機動戦士Zガンダム第10話:海外の反応「ジェリドとカクリコンのスピードとアグレッシブさは素晴らしい」

 


今日のディスカッション
モビルスーツとモビルアーマーどっちがいい?
Believe in the sign of Zeta!

●↑なぜ両方じゃだめなの?
これ0083のネタバレだけど。

●↑かっこいい!
そのデザイン大好きだよ。
君が好きになるか分からないけど、私はCEのアビス、宇宙世紀のアッシマーがいいと思うよ。
でもそのデザインもいいよね。

●↑メカの合体シーンは、いつ見てもカッコいいね。
お決まりのシーン。
特に巨大なメカ同士が合体するシーンは最高だね。

「ティターンズを外されちゃあ、ライラに対して申し訳がたたないもんなあ」

ジェリドのいい所カウンター

・カクリコンの計画に喜んで耳を傾け、カクリコンとタッグを組み、敵をやっつけた。
つまり、ライラの件で復讐を果たす最大のチャンスを自分のものにした。

・二人が出撃するときに、カクリコンに先に行かせた。

「俺に?」

・失敗続きで、戦闘に出るチャンスがなく、自分のせいでカミーユに何度もモビルスーツを盗まれたことを受け入れない感情を示しつつも、自分自身の事を運がいいと感じている。

「二機で一機だと思わせる攻撃、時間差攻撃だ」

・彼とカクリコンは、完璧な協力体制の下、タッグを組む際に情報を交換した。

「あのチャンスを逃がしたのだ、アレキサンドリアと合流する」

・ジェリドにはプライドやカミーユへの復讐心があったにも関わらず、カクリコンからの退却命令を聞き入れた。

●カクリコンとジェリドはマラサイの小隊でアーガマ攻撃のために出撃した、ティターンズの船からのミサイルの援護を伴ってね。
カミーユとクワトロは、MKⅡと百式で出撃して、ネモが援護してたね。
カクリコンとジェリドは、MK IIに対する攻撃でチームワークを見せつけたね。
黒い三連星を思い出すよ。

ジェリドとカクリコンのスピードとアグレッシブさは素晴らしい。

●↑>カクリコンとジェリドは、MK IIに対する攻撃でチームワークを見せつけたね。
黒い三連星を思い出すよ。

ジェリドとカクリコンのスピードとアグレッシブさは素晴らしい。
僕もそう思った!
初代ガンダムで、黒い三連星の戦いは僕が大好きなシーンさ。
このシリーズで、似たような戦いを観ることが出来て嬉しいよ。

●↑カクリコンとジェリドにも黒い三連星みたいにチーム名をつけるべきじゃないかい。
True Blue Duoとかどう?

●↑一点だけ違うのは、ジェリドが、カミーユにカミーユ自身の技術を使わせなかったという点だ。
過去の作品に比べて、ガンダムの悪役たちはますます賢くなっている。(もちろん、黒い三連星のときから、どんどん賢くなっているけど…)
悪役がどんどん賢くなるのなら、エゥーゴは危ないね!

●エマのリックディアスが護衛しながら、エゥーゴの艦隊がアンマンを出発したね。
その間、カミーユはカクリコンに驚かされていたね。
でも百式とウォンが操縦するプチモビルスーツがタイミングよく現れて、MKⅡは助かったね。
クワトロはカミーユにアーガマに戻るように命令した。
ジェリドとカクリコンはティターンズの艦隊に撤退を余儀なくされたね。

●↑>ウォンが操縦するプチモビルスーツ
カミーユが、猿みたいに彼を非難して、殺すと息まかなかったのが不思議だ。


●ウォンが、カミーユを助けた人物だってことに気が付かなかった。
ウォンに対する人物評を見直してみる必要があるなあ。
僕はウォンを、実戦に詳しくない、ただの官僚だと認識していたからね。

「救助を求めた艦艇も、ティターンズのものかもしれないんだ」

●ガンダムの感想:ファとブライトが戻ってきたね。
最近の話では見かけなかったけど。
月を出発した後、アーガマはブライトの船を救出しに行ったね。
ブライトの船には一般市民が乗船していたから、多分何かから逃げていたんだ。
多分、クソ野郎のティターンズから逃げていたってとこかなあ。
ブライトはティターンズが救いようがないってことを知ってるに違いない。
だってティターンズに痛めつけられたからね。

