機動戦士ガンダム第38話:海外の反応「どうやったらニュータイプになれるの?」

 


今日のディスカッション:このシリーズの超自然現象についてどう思う?
SFのような設定が好ましいと思う?
ニュータイプのようなコンセプトが、この作品をイイものにすると思う?

「ジオン軍にまで入ってザビ家に復讐しようなんて、やることが筋違いじゃなくて?」

●今日のガンダムの感想:シャアとセイラのバックストーリーだったね。
もちろん悲しかったよ。
多少ね。
父親は当初のジオンのリーダーで、彼はザビ家に殺された。
シャアとセイラはジオンを出て、隠れて生きていかなければならなかった。

「ジンバ・ラルの教えてくれた事は本当の事かもしれん」

ジンバ・ラル(!)に育てられたんだったって。
シャアはザビに復讐するためにジオン軍に入隊し、セイラもおそらく似たような理由で連邦軍に参加したはず。

でも、シャアとセイラは今は違う立場にいるんだよね。
お互いのことを気にかけているのは分かっているんだけどね。
セイラは今回のエピソードで大変なショックを受けたと思う、だって彼女と兄がこんな風に割かれてしまって、真逆の立場からお互い戦い続けなればならないんだからね。

「あ、相手は・・・誰なのだ?」

それにブライトがセイラとシャアの会話を偶然聞いてしまったみたいだ。
彼はエピソードの終盤で、会話からセイラとシャアの関係をすべて理解したらしい。
セイラがブライトに全てを話すことを願っているよ。
セイラはブライトに全幅の信頼を置いているしね。
同志で信頼が醸成されているのは素晴らしい。

「厄介な事になりそうだ、ガンダムのパイロットもニュータイプだとはな」

ニュータイプ!ついにその言葉が出てきたか!
ニュータイプって言ったの聞いた?
シャアとセイラのお父さんも、宇宙にいたときはニュータイプのカテゴリーに入れられてたみたいだね。
質問があるんだけど:どうやったらニュータイプになれるの?
遺伝?自然に発現するもの?特定のカタリストが存在するの?
それに、ニュータイプになると超能力も使えるんだね。

シャアはアムロがニュータイプであることを把握したけど、彼にはララァがいるじゃないか。
彼とララァは一緒の船に乗っているじゃないか。
アムロとララァ、つまりニュータイプ同士で戦闘するシーンを最後に見れるかもしれないね。
どうやって戦うんだろ?
だってお互いの動きが予想できるんだし。

アムロとシャアの戦闘もかなりよかった。
今回のアニメの戦闘シーンは、最近の話ではすごくいいね。
ホワイトベースが宇宙で活動するようになって以来、品質が劇的に改善されている気がするよ。

ワッケインが死んだ!
ワッケインも悪いやつじゃないかもと思ってた矢先の出来事だった。

今日のディスカッションに対する答え:
正直、まだわからない。

ガンダムを自分が好きになった理由は「ロボット」だからだね。
メカ・ショーが楽しみだったんだ。(巨体のロボット同士が戦うシーンを見たかったから)
仮に自分のメカにそんなキチガイじみた能力が発現したとしたら、それはもうエヴァンゲリオンとか、エウレカセブンとか、コードギアスの世界じゃないか。

でも、コードギアスのギアスは最初は好きだったし、今でも好きだよ。
だから今後どうなるか様子を見てみるよ。
今までガンダムのことを退屈だと思ったことは無いけど、ニュータイプの登場を受けて様子を見てみることにするよ。
最終的には、エヴァンゲリオンとか、エウレカセブン、コードギアスも好きになったんだけどね。

●↑>でも、シャアとセイラは今は違う立場にいるんだよね。
お互いのことを気にかけているのは分かっているんだけどね。
セイラは今回のエピソードで大変なショックを受けたと思う、だって彼女と兄がこんな風に割かれてしまって、真逆の立場からお互い戦い続けなればならないんだからね。

