機動戦士Zガンダム第14話:海外の反応「アムロとシャア、キター!」

 


今日のディスカッション:アムロとシャアが、同じ陣営で戦うことになった。これは喜ばしい変化だと思う?
それとも、仲違いしたライバルであるべきだと思う?

●輸送機を見た途端、どうしてアムロは突然心変わりしたんだ?
逃亡するいいタイミングを待ってただけなのかな?
単にあの時は愚かだったのか、それともすべてあらかじめ計画されていたってこと?

●↑多分、アムロの周りの人たちが、男らしくしろとか、子供みたいな言い訳をやめて何かをしろとか(多分フラウとカツが)言ったんだと思うよ。
で、今回がいいタイミングだったってことだと思う。

「一気にあの輸送機のタラップに駆け上る」

●今回のエピソードの感想:アムロが再び登場!
アムロはマンションにこもるのをやめて、戦いに戻ることを決めたらしい。
アムロとカツが軍の輸送機を盗んだけど、フラウ・ボウとキッカとレツは普通うの乗客として日本に行くみたいだ。
彼らは全員なんとしてでも、連邦軍の監視から逃れたいらしい。

「なら私も行く」

キッカがアムロとカツと一緒に行って戦いたいと言ったことに、僕は興奮したよ。
彼女が断られたのは、残念だったよ。
キッカが味方にいればすぐに勝てたかもよ。
アムロとカツは離陸して、エウーゴと合流を試みた。

もちろんアムロが彼のやり方で今日のエピソードを救ったね。
アムロが飛行機をあのモビルスーツにぶつけた時、リュウのように死んでしまうかと思ってナーバスになったよ。
彼が死なずにすんで、パラシュートで脱出後カミーユのガンダムに捕捉されたときには、とてもほっとした。

「何をする気だ?アムロ!」

「下がってろ、シャア!」

アムロとシャア、キター!
シャアとアムロがまた再会したんだ。
アムロとシャアが、お互いが戦場にいるとすぐに気づいたシーンは最高だったよ。
あれはニュータイプの能力だよ。
当然だけど、シャアはアムロに再会したことを喜ばしく思ってないらしいね。
かつてのライバルたちが、今度は何を見せてくれるんだろう。
楽しみだ。

今日のディスカッションに対する答え:
シャアとアムロが再会して嬉しいよ。
どうなるかは予想できないけど、凄い事だと思うよ。

「カミーユ、ハヤト艦長の許可をもらっての出撃か?」

カミーユが命令を無視し、するなと言われていたにも関わらず出撃した。
ハヤトはカミーユを殴らなかったね。
ブライトとウォン・リーは、カミーユを「修正」することに、なんのためらいはないようだけどね。

「予定通りの能力を発揮しつつあるようだが、強化人間として成功したのか?」

強化人間?
そのことについて興味が出て来たよ。

補足:変形するモビルスーツとアーマーハイブリッド機、好きだなあ。
超クールだ。
新しく出て来たモビルスーツのギャプランのデザイン、大好きだよ。

それと、アムロは昔のクセが抜け切れてないことに気付いたよ。
親指をかんだり、襟を正したりしている。
彼らしくて懐かしいなあ。

●今回のエピソードの戦いのシーンは、本当に素晴らしかった。
ガンダムのゲームでは、ギャプランは僕のお気に入りじゃなくて、メッサーラの方が好きだね。
でも、変形のアニメーションは非常によく描かれていたね。
変形に関しては、黄緑の機体やメッサーラよりもギャプランのほうが好きだよ。
「新型だから」という事以外に、なぜMKⅡが新しい変形モビルスーツ/アーマーの相手をするのに手こずるのかが、戦闘シーンでうまく表現されていたね。

「予定通りの能力を発揮しつつあるようだが、強化人間として成功したのか?」

●ああ、初めての強化人間だね。
事態が新しい方向に転がりだしたね。
凄くいい感じだ。
またギャプランにお目にかかれたね。最高だよ。
アムロにはカツを一緒に連れて行かないで欲しかったけど、彼にはサポートが必要だったからね。
それにしても、輸送機をMSにぶつけるなんて!

