機動戦士Zガンダム第23話:海外の反応「カミーユを倒すため自分の命を犠牲にしようとしている所が素晴らしい」

 


「シドレ曹長はよく役割を果たしてくれました」

ジェリドのいい所カウンター

・ジェリドは未だにシドレを失ったことを怒っている。

・シロッコにシドレを侮辱してもいいと言われたとき、ジェリドは彼女に敬意を払い、ブリーフィングから怒って飛び出した。

「それが作戦だ!」

・シロッコが味方を囮として使っているのを知ったとき、彼はいい気分ではなかった。

・ジェリド自身を囮とする命令にも関わらず、その命令に従っている。
圧倒的に優勢な敵の戦力に直面して、かなりの危機であるにもかかわらず、義務感を持っている。
ジェリドは優れたモビルスーツとニュータイプ能力を持つ赤い彗星さえも相手にしている。

「シドレの戦士は、シドレ自身に力がなかっただけの事だ、そうだな?ジェリド中尉?」

・心をレ〇プしようとするシロッコのニュータイプのオーラにジェリドは気分が悪くなっている。

「なぜ邪魔をしたマウアー?お前が邪魔をしなければ、俺はカミーユを倒していた」

・カミーユを倒すため、またライラとカクリコンの復讐をするために、自分の命を犠牲にしようとしている所が素晴らしい。

「あんたに腹を立てている暇はないな」

・ジェリドは復讐は命を懸ける価値がないと彼を止めようとしたマウアーを最初は怒ったにも関わらず、最終的には許している。
このアニメの最初の頃に比べると絶対に彼は成長している。

「怪我はどうってことない」

・担架に乘って、片目に包帯を巻いたジェリドの事を心配するマウアーに対して、単なるかすり傷だと安心させようとしている。
彼は心配するなとはっきり言っている。

「シロッコは、俺が囮になれるだけの実力があるから、使ってくれたんだろ」

・戦争では誰かが囮役をやらねばならないことを認めていて、シロッコを嫌う権利があるのに、シロッコがジェリドを道具のように使った事を憎まないで、ジェリド自身が今回は囮であることを受け入れている。

・この話でジェリドは酷く扱われたことに対して不満を言う事もできたのに、全く言わなかった。

●↑ジェリドとシロッコを比較すると、シロッコがどれだけ冷静でクールでもいかにうさんくさい奴かをはっきりさせるために、ジェリドというキャラが作られたんじゃないかと思ってしまうよ。

●↑そうだね。
二人は基本的には真逆なんだよ…
ジェリドは、戦場で活躍する普通の一兵士だよ。
彼の行為は賞賛される事もあれば、罰せれることもある。
自分自身のメリットのために、昇進したいと思っている。
ジェリドはチームメイトを大切にしているよ。
確かに大雑把なとこもあるけど、彼の訓練生にも大切にしようという気持ちを示している。

一方シロッコは漠然とした野心を持っていて、部下をチェスのポーンのように使う。
彼の上司のジャミトフに自分が裏切らない事を示すために、血判状を出さなければならなかったほど野心的だ。
ジェリドは大雑把だけど自然に他人の心配をするけど、シロッコは君の言う通り冷静かつクールで他人の事は気にもかけていない・・・
シロッコは野心だけだよ。

二人ともトップに成ろうとする願望を持っているけど、僕はジェリドの方が好きだな。
シロッコはたまにバスクのように振る舞うし、人殺しだよ。
でもジェリドは少なくとも、トップの座を盗むのではなく、自分の実力のみで昇進しようとしている。

「よぉし、アポロ作戦開始だ!」

●今日のガンダムの感想:大規模な宇宙での戦いが戻ってきた。
ティターンズはエウーゴの月の基地を叩くためにアポロ作戦を発動した。
エウーゴはその作戦を止めるために動いていたね。

「今後、この市の管理は少佐にお願いします。私には少し荷が重すぎるようだ」

シロッコは基本的に自分自身で都市を制圧するのは嫌なんだね。
一方ジャマイカンと他のティターンズのメンバーを軽視している。
シロッコはジェリド、サラと他の人物を戦闘に送り込んだけど、もちろん囮としてだ。
ジェリドは後にこの事を知ることになる。
シロッコは部下に対して冷酷だ。
彼はカミーユとシャアが戦いに現れた時も、ジェリドに救援を送ろうとさえしなかったね。
マウアーが自分の意思で動かなくてはならなかった。

