// PCで表示させたい内容

映画寄生虫に日本が敗北感 反日だけど日本に認められたい韓国人の嫌な面が出た記事だ!日本はノーベル賞取ってるだろ 韓国の反応


応援クリックよろしくお願い致します!

人気ブログランキング

10日、映画寄生虫のアカデミー作品賞受賞をはじめとする4冠受賞の報道はコロナ19の事態で憂鬱な国民に日照りの後の恵みの雨のようなニュースでした。

今回の快挙は日本でもトップニュースとして報道されました。
寄生虫の受賞の知らせは、朝日新聞と毎日新聞など、主要日刊紙1面はもちろん、ヤフージャパンの主要ニュースコーナーを飾り、注目を集めました。
寄生虫はカンヌ映画祭のパルムドールですでに芸術性が認められているうえ、アジア圏の映画を通じて初めて商業性·大衆性まで最高水準であることを立証したのですから、より関心を持っているのでしょう。
テレビ朝日、フジテレビなど日本の放送は、寄生虫の舞台となった半地下の家や周辺を詳しく撮影して報道しました。

日本の映画産業は韓国映画産業より歴史が深く、本格的な大衆芸術として定着し始めた時期もずっと早いです。
世界的に注目され始めた時期も韓国より半世紀ほど先んじていました。
日本の映画は1951年黒澤明監督が羅生門でベネチア映画祭最高賞の黄金獅子賞を受賞したのを皮切りに10年以上、黄金期を享受しました。
反面、韓国映画が3大国際映画祭で受賞作を出したのは1961年が最初でした。
アカデミーに出品作を出した時期も日本の方がずっと早いです。

このように先んじていた日本映画が後発の韓国映画に及ばないという声が最近日本国内でも出ています。
5年前に日本の有名な元老俳優であり映画監督の津川雅彦は「不幸にも映画においては、日本は韓国に大きくリードされている。 大学生と幼稚園児くらい差がある」と話し、非難を浴びました。

日本などアジア映画を主に扱ってきた英国配給会社サードウインドフィルムズのアダム·トーレル代表も「韓国に比べて日本映画の水準がますます落ちている。 過去にはアジアで日本映画に対する評価が最も良かったが、最近では韓国はもちろん中国、台湾と比べても立場が不安定だ」と苦言を呈しました。

日本の映画界に何があるのでしょうか。

■ガラパゴス化された日本映画界

日本の映画人が共通して指摘する問題点はガラパゴス化です。
ガラパゴス化は映画産業において日本でしか見られない独特な現象で、「商品を作るのに自分たちだけの標準にこだわり、世界市場で孤立すること」を意味します。

「万引き家族」で2018年カンヌ映画祭でパルム・ドール賞を受賞した是枝裕和監督も日本映画の問題点として最初に言及した事です。
彼は「このままでは日本映画が世界から忘れ去られてしまう」とし「日本は国内市場だけで投資金を回収できるので海外進出意欲が落ち、国内観客にアピールするような企画だけでガラパゴス化がひどくなった」と話した。
また、「2000年代以降、海外映画祭に行ってみると、日本の映画には社会・政治状況を素材にした作品のがないという声を聞く」、「日本映画の幅が狭くなる感じだ」と話しました。

現在、日本の映画市場は「ジャパニメーション」と呼ばれるアニメと漫画原作の実写映画が主流です。
しかし、アニメーションは映画に比べて大衆性が劣り、国際映画祭でも実写映画に比べて非主流として扱われているのが現実です。
是枝監督の言葉のように、世界で広く認められ、輸出もさらにするためには、実写映画により普遍的な共感を引き出すテーマを選定する必要があるのです。

矢田部吉彦東京国際映画祭作品選定ディレクターも「日本映画が国際映画祭受賞から遠ざかる理由はテーマと関連が深い。 若い監督が出す作品は、女子高生主演の青春物があまりにも多い。 映画の社会性など、より大きなテーマに関心を持たないため、国際映画祭では受け入れがたい」と述べ、是枝監督と同様の見解を示しました。

■オリジナル脚本が出にくい環境

日本では漫画の原作の実写映画が主流だが、オリジナルの脚本が出ないのはなぜでしょうか。
アニメやコミックの実写版を好む日本の観客のせいとも言えますが、必ずしもそうではありません。
まず取り上げられるのが製作委員会の問題です。

製作委員会とは、日本で映画などを製作する際に作る一種の組合で、複数の出資会社が共同投資して事業を進めます。
日本経済産業省の資料によると、現在日本で作られる商業映画のうち約99%は製作委員会方式で作られます。

