// PCで表示させたい内容

日本が粉々になったら韓国も被害を受けるというのは根拠のない虚偽扇動であり韓国は得をしますよね?韓国の反応

(スレ主)
日本が粉々になったら、韓国には得になります。
そんなものを望むのが違うか否かではなく、
日本に壊れたら韓国に得なのはファクトです。

福島大地震の当時、実際にKOSPIが高騰し、
当時の経済研究所の報告書でも、
韓国経済にむしろ好材料というのが大方の見方でした。

逆に朝鮮戦争が起きたら日本に得なこともファクト

「日本が粉々になれば韓国も被害を受ける?」

こういうのは、根拠のない虚偽扇動です。



●韓国人
日本再建に参加する基地になってやってそのついでに蜂蜜も吸っていいです。


●韓国人
日本と競争中の産業は部品素材の在庫は最初はちょっと大変だろう。

●↑韓国人(スレ主)
最近中国の製造業進出のため韓国産業が代替品として素材部品装備産業に進出中だから..
これから日本と重なる品がもっと多くなるでしょう。

●↑韓国人
そんな事もあり得るんですか


●韓国人
実際、我々にとって最高な事は日本より中国が壊れる事です。

●↑韓国人
中国の分裂が実際我々には最高です。
私たちだけじゃなく全世界にとって


●韓国人
ところで、文のせいで韓国が一番戦争が起こりやすいということです。
日本が地震の後に産業が滅びるよりも韓国の対北朝鮮リスクの方がはるかに大きい
結局、文在寅式対北朝鮮戦略も失敗している現状であり、
もっと現実的な対北朝鮮戦略を構想しなければならない時期です。

●↑韓国人
韓国の持病が北朝鮮…



●韓国人
日本は素材を輸出し、韓国はそれを輸入して半導体を安くして輸出する。
ウィンウィン戦略です。
何が何でも重ねて競争ばかりしていますのか 今でもこうやって お互いに歩調を合わせているのに。
ちょっと事情を知ってからお書きください。


●韓国人
そんな理屈じゃ日本とだけ競争してるみたいじゃないですか www
今半導体競争はどこの国としていますか。
その国をなくすべきと書いてみてください。 www


●韓国人
船舶自動車はどの国と競争していますか。
その国々はなくなるべきだと書いてみてください。 www


●韓国人
大韓民国の産業にだけ半導体産業のクラスターが造営されて、日本だけが完全に消えなければならないのですか?


●韓国人(スレ主)
他の国々は、韓国半導体の主要顧客でもあります。
でも日本はDRAMさえ韓国産を使わないで台湾産を使う国ですから全く違います。


●韓国人
いや、いつから台湾にDRAM生産可能な会社ができたの?
エルピーダが倒産してから今DRAMが生産可能な会社は、サムスン、ハイニックス、マイクロンの3社だけ。


●韓国人
他の国は我が国と産業競争をせず、日本だけが我が国と激しく産業競争するのですね。 www


●韓国人
例えば、DRAMだけ見ても日本と韓国は競争相手ではないのにどうして日本がなくなるのが得だと言うのですか。
フフフフフフフフ
台湾が無くなってこそ利益ですwww



●韓国人
結局世界に韓国一つだけ残るのが最高ですね。(笑)


●韓国人
日本が韓国産DRAMを使わないからなくなるべきだということですか。
あ、競争じゃなくて韓国製DRAM使わなくてはならないという事ですね。
では日本に輸出する台湾製DRAMが潰れるから結果的に我が国に利益になるということですか。


●韓国人
マイクロンがエルピーダと東芝DRAM事業部を買収して広島と台湾にマイクロンメモリー工場があるじゃん。
もともとエルピーダが台湾でDRAMの委託生産をしたのですが、それがマイクロンに買収されたので、
最初からマイクロンを無くそうと考えたらどうですか。
米マイクロン社さえ消えればサムスン、ハイニックス独占へ


●韓国人
スレ主の論理は日本と韓国は輸出入を全くしないから市場性が全くないということですか?

●↑韓国人(スレ主)
他の国に比べて日本と重なる産業は一番多いが、
同時に日本は韓国産の輸入が少なく、
韓国にとって市場性がないからです。
全部計算すると、 メリットが一番ないということです。(笑)


●韓国人
アメリカの市場性、中国の市場性より日本の市場性は弱く、韓国と競争する国は日本しかないと確信しているんですね。
計算してみたらそうだということですね。


●韓国人
現実で起こらないはずの「日本粉砕」と書いておいて、今になって現実が変わるわけではないなんて。
あのね現実と想像を混同してるのはスレ主です。


●韓国人
戦争が起きたら日本が得します。
韓国は??アカも虐殺して北朝鮮の土地も全部貰います。
最近地価が高いこと知ってる?
韓国にお金持ちの国が建つ事になりますね。

ttps://bit.ly/3dGSZhDより翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