機動戦士ガンダムユニコーン第5話:海外の反応「なぜジンネマンはバンシィを回収しなかったんだ?」

image17

 

RedditMALより翻訳

image1

●バンシィがシャンブロの残骸を破壊しているのに気付かなかった。

image2

●ブライト艦長はバナージを躊躇することなく助けたね。彼はかなりいいね。

●ブライトは第5話では非常によかった。

●ブライトがバナージにアドバイスをしているのはよかった。
彼はガンダムのパイロットに選ばれた3人(アムロ、カミーユ、ジュドー)を見てるからね。
彼の言うことは絶対に信用できる。

image4

●HEY! カイとイルマが出てきた。

●この第5話はゼータガンダムと関連する点がたくさんあってよかった。
スパイのカイ・シデンとベルトーチカ、ガルーダ、アッシマーの後継機とか。

image5

●この話で一番いいシーンはオットー艦長がクルーにお茶を吐いているところだ。
ソファのメンバーの顔は最高だった。

●このシーンのちょっと前にゼログラムのサイズのミヒロ少尉の胸を目を開けて見てるよね。

image6

●ブライトがバナージを過去のガンダムのパイロットと比較して、アムロの写真に語りかけてるのがよかった。


●ブライトがアムロの写真に話しかけている。
アムロを殺さないでほしかった。

●↑アニメが続く限りアムロは行方不明者扱いだよ。戦死者扱いじゃない。

image7

●ブライトがバナージの腕をつかんだとき、ブライトがバナージをひっぱたくかと思ったのは私だけか?

●ひっぱたけばバナージはまっすぐになるのに。

image8

●ジンネマンはいまだにかっこいいね。
飛行中のガルダにベースジャバーとケーブルを使って乗り込んで、気を失ったけど、気が付いて戦ってるガンダムをかわしてマリーダを助けた。

image9

●少なくとも装備の面では黒いユニコーンがベストのユニコーンだろう。
振動する爪は実用的じゃないかもしれないけど、かっこよかった。

image10

●このシーンを見て以下のようなやり取りをするかと思ってしまった。

ミネバ:待ってたわ。バナージ、私を受け止めなさい。
バナージ:またかよ?たわごとはやめてくれ。オードリー

●↑「私はミネバ・ラオ・ザビである。農民よ。私を助けなさい」じゃないの?

