// PCで表示させたい内容

韓国株式市場は外国人のATMだ!外国人の韓国株からの資金流出額が1カ月間でアジア新興国中2位を記録 韓国の反応

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響が本格化した後、最近一ヶ月間、外国人の韓国株資金流出がアジアの主要新興国の中で2位に達するほど激しいことが分かった。

外国人の株式の売り越し資金の半分以上は外国為替市場を通じて消化されていないと推定される中、ドルの流動性梗塞の懸念はまだ進行形という見通しが出ている。

政府は外貨準備高のほか、韓米通貨スワップを外貨流動性供給のための追加の財源として活用し、必要に応じて適宜金融機関などに外貨流動性を供給する計画だ。

◇韓国株式市場で102億ドルが…アジア新興国の中で台湾に続いて2位

22日、国際金融センターがブルームバーグの集計を分析したところによると、コロナ19の拡散が本格化した昨年2月20日から18日までの4週間韓国株式市場では、外国人が102億4000万ドル流出させた。

これは、中国と香港を除くアジアの主要新興国の中で、台湾に次いで2番目に多い。

外国人の株式投資資金は、台湾では同じ期間132億ドル、インドでは73億3000万ドル、タイでは20億5000万ドル、インドネシアでは、6億2000万ドル、フィリピンでは3億5000万ドル、ベトナムでは2億5万ドルが流出した。

国際金融協会(IIF)は最近、「コロナ19新興国の資金流出ショック」報告書で、「中国、インドなどを含む20以上の新興国での1月下旬以降の累積資金流出の規模は、世界的な金融危機のピーク時を越え、グローバル経済対比規模が1997〜1998年のアジア通貨危機や、2013年欧州財政危機時のレベルをはるかに越える」と評価した。

このような新興国エクソダスの背景には、ドル品薄状態がある。
コロナ19の余波による極端な安全資産選好現象で、ドルの需要が急増していることによるものである。

21日、ニューヨーク外国為替市場での主要な6つの通貨に比べてドルの価値を示すドルインデックスは、0.08%増の102.8へ上昇した。

ドルは1992年以来、ほぼ30年ぶりに最も急上昇を見せている。
ドルインデックスは9営業日の間に8%以上上昇した。



●韓国人
なぜ台湾も除いてアジア 1位としない?

●↑韓国人
狂牛病騒動以降のメディア不信は、ムンジェイン支持者には好都合

●↑韓国人
二律背反ですね

●↑韓国人
韓国株式市場=外国人のATM

●↑韓国人
韓国経済はえらいことになったな
本当に


●韓国人
韓国はATM
いつもそうだったのに、改めて言うことでもない


●韓国人
我が国は制御装置がないATMの役割だ!


●韓国人
新興国?
あなたは何歳なのにまだ大韓民国を新興国と言うのか?
年齢が?
経済が?
証券市場が?


●韓国人
IMF以降強制的的に積み重ねた外国為替保有量がどのぐらいあると思うか。
米国がドルを刷って、もっとあふれ出す可能性が高いと思われる。



●韓国人
すぐに世界経済の3位に進出するだろう
アメリカ、中国、大韓民国


●韓国人
株式市場は、自画自賛が通じないようだ


●韓国人
最後は大暴落か?


●韓国人
コスピ800行くね

●↑韓国人
1000以下に行けば、企業の大量倒産


●韓国人
通貨スワップは、外国人の安全避難のためのものである。


●韓国人
金商売が上手い国だから余裕でふざけてるな。


●韓国人
1位でないだけ、本当に発展したのだ。
統合党が政権を握っていれば、IMFも逃げ出すほどの大事件になっただろう。


●韓国人
為替レートは通常どおりになるんじゃないの。



●韓国人
他の所は流出する金ももう無いだろう


●韓国人
投資は恐怖で買え。
格言に「待っていれば調整は来ない」とある。
1年だけ待つと思えば心は楽である。
1年後には今より50%は上昇していることを明らかに確信する..
金利0%時代だ。


●韓国人
韓国でドルがなぜ必要なのか…


●韓国人
今回を契機に優秀な企業に変わるために努力し、株主により多くの配当を支払えば、投げ売りは減って急激な外貨流出も少しずつ良くなると思われます。


●韓国人
これが国か?


●韓国人
サムスンのような大企業が持っているドルがいくらなのか?
それが知りたい


●韓国人
大韓民国は新興国でなくなって久しい。
G20国家であり、OECD加盟国じゃないですか?


●韓国人
外国資本と企業を重視して、中小企業など内需を眼中に置かない韓国経済システムの結末である
輸出だけではなく、内需を中心に成長しなければなら真の大国になれない
今はただの紙の虎だ

https://news.v.daum.net/v/20200322060125619より翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