// PCで表示させたい内容

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語:海外の反応「愛の力がほむらを悪魔にしたの?」

●みなさん、まどか☆マギカの再視聴スレッドへようこそ!
これはまどマギシリーズ(現時点で)の最後の章であり、最高になることを願っている。
僕の期待は低いところで維持されており僕自身驚いているけどね。

僕の思考の流れに疲れてくるかもしれないので、具体的に話している場面を明確にするために画像を添付します。
その後に最後の考えと僕の好きな場面を。
これで全部、それではどうぞ!

魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語パート1
まどかのソウルジェムだよね?
ほむら(?)が話す背景での話は非常に気味が悪いな。

水滴の反射はまどかに期待していた演出だ。

なんてこった。
僕はこのアニメに高い期待を持っていて、シャフトとイヌカレーは期待を外さないと言う感覚を持ってる。
これは言い過ぎかもしれないけど、どのシーンも芸術作品になりつつある。

この人形みたいな奴は建物を破壊するのか?
必要とされている時にはほむらは何処にいるんだろう。
ほむらと言えば、まどマギのテレビ版アニメのラストシーンはまどかからしてもシュールに思えた。

彼女は砂漠で戦っていて、遠い将来のことだと思っていたけど、僕にはわからない。

君は僕を乗り越えられないよ、まどか。
待って。
もしまどかがすでに魔女を全て破壊してしまったとしたら、魔女はどうやって存在しているの、それとも別の現実で魔女を破壊している最中なのかな?
さやかや杏子は?
一体どうなってるの。

マミを食べたクソ野郎だ、ここで何が起こっているのかはまだよく分からない。

このファッキングシーン。
多分これ3回は見たと思う、まどかはいつでも夢を見てる。
一体何が起こっているんだ。
ほむらが円環の理について話し、彼女たちが絶望する前に消えたから現実ではないことを知っているけど、まどかはまだ人間だ。

キュゥべえ自らが作ったあの小さなノイズは、最初のエピソードと同じシーンですごく可愛い。
これはまたしても最初のエピソードと同じだ、本当に奇妙だ。

「もしもし、上条君?」

恭介と仁美はこの世界では付き合っているの?
じゃあ、さやかはどうなの?

待って、ソウルジェム?
1話にも出てきた拍手が、純子とまどかのハイタッチだったことに気付いただけでも本当に夢中だよ。
基本的には最初のエピソードだけど、素晴らしい芸術性があってテレビシリーズに良い芸術性がなかったわけじゃないけど、そうゆうレベルじゃない。
第1話を3回くらい見たから、同じ感覚を多く感じる。
しかし、全く同じエピソードではないけど、キュゥべえは既にまどかと一緒にいて、彼女は既に魔法少女でもあるようだ。

見滝原市の青空が大好きだわ。
ああ、皆で楽しそうに遊んでいてすごい嬉しい。
それでも、この世界を信用してはいけない。

まどマギのエンディングシーンに出ていたほむらの砂漠。
何が起こっているのか分からないから、今回は歌詞を解読しようとは思わないよ。

「仁美も大変だよねぇ、あんな無神経なヤツを彼氏にしたりするからさぁ」

おい!仁美は杏子のところにいるはずだったのに!
杏子とさやかはおかしいくらいとても仲がいいけど、会話から判断すると一緒に住んでいるか何かなの?

あははは、二人がまどかの周りを走り回っている間に、キュゥべえがまどかの頭を撫でてる。
終盤でもっと理解できると思うんだけど、先生が頭を傾けているけど、理由がよく分からないし自分の背骨に悪いことをしている理由は何なんだろう?
どうやら、この学校ではフェンスがよりおしゃれになってるみたいだね。

別の話ではさやかはとても疑い深くほむらを信用していなかった。
彼女はすごく簡単に一緒に行動できそうだね。
彼女たちがいる場所の多くはよく知られている場所であり、マミが他の場所にほむらを紹介した後の最初のシーンは、さやかとまどかが魔法少女について話した場所だよ。

「ずっと一緒にいるような気もするし」

おお…ほむら。
空を飛んでいる魚がいる、それとも僕だけ?

でも、恭介は仁美が思うような関係ではなく、そうゆう雰囲気を感じているみたいだね。
彼氏が時間を作ってくれないから、彼女はそんなに絶望しているのかな?

一つ目の世界の問題。
あのシルエットは何?魔女?

シャーロット/ベベ、マミは自分のテーマソングを鼻歌で歌ってる。
チーズになっちゃっうって。なに?(笑)?
なぜ彼女はそんなことをしてるの、ナイトメアって何?

彼女たちの変身の順序、そしてリミックスされたテーマソングが好き。
魔女は彼女たちがコスチュームに着替えている間に彼女たちを殺すかもしれない。
僕が不満を言っているのではなく、この映画は素晴らしい。

まだ力が止まっているということは、時間に戻りたいと思いながらも、昔の事を何も覚えていないということだろうね。
僕たちが見た全てのことは、ほむらが時間を戻して起こってるのか、それとも何なんだろう?
この映画はマインドファック(結末にどんでん返しがある混乱させる)映画だ。
他の人はまだ動けるけど、何なの。

待って、僕は何が起きているのか知っているかも、ナイトメアは人間の絶望から生み出されるけど、魔女を倒した後は彼らはベベと同じようにペットになって、完全にナイトメアになるわけじゃない。
話が進むにつれて一体どうなってんの?と言い続けてるんだけど、言うのやめるわ。

