魔法少女まどか☆マギカ第3話:海外の反応「クソッ、クソッ、クソッ 何が起きているんだ」

 

翻訳の引用元のスレッドはアニメがリアルタイムで放送していた時の物ではなく、再視聴(Rewatch)用のスレッドです。
そのため魔法少女まどか☆マギカシリーズを劇場版まで全て視聴済みの人と、作品自体全く観たことがない初見の人が意見を言い合っているのでご注意ください。
また劇場版ですが、映画が長すぎる、かつ著作権的に問題がありそうなのでTV12話までで翻訳を終了させていただきます。

「他人の願いを叶えるなら、なおの事自分の望みをはっきりさせておかないと。」

●第三話についてはいまだにコメントに苦しむ。
前半は殆どが背景のお話で、このアニメでもかなりの部類に入るほど狂った迷路に入り込む。

本当に、シャーロットの迷路は不気味過ぎる。
マミに止められた時のほむらの顔が悲しい…
再視聴するとまた違った趣があるね。
魔法少女は偉大だ。
第三話の中の各サントラの妙については自分の書き込みで語っている通りだね。
そして始まった。シリーズの転換点…どこからともなくやってくる。
壊れたティーポットでもう十分だ。

そう言えば、マギアがようやくEDとして使われたね。

「彼女だけは契約させるわけにはいかない。」

●↑二周目だとほむらが違って見えるよね。
マミはほむらのことを自己中心的で身勝手と語るように、初見さん達も彼女にあしらわれて「おい、この子言われて怒ってるぞ」って思うんだけれど、二周目だとこういう言葉がどれだけ彼女を傷つけているのかわかるし、彼女が全く別の理由で怒っていることに気が付くんだよな。
自分のお気に入りは「マギア」のパートなんだよね。
このエンディングが始まる時、もう今までとは同じではないって知るんだよね。

●↑言いたいことわかるよ。
自分は三周目。
ほむらが全てを阻止しようとしているのに誤解されてるの観ると気分が悪くなる。
再視聴すると伏線がたくさんわかるようになるから、後で三回観るのお勧めするよ。

考えてたんだけれど、誰かグリーフシードが落ちていたか言及してただろうか。
自信がないんだけれど、おそらく、あれはシャーロットのものではなくて、マミのだよね。

「まずいよ、早く逃げないと!」

第三話の冒頭でグリーフシードが孵化したんだけれど、どの魔法少女も近くにはいなかった。
でも自分が思い出す限り、全ての魔法少女は話の終りに直接魔女になってしまう。
ソウルジェムはある意味魔法少女そのもののはずなんだけれど、奇妙だよね。
いったいどこから来るんだろう。

断言はできないんだけれど、マミのソウルジェムが壊されたかどうかはまだ観ていない。
ということは、第三話終盤のグリーフシードはマミのものなんじゃないのかな。

さやかが終わりに言っていた言葉にもしっくりくるし。
自分でも自信はないけれど、書き残しておきたかったんだ。
このアニメにはこうした推測は必要ないのかもしれないけれど、楽しいんだよねこういうのが。

●↑マミのソウルジェムは髪留めだったから、シャーロットが壊してしまったと想像がつくだろ…
つまり、かみ砕かれたんだ。

●うわー、ちょっと滅茶苦茶嫌な気持ちになった…
予想もしていなかったわ。

残酷だね。
全てがあまりにもうまく行き過ぎていたってことか―マミが葛藤していた兆候もなかったしなぁ。
そこから数分も立たずに魔女がマミの首をかみ切っちゃった。
大げさじゃなくマジでショックだった。

これを考慮しないとしても、第三話は本当にベストじゃないか。
少女たちがどのように願いを使うのか計画し始めるのを見て、実際の魔法少女は思っていたものとは違うことを見せつける。

通奏低音はとても苦楽で、音楽がそれにアクセントを加える上でいい仕事をしているんだよね。
サントラ作った人はほんといい仕事したわ。

予告を観た時から次に何が起こるのかはすごく楽しみだったんだけれど―みんな最後には魔法少女になってるんじゃないかってね。
第一話で「すべてを失う」って警告されていることなんてこのメンバーには怒らないんじゃないかって思ってたんだ。
それを語るうえで、彼女たちを一度に見れるのは本当に意味があったんだなあ。
たくさんのアニメはこういうの後で書くか、書かないかだし、いい変化だよね。

