// PCで表示させたい内容

これではトヨタに負ける!日本のトヨタが羨ましい韓国現代自動車 海外事業を韓国へ戻す支援を日本ほど受けられず 韓国の反応

ポストコロナ時代変わった世界的な経済環境に対応するための産業政策は、「製造業リショアリング」に力点を置かなければならない。
コロナ19の拡大により主要な貿易・投資相手国の国境封鎖が相次ぎ、韓国企業が苦戦している。
消費市場と低賃金労働力を求めて海外に出て行った企業の脆弱性がそのまま露呈しているのである。
製造業の生態系は、大企業とそのパートナーを中心に組まれている。
大企業を戻って来させる果敢な政策転換と社会的、文化的認識の改善が必要である。

「日本のトヨタは、リショアリング(海外進出自国企業のUターン・re-shoring)を決定した後、政府から破格の恩恵を受けたというのに…」

大規模な海外投資を国内に戻した現代自動車グループと暁星グループは、トヨタの事例がうらやましい限りである。
韓国政府の「Uターン」に対するサポートが、中堅・中小企業に集中していて、これらの企業は、事実上何の恩恵も受けられないまま「手ぶらのUターン」をしたからである。

「企業が勝手にした投資に政府が恩恵を与える必要はない」と、角を立てることではない。
販路と人件費を考慮すると、企業の立場では、海外に向かうのが一層有利である。
それでも、彼らは、「リショアリング」に方向を定めた。
おかげで、彼らが戻ってきた地域では、膨大な働き口がもたらされ、経済効果も少なくなかった。

実際、現代モービスは、蔚山北区梨花産業団地に電気自動車用部品工場を建設している。
全世界に現代・起亜自動車のグローバル生産基地が12個あるため、韓国に電気自動車用部品工場を建設するのは容易ではない。
電気自動車の市場規模が大きい中国やアメリカに工場の建設を検討すべきだとの意見も多かった。
しかし、現代モービスは、結局蔚山に決めた。

大企業は、一人だけでは動かない。
現代モービスのようなリショアリングの投資は、現代モービスだけが来るのではない。
今回の投資にも、協力会社50社以上が共についてくる。空母が船首を向ければ艦隊のすべて一緒に動くのと同じである。

この投資により蔚山に生じる良質の雇用が、1,000口もはるかに超える見通しだ。
地方政府の税収はもちろん、地域経済にも目に見えない効果が期待される。

大企業のリショアリングの驚異的な波及効果は、暁星も同じだ。
暁星は、ベトナムに建てようとしていた次世代繊維の生産ラインを、やはり蔚山に回した。
ベトナムのドンナイ省に次世代化学材料「アラミド」の生産ラインを構築しようとしていたが、最終段階で蔚山工場の増設に旋回したのである。
今年の下半期から増設工事に入り、来年5月に仕上げる予定だ。このアラミド工場も、数百人の雇用創出が予想される。

暁星は、実際に、ベトナムでもいくらでも工場を稼働させることができた。
現地で「南に暁星、北にサムスン」と言われるほど事情に詳しい。
すでにドンナイ省一帯で大規模先端素材の投資を進めている。
このような暁星がベトナムに追加投資をするならば、すぐにでも地方政府が税制減免など様々な特典をもたらしたであろう。
それでも暁星は、韓国経済の活性化のために蔚山に方向を向けたものである。

しかし、現代モービスと暁星の事例に続く大企業はまだ見当たらない。
ニ社以外に、今後しばらく追加Uターンを宣言する大企業を見つけるのは難しいという声も聞こえる。

専門家は、当然の結果だと指摘する。
主な販路が海外であるうえ、各種特典も海外に進出する方がより良いのに、韓国に戻って来る大企業があるわけないということだ。

労働力や原材料の確保も、海外の方が韓国よりはるかに有利である。
韓国特有の硬直した労働法と高い人件費、各種規制は、企業の立場では、選ぶ理由がない悪材料だ。
韓国経済研究院が昨年調査した結果によると、海外進出企業の96%が「韓国へのUターン計画はない」と述べた。

特に、2009年のグローバル金融危機と2020年コロナ19(COVID-19)のパンデミックを経て、内需経済の死守は今や先進国の至上課題となっている。
戦略的リショアリングは、各国政府の核心政策になる兆しだ。
目下、アメリカような最強国も、半導体部品のサプライチェーンはもちろん、マスク自体の調達さえ難しい状況である。