製作委員会の意思決定の仕組みは満場一致を基本としているため、斬新で新しい提案が受け入れられにくく、脚本はもちろん、監督、キャスティングにもいちいち保守的な製作委員会から承認を受けなければなりません。
リスクが分散して興行失敗の負担を減らすことはできますが、限られた数の出資会社が安定的な収益だけを追っているため、国内で興行が保障されるアニメーションや漫画の実写版映画だけが製作されているのです。

■構造的問題で中間規模の予算は少ない

日本の映画産業は低予算独立映画と東宝など巨大な同社が作ったメジャー映画に二元化されており、数千万~1億円の中間規模予算映画がとても少ないです。
矢田部ディレクターは「外国の若い監督たちは海外のプロデューサーと接触し、広報しながら良い作品のために必要な資金を集めるために努力する。 そのためには国際的に共同製作を総括できるプロデューサーが必要だが、そうした能力を備えたプロデューサーが日本には非常に少ない」と語りました。
海外でも通じる映画を作るためには技術的なクオリティを高める予算確保が必要だと強調したのです。

また、同氏は低予算の独立映画で大きく成功したケースもあるが、そのような事例をロールモデルとして見てはならないと主張しました。 例えば、制作費300万円程度で製作された低予算映画’カメラを止めたらいけて’は、国内外で好評を受けたし、多くの興行収入を上げていたが、これはあくまでも例外と見なければならないということです。

矢田部ディレクターは良い脚本があればプロデューサーはこれを300万円ではなく、数千万円をかけて撮ることができるようにしなければならないと言います。
彼は「日本と違い、韓国では国際共同製作の形で海外資本の援助を受けたり、海外でも受け入れられるような脚本に悩むなど、グローバルに通用する製作戦略を立てることができた」とし「国内で満足しない姿勢が韓国映画が急成長した原動力」と分析しました。

■低下した活力と非合理的な収益配分構造

現在、日本の映画市場は活力がとても足りないという評価を受けます。
日本の映画市場規模は米国、中国に続き世界3位(2019年基準・韓国は5位)であるほど大きいです。
しかし、大きな市場規模にふさわしくない観客数と売上高を見せています。
日本の年間映画来場者数は人口数が自国の40%にしかならない韓国に追い越されて久しく(2011年)、年間売上額も同様で10年以上ほぼ同じです。

国民一人当たりの映画観覧回数も、年平均1.4回(2018年基準・韓国4.2回)で、先進国はもちろん、経済協力開発機構(OECD)国家の中でも最下位にとどまっています。
このような現実は、日本映画がひどい浮き沈みを経験している状況と無関係ではありません。

収益配分問題もあります。
是枝監督のような巨匠でさえ、日本で制作資金調達の困難を訴えています。
是枝監督は、韓国の映画の収益配分システムを例に挙げ、「韓国では普通の映画興行収入のうち45%程度を劇場側が取り、残った55%程度を投資者と製作会社(監督など制作陣)が6対4の割合で分けて取る。
制作陣の手に落ちる興行収入は、次の作品の準備に使われる。
反面、日本では興行収入のうち50%は劇場に行き、残った50%のうち10%は配給会社、40%は投資者に行く。
監督には回らない場合が多い。
監督が1%の成功報酬を受けるため、交渉しなければならないが、容易ではない。
この部分において韓国と日本のシステムは大きな違いがあると感じた」と語りました。

■寄生虫の受賞が政府支援とロビーのおかげ?

寄生虫の受賞を含め、韓国映画の成長を国家的支援とロビー活動のおかげと見る見方もあります。
映画コラムニストの平辻哲也氏は寄生虫受賞の知らせを祝い、次のように語りました。
「作品自体が優秀であることが最も重要だが、韓国は映画振興委が国策として映画制作を支援してきた。 日本の40%余りの人口に経済規模も3倍以上も差が出るが、制作費10億円以上の作品を作ることができたのは、この支援に負うところが大きい。」

彼は日本人として残念な気持ちを表しました。
日本でも調べれば、寄生虫と似たテーマの映画は多いと主張し、「賞レースは政治でもある。外国映画賞にノミネートされるような作品は、ハリウッド映画外国人記者協会へのロビー活動にも積極的。しかし、日本映画は純粋にエントリーするだけにとどまっているということだった。まずは作品を知ってもらうことが大事なはずだが、その手前で終わっているとしたら、世界で勝負ができるはずもない。」と語りました。

