機動戦士ガンダム第15話:海外の反応「モビルスーツの格闘技、最悪」

 


今日のディスカッション:このエピソードはお蔵入りした方がいいと思う?
このエピソードを公開した方がいいと思う?
仮に自分が富野の立場にいたとすると、このエピソードを削除する?
あなたならどうする?

●↑今回のエピソードは前のエピソードよりは悪くないと思ったよ。
自分なら、このエピソードを残して、第14話を削除するかなあ。
だって少なくとも、この第15話ではナレーションは合ってるし、キャラクターの成長が見れるからね。
セイラのエピソードも含め、富野が手がけたエピソードを今夜見てみようと思ってるけど、彼が手がけた3つのエピソードのうち、いったいどれが一番くだらないのか知りたい。

●↑単純な理由なんだけど、このエピソードが悪いのはジオン兵のせいだと思う。
このエピソードは削除すべき。

現在の戦争に苦しんでいるジオンが、シャアにザクを2機を供給したから、この島にいる子供たちと兵士たちを殺すためにパトロール隊が使えるのは1機だけなんだよね。
それでドアンを探すために、半壊したもう1機をよこしたと。
でも結局島の孤児とその半壊したザクはどこにいったの?

●スーパーロボットショーを除くと、ちょっと奇妙なトーンで、主題がストレートだと思った。

●↑それに加えて、パンチ、ドロップキック、「モビルスーツの格闘技」、空中ドッキング、そして兵器庫にいる子供たち、「君に子供たちを触らせたくない!」発言からにじみ出るテストステロン。
ダイターン3を除けば、間違いなくストレートな表現だと言える。

それに、みんなが言っている事には大体同意するけど、このエピソードがそんなに悪いものかと言われればそうでない気がする。
でもエピソードの一部については、あんまり良いと思わない部分もなきにしもあらずだけど。

●このエピソードで、富野がボロカスに言われることに納得できない。
彼の作品に対する渇望は忘れられない。
好きだなあ!
ドアンのザクはちょっと違うね。
ドアンのザクは、爆弾パンチしかイイとこがなかった。
Gガンダムのほうが適切だった気がする。
ただただ美しい。


●このエピソード、あまり面白くなかったよね?

・どの世界でも、武装してる兵士に石を投石して対抗しようとするのは、あんまり賢くないと思う。

「兵隊なんか来るな?」

・まあ子供だしね。

「君と戦うつもりはない。大人しく武器を渡してくれれば危害は加えない」

・なんて友好的なんだ。これは予想しなかった。

・ガンダムがないアムロでは、ザクを倒せなかったか。

・アムロはまた平手打ちされちゃったね。

「モビルスーツの格闘技というのを見せてやる」

・モビルスーツの格闘技、最悪。

・ドアンってもともとジオン兵だったのか。

・へ?パンチだったの?そうか。

・これで、ジオン兵がまた来ても自分たちを守ってくれるものがなくなったね。
グッジョブ

まあ、思っていたほどは悪くなかったよ。

「モビルスーツの格闘技というのを見せてやる」

●今回のエピソードで良かった点は、アムロがモビルスーツに関する格闘技について学ぶことができた点かなあ。
警告だけど実際の戦いでは、何回か撃たれた後に格闘技で対抗しようとするのはあまり良い考えではないと思う。


●今回のガンダムのエピソードについて:ああ、禁じられたエピソードだね。
オリジナルのエピソード「ククルス·ドアンの島」だ。
富野が北米での公開を渋ったという話だね。
正直言うと、もう少し内容が良くないと思ってた。
もっと悪意のある、気がつぶれるような話だと思ってた。
退屈で、ホント見るのを飛ばしたいエピソードだよ。

自分は、アムロとドアンが子供たちを守りたいと思う気持ちに共感している。
でもエピソードの最後の、どれだけ乗組員達がアムロのことを気にかけているかという描写の方がよかった。
以前のエピソードでは、親子に物資を提供する人情味があるジオン兵のエピソードが見れて良かったと思う。
その話があったから、このエピソードが全く新しい視点のエピソードだとは思わないね。