これにより、今後、世界各国は、先を争ってリショアリングに乗り出すものと思われる。
アメリカはすでに、2000年代初頭以降、リショアリングの熱気がヒートアップし、毎年数百社の企業が自国に事業所を移している。
数万の雇用が創出され、その効果は、アメリカ人自身がリアルに目撃している。
「リショアリング・イニシアティブ」という公共機関が、その中心にいた。
政府の意志が強くない場合はリショアリングもないということを端的に示している。

日本も例外ではない。メキシコの工場の生産ラインを埼玉県に移したホンダ(2016年)と、2017年にアメリカ・カムリの生産ラインを愛知県に移したトヨタが代表的である。
日本は、特に、コロナ19に伴うリショアリング政策を断行し、破格的な大企業支援に乗り出した。
日本国内復帰に必要な資金の50%を支援することにしたのである。

しかし、韓国のリショアリング政府支援の現住所は、生ぬるい。
韓国は、大企業を対象とする支援で、いまだにケチである。
法改正により、支援対象を、海外事業「50%縮小」から「25%縮小」へと下げたが、まだ大企業にはリショアリングの利点は難しい。
化学メーカーの関係者は、「大企業のほとんどの海外事業規模が相当なものなのに、このうち25%を韓国に移すのは不可能である」と述べた。

財界では、大企業のがリショアリングを促すには、より前向きな支援が切実だと見ている。
「税金・土地・関税」の3種の支援セットを大企業に間違いなく提供すべきだとの声である。

経済団体の関係者は、「利益が与えられても規制が同時に作用する場合、リショアリングの支援は、言葉遊びに過ぎない」とし、「首都圏の規制を含む各種の規制緩和も本格的に議論しなければならない時」と強調した。



●韓国人
これではトヨタに負ける!


●韓国人
私は労組があるから韓国にある現代自動車も外国に送ってあげたい。
みんなそう思わないの?


●韓国人
自動化によって人が要らない工場を作って帰ってきてください。
労組のない工場


●韓国人
商売がうまく行けば私企業、
うまく行かなければ国民企業で、政府の支援云々…。
資本主義を自分勝手に解釈する人間の利己心。
ホント、うんざりだわ。
投資も商売もすべて、その主体の責任だ。
国に頼るな。


●韓国人
今の労組の状況であれば来ない方がマシだ。


●韓国人
リショアリング、国民の税金で支援したら、
国民たちには何くれる⁇


●韓国人
現代自動車が10兆以上で龍山に土地買ったのは何だよ?
やつら、金が有り余ってるのに、
何しに国民の税金で支援してやんの?


●韓国人
損したくなくて韓国を出たくせに、
帰って来るから恩恵くれって?



●韓国人
労組のこと考えたら、
ぜ~ったいに来ちゃダメだ!


●韓国人
企業に恩恵やれ。
国内に働き口作って、
地域経済、国家経済回復させる、
最前線の将軍みたいなもんだ。


●韓国人
こんなんだったら、企業全部国有化しろ~。
うまく行けば自分らが優れてるってことに、
うまく行かなきゃ政府のせいにして、税金せがんで。
出てく時、政府と相談したの?


●韓国人
フフフ。
労組の奴らのために、来ない方が…。


●韓国人
こんなもんをよくも記事って言えるな。


●韓国人
悪質民主労組さえ変わればいいのに。


●韓国人
大企業の労組は賃金上限制にするべきだ。
こいつらキリがない。


●韓国人
大企業支援する金あったら、
国民たちに災難支援金もっと支給してください。



●韓国人
とにかく、経済紙の中で、肯定的な記事は一つもないな。
うまく行かないように祈ってるみたいだ。


●韓国人
貴族労組、こいつらが消えるべきだ。


●韓国人
この国は労組のクズどものせいで、どうしようもない。


●韓国人
韓国企業がリショアリングしたら、
文在寅大統領は、習近平や王毅に怒られますよ。


●韓国人
俺は、労組のせいで、
韓国にある現代の工場も、外国に送り出してやりたい。
みんなそう思わない?


●韓国人
Uターン企業に恩恵やれ。
大企業と中小企業、
一緒にウィンウィンしようぜ。


●韓国人
現政府と進歩勢力が望んでるのは、
大企業は外に送り出し、
国内では零細・中小企業だけ維持することだけ。

https://news.v.daum.net/v/20200520183037319より翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