あれは頭のない仁美?
これらはまどマギのテレビアニメ後の出来事だと思うけど、本当に大きな問題の1つはまどかが人間として存在していることだね。

彼女たちがナイトメアに与えた救いの希望は、彼女たちのソウルジェムに力を与えるのには十分だ。
僕はこんな風に彼女たちを見るのが大好きで、僕が言いたいのは苦しみではなく、既に1ヶ月が経過していることから判断して、長くは続かないだろうと感じていること、つまり悪いことが起きているはずだということだよ。

この映画のアングルや演出には満足してる。
もしこの世界の魔法少女たちが絶望に陥るのではなく、何かを見ているほむらのように気が狂ってしまったら?
何てこった、もし彼女たちが見滝原市のように見せかけたシミュレーションやバブルのようなものにはまってしまったら、ほむらは時間の流れが早すぎると言った。
気味悪い音楽が好きだよ。
僕の過度な賛辞でこのカメラ作品とアニメーションに対する僕の愛を表現できるとは思わないけどね。
この映画は芸術作品だわ。
でも、ストーリーが同じくらい良いかどうか見てみよう。

赤の背景がスタイル的な選択なのか、それとも予兆なのかを考えなければならないけど、この不吉な背景には本当にぞっとする。
もしまどかが、友人たちが耐え抜いた苦痛をすべて埋め合わせるために、これまでで最も幸せな話になるような別の話や世界を作ったらどうなるだろう?

幸せな時間軸の中、永遠に戦い続けるようなことをまどかはするだろうか?
彼女が得られなかったハッピーエンドを演じてみようか?
なぜこの世界にまどかがいるのかは説明できない、これは偽物かも。
思い出が蘇ったら背筋がぞっとする(僕は彼女が「他の誰も覚えていないのか?」と言ったことを推測している)
僕のまどかの理論もあるけど、魔女がもう存在しないのに、なぜ魔女の迷宮にいるの?

ほむらがまた悪役になって、僕は悲鳴を上げたと思う。
何か怪しいことに最初に気づくのは彼女だと思ってたけど、がっかりはしなかった。
僕はべべが迷路をデザインしたとは思わないけど、それは何か別のもの、都市全体を創り、ほむらでさえも1ヶ月が過ぎるまで気づかないように錯覚を維持できるほど強くて強力なものだ。
べべに今悲しみを感じる。
ほむらがかわいそうなものを窒息させてしまうなんて。

ほむらの時間凍結力は永遠に続くの?
そして、僕は時間が止まっている間は誰も動けないと思ってた、おそらくマミは時間が止まる前にすでに魔法少女の姿になっていたんだろう。
凍らせないためには、ほむらに触れなくてもいいのかな?
疑いの余地はあるけど、僕は彼女がそうしなければどうやってそれをやったか分からない。

ほむらはマミに全面戦争を宣言した方がよかったのかもしれない、なぜ彼女がこれをするのか理解できるけど、もっとうまく解決できたはずだ。
彼女たちは二人とも撃ち殺そうとしてるのか。
誰の味方になればいい、虚淵?誰?
振り付けはとても素敵だけど、この映画は後でもう一度見なければなりません。

一体なぜほむらはマミの顔を撃つことまで考えたのか。
そしてマミの手から逃れるために、彼女は自分の顔を撃って弾丸がかすったね。

マミは・・・爆発した?
何でほむらが時間を止めても動くことができない時があるんだろう?
本当に奇妙だよ。

はい、マミさんは今もずっと口論していたことを覚えてる。
他の人たちにも希望があるのかもしれない。

野生のロリが現れた。
僕は不可能だと思っていたが、今僕はさやかが一番好きだ。
彼女の意見は僕と違わない。
それほど悪くないし、彼女たちの自由は奪われているけど、今は絶望も痛みも感じないだろうし、それでもほむらを応援してる。
そんなに夢中で書いているわけじゃないけど、ごめんよ。
この映画はだんだん素晴らしくなってきている。

「あなた・・・覚えているの?」

ほむらの説明によると、今は存在すべきではない3つのことがある。
彼女たちを捕えた偉大な魔女、魔女を知っているベベとさやか。
彼女は本当に僕たちが知っているさやかなの?

「そんな弱さ、許されていい訳がない」

誰かがここにいると、誰もが達成できない夢の世界に引きずり込まれ、怒りと戦う義務を放棄してしまう。
冷たいけど、ほむらの態度はわかるけど、これを考えるとちょっと頭が混乱するんだ、この場所が存在することは宇宙の法則と矛盾しない?
見てみよう。
ほむらはそのボートをどこで手に入れたのか、カメラはキュゥべえの目を捉え続けている、何かを再び起こそうとしているのか?

ほむらがキュゥべえを撃ったのと同じ場所だ。
これは誰も彼らを疑っていないような行為なのだろうか、またはほむらが本当にこの場所を受け入れ、ここが本当のまどかだと受け入れたのだろうか?

「そっか、やっぱりまどかも何も覚えてないんだね」

この瞬間はとても心温まるものだね、ああ、これは本物のまどかを確かめるためのほむらによるテストであり、彼女が倒れる瞬間でもあった。
彼女たちは周りに家族がいるのに気づかないみたい。

●↑まだ映画が終わっていないようなので、ネタバレするよ。
最初のシーンについて:それらは第1話(第10話みたいに)への振り出しであると思われるけど、小さく且つ重要な違いがある。
最大の理由はもちろん、まどかがすでに魔法少女であることだけど、僕が気に入っているのはわずかな予兆がある事だよ。
まどかの髪は特にお風呂場のシーンと比べても第1話よりも長く、彼女が立ち上がっている事とかね。

●↑Oh No、昨日映画を観終わった。まだ圧倒されてるけど。
僕はこの映画を後で本当に再視聴しなければならない、僕はそのシーンで何かがおかしいと感じた。
なぜなら最初の1話を3回見て、そのシーンで何かがおかしいと感じたから。
指摘してくれてありがとう!
彼女の家で、そのシーンに他に何か予兆はあった?