自分に言えるのは、ここで彼らが取る行動から彼らの気持ちがほとばしっていることがうかがえて、人情味があふれているところがシャアとセイラを好きになった理由なんだよ。
簡潔に言おうとは思うけど、なんていうか彼らのやることなすことすべてがパワフルなんだ。
セイラは明らかにトーンアップしたけど、彼女は僕を落胆させなかったよ。
彼女はブライトとの通信を、自分とシャアの関係を知らせるためにあえて切らなかった。
彼女は自分の全てをシャアに委ねる気にはならなかった。
彼女は平和を愛し、家族を愛し、パシフィズムを捨ててないからね。
それに安全や生き残りたいっていう本能が勝ったんじゃないかな。
彼女は泣いて、自分の周りの全てのことをあざけってたけど、金塊を受け取ることを拒否したね。
その後ホワイトベースに戻り、次の戦闘に向けた準備を始めた。
彼女はただの綺麗な女性じゃなくて、文字通り深みのある女性なんだね。

「アルテイシアはあの木馬から降りるのだ」

あとはシャア。
かっこよかったのは、シャアとセイラの会話が誰かに聞かれるとか、そんなことを一切考えずに妹を説得しようと試みてた事かな。

彼が敵のところに金塊を運ぶなんて。
戦争を生き抜いてきた男の発言とは思えないし、若くして戦争を勝ち抜き指揮官に就いた男が言っている事だとは思えない。
艦隊を指揮し、自分の身を守ってきた男の発言内容とは思えない。
何から何まで赤で統一しているけど、妹を失ったことが彼にとって堪えるからララァを妹代わりにしているのかもしれないけど、最大の敵に見つかるリスクを犯してまで妹と連絡をとろうとした。
残念ながらセイラはシャアの提案に乗らなかったけど、シャアはセイラに落胆することは無かった。
クソ野郎だけど、人間味のある男で奇抜な男であることは間違いないね。
シャアとセイラが0079を複雑にした張本人じゃないか。
でもこれは素晴らしいことで、この二人の関係がこのアニメを深みがあって重大な意味のある作品にしたと思うな。

●↑ララァが、アルテイシアの代わりとは思えないんだけど。
でもいい視点だね。(数エピソード前では、彼女を妹みたいに扱ってたもんね。)

●↑>ジンバ・ラル
ジンバ・ラルはランバ・ラルのお父さんで、ジオンのダイクンの親友だったのさ。

●↑彼ってランバ・ラルの関係者?

●↑ランバ・ラルは、ジンバ・ラルのモラルと生き方を引き継いだんだね。

●↑ということは、ジンバ・ラルもイイ奴ということだ。

●↑>セイラもおそらく似たような理由で連邦軍に参加したはず。
そうじゃないと思う。
彼女はサイド7で平和に暮らしていたけど、第1話で描写されていたけど、ホワイトベースに乗船した理由は、他の乗組員と似たような理由だったと思うよ。

「デギン公をご指名になったのは、ご自分の暗殺者がデギン公だと教えたかったのです」

●シャアがザビ家を嫌う理由が明らかになったね、ジオンのリーダーだった彼の父親が殺されたからさ。
ランバ・ラルはひそかにセイラとシャアのことを気にかけていたけど、ザビがリーダーになったときに彼らは子供だったもんなあ。
ランバ・ラルってイイ奴。
ホワイトベースで戦闘した時のセイラの反応や、彼が彼女を生かして返した理由からランバ・ラルの人柄のよさがわかるよ。

もし自分の理解が正しいなら、ダイクンと同じくシャアのゴールはニュータイプにとっての真の平和を確立することなんだよね。
連邦が勝てば、平和が訪れるとは思ってないみたいだけどね。
彼がどうやってジオンを倒して、ニュータイプが平穏に過ごせる平和を実現するのかのプランを一度聞いてみたいよ。

https://www.reddit.com/464kb0/から翻訳

 

39 Responses to “機動戦士ガンダム第38話:海外の反応「どうやったらニュータイプになれるの?」”

  1. 名無しさん より:

    ニュータイプは超能力者じゃないって言っていても脚本家間の認識の差や設定の甘さで超能力者のように描かれちゃっているからな。そこちゃんとやって決して超能力じゃないって描写してくれたらまごうことなき傑作SFアニメだったのに、最終回で富野がやっちまったしな(笑)まぁあれはあれでアニメ史に残る感動的な名シーンなんだけどね。僕も好きなシーンだし。
    宇宙に対応した人類の進化の姿なのか、突然変異的な進化の仇花なのかってなかなか面白いテーマだったと思うんだけどね。

