機動戦士ガンダムSEED第5話:海外の反応「アスランはキラへの感情を克服できないんだよ」

 

●キラ、君がOSを書き直して修正しなければならないのは分かってるけど、OSのためのカスタムフォントを作る必要もあったのかな?

「友軍の艦砲にあたるような間抜けはいないさ」

ラウ、君は部下にかなりの信頼を置いているか、部下に何が起っても気にしないかのどちらかだろうね。
僕が君の立場ならどちらか決められないよ。

「うおりゃぁぁぁぁ」

ムウのヒットアンドラン戦法はとてもよかったね。
彼はこそこそ敵の所に飛んで行って、”また会おうぜ、未熟者たち!”って感じだったね。
彼はそのような戦術をするために作られたような人だね。

「戻れない?チッ、あのバカ!」

ムウがキラをトラブルから救う方法を考え付いたのが良かったね。
ムウ自身はストライクの操縦ができないから、キラにストライクのパイロットをさせたのかもしれないけど、キラをアシストするためにキラの所に向かっているね。

「君以外、誰も動かすことができないようにな」

ムウの先見性と彼が言った事から考えると、ムウはキラのことをかなり信頼しているように見える。

イージスのコアラのハグモードは好きだよ。

これはたちが悪いね。
アークエンジェルについて言及してなかった。
船はよく整備されていて、ラミアスとバットガールのナタルが戦闘中にいい仕事をしていたね。

View post on imgur.com

●↑君が今回のエピソードのこのシーンについてジョークを言うだろうと90%確信していた。

●↑僕はそんなの気付きさえしなかったよ。
多分アークエンジェルのおかしなインターフェイスを見つけるのに忙しかったからだよ。

COMMAND of SHOOT

WEPONS OF ARCHANGEL

ASERAE SR ARGS FHFGBDGFJD STRHYERY YSERY
HSTUSTRK ASERTAEW AEWTA YY AWERTAE AW.

のようなへんなインターフェイスを見つけるのに忙しかったんだ。

●↑君のモニターにTHERMO MONITORという文字を張るのを忘れるな。
君がモニターを見ているのを忘れてしまった時に備えてね。

●↑ワオ!
こういうネタが毎回びっくりするほどあるよね。
ガンダムOOもこんな感じだったかなあ・・・
こんな細かいことに気付く君はこの再視聴スレでとても役に立っているよ。

「お前がなぜ地球軍にいる?なぜナチュラルの味方をするんだ?」

●戦いが素晴らしいエピソードだった。
命令のやり取りが激しかったね。
イーゲルシュテルン!フェイズシフトダウン!ローエングリン、撃て!
アスランはキラへの感情を克服できないんだよ。
次のエピソードでアスランは何かを決めるのかなあ。
彼は永遠にキラを守ることはできないからね。
イザークはアスランの監視役として出て来たのかもしれないけど、彼にはアスランに対して怒る理由があるよね。
このエピソードのエンディングへの移行はよかったね。

●↑>アスランはキラへの感情を克服できないんだよ。
キラとアスランは二人とも起こっていることに対して葛藤しているように思えるよ。
それぞれの理由は異なるけど、依然として二人は同じような問題を抱えているね。

>このエピソードのエンディングへの移行はよかったね。
はこのエピソードの先の話でいい展開がでてくるかを知るために、このスレのペースより早く先の話を観たりしないよ。

●↑キラとアスランの葛藤はガンダムSEEDの中でも僕が好きな要素の一つだよ。
二人は明らかにいい友人だよ。
それでも彼らは生死のかかった戦いの中でお互いに戦うように仕向けられている。
二人のモチベーションはそれぞれもっともな理由からきているけど、その理由を二人とも手放したりしないよ。
このようなキャラクター達のドラマは0079では見逃してしまったよ。

>私はこのエピソードの先のエピソードでいい展開がでてくるか知るためにこのスレのペースより早く先の話を観たりしないよ。
僕は毎回のエピソードを観たあとで驚いているよ。
素晴らしいエピソードが予期せずに来たらとてもいいよね。

●↑二人の葛藤は僕の忍耐が続く限り続くよ。
二人の葛藤はこのアニメシリーズでずっと続くし、作品を台無しにすることはないよ。

●フェイズシフトダウンというタイトルのエピソードではどのようなことが起こる可能性があるのかな。

・確率は低いかもしれないけど、宇宙じゃ摩擦がないからコースから外れた弾丸やミサイルが航行している船にぶつかる可能性はないのかな?
あとビームは発射したら無限に飛ぶのかな?
それともエネルギーが切れちゃうのかな?(ビーム兵器は熱を放射するからエネルギーは切れるかもね)

・キラのライフルは正確にはどれぐらいメインバッテリーを消費するんだろう?
あと他のガンダム作品のビームライフルと違って、なぜライフル専用に分離されたバッテリーを使用しない仕組みなんだろう?