「じゃあ鹿目まどかは?彼女の事覚えてる?」

魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語パート2
一体何が起こってるの?ああ、丁度それ分かった。
まどかがこの世界を作ったと思ってたけど、ほむらなの?
ほむらはまどかについて憶えている唯一の人。

「インキュベーター、やっぱり何もかもあなたの仕業だったのね・・・」

へえ、キュゥべえですか。
彼が何かを企んでいたことついて驚いていないのはどうしてだろう。
僕はこれに興奮し過ぎていて、すぐに結論に飛びついてしまう。

「真実なんて知りたくもないはずなのに」

これは魔女や迷宮からSFになっただけで、9話でキュゥべえが熱による死について語り始めたあの長ったらしい説明みたいだ。
僕はまだ何かについて少し混乱しているので、間違いなくこの作品を再鑑賞する必要があるだろう。
素人の言葉で言えば、インキュベーターはほむらの体とソウルジェム(それはすでに限界に達していて、魔女になろうとしていた)を罠にかけ、ほむらをポータルなどに閉じ込めて、円環の理がほむらに届かないようにした。

しかし、まどかは宇宙の支配者であり、法であり、何が彼女をそこから遠ざけることができたんだろうか?
ほむらが魔女になっていない唯一の理由は、彼女を消すためにまどかがいないからかもしれない。
なるほど。

ほむらは魔女になった、この続編はみんなを落胆させるために作られたのか?
まどかに清められたソウルジェムを持って死んだ人は、まどかの助手になれるの?
じゃあ、ロリ天国なのか?
ほむらは、容器の中の魔女になってしまったので、そうすることができないよね?

「あんたが死んじまう夢を」

杏子はさやかが死んだ恐ろしい夢を見たことを話してた・・・涙が出て来るよ。
この映画は、気が滅入るようなものではなく希望に満ちたものであるか、あるいはこの映画のように両方がミックスされたものであるかに注意してほしい。
涙が止まらないけど。

僕はこの盛り上がっている瞬間が大好きだ。
結局は気の滅入るような結末にはならないと思う。
みんなが一緒に戦っているのを見て・・・すばらしいと思った。

「訳が分からないよ」

キュゥべえの最後の言葉、ぴったり。
しかし、キュゥべえのレースが完全に終わったかどうかはまだわからない。
ワルプルギスの街への行進を予告したのと同じ緑色の象が、今ではまどかの行進を予告している。
この幸せを長続きさせることはできない、それは彼女の本性に反する。
何てことだ、ほむら。
永遠にまどかと一緒にいられたかもしれないけど、なぜ君のやり方なの?

「君達人類の感情は利用するには危険すぎる」

宇宙の法則を書き直しているうちに、キュゥべえがそれを台無しにしてしまうのはおかしいと思う。
まどかを自由にして普通の生活を続け、自分で仕事を引き受けるというほむらの意図は理解できると思う。
何度も言っているような気がするけど、素晴らしい芸術作品だね。
宇宙と星団の閃光を描くのにどれくらい時間がかかったんだろう。

「その様子だと、何があったのか理解しているみたいね」

まどかが取引をしたときにはいなかったのに、どうやってほむらは人間の中で自分の姿を保つことができるのだろうか?
ほむらのパーソナルアシスタントみたいにどこにいても目の青い変人が見続けているけど、それが彼女たちをもっと気味悪くしていたかもしれない。

キュゥべえであることは苦痛だが、結局それに値すると思う。

OK、今日は本当のレビューはなく、僕の考えだけだ。
僕はこれを10点満点にしたい、本当にそう。
しかし、僕は何が起こったのか理解できないし、信じることもできないので、何が起こったのか理解するためにこの映画をもう一度見るつもり。
感情的インパクトが残った。ああ、なんてこった。
わかった。
まず、僕の映画についての問題は簡単に解決できると思う。

現在、魔法少女はいないの?
ほむらはナイトメアを殺すのに役立つのか?
まどかの幸せを願う彼女が、なぜこの世を終わらせたいのか。
まどかに殺される魔法少女なんていないでしょ?
この質問をこんな風に言って悪いと思うけど、愛の力が彼女を悪魔にしたの?
彼女はまどかという周期律を完全に取り除いたの?
それとも周期律のごく一部だけを取り除いたの?
今は、ほむらが円環の理になってるの?

僕は、ほむらの判断を理解している、まどかがもう二度と彼女たちを見ることができない場所に行くという判断は決してしないと言った映画の1時間の間に、まどかと彼女の会話をしたと思う。
ほむらは、まどかがそんな幸せなはずはないと悟った。
今まで見たアニメの中で一番偉大なキャラクターを見れたと思う。
彼女は10年苦しんで悪魔になり、宇宙の法則を書き直した。
安定性と秩序を求める彼女の最終的な選択は利己的で、僕は彼女を愛している。
これを10点満点にしない理由のいくつかは、愛がほむらを悪魔にしたと信じていないからなんだけど、誰か僕のためにそれを明確にしてくれないか?