image11

●バナージがミネバをキャッチしたシーンは素晴らしかった。

●↑そのシーンは好きだけど、レントンがエウレカをキャッチしたときも同じに感じたよ。


●ミネバとバナージのシーンは素晴らしかった。
彼女は落ち着いて空を落ちて、私を捕まえなさいと言っていたね。

image12

●マリーダがリディをバンシィの武器で切り裂いたときは微笑んでしまった。

●バンシィはフ〇キングビーストだろ。すごすぎる。


●リディはとてもかわいそうだったね。でもバンシィはリディの物になるんだけどね。

●↑デルタプラスのほうがバンシィより価値がある!あのシーンは泣きそうになった。

●↑次の話でリディはバナージを殺すためにバンシィに乗るような気がする。


●リディのことはこの話であまり気にしなかったけど、デルタプラスは絶対に治すに値する機体だ。

●デルタプラスが空き缶のように粉砕されたときは身が縮む思いがした。

image13

●マリーダの行動を見てると、ビストとジンネマンの違いがよくわかるね。
ビストは力と恐怖でマリーダを再調整したけど、ジンネマンは愛の力で再調整した。

image14

●ユニコーンのサイコフレームがグリーンになったところが良かった。

●サイコフレームの発光は素晴らしかったね。

●サイコフレームが緑になってるのはシャアとアムロの最後の戦いで起こったことを思い出させる。

●OOガンダムもツインGNドライブから緑の光を出してたよ。

●アムロが出てきたところとサイコフレームが緑になったところは、逆襲のシャアを思い出すね。

image15

●グリーンのサイコフィールドでは何が起こってるんだ?
隕石のコースを変えた逆襲のシャアの最後のシーンの緑の光みたいだ。

image16

●リディの行動は第6話のモチベーションになるだろう。

●バナージとリディはコインの裏と表のように見える。

●リディとミネバとバナージの三角関係になってきている。
最終話でバナージ
vsリディになるような気がする。

●ミネバが自分じゃなくバナージを選んだからリディは気が変になるだろう。

●リディを見てるとスターダストメモリーのコウに起こったことを思い出す。

image17

●私を悩ませる点は、なぜジンネマン艦長はバンシィをガランシエルに回収しなかったのかということだ。
芸術的なモビルスーツを放置したままにしておく理由なんてないだろう。

●↑マリーダに気を取られてたんだよ。
私だったら彼女をニュータイプの疫病神みたいに厄介な魔法のコクピットに戻したくないね。


●彼らはリディのためにバンシィを残していかなければならなかった。
リディはバンシィのことをどれだけ憎んでいても多分後でパイロットになるだろう。

●ヤンデレリディがバンシィに乗っているのを見るのが待ちきれない。

image18

●ドコスギア級のゼネラルレビルが出てきたのは良かった。

image19

●アンジェロがフル・フロンタルのシナンジュのために道を作っている方法はかなり素晴らしかった。

●↑その通り!
あれを見てアンジェロに敬意を抱いたよ。


●第5話で初めてアンジェロを見てよかったと思ったかもしれない。

image20

●ローゼンズールが生意気なお辞儀をするのがとてもたのしいね。

image21

●最後にフル・フロンタルが飛んできたのはよかった。


●ミネバがクレイジーなのか、マリーダがクレイジーなのかそれともどっちも?

●↑どっちもだよ。

●↑ミネバは他の慈悲深くない独裁者と同じぐらいクレイジーだ。


●バナージとジンネマン、マリーダ、ミネバの役割が強くなってきている。
リディはかなり厄介だけど、最終的に自分の行動の理由と背後にある重要性を最後に見ることになる。

●第5話全体で基本的にみんなバンシィから逃げていたね。
ジェスタ、アンクシャ、ギラズールも。
デルタプラスでさえ殆ど何もできなかった。

●バンシィが新装備でフル・フロンタルと戦うのを見るのが待ちきれない。
バナージも新装備が必要だと思う。

●私にはバンシィがガンダムMK2のように見える。

●リディがミネバをバナージから離そうとしているのは気に食わなかった。

●バナージが地球連邦とジオンの両方の立場に立ってるのが好きだ。
ガンダム
SEEDのアスランを思い出す。

 

5 Responses to “機動戦士ガンダムユニコーン第5話:海外の反応「なぜジンネマンはバンシィを回収しなかったんだ?」”

  1. マジひくななしさん より:

    >00ガンダムもツインGNドライブから緑の光をだしてたよ。

    こうゆうヤツはたいてい現実の会話でも、別の二人の会話に「外角高めの若干ボール球」みたいな内容の第一声で割り込んでくる。
    それだけならまだ良いけど、だいたいかみ合わない会話でフォアボールして何故か満足げに去っていく。

    どこの国にもいるもんだな。

  2. マジひくななしさん より:

    これは翻訳の内容に怒ってるのか別のガンダムの話を持ち込んだから怒ってるのかによって捕らえ方が変わるぞー。
    もうちょっと広い心で見ようね。

  3. マジひくななしさん より:

    >ゼログラムのサイズのミヒロ少尉の胸
    どういう意味かな?ミヒロ普通にでかいし。

    ここ、いつの間にか右クリックとか禁止になってる?
    コピペできないの不便だと思うんだけど。

  4. マジひくななしさん より:

    外人さんなんでそんなこと書いてんの?ズレてんなーってコメントがいくつもあってもやもやするな

  5. マジひくななしさん より:

    ブライトさんの言葉には含蓄があるね。バナージが飛んできた時のオードリーの嬉しそうな顔も良かった。ユニコーンの中では3話5話が特に好き。

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。


サブコンテンツ

Sponsored Link


Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38