今日のディスカッションに対する答え:
わからない。
私はこのエピソードが、海外リリース版ではカットされなければならなかったというほど悪い話ではないと思うよ。
でも他のエピソードよりも退屈なエピソードだった。

●↑自分もそう思う。
作画のファンとして言わせてもらうと、このエピソードでは作画が明らかに悪くなっているし、ホントにアニメ史の中では「品質が良い」エピソードだったと思うよ。
でも全体的にはそんな悪いと思わないなあ。
平凡かな。
話自体は島の話で、このエピソードに出てきたキャラクターには、いろいろツッコミどころが多かったけどね。
(いったいアムロはこのエピソードでどうかしちゃったの?)
でもこのショーから、ネガティブな印象は受けなかったよ。

●↑>自分もそう思う。
作画のファンとして言わせてもらうと、このエピソードでは作画が明らかに悪くなっているし、ホントにアニメ史の中では「品質が良い」エピソードだったと思うよ。

ああ、「品質が良い」ね。
ほんとに最悪な作画だった。
笑っちゃったよ。

●↑私は面白いサイドストーリーだと思う。
本筋のストーリーから離れて、単なるジオンの兵士に焦点を充てることで、ロボットが子供の救世主であり、それが物語にどのような影響を与えるかというプレゼンテーションを富野はしたかったんじゃないかなあ。

●自分の知る限り、斧谷稔は富野由悠季だと思う。
いくつかあるうちの、富野の仮名の1つだよ。
このエピソードが公式にリリースされなかった理由は、このエピソードを書いた人に不満が噴出したからというわけではないと思うよ。

●↑ははっ、なるほど!
自分は、富野とこのエピソードのディレクターがもめたから、このエピソードが公式にリリースされなかったって聞いた気がしたんだけど。
でも、なぜこのエピソードにそれほど比重がおかれていないかというのが分かったよ。
これについて調べてみたんだけど、富野についていろいろ過去に記事を書いている産業ジャーナリストのツイートを発見したんだ。
多分、エピソードディレクターじゃなくて、誰か他の製作スタッフと富野がもめたんじゃない?

●↑鈴村一行じゃない?
彼はこのエピソードの作画監督だよ。
富野自身は総監督にいるけど、鈴村はアニメの主要な部分に責任がある人物なんだ。
彼は今回のエピソードのみ、作画監督だったんだよ。
特に今回のエピソードは、メカアニメとしては最悪の出来だったね。

この件で、非常に興味深いのは、キャラクターデザインを担当している安彦良和が、このアニメにおけるほとんどのエピソードの、作画監督なんだよね。
5話ごとにアニメーションディレクターの名前を目にすると思うけど、おそらく何人かのスタッフが複数エピソードを担当しているんじゃないかなと思う。
安彦はエピソード1から3、6-7, 9-10, 13, 17, 19, 22, 24, 26, 29-31を担当する作画監督で、おそらく最初の31エピソードのうち半分ほどじゃないかと思うよ。
(残りのエピソードは彼は担当してないってこと)
少なくともこれらのエピソードはかなり、アニメとして優秀なものだったと思う。

https://www.reddit.com/464kb0/から翻訳

 

40 Responses to “機動戦士ガンダム第15話:海外の反応「モビルスーツの格闘技、最悪」”

  1. 外国人はやはり害人だと思うの より:

    いろいろ言いたい放題だけど、これ何十年前の作品だと思ってんの?その時代には、アニメのアの字も知らなかったアホガイジンが偉そうに語るな!たくさんのアニメ関係者が切磋琢磨、いろんな試みを重ねて今の日本アニメがあるんだよ!先人の努力を尊重したり、感謝したりが出来ないから、いつまでも、お前らは発展しないんだよ。

    • 名無しさん より:

      君も感想の感想として狭量な発言をしているぞ?
      今の人がどう感じたのかというのも時代を反映した価値のある意見だし
      アニメの歴史や努力に思いを馳せろってのは要求が過ぎていると思うよ。

    • 名無しさん より:

      おまえみたいなキモい奴がアニメ発展の一番の阻害要因なんだよ

    • 名無しさん より:

      お前は何時になったら大人に成長するの?