もう一つは、テレビシリーズで明らかにされたまどかの感情を感じたからだよ。
彼女は、魔法少女を守るために、彼女が守るべきものを選んだのだから、ほむらが彼女にしたことを望まなかった。
しかし、これはほむらが望んでいたものであり、まどかではないので僕はこの映画を許せる。
でも、これは僕だけかもしれないし、映画を注意深く締めくくると続編は好きではないけど、この映画はあまりに完璧に終わってしまったので好きにならざるを得ない。

アートとアニメーション:シャフトとイヌカレーは期待を裏切らなかった。
音楽:素晴らしいエンディングの曲と、ほむらのラストシーンで演奏された曲が大好きだった。
ストーリーとキャラクター:僕からはキャラクターのセクションとして10点中9.5点(僕は他に浮気してる、わかってるよ)。
それが10点満点でない唯一の理由は、マミに多くの進歩がなかったからであって、それは制作陣が意図していたことではない。

でも、ほむらは他の全てのキャラクター同様、素晴らしかった。
ああ、物語についてはあまり確かじゃないけど、設定は素晴らしく、最近僕が見た中で最高のものの一つだよ。
ほむらが悪魔になった意味は、ほむらがまどかを愛していた宇宙の「神?」を救うためなんだと思う。
もし皆が僕の質問に答えてくれるのなら、10点満点に上げるつもり。
たぶん、僕があまり細心の注意を払っていなかったからだろうけど、映画は僕のいくつかの懸念に答えられなかったのではないかと思う。
それに、テレビのエンディングを台無しにするようなことも少し気になった。
編集-おっと、これを編集するのを忘れてた。

感情的インパクト:普段はTVショーやフィクションでは泣かないから、アニメの最後や杏子とさやかがこの映画で共闘している時は涙が出たけど、映画の最後の瞬間は他の瞬間よりも迫力があったと思うし(アニメの終了については議論の余地がある)、泣かなくても良かった。
最後の5~10分は全て素晴らしかった、クレジットを除いてね(音楽は素晴らしかったけどね)。

特にこの場面。

全体:10点満点中9点くらいだけど、しばらくしてシリーズをじっくり考えて評価を変えるだろうから、変わると思う。
でも、これがあればもっといいかもしれない。
この映画が大好きだと言ってもいいだろう。
最後にこのシリーズから引用した2つが僕の心に響いた。

>いつか君も僕の敵になると思う、それでも僕は君が幸せな世界を願っているから気にしないよ。

暁美ほむら
もし誰かが僕に間違った願いと言われたとしても、そのたびに彼らが間違っていると言う。

鹿目まどか
これは素晴らしい虚淵の波だった、僕にお気に入りの映画の1つを紹介してくれてありがとう。

●↑>まどかが取引をしていない間、ほむらは人間の中でどうやって自分の姿を維持することが許されていたの?
君はほむらがなぜどのようにしてしたのか完全に理解していなかったようだね。
理由:
花畑での映画の途中の出来事を思い出してほしい。
フワフワで可愛らしいけど、奥が深い意味がある。

ほむらはまどかに、まどかを守ろうとして長い間苦労してきたが、まどかは姿を消したと打ち明けた。
彼女は、これがすべて夢だったように感じる。
それからまどかはほむらを慰め、決して一人にしないと告げる。
これだよ。
これが映画の転換点だ。

画面一杯のほむらの泣き顔で、君はショックを受けるだろう。
そこにいた彼女はまどかに捕まって、まどか自身でさえ全てを置いて行ったことを後悔するだろうと言った。
これもまさにほむらが聞きたかったことだ。

シリーズの最初からまどかを助けようとしたができず、今ではまどかさえもそのようなことを望んでいないと言っていた。
問題は、このまどかはシリーズで何が起こったのか全く知らないということだよ。

その方法は次の通りだよ。
まどかがほむらを浄化するために降りたとき、ほむらはまどかを捕獲する絶好の機会を見つける。
さて、注目すべきことはほむらの迷路がまだ彼女の中にあることだよ。
彼女は体の殻の中に隠れた一人前の魔女だ。
また、ほむらがまどかの権力を奪い取ることができたのも、まどかを守るだけの力を持ちたいというほむらの願いがあったからだとも言える。

というわけで、この願いを使ってほむらはまどかの力を奪い、全宇宙を網羅するように連繋を解き放った。
これがほむらがまど神よりもさらに支配的であるように見える理由であり、ほむらが有形の人体を保持することができる理由だよ。
今や宇宙は彼女のラビリンスであり、映画の大部分のために作りあげられた世界でやっていたのと同じように、彼女が好きなようにそれを曲げることができる。

これで君の理解が深まり、エンディングで君が動揺している理由がはっきりわかるといいんだけど。
君がこのシリーズのエンディングをどれだけ気に入ったかを考えると、このような反応を期待していたよ。
しかし、このような映画にぴったりのユニークなエンディングで個人的にはとても気に入ったよ。
虚淵は以前、時間があればこのシリーズを続けたいと語っていた。

編集:
>今魔法少女はいないの?ほむらはナイトメアを殺すのに役立つのか?
まどかの幸せを願う彼女が、なぜこの世を終わらせたいのか。
まどかに殺される魔法少女なんていないでしょ?
この質問をこんな風に言ってすみませんが、愛の力が彼女を悪魔にしたの?
彼女はまどかという周期律を完全に取り除いたの?、それとも周期律のごく一部だけを取り除いたの?
今は、ほむらが円環の理になってるの?