●↑自分があなたのコメントを昨日呼んで興奮した理由をようやくわかってくれたようだね。
この第三話が受け入れられるかどうか不安があって、それでも言わずに来たんだけれど、やったね。
ここは下り坂の始まりでしかないことを覚えておいてほしい。
ウロブッチャーの急展開はまさに始まったんだ。

●待って。
何。
クソッ、クソッ、クソッ、クソッ、クソッ、クソッ
何だってんだ。何が起きているんだ。

●↑ああ、これが全て。
みんながこの話を初見する瞬間が大好きだ。

●↑文字通り今観終わった。
みんなが考えていることが実際に起きていた、または起きるってのを読むとゾクゾクするね。


●虚淵玄の急展開がキマシタワー!

●↑この急展開は終わらない。


●二回目の印象。
第3話
ここから本当のまどかが始まる。
ジャングルへようこそ。
なぜこのアニメの評価が10なのかもわかっただろう。
これが始まりなんだ。

プロットの流れはここから加速していく。
いろんなことが―前の話よりもより多くのことが進んでいく。
マミの死、さやかとまどかの魔法少女への失望、多くのキャラクターが明らかになっていく。
始まるやいなやマミが死んでしまうのはみんなの心胆を心底寒からしめた。
嘆いたり震えたりしたことを恥じることはないよ、みんなそうだから。

観る回数が増えるにしたがってショックは減っていったけど、全体から受ける衝撃はなくならない。
まどかマギカは全てに設定が張り巡らされている。
変調のショットガンを突き付けられる恐怖は十分に為されたし、それ以上の価値はない。

ここまでお気楽な人生を歩んできたまどかにもそれは訪れている。
新しい親密な友達の死に直面したときの恐怖。

それがまどかの表情に躍るを見るのがとても楽しくてなぁ。
美しい痛みだね。

「あれ?上条君、会えなかったの?」

あと恭介…やな奴だ。
それ以上できないとはしても、やっぱりひどい。

「二人とも!早く僕と契約を!」

最後にもう一つ!キュウべえ、マミの死に際してのあいつのリアクションは、控えめにいってもうざかったね。
あんな冷たい生き物は焼かれて死んでしまえばいいんだ。
みんなマミの死についてはどう思った?
さやかとまどかの反応は予想できていたかな?

●↑キュウべえのリアクションは今まで大して気にならなかったけれど、ここからはすごく気になってきた。

●大学のアニメクラブが最初の三話を「まぁリラックスして最終週まで観ようぜ」ってやってたのが、最初のエンディングテーマがかかった時には吹っ飛んでいたのを思い出すよ。

●↑ゆっくり見るのには相応しくないよな。
誰も知らなかったの?

●↑半分くらいは知ってた。
マミが噛まれるところまで他の半数のリアクションを笑いこらえつつ観ていたよ(そして首がちょん切られるまさにその瞬間までうまくいった)。

●前もって話の内容がネタバレするの嫌いな人もいるだろうから一言だけ言わせてほしい。
前の二スレッドで第三話のネタバレをしなかった古参のみんなには本当に敬意を表するわ。
物語はまだ始まったばかりだけれど、どんな小さなネタバレにも細心の注意をお願いします!

●↑真実の絶望を見るよりもネタバレの方がつまんないからねぇ。
真実の絶望のほうがもっと素晴らしい感情なんだから。


●第三話の反応を観るのは本当に退屈しないよ。

●↑どの話でもそうだよ。

●↑この話は特別だよ。
これ以降ほとんどのみんなが「おいマジかよ」なシーンを覚悟するようになるんだからさ。「不吉な仕掛けが施された魔法少女ショー」から「おい何が起きたって言うんだ」って展開を示すお話なんだよ。

●↑「マミは死んでない。でも面白かった」
この否定がリアルだね。

●↑「これぞ虚淵の脚本だね。次はどんな地獄が待ち受けてるって言うんだ?」

●↑ああ、くそっ、もう俺は死ぬ。

●↑じゃあ、マ…
はぁ、何も言えない。

●↑「おいいったい何が起きているんだ」と「マミいやああああ」の阿鼻叫喚だらけだったな。

●↑放映中はオンタイムで観なかったし、(馬鹿らしいことにTV版のネタバレonにしてたから)実際に観る前にに何が起きるかほとんど知ってたんだよね。
それでも釘付けになるくらいだったよ。


