機動戦士ガンダムSEED第10話:海外の反応「逆襲のフレイか??」

 

「キラ、お前も一緒に来い!」

●ナイスなエピソードだった。
アスランとキラが会ってアスランが一緒に来ないかと尋ねたところがとても良かったよ。
これからも二人は双方が負けるまでお互いに戦うのかもしれない。
でも二人ともお互いを友達だと思いつづけるんだろうね。
次会ったときにどちらかがお互いの関係を壊してしまうかもしれないけどね。

「そうやって逃げるのが、地球軍って軍隊ですか?」

キラのいう事は理解できるけど、双方とも生き残る必要がある。
二人を責めることはできないよ。

「あんた、自分もコーディネイターだからって・・・」

Oh フレイ!彼女はかわいそうでつらいことを経験したね。
でもまた彼女は悪い人になりつつあるね。

キラの叫び声はかなりすごかった。
なんと呼ぶべきかわからないけど、これは泣いているシーンと言うべきかな。
なぜこのような叫び声にしたか分からないよ。

誤解してしまう人がかなり多そうだね。
みんながお互いを理解して終わって欲しいよ。

キラの顔はワロタ

「いや、いきなり何か月って」

サイはバカみたいだったね。

「いろいろありがとう、キラ。アスラン、あなたも」

でもアスランは彼の嫁を連れて帰るとき、彼女が妊娠しているように見えてショックを受けていたね。
アスランがラクスに気付いて、自分が何を見ているのか考えている時にわずかな間があったのが好きだよ。

「友達がいるんだ!」

キラの葛藤は終わらないね。
みんなが起こっている事にぎりぎりの状態で対処してるからね。

「多分な」

ムウは未だにヒッヒーって感じだけどね。

「そんな事は許しません!すぐに戦闘行動を中止してください」

ラウ・ル・クルーゼが何かしそうだったけど、ラクスが許さなかったね。

「このままには・・・しないわ」

あとまた縁起の悪い発言が・・・・

●↑>アスランは彼の嫁を連れて帰るとき、彼女が妊娠しているように見えてショックを受けていたね。
ちょっとしたNTRの要素があったね。

●↑アスランは絶対に彼女をキラと二人きりにしてはいけない。

●↑それは真実ではない。

●↑多分僕が見てきたアニメの中で一番かわいい人質だったよ。
ラクスの尽力は、兵士達の死と戦争を回避するいい方法だったね。
フレイも厄介なソープオペラのライバルキャラに注目しているね。

●↑>Oh フレイ!彼女はかわいそうでつらいことを経験したね。
でもまた彼女は悪い人になりつつあるね。
フレイは100%正しいよ。
キラは実際に激しく叱責されたね。
キラは地球軍の船を助けようとしていなかったよね。
彼はアスランとの闘いを引き延ばしているだけだった。

●↑キラが戦闘の時にしたことを考えるとフレイは正しいかもしれない。
でもキラがコーディネイターだからって、フレイの父親に起こったことについて特に彼が責められる必要はないと思うよ。
今回の戦闘はキラとザフト軍との間の戦闘じゃなかったんだからね。
フレイが起こってしまった事について悲しんでいて怒っていることは分かるし、フレイがキラにつらく当たるのは理解できるけど、キラ一人を責めるのは正しいことじゃないと思うよ。

●↑もちろん、キラはコーディネイター達と戦っていたから、フレイの父親の事に全力で当たれなかった。
キラが今回起こったことについて自分を責めるのも無理もないよ。

「なんでパパの船を守ってくれなかったの?」

●このエピソードの最初の7分はクソみたいなフレイの要約だったね。
彼女が酷い人物であることがまた紹介されていたね。
フレイからはコードギアスのニーナの雰囲気を感じるよ。
キラは泣いている・・・・神様ありがとう、ラクスはフレイの事を僕たちが長く引きずらないようにしてくれたね。
キラは安らぎをくれる人を見つけたんだね。
キラはラクスをザフトに返すことを決めて、アスランにまた会ったね。
サイとミリアリアがサポートしているのにはびっくりしたよ。
ミリアリアはキラの友人グループのなかで一番いい子だね。

「いろいろありがとう、キラ。アスラン、あなたも」

ラクスを見た時のアスランのリアクションは面白かったね。
アスランはキラにまたザフトにくるように説得しようとしたけど、残念な結果になったね。
二人の旧友が合う場面があったけど、その後戦闘が起こりそうになってラクスが止めたね。
ラクスが命令したから、ラウ・ル・クルーゼは従わなくてはならなかったね。
いいことだ。
今回のエンディングは酷い不吉な予言をして終わったね。

「このままには・・・しないわ」

この予言の表現はトラブルが起こることを意味しているね。
逆襲のフレイか??