    • 名無しさん より:

      監督本人もその後ニュータイプの扱いに物凄く困ってたよね

    • 名無しさん より:

      冨野の私小説的作品、どっかのアニメ雑誌に連載されてたイデオンライナーノートに確かきっちりとニュータイプについての定義というか想いを書いていたと思う。イデオン制作中のあれこれをフィクションも交えて描いた作品で、時期的にはガンダム制作直後に書かれたもの。それによると冨野が後に妻となる女性と初めて会った時、あ俺はこの人と結婚するんだろうなと漠然と感じたらしい。その経験がニュータイプという設定を生み出すきっかけになったとか。フィクション込みの私小説的なものなので、どこまでが事実かは判然としないが、宇宙で生活する人類なら勘が良くて洞察力の優れた人間が現れても良いのではないかってことなので、サイキックとかエスパーとかいう類のものじゃなかったらしい。少なくとも当初は。

      • 名無しさん より:

        初代が放送された頃は少し前のユリゲラーなんかもそうだけど
        ソ連が莫大な予算使ってエスパー研究やってた時代だからね

    • 名無しさん より:

      最終回のクルーの脱出も、クルー全員のニュータイプ=共感力を含めた知覚の拡大が最高に強まった状態の表現でしょ。
      テレパシーで交信してるように受け取られてしまうけど。

    • 名無しさん より:

      ガンダムは低視聴率でスポンサーが降りて打ち切りになったアニメ
      もし予定通りの話数でやってたらどんな終わり方になっていたかは永遠にわからない

      小説版のプロットだったら超バッドエンドだけど…w

      • 名無しさん より:

        全52話のプロットは記録全集あたりでかなり初期に公開されているよ。
        オンエアはジオン本土決戦が削られてア・バオア・クーに前倒しになった形になる。
        小説は当時アニメで出来なかったことをやろうとしてたっぽいので、アニメではアムロは死なないだろう。テーマ的にも。

  2. 名無しさん より:

    シスコン(セイラ)で
    ロリコン(ララァ)で
    マザコン(ララァ)なシャアって時代の先端をいってたんだな

    あと、金塊の描写についてはITmediaのコラムで
    1年戦争時の経済(インフレ回避できた理由)を考察してて面白い

    戦時中だし金本位制だったんだろうな
    クレジットカードや電子マネーなんて
    国が安定してないと機能しないし

    • 名無しさん より:

      シャア「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!そのララァを殺したお前に言えたことか!」
      アムロ「お母さん……?ララァが……?」

  3. 名無しさん より:

    あの量の金塊はトランクで持ち運びできないでしょw

    • 名無しさん より:

      全てミノフスキーで説明可能です

    • 名無しさん より:

      なぜあの時代のトランクが現代と同じ性能だと思ったのだ

    • ヲタマスさん より:

      それよりも謎なのが、どうしてあれほどの金塊が手元にあったのだろうかがわからん。
      戦争最中だし、作戦行動中だし、サイド5とはいえ廃棄コロニーじゃ換金できないし・・・謎だ
      シャアがフラナガン機関にララア迎えに行った際、賄賂でももらったのを偶然持ち合わせていたぐらいしか考えが思いつかん

      それともこれも、ミノフスキーで説明可能なんだろうか・・・w

      • 名無しさん より:

        たしかサイド6にも立ち寄ってたよな
        そこで、あらかじめダイクン派に用立ててもらってたのを受け取ったのだろう

      • 名無しさん より:

        逆シャアでアクシズを金塊で買ってたし
        あの世界だと通貨代わりに常に持ってるんじゃね

      • 糸井重里の厳しい追求が迫るが…。さん より:

        いろいろ計画して画策なさってた方だし、
        凍結され難い形での現物資金を これまたいろんな形や場所に。
        元筋がダイクン関係の遺産というのも確かにアリやね。

      • 名無しさん より:

        あのトランクにギッシリ詰まった鉄塊よりも遥かに比重が重いことを考えるとたしかに…

      • 名無しさん より:

        宇宙鉱山に金鉱脈があってそれをダイクンが隠し金山にしてサイド3独立の資金にした。なんて後付けで設定すればダイクンの遺児が金を潤沢に使える理由になると思う。

        • 名無しさん より:

          現実にほぼ全体が金とプラチナでできた小惑星が発見されてるよね。
          …採掘しても持って帰るのにもお途方もない推力が必要だけどww

  4. 名無しさん より:

    すんげぇ広い部屋のド真ん中にベッド置いてるの?