・イザークがビームライフルと自動推進グレネードをつかわなかったのはナイスだ。

「キラ・ヤマト!」

・なぜムウより先に他の人がコクピットを開けなかったんだ?

・アルテミスは友好的じゃなかったね。

●↑>キラのライフルは正確にはどれぐらいメインバッテリーを消費するんだろう?
あと他のガンダム作品のビームライフルと違って、なぜライフル専用に分離されたバッテリーを使用しない仕組みなんだろう?
コズミック・イラの世界では、明らかに全てが同じ電源で動いている。
面白いことに、コズミック・イラではビームサーベルはお互いを交差させてぶつけ合うことができないんだよ。
それに気づいたら、シールドを攻撃するだけだよ。
ビームサーベルはもう一方の敵のビームサーベルをすり抜けてしまうからね。

●↑>キラのライフルは正確にはどれぐらいメインバッテリーを消費するんだろう?
武器のための電力は手を通して供給されるか、モビルスーツがドックにいるときに充電されるんだろうね。

>イザークがビームライフルをつかわなかったのはナイスだ。
イザークはキラよりも長い時間ガンダムを操縦していたからね。
デュエルのエネルギーが足りなくなっていたのは確かだよ。
自動推進グレネードは誰にも使わなかったね。

>なぜムウより先に他の人がコクピットを開けなかったんだ?
キラはモビルスーツのパイロットだ、士官クラスのね。
キラがした事に対して通常の状況下で罵倒するのは適切じゃないよ。

●↑>イザークがビームライフルをつかわなかったのはナイスだ。
イザークはキラよりも長い時間ガンダムを操縦していたからね。
デュエルのエネルギーが足りなくなっていたのは確かだよ。
自動推進グレネードは誰にも使わなかったね。
僕もそう思うよ。
でもプロットの都合上良かったとも言えるね。

>キラはモビルスーツのパイロットだ、士官クラスのね。
キラがした事に対して通常の状況下で罵倒するのは適切じゃないよ。
僕もそう思ったよ。
でも彼はまだ軍の階級のない民間人だよ。
モビルスーツのハンガーにいる誰かが彼を昇進させるのは間違いないと思うけどね。

●↑>僕もそう思うよ。
でもプロットの都合上良かったとも言えるね。
絶対プロット上の都合だよ。
イザークのデュエルにどのくらいのバッテリーが残っていたかが分からないから、ビームライフル1発が最後のパワーだったという仮定はできないけどね。

●↑そうだね。
ビームライフル1発が最後のパワーだったとして、彼のデュエルがパワー切れになったとしても、他の3機のガンダムが後退の時にデュエルを援護できただろうから、ストライクを持って帰る価値はあっただろうね。

●どうしてキラは4機のガンダムから同時に距離を置いたままでいられるんだ。

●↑アスランがキラを守っているからだよ。
もしアスランがキラを捕獲して連れ出さなかったら、キラは既に他のガンダムに倒されて死んでいたよ。

●キラはガンダムOOの刹那レベルの射撃照準能力を持ってるね。

●↑僕が正確に覚えていればだけど、刹那は目標を一度で叩きのめしていたような、一方キラは・・・

●↑それは1期じゃないね。
いつも刹那はエクシアのブラスターを外していたよ。
2期になって彼の射撃はかなり良くなった。

●↑彼は7つの剣を持たなければならなかったからね。

●ザフトのパイロットは基本的にボーイズバンドであることに気付いたよ。

●↑うたの☆ザフト さま スピンオフ 僕はもう観たよ。

●↑ラブライブ:ガンダムエディション
ラブライブもガンダムも同じスタジオが制作しているからこれはいいだろうね。


●キラがビームマグナムを持っていれば・・・
彼はイージスを除いた3機のガンダムを相手にしなければならなかったね。
このエピソードの戦いを観て、もしアスランが実際にキラを捕まえることに成功していたら、これからの話はどうなるんだろうと思ってしまったよ。

●↑>このエピソードの戦いを観て、もしアスランが実際にキラを捕まえることに成功していたら、これからの話はどうなるんだろうと思ってしまったよ。
地球連合にはガンダムを取り戻す方法がないから、ボコボコにやられるだろうね。

●↑>キラがビームマグナムを持っていれば・・・
ランチャーストライカーの高インパルス砲のアグニがヘリオポリスに与えたダメージを考えると、ビームマグナムが数話前に出て来てきていたらどれだけひどいことになっていたか考えたくもないよ。

https://www.reddit.com/43l4htから翻訳
 

One Response to “機動戦士ガンダムSEED第5話:海外の反応「アスランはキラへの感情を克服できないんだよ」”

コメントを残す

サブコンテンツ