「いけない!こんな事では」

エウーゴにも問題があるね。
ファは未だにいいパイロットじゃないけど、少なくとも前回よりは良くなっていたね。
やはり、戦闘が彼女自身に明らかに大きな影響を与えているね。
僕たちはたくさんのキャラの戦争に対する反応をいろいろ見てきたけど、ファは自分の失敗をかなり厳しく思っているね。

「何を考えている、シロッコ?」

ティターンズの内部では意見の相違があるようだね。
ジャマイカンは、シロッコが自ら都市を制圧するのを快くおもってないけど、シロッコは基本的に状況を自分に有利にするように動くからね。
シロッコが街を掌握したから、ジャマイカンは街を占拠するために取引しなくてはならなかった。
シロッコは申し訳なさそうにふるまってるけど、彼はうまくやったね。

「考えてみれば、男の戦場にこんなにまで女性が前にでてくるのは異常だ」

サイドノート:カミーユは正しい。
このアニメには、一定数の女性のパイロットがいるよ。
いいことだと思う。

●↑>このアニメには、一定数の女性のパイロットがいるよ。
いいことだと思う。
このシリーズで僕が好きな点の一つが、女性を単に悲嘆にくれる少女みたいにではなく、戦士として扱っていることなんだ。
ゼータでは、男性と同じぐらい多くの女性の兵士がいるよね。
当時のアニメとしては、これは信じられないことじゃないかな。
性別の違いを超えて平等に苦しむ機会を与えるという富野の試みは素晴らしいし、彼の方向性を本当に楽しんでいるよ。

●↑唯一の問題点は女性だからといって、富野が手を抜かない点だよ。
彼女達が死んだら不満をいう人達もいるだろうね。
実際に問題にはなってないけど、少年が死んだら不満をいう人を見たことがあるよ。

映画デッドプールで「君を殴ったのは性差別主義者か?」っていうジョークがあったけど、殴らないほうが性差別主義者じゃないか?
僕はガンダムの女性パイロットがあのような生活をしているのは問題があると思っているだけだよ。
女性は実際の軍隊には多くは加わらない。
中東でISISと戦っているたちの悪い女性は何人かいるけど、それはかなり例外だからね。

ハマーンとマウアー以外は実際いいパイロットではないよ。

●↑エマはどう?

●↑残念ながら、富野はエマをパイロットとして高く評価していない。
他のガンダムシリーズに比べて、いい女性パイロットがいるのはゼータだけだと彼に言ってほしいな。

View post on imgur.com

●お土産ありがとうカミーユ

View post on imgur.com

世界が変わってきている。

View post on imgur.com

いつだよ?

View post on imgur.com

それ残していくな!

●↑ >お土産ありがとうカミーユ
カミーユが実際に彼らにあげるために何かを手に入れたとは思えない。
喧嘩の仲直りをするための方法の一つじゃないかな。

●↑エマがお土産が何なのか理解しないで、横取りしようとしたのがよかったよ。

●↑>世界が変わってきている
前作にセイラ、ハモン、マチルダ、キシリア、ララァのような女性がいたことを学ぶべきだよ。
実際イラク戦争についてもう忘れてる人がいるじゃないか。
カミーユのセリフは許せると思うよ。
特にゼータの後に作られたガンダムのサイドストーリーではね。

「あなたは囮に使われたのよ。シロッコがドゴスギアで降りたのを見たでしょ!」

●シロッコは心がひねくれた野郎だな、自分を目立たせるためにまわりの人達を利用するなんて。

●↑シロッコはエウーゴをうまく追い込んだね。
ゼータガンダムには素晴らしい悪役がたくさんいるね。

●Ah フ〇ック ヤザンが出て来た。

●↑ヤザンはラカンやアリ―・アル・サーシェスみたいなキャラを生み出した素晴らしい悪役だよ。
愛されない理由などないだろ?

