【韓国人の見解】日本が明治維新をしてなかったら西洋に征服されてた?【韓国の反応】


●韓国人(スレ主)

あるYouTube放送を見て分かったんだけど


もし薩摩、長州で積極的に西洋の文化を受け入れることができず、幕府将軍を中心に鎖国政策を
していたら西洋に征服されたでしょうか。 まるで朝鮮興宣大院君のように鎖国して時代の流れ
を掴むことができず、結局、西洋ではなく日本に併合される恥辱を受けます。


■韓国の反応

●韓国人
そうだったかもしれません。当時、幕府も西欧化を進めましたが、果たして明治維新の頃まで進んだかどうか分かりません。


●韓国人
朝鮮は興宣大院君だけが問題ではなく、国家的にすべての人々が開放に対する考え方を持っていました。 日本は明治維新の百年前から商業的には西方と絶えず交流をし、おかげで思想的には西方の文物や思想に比較的マインドが開かれていました。


●韓国人
参勤交代が可能なほど中世日本の経済力や政治力はもう十分でした。当時、江戸はすでに世界人口最大の都市であり···


●韓国人
興宣郡の鎖国は興宣郡のせいではなく、当時の朝鮮人のレベルでは合理的で通常的な判断を下していました。


●韓国人
そこは征服されやすい恰好じゃないんですよ。


●韓国人
幕府の言葉だけで、その頃は大名たちが弱くなく、明治維新がなかったら韓日併合はなかったでしょう。






●韓国人
優れているのは正しいです。江戸(東京)湾で西洋の軍隊が海洋都市を蹂躙した時、西洋の力が分かるようになったにもかかわらず、幕府はただ手を引いたんです。


●韓国人
日本に比べて他国と交流していないのが大きな問題ですね。結局マインド対マインドですね。


●韓国人
あまりに激動期なので; どうなっているかは想像できません。


●韓国人
大名たちの力が大きかったですね。しかも、日本が島なので、韓半島は(中国、ロシア、日本、他の西洋国家)介入しやすかったんです。


●韓国人
そうです。


●韓国人
結局、朝鮮の持つ地形的なデメリットの違いもありました。 実際、新羅や高麗時代までは国際貿易や海軍力は日本に引けをとらなかったのですが、北方民族との関係で半島は海上で力を失い、貿易通商では後進国となりました。 日本は大陸の侵略は無視してもいいし、舞台が海上に移っていったし、そのおかげもあります。


●韓国人
結局平和な時代が続き、宗教と政治は原理主義的に陥り、清と日本が変化する時、朝鮮は世界でその変化を遂げていくどころか、認知すらできていないことに問題があると思います。




●韓国人
壬辰倭乱、丁卯胡乱など北南方で侵攻を受けたので、海軍力が弱くなり貿易も自然に減りましたね。日本は英国のように海軍力で海を守るだけでいいですから。


●韓国人
当時の知識人たちの鎖国主張文を見れば説得できます。 本当に論理的です。


●韓国人
はい、朝鮮が時代の流れを掴めなかったのが大きいですね。実際、戦争は起こらなく200年間平和であり、数百年前に内戦を繰り広げた日本より発展が遅れていたんです。


●韓国人
はい、当時の学者たちが見ると西洋文化は本人たちが感じるには枠組みを崩す程度を越えたと思うからです。


●韓国人
日本はどうであれ国全体が被植民支配を受けることは無かった可能性が大きいと思います。中国も国全体が動いているわけではありません。 両国とも基礎階級や能力そのものが高い国でした。


●韓国人
はい、他の外国勢力に征服されずに多くの国から干渉を受けたのでしょう。


●韓国人
実は清の時代、すでに狂ったように取り残された国でした、朝鮮は…





https://cutt.ly/akWLtlB
その他より翻訳、引用


コメント

1 3 4 5
  1. 名無しさん より:

    なんで朝鮮人には明治維新前の日本が未発達なことになっているんだろうか?世界初の小説とか色々文化的な発展を平安時代には始めてるんだけどな。
    遣唐使、遣隋使とか知識の輸入をして国に役立てるぐらいには政府的な組織もしっかり機能してたし。
    てか属国がずっと続くと自分のものがないから自国文化なのか他国文化との融合して発展させたものなのかの境界線とかわかんね〜のかな?

  2. 名無しさん より:

    幕府が最も西洋化してたのにwwwww

  3. 名無しさん より:

    雄藩連合か公武合体政権か幕府主導かは分からんが近代化は必至だよ

  4. 名無しさん より:

    ttps://www.chuko.co.jp/shinsho/portal/110087.html
    聖徳太子や秀吉が、昔からやってきた安全保障だからな。
    戦後が異常なんだよ。

1 3 4 5
コメントを書き込む

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