ファも船に乗っていたね。
ファとカミーユは仲直り。

「ガンダムMKⅡを盗んだカミーユを知っているから、それで」

バスク・オムはファの両親を誘拐した。
彼はファとカミーユが知り合いだって知ってるんだ。
バスク・オムはどうしようもないやつだ。
この件にはカミーユが怒ったね。
大丈夫カミーユ、今回は君が正しい。

シャアとブライトが握手する姿には吹いたよ。

月でのメカ・ファイトは超かっこよかった。
ジェリドとカクリコンが協力して、マラサイに乗って戦ってたシーンは良かった。(マラサイのデザインもいいよね)
岩を打ち砕き、次々と攻撃し、カミーユを追い詰めた。
素晴らしい戦略で、素晴らしい戦闘だった。

シャアが金色のモビールスーツに乗ってたね。
アホみたいな気もするけど、カッコいいとも思う。
金色のモビールスーツだなんて、初代ガンダムではお目にかかれなかった。

「モビルスーツ隊は80機になるな」

エゥーゴが地球連邦の本部のジャブローを10隻の船と80機のモビルスーツで攻撃を計画している。
ジオンはもっと大掛かりな戦力で、かろうじてジャブローをわずかに破壊しただけだった。
エウーゴはどうなるのかな。

そういえば、長い黒髪のミステリアスな男性は誰なんだろう。
シャアみたいにハンサムではないけど、ハンサムの部類に入るよね。
新しいモビルアーマーを操縦していたよ。
誰だろう。もうすぐわかると思うけど。

●↑>エゥーゴが地球連邦の本部のジャブローを10隻の船と80機のモビルスーツで攻撃を計画している。
ジオンはもっと大掛かりな戦力で、かろうじてジャブローをわずかに破壊しただけだった。
エウーゴはどうなるのかな。
一年戦争と違って、前回のエピソードでも言及されていたけど、もはやジャブローは軍部の指令センターではないんだ。
だから彼らに勝ち目がある。
もはや防御する方法は存在しないし、防御する価値もない。

「クワトロ大尉は、本当はお嫌なのでしょ?この作戦」

●↑シャアが作戦に疑問を持っている事には同意せざるおえない。
この作戦がどういう点で良いのか、僕には分からない。

●↑聞きたいんだけど、なんでそんな計画になったんだっけ?
連邦軍を妨害したいから?

●↑エウーゴが知る限りでは、ジャブローはティターンズの本部だからだよ。
レコアだけが最近そうじゃないと気が付いて、エウーゴに連絡しなければならなかったけどまだしていない。
だから、エゥーゴは今でもティターンズの本部だと思い込んでいて、攻撃しようとしている。

●↑そうだった。
そのこと忘れていたよ。
カイとレコアが潜入して、エウーゴに知らせようとしたんだけど遅かったんだね。

「沈んだことには変わりはありませんよ、クワトロ大佐」

●シャア=クワトロということは明白だよ。
シャアと個人的に会ったことが無いブライトだって、シャア=クワトロであることを見抜いたじゃないか。

「父さんも母さんも、ティターンズのバスクに捕まっちゃったのよ」

●もちろん、バスクはもっと人質をとるだろうね。
なぜ地球軍が彼を野放しにするのか分からないよ。
バスクをコントロールしきれないのかね。

https://www.reddit.com/4dy4o5/から翻訳

 

24 Responses to “機動戦士Zガンダム第10話:海外の反応「ジェリドとカクリコンのスピードとアグレッシブさは素晴らしい」”

  1. 名無しさん より:

    謎のジェリド人気はなんなんだ

  2. 名無しさん より:

    実際Zを改めて見てみるとジャブローあたりまでのジェリドってあんまり嫌な描写されてないし第2の主人公か?ってくらいフォーカスされてんだよ
    それ以降どんどんおかしくなってくんだけど

    って事はマウアーのせい・・!?