これらのほとんどは無制限で視聴者に制限されるものではないけど、魔法少女たちが今も存在していることを暗示しているが、彼女たちが実際に何をしているのか、彼女たちが戦っているのかさえわからない。
ほむらがなぜそのような結論を出さざるを得なかったのかについては、上記の回答がそれを説明していると思う。
ほむらは、まどかが神であることを喜んでいるとは思っていない。
彼女は、まどかが神になったのは、なりたかったからではなく、ならなくてはならなかったからだと信じている。
しかし、シリーズの記憶がないまどかとの会話を基にしているため、これには欠陥がある。
犯人たちにとっては、どうやらキュゥべえのレースがすべてのナイトメアを破壊するのに役立っているようだけど、僕たちは詳細を知らず、ほむらが彼女たちを助けているかどうかも知らない。
また、円環の理が必要になったとしても、それについてあまり知らない。


●僕は当初、叛逆の物語の映画と音楽について書くつもりだったんだけど、この映画に対する人々の反応がいかに複雑なのかを考慮して、その裏にある深いメッセージについて書くことにした。
叛逆は間違いなく、まどマギシリーズの中で最も物議を醸している映画であり、僕はこの映画の全部を理解しているとは思わないけど、映画を製作するにあたって多くの考えが注がれたことを知っており、結果的にはこの映画はとても素晴らしいと思う。

僕はこの映画を「僕たちが必要だと知らなかった続編」と呼ぶのが好きだ。
このシリーズの結末には多くの疑問が残されており、映画を見て初めて、それらの疑問を最初に尋ねる必要があったことに気づいた。
僕がこの映画で一番好きなのは、解釈にかなりの余地があるということだよ。
タイトル自体曖昧だよ。
ここでは、タイトルの叛逆が示す内容についていくつかの可能性を考えてみようと思う。

ファンに対する叛逆
冒頭のオープニングシーンでは、魔法少女たちが経験する苦難と犠牲を描いたほむらの独白が描かれている。

しかし、この映画の筋書きはすぐに、ファンによって描かれた悪辣なフィクションから引き出されたものとしか言いような30分間に入り込む。
魔法少女5人全員がひとつのチームとして活動する(アホな名前の「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット」)。

さやかと杏子はもうライバルではなく、今ではとても仲良く一緒に暮らしている。
この映画は続編だが、まどかはまだ魔法少女だ。

マミとベベ(シャーロット、アニメでマミを食べた魔女)は親友である。
キュゥべえは喋らず、話そうとするとかわいい音を立てるだけだ。

彼女たちは一緒にテレビアニメの第12話の終わりに発見された、悲しげに見えるナイトメアとはかけ離れた、滑稽にも脅威とならないようなナイトメアと戦う。

ケーキの歌がどれだけ滑稽かは言葉では言い表せない。
これらは全て、まどマギファンに関するシリーズ制作者による解説である。
多くのまどマギファンは、キャラクターの深みや暗いテーマなどシリーズの核となる部分を見落としがちで、理想化された状況に自分達の身を置き、人生の日常や要素や百合などシリーズのよりソフトな側面に焦点を合わせがちだ。

映画の第1クオーターはこのようなまどマギファンの長いパロディで、この映画は見事にこれらのシナリオをありのままに表現している:錯覚である。

いくら気楽なアニメファンが増えたとしても、まどマギが非常に闇の深いシリーズであるという事実は変わらず、残念ながらほとんどのキャラクターはハッピーエンドにならない(少なくとも、まど神が犠牲になるまでは)。
他の可能性としてはまどマギファンによるほむらとまどかの解釈が制作側の見解とどのように食い違っているのか、そしてこの映画が両者の解釈の差異についてどのように解決しているのかを検証する。

ほむらに対する叛逆
アニメが終わるまでに、ほむらは100回近くのループを経験しており、これはおよそ12年(人生のほぼ半分)を時間に閉じ込められて過ごしたことに等しい。
その間、彼女は友人達のお節介の結果、思いがけない形で何度も死ぬ体験をするなど、計り知れない苦しみを味わった。

その痛みにさらなる侮辱を与えるかのように、ほむらが時間ループを繰り返し続けると、それぞれの時間軸の結果は悪化した。
僕たちが見てきたように、ほむらは魔法少女になる前に持っていた本来の性格や人生のあらゆる動機を捨てて、辛抱強く生き続けなければならなかった。
これらすべての要因が組み合わさると、精神的に強い人々でさえも大きな心理的被害を被ることがある。

多くのファンはほむらの行動について話し合う際にこのことを忘れがちであり、それはほむらがした普通の人とは違う疑問が湧くような多くの行動の理由をまどマギシリーズを通して説明している。

というわけで、僕たちが知る限りほむらの行動とその動機に基づくと彼女の精神状態は極度に不安定であり、まどかに対して不健全な執着を持っているはず。
まどマギのテレビ版では、通常は笑えるようにただ演じているけど、映画はこの考えを真剣に受けとめて演じている。

「シリーズでの彼女の特徴を考えると、最終回の後ほむらはどうなったの?」と問いたい。
シリーズの最後で、まどかは別の存在に変わり、ほむらは彼女に対するはかない記憶を持っているにも関わらず戦い続けることを求められる。

鹿目タツヤとキュゥべえの会話は、最初は正気を保つのに役立っていたけど、その後のある時点でほむらは自分の記憶を裏付ける証拠がほとんどないという理由だけで、記憶の背後にある真実を疑問視するようになった。

ほむらの願いは、まどかを守りたいというほむらの思いから生まれたもので、実際シリーズでのすべての行動の動機は、まどかを守りたいというほむらの思いだけだった。
言うまでもなくその動機を失うことは、彼女に大きな心理的影響を与える。

ほむらのまどかの存在に対する疑念、ナイトメアとの戦いへの挑戦、円環の理を破ろうとするキュゥべえの策略、そして過去の経験からの精神的トラウマが重なって、彼女は絶望に陥った。
これが、インキュベーターがほむらを隔離フィールドに閉じ込め、最初に計画を実行することができた理由だよ。