「私がとても気に入りましたと申し上げましたら、その次もまたハロを」

●アスランは婚約のための贈り物を何にするかについて面白い考えを持っているんだね。
彼の友人達があのハロが邪魔だと言ったような気がする。
僕は他の人ほどフレイを軽視してないよ。
彼女の考えは理解できるよ。
でもまだ彼女の事は嫌いだけどね。
彼女の行動は愚かだ。
フレイが復讐のために何をするかを見るのが楽しみだよ。
ラクスがラウ・ル・クルーゼに命令するのは予想外だった。
彼女にはひやひやしたよ。
彼女は何かを隠していて、いい人であるフリをしているような気がするよ。
キラがしたことには同意できないけど、どっちにしろ彼は次回に叱られるみたいだね。

●今まで聴いたなかでも最悪の鳴き声だった。
今まで聴いた鳴き声は忘れちゃったけど。

「あんた、自分もコーディネイターだからって・・・」

・とにかく、思っていた通りフレイは憎しみの塊だね。
前回の話でも言ったけど彼女はとても子供で、その性格がとても合っていた。
今回の話で彼女の憎しみが正当化されるとは思わないけどね。
フレイがキラに対して持っている憎しみは完全に良くないけどね。

「取られちゃったあのモビルスーツ、イージスってのに乗ってんのキラの昔の友達らしいよ」

・カズイは本当にクソだね。
彼を嫌いになってしまうよ。
彼は最初からキラを疑うそぶりを見せていた。
フレイとは違ってカズイは成熟しているけど、単にコーディネイターが嫌いなだけじゃなくてキラを信頼してないんだ。
彼はミリアリア、トール、サイのような仲間じゃないよ。

「そんな事は許しません!すぐに戦闘行動を中止してください」

・今回は自分の権力を行使するガンダムで一番パワフルなお姫様を見ることができたね。

●キラは物凄い泣いたね。
理由は分かるけど、彼は地球連合に所属しているから立場は厳しいよね。
コーディネイター達には拒絶されるだろうしね。
フレイを傷つけたから立場はとても厳しいものがあると思うよ。
キラは数分で女の子を6か月の妊娠状態にしたね。
アスランのリアクションは面白かったけど。
キラはフィアンセを妊娠させたのか?
ラウ・ル・クルーゼは攻撃する事を決めたけどラクスに言われて止めたね。
ベストガールがどれだけ強いのか初めて見れたね。

●↑ラクスのネタバレ?
彼女がベストガールなの?


●キラには修正が必要だと思う。

●↑ブライト・ノアだけが修正できるんだよ。

●↑バッドガールがSEEDでは修正するんだろうね。


●このアニメはキラが今回やった事について僕たちに同意させたいのかな?
民間人の人質を取るのは酷いことだけど、自分と自分を吹き飛ばそうとする勢力の間に人質がいるなら、倫理的に問題があるような事をしても許されるんじゃないかな。
ザフト軍が求めていた物を手に入れたらすぐにラウ・ル・クルーゼがアークエンジェルに対して攻撃を決めていたらどうなっていただろう?
編集:誰かがハロをスマッシュする必要があるね。

●↑物語のこの時点でキラが厳しい立場にいることを見せようとしているのはかなり理解できるよ、彼はコーディネイターvsナチュラルの状況の中でどちらにも忠誠心を持っているからね。
彼のナチュラルの友達 vs アスラン、ラクス vs フレイでもそうだよ。
僕は制作陣がキラを未だに忠誠心のあるいい人であるように見せようとしているとは思わない。
今の時点ではキラは状況に対して苦しんでいるように見えるよ。

●↑>編集:誰かがハロをスマッシュする必要があるね。
このアニメの中では特にハロは酷いおもちゃだよ。
0079やOOの中のハロはまだ耐えられたんだけどね。
でもガンダムSEEDのハロには物凄いイライラさせられるよ。

https://www.reddit.com/r/anime/comments/43l4ht/から翻訳
 

6 Responses to “機動戦士ガンダムSEED第10話:海外の反応「逆襲のフレイか??」”

  1. 名無しさん より:

    セックルシーン来てもこの人達大丈夫かなぁ・・・

  2. 名無しさん より:

    ここら辺はアニメと言えば犬夜叉とかコナンとかだったリアル中坊の頃の自分にはキツかった

  3. 名無しさん より:

    たしか、ここら辺からキラが本格的に精神がぶっ壊れ始めて泣き声がヤバい感じになってるんだよね。(保志が監督からそう指導されたらしい)

  4. 名無しさん より:

    この頃のキラはホントに可愛いな

  5. 名無しさん より:

    ラクス返還の件、サイは一応協力したけど内心キラの事をイマイチ信用していないってのが言動から分かる

コメントを残す

サブコンテンツ