機動戦士Zガンダム第5話:海外の反応「カミーユには同情するよ」

 


今日のディスカッション:ティターンズカラー、それともエゥーゴのカラー?
ガンダムの機体にはどんな色を塗ってほしい?

●↑絶対ティターンズ。
僕はMk IIが大好きなんだけど、ティターンズカラーだよ。
ターコイズ/ライトブルー/グレーでもイイと思う。

●↑エゥーゴだよ、もちろん。
シャアのイメージカラーの赤をどうして選ばないでいられるのさ?
あと、僕はガンダムスタンダードカラーの、赤・白・青・黄色が気に入っているんだ。
ティターンズのスタンダードカラーとは真逆だね。


●第5話の感想
アニメーションディレクターの金山明博の手掛けた最初のエピソードのアニメーションにはガクブル。
クオリティは、彼が80年の半ばに富野と働いていた時と同じ程度のクオリティ。
今後、アニメの質はどんどんよくなっていくんじゃないかな。

あたらしいプレタイトルのシーケンス/イントロダクションだけど、まったく新しいものだね。
ジオン兵のノーマルスーツか?
ちょっと変な気もするけど、ゼータではジオン兵が登場した事がないよね。

ええーっ、シャアがガンダムを操縦するって?
それはかっこいいね。

そうそう、カミーユのお父さんがあっというまに裏切って、シャアの赤いリックディアスを盗んだね。
そうだよ、シャアがガンダムを操縦する。
かっこよくね?

「知っているかね?赤い彗星と呼ばれた男を」

ブレックスとヘンケンがシャア・アズナブルについて話してる。
クワトロってシャアなの!?
それって宇宙最悪の機密事項じゃないか!

「カミーユ!」

カミーユがレコアから逃げた。
レコアはカミーユをうまく扱うのが下手だねえ。

ジェリドは敵の撃墜数を改善する方法について考えていたね。
ジェリドは今のところ何も成し遂げていないし、失敗しているね。
でも、ガンダムの足を打ち抜いて、第2話でされたのと同じ事をシャアにやりかえしたね。
4話で、カミーユが3回目となるガンダムの盗難をやってのけたね。

「それを、私の立場も考えずにお前は!」

カミーユのお父さんって、ホントゲスだなあ。
彼がどれくらい良い父親であるか(だったか)を叫びながら、息子のモビルスーツを何度も撃つなんて。
カミーユは、ビームライフルを父親に向けただけで撃てなかったのに。

シャアが自らのモビールスーツを破壊するなんて…カミーユの父も死んだ。
遺体はカミーユの目の前を漂っていた。
カミーユの両親はどちらも、ここ数回のエピソードであっというまに死んだね。
彼の母親が死んだときほど、父親の死は残念に思えないな。

「現地徴用兵が希望だけれど、今は保護観察の身だから」

このアニメの本当のスター、エマは今回のエピソードではおとなしかったね。
でも、エゥーゴのクラシックな戦闘服を着ている姿を初めて見ることができた。

「シャア・アズナブルと言う人のことを知ってるかな?」

あとは、そうそう、クワトロはシャアアズナブルの話をしてみんなを驚かせたね。
ブレックスとヘンケンはその事を知っているらしいけど、カミーユ、エマ、レコアは知らないようだ。
名前をかえるだなんて、なんてエゴだ!

今日のディスカッションに対する答え:
黒が絶対かっこいいよ。
でも、少なくともメインキャラクターのガンダムはいつも白なんだよなあ。
だから、それを受け入れざるを得ない。

フランクリンの死より、リックディアスが破壊されてしまうほうがひどいと思う事が、そんなに悪い事かなあ?
カミーユを除き、罪の意識と悲しみに打ち勝たなければならない。
フランクリンが殺されたことが、そんなに悪い事だとは思えない。

「そのうえリックディアスの一機でも持って帰れば、私はティターンズの技術部で、好きができる」

今日のガンダムの感想:カミーユのお父さんって、ヒキガエルにそっくり。
彼はリックディアスをエゥーゴから盗もうとして、ティターンズに持っていこうとした。
これにはちょっとびっくりしたよ。
だってティターンズは、妻を殺して、彼を人質として使おうとしたクソ野郎じゃないか。
たとえ彼がリックディアスをティターンズに持って行ったとしても、ティターンズが彼を丁重に扱うかは疑わしいな。
だって、ティターンズはゲスそのものだもの。