●↑オールドタイプなのに自分のスキルだけで、ベストなニュータイプ達に対抗できるから、ヤザンの事を尊敬しなくてはならないってこと?

●↑興奮した。
彼が理由でHGハンムラビを買ったんだよ。
宇宙世紀ガンダムでは一番いいオールドタイプのパイロットだよ。

https://www.reddit.com/4dy4o5/から翻訳

 

26 Responses to “機動戦士Zガンダム第23話:海外の反応「カミーユを倒すため自分の命を犠牲にしようとしている所が素晴らしい」”

  1. 名無しさん より:

    相変わらずのジェリド推し。
    まあ日本でもジェリドの方が主人公らしいって意見はあったけど
    ここまで露骨じゃなかった。
    カミーユが主人公として感情移入しづらいんで
    ジェリドを無理やりヒーローに仕立てて自分を納得させてる感じなんだろうか。
    俺は冨野が創作したキャラの中でカミーユが一番好きだけどね。

    • 名無しさん より:

      超天才で実は周囲の大人よりやることなすこと全て正しかったっていう一番わかりにく~いキャラだよね

  2. 名無しさん より:

    Zガンダムがようやくここにきて投入されてきたのにほとんど話題にならないってどゆことw

    • 名無しさん より:

      そういや今月のFSSの破烈の人形(シルエットだから確定じゃないがほぼ確実)の登場シーンがΖガンダムの初登場シーンっぽかった。

  3. 名無しさん より:

    ジェリド推しはわかるが、ジェリドやカツやファ、後はレコアやサラやら他等々に尺を取られてるせいで他のキャラ視点で観てる側はこいつら真面目にやる気が無いだろってレベルの事ばっかで萎えるんだよな。
    富野はZって作品をジェリドって馬鹿がいた事しか覚えてないとか言ったらしいが、アレをジェリドが人間臭い奴として人気出たのが印象に残ったとするか、ジェリドって馬鹿(加えて同レベルの他キャラ)を出し続ける事になったせいで作品が馬鹿げた部分ばかりになったからああ言ったと取るかでイメージが全然変わるんだよなあ。

  4. 名無しさん より:

    Zより前にダンバインでトッド・ギネスを見てたんで、当時の子供は普通に見てたよ

    • 名無しさん より:

      トッドは故郷の空で死んで主人公に泣いてもらえたけど
      ジェリドはカミーユに全く意識されてないのが悲しいところだよなあ

  5. 名無しさん より:

    ほんと何なんだろこのジェリド推しは
    そんなに感情移入できるキャラかね
    カミーユやシロッコの方がよっぽど魅力的だと思うが

    • 名無しさん より:

      まあDQN票でトランプを大統領にしたお国ですしオールドタイプが好きなんでしょう

  6. 名無しさん より:

    ジェリドってカミーユのライバルと言うよりは単なるストーカーキャラみたいな感じにしかなっていなかったもんね。
    仲間想いなのは確かだけど、よく考えてみればジェリドがカミーユに固執し過ぎたせいで仲間の殆どは巻き添えを食ってカミーユに返り討ちにあった様なモノだし。
    ライラは別としても仲間が死んだ原因は、ほぼジェリド自身に責任が有るから完全な逆恨みだよね。
    まぁ井上和彦ボイスだったから、声だけはやたらかっこ良かったキャラなのは確かだったけれど、実はこれからそんなに盛り上がる展開のキャラでもない。

    ライバルポジションとしてなら、むしろニュータイプでもないのにやたら強かったヤザンの方が能力的にも相応しい感じだったよね。
    大塚さんもヤザンで良い演技してたよね。

    女性キャラがZは華やかで魅力的なのは、完全に同意ですね。

    • 名無しさん より:

      いや、たしかに一方的にライバル視してるのはジェリドだけど
      宇宙港で突然殴りかかって来てガンダム盗んで逃げたのはカミーユだし
      任務で追ってるだけで命令無視して勝手に追い回してるわけでもないし
      既知外同士の争いに巻き込まれたという意味では一番の被害者かもしれん

  7. 名無しさん より:

    巻き添えとか言い出したら作品そのものがジェリドやカツやファとかの巻き添え食らってるだろ。
    連中を出張らせたがって失敗からイマイチな脚本を延々と続けるからメイン級やヤザンみたいな本来ライバルに相応しい実力者が活かしきれないまま終わってしまった。