    • 名無しさん より:

      やたら因縁あるのにカミーユにライバル扱いされてないところに
      シロッコやハマーンが出てきたからね
      黒騎士にライバルポジション奪われたトッドみたいなもんですわ

      • 名無しさん より:

        バーン・バニングスはライバルですらなかったのに地球で漂流して救助されて泣きべそかいて謎の覚醒をしたら本格的ライバルに昇格という不思議展開だったな

        • 名無しさん より:

          バーンはショウが寝返った時点で既に敵の代表格だったじゃない?
          てか寝返る前からショウ殴ったりしてたから

  3. 名無しさん より:

    シロッコの髪の色が・・・
    再登場時よりも濃いってことは、裏でかなりの気苦労が有ったんだな・・・

  4. 名無しさん より:

    クワトロ=シャア
    日本だとスタッフロール見たら一発でわかるんだけど
    海外版だとどうなってるんだろ

    • 名無しさん より:

      この翻訳元は、各話ごとのレビューサイト、掲示板サイトだから
      実況コメントじゃないのよ残念ながら

      だから外人さんがシャア=クワトロとして会話してるのは
      良く知られた事実だから、としか言いようがない

    • 名無しさん より:

      そもそも第一話で赤い彗星のプレッシャーをクワトロに感じるとか、クワトロ自身ニュータイプの気配感じてアムロ?っていうからバレバレ

  5. 名無しさん より:

    ジェリドはなあ
    カミーユがろくに相手しないせいで逆恨みキャラみたいなポジションになっちゃって
    奴の本来良い部分である上昇志向や克己心、意外と柔軟性や適応力があるところなんかが全部死んでしまったのが痛い

    • 名無しさん より:

      例えるならサイバーフォーミュラのハヤトが変な性格で
      シューマッハやランドルばかり意識して
      最初からライバルとして出てる新条を完全無視するような仕打ちだからなあ

    • 名無しさん より:

      初期はMK-2の民間施設墜落を阻止したりカミーユの母親を殺して不愉快になったりジャマイカンに嫌悪を感じたりしていたけど
      後半はダカールで戦闘したりヤザンですら作戦参加を拒否したG3も割り切って使うくらい正しさが消えていったからな

  6. 名無しさん より:

    ジェリドなんて最初から典型的な噛ませ犬だろ
    功名心だけで大義も何も無い哀れな一匹狼

    • 名無しさん より:

      そもそもニュータイプだの人の革新だのと言って戦争してる
      他のライバルや主人公が頭おかしいわけで・・・
      やっぱファーストの後半でニュータイプ設定盛ったのが間違いだったな
      戦場の人間ドラマがメインでニュータイプは味付け程度で良かったんや

      • 名無しさん より:

        確かに(笑)
        富野なりに何か主張があるのだろうけれど、味付け程度のつもりがセンセーショナルに伝わって大きくなりすぎたのかも?
        それはそうと、Zの強化人間の設定は個人的に気に入っている。
        薬物漬けの人工的に創り出したニュータイプだなんて正気の沙汰では無い。

        • 名無しさん より:

          スポーツでいうステロイド使用選手みたいなもんだな
          ジョイナーとかベン・ジョンソンとかカンセコみたいにビックリするほど覚醒するけど体はボロボロになっていく

          • 名無しさん より:

            逆シャアの時代になると、体への影響はそこまでじゃなくなるみたいなんだけどな
            とはいえ、精神状態が安定してると言われてるギュネイは、俺から見れば十分対人依存症だと思うぞ
            シャアいわく若いだけらしいが

      • 名無しさん より:

        ガンダムだけならそれで良かったんだよ。
        ニュータイプとか関係ない、かけがえのない仲間がいる、帰るところがいつのまにかできてたって話なんだから。
        続編やるから色々おかしなことになるw

  7. 名無しさん より:

    たしか百式が金色な理由ってちゃんと本編で説明してないよね?
    なら外人さんの反応もわかるわ

  8. 名無しさん より:

    >ジオンはもっと大掛かりな戦力で、
    あれ30数機だったから、エウーゴの方が倍以上のハズ

    豆2:ハイザックの正体
    ハイザックは見た目の様にGMのボディにザクの手足を付けた
    簡易生産型MSと思われてるが実はもっと非道い
    ペズン計画のアクトザクの外装を変え、ジェネレータと操縦席を
    GM2に換装した際の不要部品と交換しただけの機体なんだな
    だから出力が低すぎてサーベルとライフルの同時使用不可とかいう
    ヘンな構成になったの
    ティターンズも発足時はお金無かったからね仕方ないね

コメントを残す

サブコンテンツ