デュラララ!!×2 結第9話:海外の反応「今回はめちゃくちゃで完全に行き過ぎだ」

 

View post on imgur.com

「こりゃ買いかぶられたもんだな!」

●我らが赤林が輝く時が来た。。。訳じゃないのだろうか。
でもまあ、きっとどこかのポイントで何かカッコ良いことをしてくれるんだよね?

●↑赤林は、現実にいる人々の中でときどき見かける、傷だらけでタトゥーだらけの若い頃の武勇伝はたくさんあるけど、静かに座ってお茶を飲むことを好む人のようだ。

View post on imgur.com

●杏里の待ち受けが独尊丸だ。

●↑見た感じファーストシーズンで静雄の弟がお守りとしてあげた写真のようだ。
彼を胸に座らせて撮ったファンへのサービスショットの一枚だ。

●↑それはセカンドシーズンだよ。

View post on imgur.com

「もしものことがあったら、ハードディスクと同人誌はゆまっちにあげる。」

●絵理華は素晴らしい友達だ。

●↑絵理華とウォーカーはマジで理想の間柄だ。

●↑彼女がどんな同人誌を持っているのかがとても気になる。

●↑ほとんどBLだろう(笑)

●↑そんなコメントするなんて皮肉なものだ。
これまでデュラララの中で見つけた同人誌は、ほとんど全部静雄と臨也が中心の物だった。
変な感じだった。

View post on imgur.com

●今回は物理的にめちゃくちゃで完全に行き過ぎだ。
ダブルT型鉄骨梁がすごい勢いで臨也に振り下ろされたときに軽く足の位置を直してその衝撃を吸収し、歩き続けていたことは気にしないことにしよう。
どうやら、二酸化炭素は非常に可燃性があって、マッチの炎だけで爆発するらしい。
もちろんその爆発を、臨也は柱の後ろに立つことによってよけていた。
そんなに悪くはないが、非常にばかばかしい。

●↑指摘してくれてありがとう。
彼らはCO2を燃やそうとしていたってこと?!
どうやったらそんなことできるんだ。

●↑きっとあれは窒息するだけでなくて可燃性もとても高い一酸化炭素なんだと思うよ

●↑まあ、臨也はいつでもすぐに歩くことはない。

●↑自分はガスボンベが無かっただけに、二酸化炭素と実際のところ可燃性ガスがあったと信じることを選択するよ。

View post on imgur.com

●静雄の完全クレイジーモードが見られてすごく満足。

●↑もっとほしい!!

●↑彼がほしい。

●↑ほしくない人なんているのか?

●↑臨也

●↑臨也は静雄を殺したがっていた。
ある意味彼をほしがっていたと言えるだろう。

View post on imgur.com

「はい、母さん」

●自分はこのアニメが大好きだ。
だけど、忌々しいことにもうすぐ終わってしまうのに未だに何が起こっているのか良く分からない。
誰か教えてほしいのだけど、どうして贄川春奈はあの男のことを母さんと呼ぶのだろう?
彼女こそ罪歌を持っている人物なのだと思っていた。

●↑彼女はあの男に罪歌の力を渡して自分を彼にコントロールさせているんだよ。

●↑待ってくれ、春奈は隆志に罪歌をあげた訳ではない。
隆志は鯨木に切られたが、復讐(1期で彼に対して不当な扱いをした全ての人々に対して)の決意によってそれを乗り越えた。
罪歌の力を持っている鯨木を克服した後、彼は潜在的な罪歌の力を実験し、人々を切って操る方法を学んだ。
春奈は隆志が罪歌の力を持っているとは思っていなかった。
彼女は彼を切って操りたいと思っていた。
しかし隆志の方が強く逆に彼女を捕らえて支配してしまった。

●↑いったいいつ鯨木は彼を切ったんだ?
彼女が切っていないとは言わないが、隆志を切ったのが鯨木だと判明したのはいつだ?

●↑そのシーンがあったわけではないが彼は要所要所でその点に触れている。
考えてみるとアニメではそのシーンはカットされていたかもしれない。。。
しかしどちらにしても同じことだ。
春奈が隆志を切っていなかったとしても彼女は絶対にそうしたかったには違いない!
1期では、杏里も罪歌の使い手であることが明らかになったとき、杏里によって阻止されたが、春奈は隆志を切りつける寸前だった。

View post on imgur.com

「どうせ自業自得だろうと思った。」

●森羅の臨也に対する分析は驚くほど素晴らしかった。
この番組がどれほど良く描かれているか、感心しなかったことが無い。

●結局森羅は罪歌を克服したのだろうか?
彼は回想シーンの中で臨也に悪魔になる話をしていた。
それは多分彼が人間ではなくなっていく気がしていたからなのだろうか?
ああ、セルティが頭を取り戻したところがもっと見たかった。
でもあと3話を残すのみとなった今、それは恐らく時間の問題だと思う。

●↑いや、それは愛だよ!
罪歌は愛すること(罪歌独自の狂ったやり方だが)によって人々に乗り移る。
しかし、森羅はセルティをとても愛していたから(彼独自の狂ったやり方だが)、それが罪歌の愛に勝ったのだ!

●↑自分に言わせるなら、罪歌はモンスターではなく人間を愛するからだということになるだろう。森羅は臨也とまさに正反対で、人間には全く愛情を持たず、セルティの中にあるモンスター性だけを愛した。
自分の小説で読んだ記憶が正しければ、罪歌は森羅のセルティへの愛にとても混乱していた。

●↑そうなると聞きたいのはもし臨也が罪歌に切られたらどうなるのだろうか。
究極の罪歌になるのか、それとも全く影響を受けないのだろうか?

●↑彼は全ての人間を愛している。
彼らはお互いを補完するので、彼の性質は罪歌と同類になるだろう。

https://www.reddit.com/4c1omu/より翻訳

 

2 Responses to “デュラララ!!×2 結第9話:海外の反応「今回はめちゃくちゃで完全に行き過ぎだ」”

  1. 名無しさん より:

    クライマックスの反応が楽しみ

  2. 名無しさん より:

    ややこしすぎる~
    これは翻訳するの大変そう
    管理人さん、いつもありがとうー!

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38