●どうも初見です。
いやだあああああ、何が起きているんだ、信じたくない。これは楽しい魔法少女ストーリーじゃなかったのか。
こんなのいやだ、こんなもののために契約したんじゃないぞ;_;
次のエピソードのディスカッションでまた会おう。

●↑>これは楽しい魔法少女ストーリーじゃなかったのか。
あら、可哀想な子

●↑心の準備が;_;

●↑みんなそうだぞ。

●↑虚淵玄が脚本を務めると情報がリークされた時からみんなで噂したものさ。
これは「血だまり」ショーになるぞ、ってね。
玄は第三話まで何の血も流れないことに幾らか不安を覚えたってツイートしてた。もちろん、第三話の後にはようやく通常営業に戻れたってツイートしてたよ。

●昨日のスレで「マミはもうベストキャラとして認知された」って言ってた。
「既に。」
見進めるしかないよなぁ。

●↑その人はまだコメントしていないよ。
論理的に見て言えるのはまだショックを受けている最中だろうなってことだ。

●↑なあ、こんな早くに打ちのめされるとは思っていなかったんだよ。
もっと好きになれると思ってたのにさぁ、早すぎるよ。

●↑はは、好き、か…。
マミの頭は嫌いだろ。


●初見さん達はようやくわかったんだね、第三話で何が起こったか、そしてみんな頭を抱えているわけだ。
うん、まだまだご新規さんの意見を待っているよ。

●そして爆弾は投下された。

●第三話:みんなをぶちのめしたお話

https://www.reddit.com/3gmtzj/より翻訳

 

36 Responses to “魔法少女まどか☆マギカ第3話:海外の反応「クソッ、クソッ、クソッ 何が起きているんだ」”

  1. 名無しさん より:

    この作品で虚淵玄をはじめて知ったんだった
    fate/zeroもpsycho-passも素晴らしかった
    いまや時の人だけどさすがにゴジラのアニメまで成功するとは思えないんだけど

    • 名無しさん より:

      吸血殲鬼ヴェドゴニア、鬼哭街、沙耶の唄をオススメする。
      エロゲーとはいえ、ストーリーテリングが凄まじいと思った作品だ。

      • 名無しさん より:

        自分はファントム、沙耶の唄、まどか、殺戮のジャンゴが好きで
        女の子が主体の話ばっかりなんだよねw
        いやだって野郎主体の任侠ものだとさあ、別に傷つこうか死のうが通常営業だから何とも思わないじゃないw

    • 名無しさん より:

      つファントム                            ──パンパンッ!

    • 名無しさん より:

      マドまぎの他はガルガンディアしか見てないな。

    • 名無しさん より:

      PSYCHO-PASSの一期もだぞ

    • 名無しさん より:

      鎧武は微妙だった

  2. 名無しさん より:

    伝説の第3話

  3. 名無しさん より:

    さあ、僕と契約して今すぐ魔法少女になるんだ!

    • 名無しさん より:

      あそこで冷静に契約を勧めてくるQBを見て、「あ、コイツあかん奴や」と確信した。

  4. 名無しさん より:

    このマミさんをマミってるシャルロッテが後にああなるとは予想だにつかなんだ

  5. 名無しさん より:

    3話まで大人しくご新規さんを見守っていた古参の微笑みがジル卿(術)の優しい微笑みにしか見えません

    さあ、扉を開けていくんだ
    一人で行けるね?

