// PCで表示させたい内容

韓国漫画のワンピースのような作品だよ!韓国の人気漫画(マンファ)神之塔 アニメ2020年春に放送開始決定 海外の反応

全世界累計閲覧数45億以上を誇るウェブコミック『神之塔』のアニメ化が決定し、『神之塔 -Tower of God-』のタイトルで2020年春の放送が明らかに。
合わせて、一度も太陽を見たことがなかった少年“夜”、星空を追い求める少女“ラヘル”が描かれたティザービジュアルがお披露目となった。
『神之塔』の原作は、2010年から韓国の「NAVER WEBTOON」にて連載がスタートした、SIU(シウ)によるコミック。
2018年には「LINEマンガ」を通じて日本でも連載され、現在28か国語に翻訳されている。
https://animeanime.jp/article/2020/02/07/51451.htmlより引用



●マジか、こんなすぐに来るとは!どのスタジオ?

●↑日付がまだ発表されてないのが怖い。
普通、高品質のプロダクションなら少なくとも2シーズン前に発表される。
作品がダメにされなきゃいいけど。
神之塔のチャプター数が非常に多いから、時間をかけてペースを落とさないようやって欲しい。
どうせ最初の頃はそんな面白くもなかったから期待せずに見ようと思ってるけど、アニメの方が面白いだろうと踏んでる。

●↑昨年8月に発表されてるし、明らかにとっくにプロダクションに入ってるぞ。


●漫画もマジお勧め。
ファンタジー版ゲームオブスローンズ的な。(単純に分類するのも嫌だけど)。
政治的な陰謀や層、裏切り、Hunter x Hunterみたいなパワーシステムとか世界感があって素晴らしい。
ワンピースやキングダムみたいな素晴らしい長編になるだろう。


●自分だけなのか、それともアートワークにCGが入る可能性はある?
どっちにしても春が待ち遠しい。

●↑見た目がいい限り大丈夫。
だってヴィンランド・サガと鬼滅の刃を見てみろよ。

●↑スタジオによるだろうけど鬼滅の刃はufotableだったからね。
CGのアクションに関してはベストのスタジオだよ。



●アートスタイル最高。
神之塔、シーズン1は傑作だったから待ちきれない。


●これ本当??
オーマイガー、ちょーテンション上がる!
アニメ化も成功して欲しい。
漫画じゃないから、どうアニメにするのか興味ある。

●↑なんで漫画とアニメが違うと思うの?
このシリーズや「ウェブ漫画/マンファ」のことはよくわからないので、どうして違うのか興味がある。

●↑いい作品。
世界感は独創的で素晴らしいキャラクターとたくさんの悪役が塔にいて、
悪役がタワーで何をしているのかについての話を聞くだけでも面白い。
サイドキャラクターでもキャラの成長があるから、ある意味ワンピースのよう。

●↑キャプテン翼みたいな感じ。
時々少年まんがっぽい。
作者が日本人じゃないから、ジャンルを知ってもらうための文化的な負荷が少なくなる。

●↑キャラクターは非常にクールだけど、ワンピースのキャラクターと同じように非常に静か。
ストーリーを驚くほど素晴らしいものにしているのは、世界の構築とキャラクターの相互作用 。
でも過去をめぐって多くの陰謀と謎があって、塔を登っていくのが楽しみ。

●↑現時点で知っているのは、日本のスタジオでアニメ化されているということだけ。
日本語で吹き替えられると思うけど、このプロジェクトは内緒にされてるから現時点ではわからない。



●アニメの最初のシーズンがマンファのシーズン1全体をカバーするといいな!
最初のシーズンの24-26エピソードをやってくれたら最高!


●デザインがしっかりしてる。
日本のスタジオが制作してるって発表されたんだろ?
どこだろう。
キャラクターのデザインみてると虚構推理っぽいけど。


●読んだことないけど、周りの人が素晴らしいと言い続けている。
春のシーズンが待ち遠しい。
素晴らしいアニメ化、さらに面白くなる続編、興味深い原作。
素晴らしい組み合わせ。


●声優は重要。
対話や独白で説明される多くの規則や背景があるから、聞き心地の良い声なら聞いていられる。
漫画でたくさんの文字を読むのは難しいけどね。
それか、アニメで可能な限り物語を視覚化するとか。


●知らない人に言うと、これは韓国のWEBTOONのワンピースのようなもの。
永遠に感じられるくらい続いていて、死んだ後もずっと続くだろう。
本当に信じられないくらい!


●このシリーズの唯一の問題は、MCがどれだけ成長しても彼はまだ力を抑えていて、
クリエーターはもれを勿体ぶって引き伸ばし続けるんだろう。


●アニメーションがうまくいくよう祈ってる。
七つの大罪みたいになりませんように…

ttp://bit.ly/2SAmZmqより翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