全シリーズを通して、まどかは僕欲がなく、自分の周りの人たちを守るために自分の身を危険にさらす事をいとわない。
対照的にほむらはたとえそれがまどかが望んでいることではないとしても、まどかを守りたいという彼女自身の願望が動機となっている。

この対立は、このシリーズのどこにでも存在する(光と闇、希望と絶望、功利主義と義務論など)。
ここでも例外ではない。

まどかは無僕の愛が動機で、ほむらは利己的な愛が動機である。

悪魔のマントを受け取ったほむらは、まどかと彼女の願いによって作ろうとしたものすべてに反対する。
原作がキュゥべえを陰影のある人物として道徳的にも解釈の余地がある人物として描いていたように、この映画もまたほむらに同じことを求め、予想通りの反応を生み出した。
多くの人がほむらの性格の陰影について気付いておらず、その結果、ほむららしくない結末だと考えられた。

しかし、実際にはシリーズの中での彼女の考えや行動を基に完全にほむらのキャラクターとして行動した。
映画は、ほむらを完璧で無僕無欲な人物と見なす人々に対する叛逆である。

皮肉なことに多くの人がほむらは何も悪いことをしていないと言っているので、制作陣がこの点でどれだけ成功しているかは疑問だ。

明らかに僕はこの映画が彼女の特徴をどんな風に説明しているかの表面をかじっているだけだ。
くるみ割り人形とニーチェの話だけでも、全体の書き込みテーマになるかも。
その映画のテーマと結末には多くの人の考えが注がれてる。

まどかに対する叛逆・円環の理
このシリーズに登場する魔法少女たちは皆、自分が本当に望んでいることを望んでいなかったため誤った願望を抱いており、その願望の影響でキャラクターの大きな欠点が露呈した。

マミは、家族が交通事故に遭ってからは普通の生活を送りたかったが、自分だけが生き残ることを願った。
彼女は、孤独や罪悪感、魔法少女であることによる自由な時間の欠如に対処しなければならず、孤独を克服する機会を与えられたとき、最終的に死んだ。

杏子は父親が幸せになることを望んでいたが、代わりに父親の教会に多くの信者がいることを望んでいた。
彼女の父親がその願いを知り、深い鬱状態に陥り家族全員を殺害したとき、その願いは裏切られた。
杏子は無僕と古い理想を捨て、他人のことを気にかけるようになって、ついに死んだ。

さやかは、恋をしていた恭介が持病から回復することを願った。
その結果、彼女は最終的に愛と人間性を失いそして最終的には、そもそも彼女の願いを叶えるすべての理想を失った。

ほむらは自らの手でまどかを守ることを願い、ほむらが邪魔をし続けてしまったが故にまどかの運命はますます暗転した。

まどかは一見したところ唯一の例外のように見える。
まどかは彼女がしたかったことを確かに願った。
それは自分の手で全ての魔女を消すことだ。
しかし、また明日の歌詞からは、まどかは自分の目標を達成するために、知っていることや愛していることをすべて諦めるつもりはなかったこと、その決断をしたことを後悔していることが分かる。
誰もが彼女の願いにはマイナス面があることに気付いているわけではない。

この映画は、まどかの願いが完璧だったという考えに反対する叛逆である。
それは彼女の願いが持っている多くの欠点(まどかの後悔、ほむらの心の傷、インキュベーターがいまだに魔法少女の運命を操っているという事実など)を提起している。

ほむらの判断は理想的ではなかったかもしれないが、それはまどかの希望に対する潜在的な代替的解決策となり、独自の長所を持っている(魔法少女はもはや絶望と戦うために必要ではない、インキュベーターは人類の行動をチェックするなど)。

多くの人々は、これをシリーズの終わりの意図の転覆だと解釈したが、ある程度は正しい。
しかし、まどかの願いの問題点の多くは叛逆の物語以前から指摘されていたから、叛逆の物語以前から存在していた問題点に光を当ててはいるものの実際には存在していた。

そして今、彼女たちは協力し合っている。
全員で戦っている時の彼女たちの強さ。
彼女たちはまた、まどかの矢とマミのリボンを組み合わせたティロ・デュエットのような攻撃にも名前をつけている。
彼女たち全員は今最後の攻撃をしている。

●↑虚淵の意図がファンを馬鹿にすることなのかは正直よく分からない。
何故なら彼自身の物語には全ての登場人物を救済する要素があり(例え最終的には助からなくても)、シーンには常に可愛い要素があるから。
虚淵はインタビューの中で、このアニメは決して純粋に暗いことを意図したものではなく、今でも魔法少女アニメであるべきだと述べた。
だから、この映画の意図がまどマギファンの期待をあざ笑うものだということには、敬意をもって反対する。
本当に1日目からそのDNAに入っていたと思う。
また、全てのシュールリアリズムや便利なチームワーク、ケーキの歌なども、ほむらが作った世界の非現実性を表現するために作られたものばかり。
制作陣がどうにかしてファンを軽蔑し変化球を投げることにしたというのはちょっと言いすぎだと思う。
一部のファンが解釈していることだが、僕はそれはかなり憶測だと思う。

●↑叛逆の物語に対する僕の考えを完璧に捉え、効果的に説明しているね。
驚いた。素晴らしい批評だね。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の Blu-ray / DVD には声優陣のオーディオコメンタリーが収録されており以下のコメントはオーディオコメンタリーに関する感想です。
レンタル版には収録されていないので聴きたい方はBlu-rayかDVDを購入してください。

●叛逆の物語のオーディオコメンタリーには字幕がないので、できるだけ自分で翻訳して要約したよ。
悠木碧(まどか)と齋藤千和(ほむら)で始まるね。
誰もが映画について話したがってたから彼女たちは映画の間に着替えたんだ。
ほむらのナレーションで最初の映画シーンをアフレコした時、彼女は映画の台本の前半しか持ってなかった。
彼女はそれがとても印象に残ってると言っていた。
そして裏話では、ほむらのメインナレーションの背後にまどかのナレーションを微かに聞くことができるよ。
(実はオーディオコメンタリーを見て初めて気づいたんだ!)