  6. 名無しさん より:

    3話の衝撃は筆舌に尽くしがたし
    この話終盤までマミさんのことを好きになりかけてたけど一気にぶっ飛んだ
    でも翌週にはどうでもよくなりなりましたわ

  7. 名無しさん より:

    作品としては傑作だけど、作風でヲタ以外の知名度はないし、むしろ敬遠されてるのが勿体無い
    アニメってだけで敬遠されるのに、「面白いから見てみろよ」って勧めにくいのがなあ

    • 名無しさん より:

      面白いよって勧めてもやっぱり「絵がちょっと・・・」とアニメを見る人ですら言うからなあ
      キャラデザはアンパンだけど戦闘シーンがサイケデリックで音楽も良いから!って押し付けてる
      結果、見た人からは良い評判だった

    • 名無しさん より:

      放送当時は、オタ以外の一般人も結構見てるって話題になってたけど、今からリアルタイムの話題性なしに薦めるのは難しいかもね。

  8. 名無しさん より:

    まりもちゃんか

  9. 名無しさん より:

    皆マミさん好きなんだなぁ
    俺はなぜか好きになれなかったんだよな
    なのでそこまでのショックはなかったな当時・・・
    たぶんホムホムへの態度が一方的だったからだと思うんだけど

  10. 名無しさん より:

    個人的な評価はエヴァンゲリオンが20年かかって出来なかった事を
    テレビで一回、劇場版でもう一回やったって事で色んな意味でアニメの突破口になった作品だと思う

    • 名無しさん より:

      やろうとしていることが全く違うのになんで比較するかな

      • 名無しさん より:

        エヴァ的な話が2000年台を支配してたと個人的には思うし
        ある意味、それを打破するターニングポイントになったとは思う
        こういう話の進め方で良いんだと

  11. 名無しさん より:

    あらかじめ鬱モノだとネタバレくらってたからそんなに衝撃なかった
    だがそのネタバレ無ければ視聴すらしてなかっただろう。どうしようもないな

  12. 名無しさん より:

    血だまりスケッチとかこのころから呼ばれ始めたね

    • 名無しさん より:

      いやいや、キャラデザ:蒼樹うめ、脚本:虚淵とリークされた瞬間にもう呼ばれ始めてたよ。

  13. 名無しさん より:

    海外の3話ルールってこの辺から始まったんじゃなかったっけ?

  14. 名無しさん より:

    鎧武面白かったやん! 虚淵作品の集大成みたいな感じだったし。

  15. 名無しさん より:

    キャラや世界観はすごく良かった。一つだけどうしても引っかかってしまったのがキュウベイの正体だ。あそこの語りはすごく良かったが今更アレは古いわって冷めてしまった記憶がある。

    • 名無しさん より:

      彼のアイデンティティはその存在の倫理を超越した残酷さと機械的な不気味さにあって、背景の事実関係は正直大した意味を持ってないと思うの。

  16. 名無しさん より:

    マミられたシーンの初見さんの反応を薄ら笑い浮かべて待ち構えていたなんて。
    お前ら血も涙もないQBなのか?この人非人どもがww

    • 名無しさん より:

      ベェさんは、別に愉悦を感じてるわけじゃないけどな。
      希望と絶望の落差を高めるために、粛々とえげつないことを仕組んでるだけ。

  17. 名無しさん より:

    さんざん評判を聞いていて、内容もそれとなく知っていたが、wowowで一挙放送された時初めて見たが、この場面は確かにショックだった。
    NHKでプロデューサーが語っていたが、確かにマイルドに配慮した映像だったのにね。
    QBの目的やら最終的なまどかの変身やら突っ込みたい人はあるのもわかるけど、見ているときはそれを感じさせないジェットコースターな演出に圧倒されて、感動して涙涙の一日だったよw

  18. 名無しさん より:

    >●第三話の反応を観るのは本当に退屈しないよ。

    いやもうマジで。
    がっこうぐらし1話ラストの反応もそうだけど。

    そんな自分は3話放送からだいぶ経ってから視聴したクチだけどな。
    「魔法少女モノかぁ・・・ま、気が向いたら観よう」と思ってたら、やけに良い評判を聞くので興味が沸いて視聴。
    ネタバレはされなかったけど、魔法少女モノでこの評判って事は、絵柄とのギャップ系かな、だったら自分好みだわ、と予想はしてた。
    多分、どシリアスな展開になるんだろうな・・・ていうかなって欲しい、と期待。
    昔、同人ゲーでコープスパーティーみたいなのをやってから、可愛い絵柄とのギャップがある作品に飢えていた。
    そして3話視聴・・・「おっしゃあああああああああああああああ!!!」

    期待以上でした。

コメントを残す

サブコンテンツ