// PCで表示させたい内容

米国国務省が海外渡航警告を最高レベルに上げたけど、コロナで韓国から米国に帰国した英語教師の人は後悔してる?海外の反応

jk0342

(スレ主)
米国国務省は、海外渡航をせぬよう促す警告を最高レベルの4アラートに引上げました。
海外のアメリカ人に、すぐに米国に戻るか、現在の場所に無期限にいるリスクを負うようにアドバイスしています。
自身の裁量で米国を離れることはできますが、戻ることはできません。
これはおそらくアメリカからの韓国への潜在的な外国人教師の採用プロセスに影響を与えないでしょう。
私はこの情報を家族や友人に伝達し、韓国に滞在していることを伝えました。
米国の状況を考えて、彼らは私の決定を理解しています。
そして私は家族や友人、特にコロナ19の症状を経験している人のことを考えています。
あなたも韓国に滞在することに決めましたか?
それとも母国に帰るのですか?
韓国でコロナウイルスが発生してから最近米国に戻った人は、後悔していますか?



●観光客と滞在してる人のための助言は違うものだろ。
スレ主がリンクした記事は:「海外に住んでいる米国市民は、すべての国際旅行を避けるべき。」って言ってる。

●↑滞在者にも観光客に与えられるのと同じ警告が出てる。
海外旅行する場合、旅行計画が大幅に混乱し無期限に米国外に留まることを余儀なくされる可能性がある。

●↑ここでの話題は、海外旅行じゃなくて住んでる人たち。
普通1年契約で来てる。
コロナウイルスの最悪シナリオでも、フライトが何年もの間キャンセルされるとは考えられない。

●↑国務省の勧告を読み違えていると思う。
これは海外に住む観光客と外国人の両方に対応している。
この勧告は、海外に住んでいる俺たちにも適用される。

●↑契約を破って、家族と一緒にいるために家に帰る人もいた。

●↑個人的にはすごい愚かだと思う。
仕事を辞めて、健康保険のないパンデミックの真っ最中のアメリカに戻ろうぜ!



●↑一部の人にとっては、愛する人と一緒にいたいだけかもしれない。
それに全員の状況が同じというわけではない。

●↑海外のほとんどの英語教師は、無期限に母国の外に留まることを計画している。

●↑自分もそう。
最悪の場合のシナリオは、私の家族の1人がウイルス(またはその他)で死亡しても、旅行の制限のため葬儀に出席できない事。
そうならないように祈ってる。


●この危機がアジアに限定されているなら米国に戻ることは理にかなっているかもしれない。
でも現在米国には試験キットの悲惨な不足、法外なほど高価な医療、食料とトイレタリーのばかばかしい貯蔵、そしてパンデミックチームを解雇し、「責任を負わない」と言う大統領がいる。
だから、自分が韓国にいることを幸運だと思ってる。

●↑同じ。
現時点では、英国は米国よりもはるかに責任ある対応してるけど、
それでも、ウイルスの第2波が襲ったら韓国は最も安全な場所の1つだと思う。
自分達多くにとって韓国は故郷みたいなものだし、生活基盤/友人/家族がここにある。


●ここで休暇中に訪れている人と、ここで雇用されている/生活している/家族を持っている人との大きな違い。
現在、武漢ウイルスは世界規模。
1ヶ月くらい逃げ出すって手もあるけど、どこに逃げるっていうんだ?

●↑同意。
すでに韓国に住んでいて働いているなら、このレベル4の警告でも何も変わらない。



●アメリカへの再入国を禁じられることはない(アメリカ市民なら)。
問題はフライトがあるかどうか。


●俺は韓国に留まる。
契約を更新したし、アメリカは現在韓国よりも安全性が低いから。
とにかく、少なくとも数年間はアメリカから離れてる予定だったし。
俺の家族は理解してるしこのようなことが起こる可能性があることも想定してた。


●このウイルスは世界中蔓延してる。
どこにいても問題ない。
旅行者でも学生でもないし、家も人生もここで、アメリカには何もない。
韓国政府はアメリカ政府によるウイルス処理よりもはるかに良い仕事をしているように感じる。


●俺は大邱で騒ぎが起きる3週間前に契約を終えた。
もっと長く韓国に滞在できたらよかったのに、ビザが切れた。
オーストラリアも旅行者に同じ措置を実施した。


●あなたが海外に住んでいる米国市民の場合(そして2018年の米国税を納めていたら)、
警告された対象になる?


●母親には韓国に居ろって言われた。
韓国の方が現在のアメリカより安全だと感じているみたい。
それに現在、アメリカの雇用市場はちょっと悪いし。


●大邱に住んでる。
1か月以上働いていないけど、少なくともあと2週間はそのままだな。
こうなると思っていなかったけど、故郷に戻っても安全じゃないと感じる。

ttps://bit.ly/2J66LgEより翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