// PCで表示させたい内容

【海外】唯々美しい・・・「京友禅」の伝統的な製作過程を見た外国人が日本の職人に感動。献身性と美しさに多くのコメント。

●京友禅とは
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京友禅(きょうゆうぜん)とは、京都の伝統工芸品の1つで、古来の染色技法を扇絵師の宮崎友禅斎が大成したもの[1]。鴨川の流れでさらし、鮮やかな色彩を出していたが、最近は郊外に移転している。また単に「友禅染」とも呼ばれる。

本格的な手描き友禅の場合、完成までに26もの工程を踏む大変手間のかかるものとなるため、現在は型染めや捺染が主流。

■動画はこちら

8世紀から伝わる染色技術である京友禅。手描友禅は17世紀後半に宮崎友禅斎が確立したと言われ、その手書きで描く手法、手間のかかる作業、その美しさは日本人でも驚きますが、伝統的な技法を守るその職人さんの姿に感嘆する外国人からのコメントが沢山で溢れています。



●とある外国人
どのようなショー、どのようなアートより美しい・・・
表現する言葉が見つからない。


●とある外国人
これは禅の世界だ。


●とある外国人
これはYouTubeが異文化間の価値を生み出す優れた例だ。 日本に旅行しない限り出会うことは出来なかったはずだ。驚くほど熟練した職人さんに本当に魅了された。この美しい生地を購入しソファの上の壁を飾ってみたい。これからこの様な動画をもっと作ってください。


●とある外国人
唯々素晴らしい・・・この手作りの着物を買ってみたい。


●とある外国人
なんで急にお勧めに出て来たのか分からないけど、とてもいいね。
本当に素晴らしい技術で信じられないほど美しい。


●とある外国人
日本語で”shut up and take my money” (黙って俺の金を持って行け!)ってなんて言えばいいの?
冗談よ!
職人さんに敬意を


●とある外国人
トランス状態になって1時間見続けても気が付かなったくらいだ。
信じられないほどの才能と垣間見れる献身性、なんて素晴らしいアートなんだ。



●とある外国人
これが私が日本に住んでいる理由です。
職人は信じられないほどの深い精神を持ち合わせています。
どの国にも職人さんはいますが、日本の職人さんが大好きだ。


●とある外国人
何度も何度もこの動画を見てしまう。日本の熟練した技法、優雅さ、神秘性に刺激を受けるよ。
美しい動画、音楽、素晴らしい編集を通じてとても感銘を受ける。


●とある外国人
完全性と日本人…それがすべて。
おめでとう!


●とある外国人
心の底から敬意を
1日中ずっと見てらえるわ。


●とある外国人
なんて素晴らしい芸術なのか。 今まで見た中で最も美しい。
情熱を持って複雑な細部までこだわるこの技術を見てとても感動しています。
心が温かくなる。


●とある外国人
もっと詳細に渡って説明した動画を見てみたい。
どのような染料を使っているのかが知りたいが恐らく企業秘密なのだろう。


●とある外国人
唯々美しい・・・


ttps://youtu.be/UddksHxVqdE より翻訳



10 Responses to “【海外】唯々美しい・・・「京友禅」の伝統的な製作過程を見た外国人が日本の職人に感動。献身性と美しさに多くのコメント。”

  1. 名無しさん より:

    この人は割と上手い方だな。
    今では京友禅の技術も昔より落ちて見える。

  2. 名無しさん より:

    職人の匠の技は日本では尊敬されてるからな

  3. 名無しさん より:

    継ぐ人がいない

    ところで自動車のシート
    日本では帯メーカーも作ってる
    もはや本業は帯ではないけれど(龍村美術織物)

  4. 名無しさん より:

    これは機械ではできない類のもの。
    次ぐ人がいないのか。

  5. 名無しさん より:

    この技術が無くなるのは勿体ないなぁ…

  6. 名無しさん より:

    そもそも売れないからね。当然値段も高いし。
    無くなることは無いと思うけど数は更に減るだろうね。

  7. 名無しさん より:

    量産型の安っぽい洋服なんかより和服や浴衣着よう
    日本人が日本文化大事にしなくてどうすんのさ

  8. 名無しさん より:

    友禅作家自体は結構いるが技術的には上手い人が減っている。

  9. 名無しさん より:

    着物は日本の民族衣装なんだから
    義務教育で、成り立ちや着かた、縫い方を教えるべき

  10. 名無しさん より:

    また変な着物宣教師が沸いて来てるけど、日常で日本人が着物着たってこれの需要にはあんまり関係ないw
    手描き友禅は非常に高額な上、通常のクリーニングにも出せないから、よっぽどのゼゼコ持ちでないと買わないし着れない
    美術工芸品の一種なんで一般的な着物の需要と結びつけて考えるのが、まず考え方として間違ってるから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