齋藤千和は絵本を読んでるみたいと言ってるけど、悠木碧は台本では実際全てひらがなで書かれてて読みにくいって言ってる。
(例えるとスペースや句読点を使わずに英語を読むのと同じ難しさかな。)

そして、彼女たちはメインのオープニングシーンがとても気に入っているそうだ。
演出が曖昧で分かりにくかったから、彼女たちは台本をどんな風に読めばいいのかわからなかった。

「水滴から生まれるバレリーナ」のようなものは、見れば意味を理解できるけど、事前に想像するのはかなり難しい。
とても遊び心があるようだね。
アニプレックスのイントロを省けば、映画をできるだけ楽しむことができるよ。

齋藤千和は、以前のまどマギ作品と比べると今回の映画は夢みたいな作品とコメントしてる。
夢のようなパステルカラーであると。
そして、そこには理由もなくコスチュームを着たまどかがいる。
そして、さやかと杏子もまた生きている。
なぜだろう?皆生きてる。

齋藤千和は、まるで映画のフィルムの端っこにいるような感覚であると言ってる。
「これが現実なのか?それとも違うの?」みたいな感じ。
そして、「まだだめよ」という曲がある!
彼女たちはまどかが本当に全ての魔法少女の中で最も典型的な魔法少女であることを言及している。

そして、大先輩であるマミと、何故かベベ(シャーロット)が一緒にいる。
「もう朝なの?」と冗談を言っているけど、それはつまり「全て夢なの?」ということ。

次に、彼女たちはディスクのリリースのために、上映にあたって多くのことをやり直したことについて話している。
映画の全ての詳細を理解するために何度もなんども視聴する人たちのために、何千、というか半分以上カットし何度も作り直された。(そんな感じ。)

映画のシーンをひとコマずつ見ていくと、皆かわいい。
悠木碧は、まどかが母親を起こすシーンは、最初からまどマギを見ていた視聴者は驚いたかもしれないと言う。
それは君にちょっとしたデジャヴ感と多くの不安を与えるかもしれない。

それから彼女たちは家について話をするけど、いつものごとく本当に大きな家に見える。
たとえば冬はひどく寒いだろうね。
生活を支えられるようなまどかのお母さんがしてる仕事って一体何なんだ?

そして、彼女たちはまどかが既にソウルジェムの指輪をはめていることに注目する。
確かに何か違いがあるね。
ほむらの世界では、和子先生は今でも恋愛問題を抱えているけど、実際には以前よりも酷くなっているね。
ここで見えるのはほむらが覚えているキャラクターのある部分を強調したものだ。
たつやが刺そうとしている強調されたトマトみたいに。
何の暗示でもないけど、世界の中に存在している。
ただの美味しそうなミニトマト。
そして風呂の中のキュゥべえみたいに。

(7:35)
いよいよオープニングだね。カラフルだ。
悠木碧が初めて映画を見たとき、ほむらがいないのに他の皆が楽しんでいたので、彼女は悲しすぎると思った。
齋藤千和はオープニングテーマは最初のレコーディングの時点ではまだ終わっていなかったと付け加えた。
悲しすぎる、彼女たちは言い続ける。
彼女たちはオープニング視聴中に「何が起こっているのか」とざわつく人が多かっただろうと言っており、その理由は何かがおかしいという気持ちが強いからだと言ってる。
そして、明るい音楽とカラフルな色に戻る。
キュゥべえ以外は全員いる。
杏子は制服を着てそこにいる!
そして今、ついにまどかと杏子が交流をしている。
ついに彼女たちはクラスメートになった。
それだけじゃなく今回さやかと杏子がラブラブであることを悠木碧は喜んでる。
彼女たちは良い二人組だ。
彼女たちはレコーディング中アドリブをしていたんだ、面白いね。

(10:35)
次は、もちろん巴マミを演じる水橋かおり。

どうやらある時点で彼女たちはアドリブがちょっと気が利きすぎていると思い、それをやめたようだ。
ほむらがソウルジェムの指輪をはめた指を見せびらかして「えへ?」というようにね。
彼女たちは何度も彼女にそれをさせた。そして彼女たちは屋上でお互いに本当の事を明かした(英語で)(悠木碧によると、斎藤千和から台詞を深読みしないようにと言われたとのこと)。
彼女たちは皆ほむらとこんな風に一緒に暮らしたいと思っている。
まどかが手を伸ばしてほむらの手を握ると、斎藤千和はたぶん胸を強く打ったんだろうと言う。
素晴らしいと、彼女は言う。
過去のキャラクターになるのは難しいのかな?
全員幸せだ。
彼女たちもキュゥべえが「キュウ」とただ鳴くだけでショックだった。
ちゃんとしたマスコットキャラクターだね。
キュゥべえはいつになったら話すのかと誰もが思ってる。
前半の台本を読みながら、声優たちもキュゥべえが話していない事を不思議に思っていた。