しかし、映画評論家のチョン・チャンイル氏はこのような反応を「劣悪感のためだ」と一蹴します。
「ロビー自体を悪く見るわけではないが、日本の方がロビー活動が上手だ。 むしろ、これまで韓国映画はそのような活動がなくて、良い作品を出したにもかかわらず、受賞できなかっただけだ。 寄生虫は国家的支援も皆無だった」と説明しました。

実は日本も10年前からクールジャパンを標榜し、自国の文化を広報するための官民ファンドなどの国策援助を行ってきました。
しかし、映画の場合、クールジャパンの一環として設立した官制の映画会社All Nippon Entertainment Worksは特別な成果もなく、2017年22億円を超える赤字を記録して民間に売却されました。

■ポストポン・ジュノが出るには

今回の寄生虫の快挙はボン·ジュノ監督の天才性がもたらした結果です。
しかし、韓国映画界の役割も無視できません。
1990年代末~2000年代初め、黄金期を享受した韓国映画の土壌があったからこそ受賞が可能だったからです。
映画に対する無限な関心を見せてきた韓国観客の役割も大きいです。

しかし、一方では韓国映画は外形的成長はしたが、停滞期であるという指摘も多いです。
ここ数年、目立つ作品は珍しく、似たようなジャンルのものばかりが繰り返し出てくる状況だということです。

専門家らは、「ポストボン·ジュノ」のためには興行だけを念頭に置いた画一化された制作工程から脱皮しなければならないと強調します。

釜山映画祭のチョン·ヤンジュン執行委員長は、「今のように興行の失敗を避けるための興行方式と俳優のキャスティングに依存して映画を作る態度は終わらせねばならない」と述べました。

チョン·チャンイル評論家は、構造的問題について語りました。
「ポストボン·ジュノのためには人材発掘が急がれる。 映画人一人ひとりの努力も必要だが、一部の主流の人材だけ支援される構造的システムを改善しなければならない」とし「投資してその利益を得ることだけを考えず、人材の未来に投資すると考えるべきだ」と指摘しました。

過去の栄光を後に沈滞の一途をたどる日本映画界。
韓国映画がこのことを反面教師とし、寄生虫を起点にもう一度跳躍してほしいものです。



●韓国人
日本も60年代にはアジアの映画を先導する国たった。
‘羅生門、影武者、東京物語などの作品はかなりの名作だった。
しかし、現在アジア映画の中心は韓国だ。

●↑韓国人
羅生門は本当によく作られた古典だと思います。
人間への洞察力がすごいと思います。


●韓国人
日本はノーベル賞をたくさん受賞してますけど。
たかが映画賞一つを受賞して敗北感?
エライ、この記者さん。

●↑韓国人
映画界の話です。
ノーベル賞とは関係ないんです。
じゃあスポーツ界も引っ張ってきましょうか?


●韓国人
反日に熱狂しながらも一方では日本に認められ愛されたいとする嫌な韓国人の心理がよく溶け込んだ記事ですね


●韓国人
代わりにノーベル賞をたくさんもらってるじゃん。
ポン・ジュノが一人、 受賞したので、無条件愛国者が記事を長く書いた。

●↑韓国人
これは事実だが、正直にいって今回の4冠受賞は韓国映画がすごいというより、ポン・ジュノ監督とそのチームが相当なものだったからだ。
日本映画はこの記事で指摘されているように「ガラパゴス化」という表現もある程度合っているが、文学の面から見れば、ノーベル賞の方がすごいね。

●↑韓国人
技術と科学ではまだ多くの部分で日本に遅れをとっているのが事実



●韓国人
幼い時、日本のアニメーションを見て、そのストーリーと映像美がひたすらうらやましいと思っていた。
日本が私たちの映画を見て反省する日が来るとは夢にも思わなかった


●韓国人
いつも韓国より優れていて自分たちの足下において利用していた日本の悪いやつらたち
これからは韓国と位置が変るだろう。
そして、本来のように私たちが彼らを支配する時代がやってくるだろう。
頭脳と体は韓国人が一枚上だ
韓国人が指図して日本人が受け入れるのがより自然である。


●韓国人
ポン・ジュノというアウトサイダーがいるのであって、韓国映画全体の成果と見るには困難な点もあります。
言及されている日本映画界の問題点を見ると韓国映画界と共通点がたくさんあるから、日本を反面教師としてそうならないように努力しなければいけませんね。


●韓国人
劣等感を持つな、お互いにできることをしよう
(韓国)半導体、造船、家電製品、スマートフォン、フィギュアスケート、大衆音楽、映画、伝染病対応
(日本)成人映画、テレビゲーム、漫画、歴史歪曲、自国民を船に閉じこめる、放射能の隠蔽


●韓国人
徹底した階級社会国家、言論統制国家、後の憂いを恐れて映画の主人公を韓国に任せる国、これが日本の素顔です。
徐々に没落中!