  8. 名無しさん より:

    ここ近辺はマウアーもガディもいてジェリドにとってはいい環境だった。地上ではアムロやらフォウやらダカールやらであまり良いところがなく、ハマーン強襲あたりで輝くぐらいか

  9. 名無しさん より:

    ジェリドは独り言で悩みを説明してくれるし成長もわかりやすいからな
    もっとカミーユと直接会うようなシーンがあったら悪い面が見え続けて嫌われたのかもしれないけどそうじゃないし
    味方に対するわりと誠実な心情面の描かれるシーンが多いから、奇矯なところが描かれ続けているカミーユよりかはよほど人間らしい

  10. 名無しさん より:

    ジェリド推しはアメリカ人じゃねえの?
    古き良きアメリカ映画に出てきそうでさ
    金髪リーゼントで正義ヅラしたスマートな白人って
    いかにもアメリカ人好きそう
    単に見た目の問題だったりして

  11. 名無しさん より:

    個人的には1stの時は幼いすぎて、只のロボットアニメって感じだったけど、物心がついて思春期、反抗期だった何気に思い入れ強い作品だわ
    反抗期だったせいもあってカミーユにシンクロしててジェリドの上から目線の態度に腹を立てながら見てたわw
    カミーユの親の仇でもあったしなw
    作品としてはF91、Ζ、サンダーボルトが好きだな

  12. 名無しさん より:

    ジェリドにとってのカミーユは越えられない壁だったんだろう
    ジェリドはニュータイプに対する嫉妬からの対抗心もあったが、その壁を越えたらトップにさえ成れると感じていたんじゃないのかな?
    ジェリドにフォーカスするとそう思える
    勝手にハードルにされたカミーユには迷惑な話だっただろうけどさ

  13. 名無しさん より:

    海外のジェリド人気については性格に主体性や目的意識がある方がウケるのだと思うよ
    まあなんつうか成長しつつも報われない悲しみ

  14. 名無しさん より:

    冗談じゃない!
    ジェリドは最初カミーユの名前を馬鹿にしたんだよ!
    それにティターズは自分達に反対する市民に毒ガスをまいて皆殺しにしたんだぞ!
    その組織にいる自体そいつらに賛同してるわけだろ!
    それとダカールの戦闘!
    そしたら答えは一つ!

  15. 名無しさん より:

    >シロッコはたまにバスクのように振る舞うし、人殺しだよ。
    いや、これ戦争の中の話だし…
    それを言うならカミーユもジェリドもシロッコもギレンもアムロもシャアもハマーンも同じだろう
    あのロランですら殺しやってるんだしな

  16. 名無しさん より:

    ジェリドなんてガルマがちょっと長生きしたら程度の存在でしかないな。
    功名心に取り憑かれ戦火を撒き散らす独り善がりマンを良しとするのは
    如何にもだな~(苦笑)それでいてカミーユに対しては露骨に突っ込むし
    自分とは考え方が違いすぎて相容れないですわ

  17. 名無しさん より:

    確かにダンバインのトッドやザブングルならホーラあたりがジェリドに近いキャラかなぁ?
    いわゆるライバルにもなれない、かませ犬的キャラと言うか…
    富野作品ではよく出てくるタイプかもしれないけど、この手はたいてい惨めな末路しかないよね。
    ジェリドファンの外国人の人達には悪いけど富野作品では感情移入して、先を期待するだけ損なキャラだよね。

  18. 名無しさん より:

    Zの最強パイロットはヤザンだろ

  19. 名無しさん より:

    そう。皆が気付いていると思うがゼータはジェリドの成長物語なんだよね。

    • 名無しさん より:

      そうだな、最後まで努力が報われないという悲劇性を含めても主人公よりよっぽど主人公してる。
      カミーユはあらゆる事象にひたすらキレまくる癇癪マシーンで感情移入できない。

  20. 名無しさん より:

    撃墜されても帰還する。どんどん新型MSも回ってくるってもんだ。軍の中でもそれだけでも評価高い。

コメントを残す

サブコンテンツ