今日のディスカッションに対する答え:
彼らの過去を考えると、ほろ苦い感じがするね。

でも、強大な敵に立ち向かいうために、ライバルが手を組むっていうのはすごくかっこいいと思う。

●シャアがアムロに会った時、シャアの表情がちょっとひきつってたのがよかったよ。
セイラ、シャア、アムロの三角関係を望んでもいいかな?

今日のディスカッションに対する答え:
同じ陣営で二人が戦うことになるなんてわくわくする。
戦いの中でお互いを助けるためにかっこいい射撃をするのかなあ。

●↑シャアとセイラがそんな関係になるなんて、気持ち悪いよ。
それに、セイラはもう少女じゃないから、シャアが妹と恋愛関係になることはできないよ。


●アムロとシャアが再開したところのアニメはベストだったね。
シャアとアムロが同じ陣営で戦うだって?
ハヤトは子供たちの父親なの!?
ハヤトとフラウが結婚するとは思ってなかったよ。
結婚している所を観る必要があるかも。

●↑ゼータガンダムのTVアニメの最後には明らかになっていたよ。


●これこそ、ファン待望の展開だ。
アムロとシャアが七年後に再会する。
このエピソードで、アムロのアクションが観れてよかった。
アムロは臆病な自分でいることをやめて、行動することに決めたらしい。
それにしても、なんてやり方だ。

「シャアだ」

●ゼータガンダムで僕が評価している点の一つは、新しいキャラクターに加えて、初代ガンダムのキャラクターも登場するところだよ。
アムロが主役として活躍するのは難しいと思うけど、ゼータに新しい風を入れるという点では、アムロの登場は喜ばしい事だと思う。

今日のディスカッションに対する答え:
シャアとアムロが手を組むなんて、喜ばしい事だと思うよ。

「何をする気だ?アムロ!」

●ハヤトはホワイトベースに乗っていたのにニュータイプじゃないのかな?
なぜ彼はアムロの事を感じなかったのかな。

●↑彼はニュータイプだ。
でもアムロとシャアよりははるかに弱いニュータイプだ。

●↑そうだね。

●↑ハヤトはオールドタイプだろ。
ホワイトベースの中でニュータイプって、アムロ、セイラ、ミライ、あとは子供たちだけだろ。

●↑それ本当?
とても弱いけど、ホワイトベースの乗組員達は全員ニュータイプだとおもってたよ。
ブライトは間違いなくニュータイプだよ。
だって、0079の最終回で、アムロとニュータイプ特有のコミュニケーションをとっていたもの。
子供達以外の他のキャラクターも、ニュータイプだと思ってたよ。

●↑いや、ガンダムWiki等の殆どの情報源によれば、初代ガンダム最終回でブライトやその他の乗組員がアムロの声を聴いているという君の意見は正しいよ。
アムロは、ハヤトやブライトよりも、輪をかけて繊細なんだ。
宇宙世紀ガンダムでは、例外的に強力なニュータイプになってしまった普通の人々に、同じような事が起るシーンをしばしば見かけるね。


●ゼータガンダムって、ちょっといびつなとこあるよね。
今の時点で僕たちの知る限り、ティターンズにはシャアやアムロレベルのエースパイロットはいないと思う。

●↑そうだよねえ。
シャアとアムロは、おそらく太陽系で最も優秀なパイロットだと思う。
ティターンズがものすごいオーバーパワーなモビルスーツを作らない限り、シャアとアムロは全てを倒してしまうよ。

https://www.reddit.com/4dy4o5/から翻訳

 

23 Responses to “機動戦士Zガンダム第14話:海外の反応「アムロとシャア、キター!」”

  1. 名無しさん より:

    何も情報も無いのにお互いをシャア、アムロと
    即座に認識するのは良い演出だったなあ

  2. 名無しさん より:

    >ティターンズがものすごいオーバーパワーなモビルスーツを作らない限り、シャアとアムロは全てを倒してしまうよ。

    んなことしなくてもティターンズという組織自体が強大なんだから数と政治の強みがあるから、局地戦以外じゃそこまで問題じゃないと思うんだが
    この時点じゃまだ分からんけど、そもそもアムロにはロクなMSないし

