暑い夏、中国人観光客、納豆、日本を旅行していて、日本で最悪だった事って何?海外の反応

(スレ主)
私はいつも日本について良い事ばかり聞きますが、日本の悪い所はなんでしょうか?
皆さんがどう思っているか聞きたいです。


●暑い夏


●うるさくて失礼な中国人のグループツアー



●↑たしかに。
なんで中国本土の人は自分の国のように振る舞うのが理解できない


●空港から自分のステイ先までの行き方


●言葉の壁

●中国人観光客

●超硬いベッド


●自分が外人なんだと思わされること

●飛行機



●和式便所

●外にゴミ箱がない


●187センチ以上だと頭をぶつけること

●ベンチや座る場所が公共の場にないこと

●ホテルの枕とベンチがないこと

●静かにしなきゃいけないというプレッシャー

●もっとカードを使える場所があればいいのに



●階段がありすぎる


●違う都市に行ってから大阪に行くとエスカレーターの立ち位置が逆なこと


●納豆、まじで


●日本を去ろうという時の4キロ分の小銭

●大きな駅(特に東京)での案内、たくさんの出口


●混んでる電車やバス

ttp://bit.ly/35ZJkPxより翻訳

14 Responses to “暑い夏、中国人観光客、納豆、日本を旅行していて、日本で最悪だった事って何?海外の反応”

  1. 名無しさん より:

    外国人が多い。

  2. 名無しさん より:

    納豆は注文しなきゃいいだろ
    強制的に食わされたのか?

  3. 名無しさん より:

    小銭貯めるバカガイジン多いなぁ。

    偉そうにしてるんだから、小銭の計算ぐらいできろよw

    偉そうにほざいてるだけで、軒並みバカなのか?やっぱりw

    • 名無しさん より:

      便利なものがあると人は退化するんだよ
      正確に言えば便利なものに慣れた後それが無い状況に出くわしたとき
      その事態に対応するため”しっかりする”事が面倒になる

      今は俺、GoogleMapsが使えないと迷子になるし
      そもそも携帯電話がなかった時代に一体どうやって人と待ち合わせできていたのか
      考えるのも恐ろしい

      なんでキャッシュレス決済に慣れた人が「チマチマと小銭つかってらんない」
      ってなる気持ちも想像はできるかな

  4. 名無しさん より:

    納豆なんて腐ったモン頼むとか、チャレンジャーやのう

  5. 名無しさん より:

    やはり中国人観光客が公害なのは明らか
    なのに韓国便の空きを中国の便で埋める空港はどうかしている
    台湾、韓国も中共により渡航制限され経済に影響が出ている。
    こんな国の観光客ばかり増やしても風評被害や治安悪化の懸念もあるのに日本の空港は何か賄賂でも貰っているのかと疑いたくなる。

  6. 名無しさん より:

    自分が外人だと思わされることって、それも込みで楽しむのが海外旅行ちゃうんかい

  7. 名無しさん より:

    魚と和食アレルギーの自分は醤油の
    匂いがすると、気分が悪くなる。
    朝はシリアルがいいのにビジネス
    ホテルの朝食バイキングに和食の
    メニューがあるのが我慢できない。

  8. 名無しさん より:

    日本は余程良い国な様だね。口の悪い彼等が論っても、出て来る事案はツマラナイものばかりだ。

  9. 名無しさん より:

    学校の英語の先生は日本をリスペクトして、
    米国帰省時以外はヴィーガンを通してくれてる。
    殺生はブッダの教えに反するから
    お寿司も助六寿司だし、昆布のおにぎり
    以外は食べない。
    関西だからうどんは昆布だしを好んでる。
    いりこの讃岐うどんやかつおだしの
    関東のうどんは絶対に食べない。

  10. 名無しさん より:

    もっとカードを使える場所があればいいのにとか
    無料wifiが少ないとか言われるけど
    アメリカだって個人の小さな店はクレカが使えない所が多いし
    wifiがあるところも少ない
    日本だ遅れてるみたいなこと言うのは中韓と欧州のいくつかの国だけで
    中韓なんて無教養で原始的な人間しかいない後進国を
    羨ましいと日本人は思わないしなw

  11. 名無しさん より:

    スーツケース持ってると、日本の駅はエスカレーターもエレベーターも探すの大変だと思った。分かりにくいのよ。

  12. 名無しさん より:

    最悪のもの?

    中国人観光客と、酔っ払った白人観光客でしょ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