●韓国人
チョッパリが豊かになったのは、韓国の資本と労働力を収奪したからだ。
自力でできた事はひとつもない。
なんでチョッパリなのかをまず考えろ。


●韓国人
私は日本のAVは世界最高だと思います。
自負心を持ってください。


●韓国人
日本は映画でもアニメでも文化自体が中二病オタクの感じだから大変だ



●韓国人
お前らは数千年おくれながら、100年ちょっと先んじただけだよ、ふざけるな。


●韓国人
新しいコンテンツは韓国、伝統産業、製造業、基礎科学は日本。


●韓国人
昔から日本の映画は本当に面白くなかった。
不眠症で眠れないときに日本の映画をお勧めする。


●韓国人
俺たちは今いい顔してるけど、お前たちはノーベル賞を何度ももらってるじゃん。
エンターテイメントは永続性がなくて。。。
私たちも技術強国としての基盤を固めるべきだ。


●韓国人
大丈夫だよ。
お前たちはノーベル賞多いじゃん
それが本物だよ。


●韓国人
日本は素材もいいし演出力も演技もさることながら、日本はドラマ映画では確かに才能がない。


●韓国人
たかが映画で一つ賞をもらったからって
それでノーベル賞は?


●韓国人
チョッパリの敗北主義的思考と韓国卑下。
チョッパリ根性

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=009&aid=0004518128&date=20200215より翻訳

応援クリックよろしくお願い致します!


人気ブログランキング

33 Responses to “映画寄生虫に日本が敗北感 反日だけど日本に認められたい韓国人の嫌な面が出た記事だ!日本はノーベル賞取ってるだろ 韓国の反応”

  1. 名無しさん より:

    ヘソ曲がりな評論家ウケする貧乏臭い映画が、賞貰ったら世界を征した気分
    韓国人って能天気過ぎるぞw w w

  2. 名無しさん より:

    賞なんて価値が無い。賞は、その賞の趣旨や審査員の傾向など対策を練れば取れる。
    アメリカのアカデミー賞を取ったとしても他の賞ではやはり趣向が違うので取れない。

  3. 名無しさん より:

    戦時下とか統制下とか虐げられた世界、理不尽が溢れた世界は映画や小説やドラマ、歌のネタとしてはそれなりの題材が溢れてるということだろう。

    24時間365日のんびり平和に暮らし、食事の心配もないくらいの南洋の楽園なら、余程のライターじゃないと世界が関心を寄せる興味深いシナリオは描けないんじゃないか?

  4. 名無しさん より:

    日本映画のガラパゴス化(というか前から)は別に悪くないだろ。
    独自路線なんだから。
    制作費があまりに少ないのは同意だが。

  5. 名無しさん より:

    スティーヴン・キングの発言でアカデミー賞の選考委員会は人種差別的だと世界中から批判浴びることになったから、
    この映画を受賞させることで批判を落ち着かせるには丁度良かったんじゃないかね。
    クソくだらねー時代だと思うよ。

  6. 名無しさん より:

    本来のように韓国が日本を支配するのが
    自然ってなぁ、
    1度でも日本を支配した事あるのか?
    劣等朝鮮民族の誇大妄想も甚だしいな。
    夢見てんのか?目が細過ぎて起きてるか
    寝てるのか分からんわ。

  7. 名無しさん より:

    米国でアカデミー賞自体のブランド価値が落ちているっていうのだから
    仕方ないのじゃないですかね・・・

    世界各国にデジタルデータを送り付け情報操作しまくった結果でしょう
    。今年からデジタル課税がかかりますから、韓国の話題なんて一気に落
    ちますから相手にもされなくなると思いますよ。

  8. ひとり言 より:

    米国でアカデミー賞自体のブランド価値が落ちているっていうのだから
    仕方ないのじゃないですかね・・・

    世界各国にデジタルデータを送り付け情報操作しまくった結果でしょう
    。今年からデジタル課税がかかりますから、韓国の話題なんて一気に落
    ちますから相手にもされなくなると思いますよ。

  9. 名無しさん より:

    全然気にならんけど、
    ただ在日マスコミのはしゃぎっぷりがキモチワルイ。

  10. 名無しさん より:

    今の日本の映画界は人材がいないからね
    全盛時は経営や制作に東大や京大出の人材が関り
    照明や小道具に至るまで第一級の人材の宝庫だった

  11. 名無しさん より:

    仕方ないよ、今の日本は芸人ばかりだし、ドラマにも言えることだがムリに笑い(しかも面白くない)を入れたり、漫画原作の映画が多い。

  12. 名無しさん より:

    日本の映画評論家の国籍怪しいのが持ち上げてるだけ
    日本は監督も俳優も評論家も在日だらけ本当寄生虫だよ

  13. 名無しさん より:

    世界の笑われ民族

  14. 名無しさん より:

    劣等感を持つな、お互いにできることをしよう
    (韓国)半導体、造船、家電製品、スマートフォン、フィギュアスケート、大衆音楽、映画、伝染病対応
    (日本)成人映画、テレビゲーム、漫画、歴史歪曲、自国民を船に閉じこめる、放射能の隠蔽
     
    これがまさに劣等感であることに気づかないチョンww

  15. 名無しさん より:

    半島の哀れな実態をさらけ出した映画なので心から誇らしいニダとは言えない
    悲しい民族やね

  16. 名無しさん より:

    日本の映画とドラマは大概がつまらないからな〜。ただ韓国の映画は面白いと感じたけどドラマはつまらなかったけどw

  17. 名無しさん より:

    米国アカデミー賞も日本レコード大賞化の始まりか? どちらも朝鮮人が絡むと墜ちるのが早い!

  18. 名無しさん より:

    結構前から訳の分からん映画がアカデミー取ってたけど
    これで止めを刺したって感じじゃないの

  19. 名無しさん より:

    日本映画が下火になったのは
    予算だけではなく、監督始め制作側が手を抜いてるから。
    だから、漫画の実写化だとかに走る。
    大体、絵コンテ自体があれば、監督はその絵に応じた絵だけ取ればいい。
    小説などを実写化するのと違い、創造性なくてもできるから面白くなくなる。
    大衆がバカになるとそういう現象が起きるんだ。
    パラサイトがヒットしてるのも、自分と同等と共感できるからヒットしてるんじゃないの?

  20. 名無しさん より:

    グック風に言うと必死にロビー活動したんだろ

  21. 名無しさん より:

    あれが韓国映画としてでなく米国映画として評価されていることに、韓国人はどう思ってるのかな。
    韓国映画産業とどこまで関係あるのだろう。

  22. 名無しさん より:

    ウンコ喰って、娘強姦して、母親も強姦して、日本の全ての起源はウリニダ!って絶叫する頭のおかしいコリアンの現実を映画化した方が良いよ。

    頑張れ!世界の嫌われ者達!

  23. 名無しさん より:

    寄生虫って…パラサイトって書けよ。
    意味はわかるが寄生虫って書くとマジモンを思い浮かべるだろ…

  24. 名無しさん より:

    羅生門なんて今の韓国人を表現したような話だったじゃないか。

  25. 名無しさん より:

    ハリウッドのホワイトウォッシュの問題と朝鮮人のいつもの裏工作が効いたんだろうな。こんな朝鮮映画如きがアカデミー賞なんてアカデミー賞も糞落ちぶれたわ。

  26. 名無しさん より:

    これでまた韓国兄さんのイメージが一つ増えましたね。
    キムチ、売春婦、いつも怒ってる、半地下、放射脳。

  27. 名無しさん より:

    いやWCやフィギュアもそうだけど金で勝った名誉とか全く敗北感感じねぇからwww

  28. 名無しさん より:

    敗北感を覚えてる日本人なんているのか?
    大抵の日本人は、ふーん、良かったねで終わりだろ。

  29. 名無しさん より:

    寄生虫は朝鮮人そのものだろ。
    ドキュメンタリーか?

  30. 名無しさん より:

    「日本 背乗り」
    検索するなよ、絶対だぞ。

  31. 名無しさん より:

    実際、韓国映画のパラサイトとか感染とかある優しき殺人者の記憶とかは演技すごいいいよ
    ジェットコースター乗ってるような次何が起こるのか分からないようなスリルがある
    ただ、八日目の蝉とか紙の月とかカメラを止めるなとか万引家族とか日本独特の感性が光る映画も負けてないと思うけどな
    ジャニとかアイドル漫画原作クソ映画が足ひっぱってるだけで

  32. 名無しさん より:

    この手の記事なり自称論客(笑)は「ガラパゴス化」とやらをさも悪い事のように言うが、
    言い換えれば独自性がある、特徴的って事だからな。
    世間の流れやこういう難癖に安易に迎合する方が、特にこういう芸術や表現の世界では害悪だと思うがね?
    やたらと多様性をどうこう言う割には、日本の事は平凡化平均化させようとする連中はどこの回し者かね?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