    • 名無しさん より:

      アムロにはロクなMSがないというより
      Zの時のアムロには後で出てくる彼女にモテたいとゆー事以外にがんばって戦う理由もやる気も無いw

      それにカミーユが最強ニュータイプだと見て判ったろうからMk2くれとは言わなかったのではないのかと

  3. 名無しさん より:

    シロッコやハマーン様の登場が楽しみだ。
    海外の人たちはどんな反応するんだろう。

  4. 名無しさん より:

    確かシャアは思わず「何をする気だアムロ!」って言ったあとに「アムロだと!?」
    って自分の言葉に驚くんだっけ?あれカッコよかったなぁ。

    • 名無しさん より:

      あの一連のシーンはニュータイプの感じ方を端的に示したものとして、Zでも一二を争う名シーンだと思う。あれ見たときは富野監督凄いって心底思った。
      劇場版では映画版だけ見る人に分かりやすくすべく、ちょっと説明じみたセリフに代わっていて、感覚の後に人間の思考がついてくるニュータイプの在り様がちょっとぼやけて残念だった。
      「確かシャアといったな俺は…」

  5. 名無しさん より:

    再会はしたけどもね…

    逆シャアのアムロになるには程遠い

  6. 名無しさん より:

    >ティターンズがものすごいオーバーパワーなモビルスーツを作らない限り、シャアとアムロは全てを倒してしまうよ。

    これが最後のほうじゃ「シャアと百式なんかでこの2人に勝てるわけねえ・・」っていう絶望に

    • 名無しさん より:

      キュベレイ、ジOとかいう見た目も性能もパイロットもグリプス戦役ssランms

    • 名無しさん より:

      そもそも乗機がヤバすぎるから仕方ない
      むしろ乗機にあれだけの差があって死ななかった方が凄いと思う

  7. 名無しさん より:

    確か富野監督の話では、シャアに本気で恋をする女性ファンが出てきたから、「さすがにそれはまずい」っていう事で、Zではシャアはあまり強くない設定になったり、情けないシーンが多くなったんだよね。

    • 名無しさん より:

      挙げ句の果てには
      死に際にマザロリコンをカミングアウトさせる
      酷い仕打ちだもんな

      よっぽどシャアのカリスマ化を嫌ったんだろうな

  8. 名無しさん より:

    >ホワイトベースの中でニュータイプって、アムロ、セイラ、ミライ、あとは子供たちだけだろ。
    昔から定説はそうだよな、他の乗組員がア・バオア・クーでアムロの声を聞けたのはアムロの能力が一時的に著しく上がっていたせいで
    受け取り側もあの修羅場で一時的に目覚めかけていた可能性はあるが

    • 名無しさん より:

      極限の戦場で受信力が上がったとしか言えないわな
      あれ以降戦場でOTがNTからなんか受信シーンすることとかほぼないし

  9. 名無しさん より:

    >今の時点で僕たちの知る限り、ティターンズにはシャアやアムロレベルのエースパイロットはいないと思う

    NTどころかOTでそのクラスと思われる猛者がそのあとに出てくるんだよなぁ
    なぜその力をジェリドにあげなかったんだ御大・・

  10. 名無しさん より:

    ここからだ、カツが最高にうざくなるのはここからなんだぜぇ。

  11. 名無しさん より:

    このシーンは新約の新規作画シーンが神がかってたからそこだけでもみて欲しい

  12. 名無しさん より:

    本来猿人(祖 )はニュータイプ(テレパス)だった。人類が繁栄したせい で(雑婚、宇宙人の改造、戦争による弊害 )少数派になってしまった。アニメじゃ逆のことやってんだよ。富野がそれを知っていたら本当の悪魔だよ。
    皆テレパシーあんだよ。ショウカタイ鍛えろ。

  13. 名無しさん より:

    パラシュートでゆるやかに降下していくアムロにガンダムが手を差し伸べる意味ありげなシーンは普通は大げさにやりがちなのに割とさらっと流す演出。
    深読みしすぎかね。

  14. 名無しさん より:

    ハヤトは艦長じゃなく博物館の館長

コメントを残す

サブコンテンツ