カミーユは自分のお父さんをディスってるけど(常に)、腕を改修中のMk. IIで父親を追って急いで出撃したね。
そして彼は父親が戦闘で死ぬ場面に出くわした。
カミーユが殺したんじゃないけどね。
彼のお父さんは流れ弾にあたって、リックディアスは爆発した。
で、父親は亡くなった。
あっというまだった。

「あんなの親じゃありません!」

カミーユは、愛人がいる父親をディスり、両親そのものをディスり、両親が死んだことに対しても怒りを感じ、両親を殺したティターンズにも怒りを感じ、彼を慰めようとしる人達にも怒りをぶつけている。
それでも彼は両親の死を悲しく思っている。
彼は感情をコントロールすることができず、精神的に壊れているように見える。

「ルナⅡを迂回しつつ地球へ」

エゥーゴは地球に向けて出発したけど、ちょっとおかしく思う。
反地球のグループが地球に行くなんて。

「地球連邦の宇宙軍の半分はエゥーゴだと思え」

ティターンズは、連邦軍の半分をエゥーゴとみなせという結論に至ったみたいだ。
ティターンズの糞みたいな振る舞いを考えると、連邦軍の半分がエゥーゴに加わっても驚かないよ。
彼らと戦うというティターンズの愚かな行動のせいで、多分もう半分の地球連邦軍がエゥーゴ支持にまわるだろうね。

サイドノート:「クワトロ」がカミーユに「シャアならどうしたか」を引き合いに出してアドバイスをしていたのは笑えるね。
「クワトロ」が言った方がいいよ。

「僕が行かなきゃならないんです」

●カミーユって、ものすごく気が短いんだね。
行動する前に考えることを心がけるべきだ。
可哀想だね。
お父さんの関係がうまくいかなかったとしても、父の死を目の当たりにすべきではなかったと思う。

「シャア・アズナブルと言う人のことを知ってるかな?」

クワトロ/シャアは自分の名前を出すのが好きだねえ。
もし僕が有名だったら、平均的な普通の人のフリをするだろうけど、彼には彼なりの理由があるんだろうね。

「ルナⅡを迂回しつつ地球へ」

エウーゴの本部が地球にあるなんてびっくりだよ。
カミーユのパイロットスキルには別に驚かなかったけど、多分アムロとカミーユを比較すべきではないね。

「わきまえているから頑張っているつもりだ、アストナージ君」

彼がガンダムを修理しようとするシーンを見た時、フランクリンが技術屋だということが分かった。
テム・レイタイプの人物なんだね。
で、彼は裏切る。
とても手際がいい。

「でもね、僕は両親に親をやって欲しかったんですよ」

カミーユには同情するよ。
彼は両親のことが嫌いだったけど、同時に彼らにいい両親をやってもらいたかったんだね。
アニメでは、彼のガキっぽさが誇張されているけど、現実にもカミーユの両親のような親は存在するし、彼の性格がいびつになるのも分かる気がする。
あのシーンは印象的だったよ。

さあ、初めのハイライトが終わったね。
ちょっとストーリー展開が急ぎすぎな気もするけど、この時点でけっこう印象に残るシーンがたくさんあるね。
両親の死、裏切り、複数機のガンダムの登場、ガンダムの盗難。
ゼータはいろいろな点で0079とは違う。
0079
とゼータを直接比較はできないな。

富野のクリエイティブさがこれほどすごいとは思わなかったよ。
彼は前作から無難に続く続編をつくったし、ガンプラの売れ行きも好調に違いない。

https://www.reddit.com/4dy4o5/から翻訳

 

3 Responses to “機動戦士Zガンダム第5話:海外の反応「カミーユには同情するよ」”

  1. 名無しさん より:

    金山明博…

  2. 名無しさん より:

    日本ではカミーユとか散々な評価だったけど海外勢は全体的にけっこう好意的だな。
    カミーユ好きだからなんか嬉しい。

  3. 名無しさん より:

    今思うとガンダムは技術者蔑ろにしすぎだよな
    アムロ父が健康のままとか、カミーユ父とか生きてたらもっと名機開発してたかもしれんのに
    パイロットなんかより遥かに戦略的価値高いのに

コメントを残す


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38