// PCで表示させたい内容

海外の反応「1万年前はライオンが広範囲に生息した陸上哺乳類第二位だったことが話題に」


1万年前はライオンが人間に次いで、広範囲に生息した陸上哺乳類第二位だったことが話題になっていたので紹介します。

●(スレ主)
1万年前はライオンが人間に次いで、広範囲に生息した陸上哺乳類第二位だったことを今日学んだ。
その存在はアフリカ、ユーラシアとアメリカに渡ってい跨っていた。


●北米からアフリカに広がったチーターもいい線いってる。

●↑アジアーイランにまだチーターがいたことを少し前に知って、かなり驚いたよ。

●↑多くの人がインドに今だサイやライオンがいるって事実に驚いているよ。

●↑それどころかインドには最も様々なのネコ科種がいる。

●↑つまりインドは基本的に地球のキャットランドということか。

●↑そんなニオイがぷんぷんする。


●古代ギリシャで知られているけど、どうやらアッシリア兵はライオンを王への税として狩る描写しているようだ。

●↑ジョージアでも同じだよ。
コーカサス山脈出身なのさ。

●↑ジョージアには今でも沢山のライオンが要るよ。
特にアトランタ動物園はね。

●↑アトランタに動物園ができるまでは。

●↑アトランタだけかと思ってたよ。
サファリじゃないだって?
でもドアの鍵をかけて運転しよう。

●↑ヨーロッパのライオンは、ローマ帝国期のグラディエーターファイトで大きな被害を被ったため絶滅した。

●↑それが本当なら、マジパネェっす!そして残念。
ローマニアでーす。

●↑じゃあオーロックス、アトラス象、バーバリーライオン、アトラス熊は調べないことだね。
ほとんどは1800年台にポケットの中で生き延びたけどね。

●↑そしてライオンがどんな外見だったかわからなくなっていた王は、この美しい剥製をお城に飾ったとさ。

●↑全く別の理由で戦慄するわ。


●アメリカンライオン?何だって

●↑実はジャガーはアメリカに帰るところなんだよ…
でもアメリカンライオンは完全に絶滅した。
大型のネコ科の中でも最も大きかったんだよ。


●ラットよりも拡散しているの?

●↑スレ主はタイトルに『大型』って入れるのを忘れたようだ。

●↑世界中のラットは沢山の部類や系統に別れているんだよ。
みんな『ラット』と呼ばれているけどほぼ関係がない。
ライオンはすべて同じ部類でしかも大抵は同じ種。


●専ら肉食で捕食者の頂点としては珍しいね。
考えるとしたら確実にライオンより多いシカ、バイソン、レイヨウとかだろう。
ライオンは多種の動物を食べるから獲物種が多くなることはない、と考えるならそうかもね。

●↑リンクでは最も『広範囲に渡る』って言ってるから、多いっていうのはただ多くの地域でシカより発見されているってことかもしれないよ。


●アメリカにもまだ少数いる。
とても手懐けられているけどね、牙の折れた殺し屋でどんな挑戦にも腹見せ、アフリカの片われに比べてプライドも誇示しない。怠け者へのリンクだよ。

●↑お前なんか大嫌いだ。

https://www.reddit.com/5xssc7より翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