// PCで表示させたい内容

【海外の反応】「この州を落とすと負ける・・・」アメリカ大統領選、過去全ての選挙結果を振り返る動画が話題。


応援クリックよろしくお願い致します!

人気ブログランキング




日本時間の4日の朝から開票が行われるアメリカ大統領選。過去全てのアメリカ大統領とその選挙結果が分かる動画が話題になっており、たくさんのコメントがありましたのでご紹介いたします。

■動画はこちら



■海外の反応

●とある外国人
正直なところ、党名を削除して、私たちが本当に良いと思う候補者に投票しましょう。私たちは本当に二大政党制が必要ですかね?(二大政党以上あることを知っていますか?)? 政党に所属していなければ、郡ははるかに良くなるよ。


●とある外国人
政治家は党に忠実ではなく、 彼らは人々に忠実でなければなりません。


●とある外国人
事実:レーガンはミネソタの0.18%、4000票を失っただけ。


●とある外国人
ロナルド・レーガン:私に投票してください。
ミネソタ:いいえ


●とある外国人
1.フランクリン・ルーズベルトだけが2期以上大統領。
2.アメリカの投票は、政党に基づくのではなく、大統領の人気と約束され、そして行われた政策に基づいているようだ。


●とある外国人
ヒラリーは99%の確率で勝つ可能性があった。しかし..しかし..

↑●とある外国人
ヒラリーは最悪の大統領にならなかったよ、ニクソン大統領のようにもっと悪い奴がいたからね。




●とある外国人
そう言えば、なぜジェラルド・R・フォード大統領が居ないのを疑問に思ったんだけど、副大統領と大統領の両方が選出されなかった結果、大統領を務めたのは彼だけだ。 🤣

(注:1973年にスピロ・アグニューが副大統領を辞任した後、大統領指名と上下両院の承認を得て副大統領に就任した。これは史上初のケースである。さらに翌1974年にはリチャード・ニクソンの大統領辞任を受けて大統領に昇格した。現職として戦った1976年の大統領選挙には敗れているので、2020年現在、合衆国大統領選挙に勝利して選出されたことのない唯一のアメリカ合衆国大統領である。wikipediaより)

↑●とある外国人
ディックニクソンは辞任したらかね。フォードは彼の任期を終えたが、 1976年にジミー・カーターに敗れたんだ。


●とある外国人
ジョー・バイデンの集会は地下室で開催されています。


●とある外国人
地滑り的勝利がいくつもあったことに正直驚いているよ。


●とある外国人
事実:共和党の色は元々、組合を表すために青でしたが、レーガン大統領の時に赤になりました。


●とある外国人
カリフォルニアの何年もの間「赤」(共和党)だったのを見て驚いた。彼らはその色に戻らなければいけない。

↑●とある外国人
もう洗脳されてるから無理だろ。

↑●とある外国人
次の選挙まではな。


●とある外国人
なぜトランプはクリントンよりも票が少ないのに、勝っているのか? この方法は好きじゃない。
(注:選挙人の数が多い方が当選します。過半数は270人。ある州で勝つとその州に居る選挙人の数を勝者が総取りするシステムなので、投票総数が少なくても選挙人が多い州を抑えると当選することになります。)


●とある外国人
今年の選挙が1972年のようになることを願っています…悲しいことに、彼らはバイデンを就任させるために不正行為をします。 彼らは狂っている。




●とある外国人
勝つ可能性がゼロの候補者に投票をする人が多くいることに驚くな。でもそれが投票です。リードしたい人を選択してください。


●とある日本人
11月3日にマップ全体が赤くなります!


●とある日本人
フランクリンルーズベルトが4回連続で大統領に勝っている


■管理人から一言
↑この時に中国、ロシア側に傾く民主党政権が強くなく、日米開戦に反対していた共和党が政権を握っていれば日米は戦争にならなかったかもしれませんね。


また、よく見てみると最近の選挙ではFL(フロリダ州)、OH(オハイオ州)を取ると必ず勝っているという法則があるようですね。
ブッシュJr(共和党)がクリントン(民主党)から政権を奪取した時もその2州を取っていますね。

※クリックして拡大

今度はそのブッシュJr(共和党)がオバマへ(民主党)政権が移った民主党がこの2州を取っています。
※クリックして拡大

そして前回、トランプが勝った時もこの州を共和党が獲り赤く染まっていますね。今回はどうなるでしょうか?
※クリックして拡大



応援クリックよろしくお願い致します!


人気ブログランキング

7 Responses to “【海外の反応】「この州を落とすと負ける・・・」アメリカ大統領選、過去全ての選挙結果を振り返る動画が話題。”

  1. 名無しさん より:

    >フランクリン・ルーズベルト
    独裁者よね

  2. 名無しさん より:

    二大政党制って、大きな政党がふたつある、という意味ではない。大政党がふたつあるという意味だ。

    大政党とは、あらゆる問題の賛否両論を党内に持ち、常に討議しあっている政党ということ。これならばドッチが勝っても党内の討議を通じて反対派の意見も考慮され続ける。「二大政党制とは本質的には同じものなのだ。でないと負けたほうは勝ったほうに従えないではないか」

    共和党はトランプのおかげでこれが出来ている。トランプが無茶ぶりするから突っこみ入れざるをえないので。民主党は在野なので政権奪回のために党内議論をペンディングしてしまう誘惑にまけそうだ。

    • 名無しさん より:

      >二大政党制って、大きな政党がふたつある、という意味ではない。大政党がふたつあるという意味だ。

      言葉遊びしてるだけじゃん

      二大政党制って、単に大きな政党がふたつある、という意味ではない。政権を担う能力がある政党がふたつあるという意味だ。

      とでも言ったほうがいいと思うが?

  3. 名無しさん より:

    いい加減アメリカ大統領選の話題飽きたわ
    ここは一体どこの国だよ?

  4. 名無しさん より:

    選挙人は何なのか未だに良く分かってない。選挙人って何者?政党の候補者?

  5. 名無しさん より:

    戦争はアメリカも民主党が起こすもの(例外は湾岸戦争)そして必ずマスコミや世論が後押しします。もし今回もマスコミ指導で民主党バイデンが勝てば米中の戦争の確率が高くなります。何故か//民主党は敵に常に譲歩します、今後中国にも譲歩していきます。しかしそれが過ぎると中国は調子に乗っていいように振舞いますよ、そこで米国の民意が爆発するんです・・・

  6. 名無しさん より:

    勝者総取り方式はやめればいいのに

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