  5. 名無しさん より:

    シャアにとってのララアが何かについては戦闘中の突然のカミングアウトをお待ち下さい
    ドン引きですよ

    • 名無しさん より:

      あの発言はこのシリーズではなかったはず。
      セイラに向かって「ララァをXXされた!」とは言ったけど。
      んでセイラはセイラで「それはお互い様よ!」と言い返したな

    • 名無しさん より:

      シャアの最期の言葉はこれだよね
      心して聞けw

      「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!
      そのララァを殺したお前に言えたことか!」

      アムロ「お母さん……?ララァが……?」(どん引き)

      (この直後にコクピットから光が溢れ出
      しアクシズ・ショックが起きる)

      • 名無しさん より:

        アムロ 「母さん、母さんかい。僕ぁ知らなかったんだ。あのモビルアーマーん中に、君のお袋さんがいたなんて。 まだおっぱいが恋しい年頃だったんだもんなぁ。」

      • 一部伏せたが書くべきではないなぁ、忌。さん より:

        「 ~ 姉上と仲良く暮らすがいい」が最後だけどな、

        セイラが存在しなくなった異世界の話が最近の子供は大好きらしい、
        本編を観ないし違和感もスレチもマナーも知った事ではないんだな。

        • 名無しさん より:

          おいおいネタバレ気にするシリーズか?これ

          • 法を気にするのは規則だからではなく社会倫。さん より:

            毎週ごとに更新させ続けてきた管理者への敬意の形、
            努力には報いのある世界が望ましい と思っていない人間が在る事も知っている。

  6. 何でやデギン、何でダイクンはんを… さん より:

    < デギン公をご指名になったのは、ご自分の暗殺者がデギン公だと教えたかったのです
    日テレ放送枠だったなら名探偵に見破られてた。

  7. 名無しさん より:

    >ダイクンと同じくシャアのゴールはニュータイプにとっての真の平和を確立することなんだよね。
    まさにそうで、一度はキシリアのもとに身を寄せたものの「やっぱコイツラに任せられんわ」とバズーカを放ち、
    ならば自分で連邦の内からニュータイプの世を目指して改革をとエウーゴに入ってはこれは無理だと絶望し、
    ヤケになって隕石落として地球を潰すという結論を出し、しかしそんな自分を完全には信じられないからアムロに自分と対等に渡り合えるサイコフレームを与えて力と運を試す・・・
    目的はぶれてないけどそれ以外はブレブレですな!

  8. 名無しさん より:

    シャアが両親を殺されたのはまだ子供の頃だからな 包容力のある ララァーに母性を感じてもおかしくは無い

  9. 名無しさん より:

    ララァ・マイと谷澤少佐・・・

  10. 名無しさん より:

    ゲルググとガンダムの戦闘がすごい地味だった気がする。BGMが無かったせいかな?
    金塊のトランク、カイがキャノンの指で捕まえてたのを器用だなと思った記憶が有る。

  11. 名無しさん より:

    >それはもうエヴァンゲリオンとか、エウレカセブンとか、コードギアスの世界じゃないか。
    毎度のことながら本当に馬鹿なんじゃねーだろうか?
    そもそも昔の作品にロボと不思議パワーを絡ませた作品なんてガンダム以外にもあるし

  12. 名無しさん より:

    >連邦が勝てば、平和が訪れるとは思ってないみたいだけどね。
    彼がどうやってジオンを倒して、ニュータイプが平穏に過ごせる平和を実現するのかのプランを一度聞いてみたいよ。

    「逆襲のシャア」を見ればわかるよ。

    金塊トランクの運搬に関しては、この世界の宇宙戦艦はほぼ無重力状態だから。

コメントを残す

サブコンテンツ