(14:38)
しかし、この新作映画では、恭介と仁美の関係がここではよりはっきりしている。
基本的には、彼らは仁美が必死に努力していることを笑っているけど、恭介は彼女を拒み続けている。
それは、「老人」が「未亡人明美ちゃん」ロボットを誘おうとして、だめよ、だめだめ!で彼を断るという寸劇である。
なんて恋してる女の子なんだろう、突然枕を殴り始めるまでは。
彼女たちは、仁美が一人でいる時が面白く、彼女が外での威厳のある性格と比べると非常にアホであると思っている。
そしてナイトメアがやってきて、仁美は「もう日曜日なんていらない!」と言ってナイトメアが生まれるのが笑ってしまう。
悠木碧は毎週月曜日について仁美と同じことを言っている。
ナイトメアを引き起こすのはそれほど難しいことではないようだ。多分学生の誰もが毎週月曜日も同じことを考えてるだろう。
あ、マミが着替えてるよ。水橋かおりは「今彼女がどうやって髪を結んでるのかがわかった。」と言う。今悠木碧がマミのヘアピンを食べて言う「モジュモベ」がある。
そしてマミは魔法を使って髪を整える。便利そうだけど、髪を下ろしたままのマミが好きだそうです。彼女はとても大人に見えますが、中学生のはずだよね?(他の地域で言う9年生)

(17:27)
今、彼女たちはナイトメアの世界にいる。
(彼女たちはこのことについて話していない。何故ならBlu-rayでは一時停止して分析する人々のためにまだ公開されておらず、映画のネタバレするような要素が含まれている)
ナイトメアが映るシーンの下には、スペースのない「ヤギの子の夢」、つまり「子ヤギの夢」と書かれている。
しかし、見にくく様式化された文章の一番上には、Homuraの魔女形である「ホムリリィ」と書かれている。
詳細についてはWikiを参照してください。
そして、彼女たちはさやかが恭介のことを無神経な奴と呼んでおり、それはさやかが言うと間違いなく重みがあると杏子が言っていることについてコメントをしている。
彼女たちはその台詞は好きで、且つ彼女たちは杏子が好きだからこそバイアスが掛かって台詞が好きなのかもしれない。
さやかは杏子と一緒だからか、本当にスッキリとした表情をしてる。
さやかは実際は全てを知っている。
水橋かおりは、普段は何が知っていたとしても静かにしている方がいいと言うが、このケースはそうではない方がいいと言う。
(理解するのは本当に難しいけど、それは彼女が正確に伝える術を知らないからであり、それが紛らわしくしている。)

(18:33)
今、彼女たちは魔法少女へ変身している。
彼女たちは皆すごくかわいいと言う。
マミがダンスしてる。
悠木碧は男どもは「俺とマミさん、目があった!」「お互いに目があった」と言うだろうと言っている。
(悠木碧が誰かのパロディをしているのか、または何をしているのかはわからない)杏子の変身が次に起きて、また悠木碧は彼女のことで一杯一杯。
「杏子ちゃんです。杏子ちゃん、来ました。杏子ちゃんかっこいい」と彼女は言う。
赤です。
その後さやかがブレイクダンスをする。
斎藤千和が「誰がそれを決めたのですか。」と聞くと、ホムホムだと。
斎藤千和さんはほむらはあんまりダンスしないと言ってる。
(変身中、さまざまなルーン文字が表された1秒間のシーンがある;上記のURLページを参照してみてください。)
悠木碧は、ほむらの魔法少女コスチュームのタイツが欲しいと言う。
最後はアイドルのようなまどか。
こうした変身に影響を与えているのは、ほむらのまどかに対する印象なんだろうか?

水橋かおりは、背景にカタカナで書かれた「まどか?」を指摘するが、ルーン文字にはあまり気付かなかった。
彼女たちは映画シーンで見る彼女のまつ毛のボリュームについてもコメントしている。
彼女はテレビとは違う感覚を持つ。「中心は黄色!」と、みんながポーズをとっている時に「ホーリー・クインテット」と悠木碧は言う。
(普通ヒーローもののテレビなどでは赤が中心なので、おかしい。)
彼女は「こんなの絶対おかしいよ」と言うけど、これは覚えているかもしれないけど、まどマギテレビシリーズの第六話のタイトルだよ。
設定によると、マミがポーズやチーム名などを決めたようだ。

https://www.reddit.com/r/anime/comments/3h4mlm/より翻訳

4 Responses to “劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語:海外の反応「愛の力がほむらを悪魔にしたの?」”

  1. 名無しさん より:

    翻訳、究極にして圧倒的ご苦労様です。

  2. 名無しさん より:

    翻訳ありがとうございます!叛逆はやらないと言ってたので諦めてました。
    膨大な量の文章を翻訳してくれて嬉しいです。

  3. 名無しさん より:

    とりあえず一言。長いよw
    大容量お疲れさまでした。

    途中の疑問の自分の解釈は
    ナイトメアはいない。魔獣はいる。円環の理(システム)はある。あるので魔女は生まれない。魔獣を倒すために魔法少女は必要なので魔法少女はいる。ほむらは円環の理(まどか)だけを持って行った。
    ソウルジェムが消えて無くなった後にまどかに会う事が救いなら円環の理(システム)の力で消滅はしても救いは無くなってると思う。
    悪魔云々は日本人と西洋人の悪魔のイメージやら解釈が違うから何とも言えんな。劇中のほむらが全部説明してるしな。

  4. 名無しさん より:

    この「英雄が犠牲になって世界を救う」という「王道のハッピーエンド」で終わった本編に対する
    「世界の全てよりもその英雄のことが大切な人間にとってそれはハッピーエンドなのか?」
    って視点は個人主義の進んだ現代じゃないと作れないよなぁ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