と賠償はしない。



https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=469&aid=0000553799
より翻訳、引用

コメント

1 2 3 8
  1. 名無しさん より:

    ダメな潜水艦を売りつけられたインドネシアは、さすがに韓国産戦闘機を見限ったらしい

    19
  2. 名無しさん より:

    命にかかるものはケチってはいかんわな。

    13
    • 名無しさん より:

      サムスンの携帯に始まり、自国製品のコナEVから供給先のGM車まで爆発しまくりだね。
      もう、首領様からの命令で多方面にテロ攻撃をしていると見ていいんじゃね?

      7
      1
  3. 名無しさん より:

    朝鮮産のパーツ乗っけた車とか怖すぎるな。走る棺桶やん

    18
    1
    • 名無しさん より:

      日本企業だと思わせるような宣伝して、日本企業が長年築き上げた信用をタダ乗りしてきただけのクズ

      そのせいで韓国企業を日本企業だと思って買ってる外人が多い

  4. 名無しさん より:

    韓国人はすぐに忘れて自慢し始める。
    韓国製なんてこんなのばっかりなのにね。

    21
  5. 名無しさん より:

    日本のエアバックの会社が同じ状況になって倒産したな
    LGは他の分野もあるから大丈夫だろうけど
    違約金とかヤバそう

1 2 3 8
コメントを書き込む
※露骨な誹謗中傷となる表現は避けてください。

(反映までタイムラグがあります)

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