    • 名無しさん より:

      フルボッコで笑った。
      人間、偉そうにするもんじゃないね。

    • 名無しさん より:

      鏡を見ろよ原始人
      最も他人に敬意を払ってないのは君自信だぜ

  2. 名無しさん より:

    ククルス・ドアンの島って、制作が遅れてまずい状態になった時用の話じゃなかったっけ。

    最近で言うところの「万策がつきた」時用のエピソード。昔のアニメでは、そういうのを予め作って用意しておくことが良くあったって聞いたことだか何かで読んだことあったけど。
    だから、アムロの雰囲気や作画が微妙に変だったりするんじゃないかな。

    • 名無しさん より:

      うん、「どこに入れてもいい話」として用意してた捨て回
      実際には宇宙に行ってる話の途中でこれやるわけにもいかんが

  3. 名無しさん より:

    そもそもこの回は本編とは切り離された単独エピソードで多分放送の都合で入れなきゃいけない事情でもあったんだろうな
    だから放送とは関係のない海外リリースでは削除したかった
    ナディアで言う島編と同じ

    • 名無しさん より:

      ああ、あのNHKが「韓国のスタジオを使うこと」という謎規約をぶち込んだがために作られたという伝説の。

      • なお より:

        あれは国からの指示ですよ
        職業斡旋・訓練の一環
        1枚100円くらいでしたので、スポンサーとかも支持した

        その結果、全体の作画の低下、
        船便なのでなかなか送られてこないのでスケジュールの遅延、破綻、
        送られてきてもつかいものにならないのでこちらで突貫工事の労働条件悪化

        下請けもその値段でやれと言われて、下請けの全滅
        下請けがいなくなったのでさらに海外に
        ださなければいけなくなるという悪循環を生みました…

  4. 名無しさん より:

    あくまで作画面の劣悪さと当時の製作環境に対するスタッフの自戒に対して、「スタッフが言ってるからこれは悪いものだ!!」と単細胞に受け取っちゃうやつが問題だよな
    実際はファンに愛されてる回なんだけど
    「MS格闘術」を否定するならそもそもなんで五本指で武器持つ必要があるんだとかガンダムをやたらめったら蹴り回すシャアザクとか突っ込めばキリ無いし

  5. 名無しさん より:

    日本での放送と海外で視聴できるまでの時間差が激しかった旧作は、海外アニメフォーラムだと評価や伝聞にバイアスかけられた上で観てしまいがち
    欧米人は特にプロットに統一性を求めたがってエピソード毎に採点するんで、サイドストーリーはどうしても不評を買う
    でもオタクレベルが上がると、ゴミに見えた休憩回にレアメタルが混じってるのに気づく

  6. 名無しさん より:

    護りたいこの島を。
    作品全体を見渡せば解かるけど、この島は島国日本を暗喩してる。

  7. 名無しさん より:

    ククルス・ドアンの島、かなり好きなんですけど

    • 名無しさん より:

      うん、自分も好き
      名前忘れたけどアムロ殴った女の子可愛かったやん
      でも目の消えたザクは怖かった、初めて見たの子供の頃やったし

    • 名無しさん より:

      自分も好きだが
      何でザクを捨てるんだよ~
      というモヤモヤMAXの回でもあった

    • なお より:

      私も個人的にはかなり好きです

      当時のアニメ通()wはこぞって非難してましたけどね

  8. 名無しさん より:

    敵は宇宙人でも悪人でもない人間で
    敵にも戦う理由があって
    敵にもエースパイロットがいて
    敵にも良心があるっていう
    このアニメのいいトコ煮詰めたような回なのにな

    • 名無しさん より:

      「戦場は荒野」「時間よとまれ」「ククルス・ドアンの島」は
      小学生の頃から好きなエピソードですわ。
      ジオンの名のある将校やエースパイロットではない普通の一兵士
      の視点からの物語という、それまでのロボ物やSF物アニメでは
      なかなか描かれていなかったから新鮮に感じ、この3エピソードを
      勝手ながら「ジオン兵三部作」と名付けていた(笑)

  9. 名無しさん より:

    かなり独特だけど印象深い回だったよな
    子供の頃は富野がどう思ってるかなんて考えもしなかったし
    放送を嫌がっていたなんて初めて知ったし
    これを嫌いなやつが要るなんて思いもしなかった

  10. 名無しさん より:

    当時の日本でも評価低かったでしょ。
    外人だけじゃない。
    アニメ雑誌でも叩かれてたし。
    何より監督本人が気に入らないんだから。

  11. 名無しさん より:

    別にシリーズの癌みたいな言い方をする気も無い
    わざわざ外伝マンガとしてリメイクしてるのも皆が無かったことにしたい訳じゃない証拠

  12. 名無しさん より:

    外国人は本当に初代ガンダム見直してるのかよ?

    • 名無しさん より:

      >外国人は本当に初代ガンダムを見直してるのかよ

      今見直してる訳じゃなくて、エピソード毎に分かれた
      レビューサイトに長年の間溜まっ投稿コメントを
      管理人さんが今コツコツと訳してくれてるだけ

  13. 名無しさん より:

    最後 ドアンのザクを捨てちゃてジオンが来たらどうするんだと思った回 ドアンは脱走兵だから捕まったら死刑になるし何も解決してないとドアンと子供達をホワイトベースに収容するのがいいんじゃないかと思う

    • 個人的にザクがぎゅーんて飛んでくのが好物。さん より:

      子供心にMSかっけー・もったいねぇーは解るが、
      誤射・爆撃対象から外すため、起動する度に友軍信号が出て記録に残るじゃろ、探索部隊の消失事実も問題になる。
      湖の母子や叛乱の老人達の話でも分かってもらいたいが、戦火に巻き込まれそこから逃れたい人に、軍の保護や戦時施設の利用を勧めても上手くいかないケースというのも考えて欲しい。

      ドアンに問われたものは過去と未来、軍人として子供たちを守りたいのか、親となって子供たちを守りたいのか。
      戦争を扱った作品で本来外す事の出来ない必然テーマにおいて、戦災孤児に一人の人物がどういった答えを見つけて未来を描くのかが詰められた30分です。 …だったような記憶。

  14. 名無しさん より:

    海にザクを投棄するアムロはとは一体?海に捨てれば解決するのか。

  15. 名無しさん より:

    ザクという武力を持ってるからジオンは見逃せないけど
    放棄してしまえば放置するだろうと言うアムロの理屈と
    とはいえそううまくは行かないとザクを持ち続けたドアンが
    実力行使されその結果を受け入れたというストーリー
    あの後どういう結末を迎えたのかを書かないところが
    やりっぱなし感があって小さいころイヤだった
    ・・・なんか現実に居る例の方々を思い出して
    それはそれとしてジオンの目に見える明確な形で武装解除がなされてないと意味無いんじゃないかとも当時思ってたな

  16. 名無しさん より:

    個人的には昔のアニメは話数に余裕があったからこういうサイドストーリー的な物とか、幅があって好き。
    たしかに作画は良くなかったけど、「捨て回」って言い方嫌い。スタッフは捨てるつもりで作ってるやつ、いないと思うよ。

  17. 名無しさん より:

    再放送だとこれとかギャン戦とか爆弾とかカットされやすいのよね

    • ハモンに奢ってもらった際に、「僕_じゃありませんから」なら観た。さん より:

      そんなカットのされ方は見た事がない。
      スポンサーや権利者の注文か、視聴配慮といった事情が主。

  18. 名無しさん より:

    他がなるべくリアルに寄せてきてるのに富野だけ(笑)

  19. 名無しさん より:

    ※2
    あなたの意見に賛成です。上から目線なのは※1のような狭量な人間の方ですね。
    自分が望まない感想や意見を赦せない独りよがりな子供じみた考えです。
    ガンダム制作に直接携わった人間ならまだしも一介の視聴者(私もです)の分際で
    他者の率直な意見を「時代を考えろ」なんて傲慢以外の何者でもありませんよね。
    ファーストを初めて視聴した海外の人々の意見を批判するなら自分はいったい
    どうなんだと言いたくなります。

  20. 名無しさん より:

    確か単純にスケジュールがひどくて立て直しに入れた話じゃなかったかコレ?

コメントを残す

サブコンテンツ