// PCで表示させたい内容

目標はより多くのお金を日本からぼったくる事だ!韓国の憲法裁判所が2015年の慰安婦合意の破棄の請願を拒否 海外の反応

金曜日に韓国の憲法裁判所は、第二次世界大戦中に日本軍に性奴隷にされた韓国人女性をめぐる激しい論争を解決するための2015年の日本との韓日慰安婦合意の廃止を求める請願を拒否しました。

金曜日の判決は、同意なしに行われた取引は尊厳を損ない、交渉に参加し、日本政府に完全な補償を求める権利を侵害したという、かつて性奴隷だった人とその家族の請願に応じたものです。

全員一致の決定で、この合意は拘束力のない政治的合意であり、日本の公式の補償を求める能力など、被害者の法的権利に影響を与えないと判断しました。
また合意が両国の議会の承認または内閣審議の審議を受けておらず、それを条約にするために必要なステップを受ける必要があると述べました。
裁判所はまた、取引は各国に必要な詳細な手順が曖昧であると述べました。
判決は最終的なものであり、控訴することはできない、と裁判所当局者は述べました。

「慰安婦」と婉曲的に呼ばれる性的奴隷の問題は、両国の堅固な米国同盟国間の摩擦の主な原因となっています。
歴史家は、1910-45年に朝鮮半島が日本の植民地支配下にあったときに、何万人もの韓国人女性が日本の軍営の売春宿で誘惑されたり、性的奴隷にされたりしたと述べています。
韓国の合計240人の女性が元性奴隷として政府に登録しました。
しかし、彼らのサポートグループによると、平均年齢91歳の20人だけがまだ生きています。



●もともと条約でも契約でもなかった…犠牲者にとってある種忖度した合意みたいなもの?
政治には混乱させられる。

●↑韓国の政治はな。


●被害者は毎回そのお金を受け取るはずだったけど、韓国政府がちゃんと対応しなかった。
ずっと前の話だけど、まだこんな話してるもんな。


●こいつら何を望んでるんだ。
単純にこの話をしてるのが好きなのか。


●実際、判決はこの記事が言っていることとは違う。
最高裁判所は、2015年の合意は政治的宣言であり、法的拘束力はないと判断し、慰安婦は損害賠償のために日本政府を訴える法的権利を保持した。
2015年の合意は拘束力のない政治的宣言であると判断されたため、裁判所が裁定を下すことはできなかった。

●↑えっと…判決を直接引用してるのか?
お前が書いたことは、まさにその記事が述べていることだろ。


●はぁ。 この問題はいつなくなるんだ。
2015年に一度解決して、これ以上の問題はないだろ。
韓国人は、文の代わりに純粋に政治的な理由で持ち出し続けてるだけだろ。



●ちょっと待てよ、直接じゃないだろ。
日本が、政府からの直接的な補償は問題だって言ったから間接的だったんだろ!


●韓国人にとって、「2015」ではすべてを一度に解決しなかったことを意味する。
少なくとも彼らの解釈では。


●>合意が両国の議会の承認または内閣審議の審議を受けておらず、それを条約にするために必要なステップを受ける必要があると述べました。
いやいや、1965年の条約は両国で承認されただろ。

●↑この記事は1965年の合意に関するものではない。か、有効な指摘か。


●「停滞した取引を促進させる決定」…..「促進」という言葉が「キャンセル」または「終了」を意味するんだ。
誰がこれを翻訳したんだ?


●なぜこの問題は消えないのか。
特に、他の日本の戦争犯罪が「慰安婦」よりもはるかに悪いのに。


●国際舞台で日本を辱める強さを持つのは韓国と中国だけだ。
帝国日本の犠牲者の他の犠牲者が強くなれば、彼らも謝罪と補償の提供を拒否したことで日本を非難し始めるだろう。



●政治的に動機付けられていると言う意見には同意するが、目標はより多くのお金を日本からぼったくるという単純でシンプルなものだ。


●この問題が完全に終了することはない。
被害者がこの問題に抗議した後、第2世代および第3世代の家族も抗議するんだから。


●1965年の条約は慰安婦や強制労働者を対象としていなかった。
安倍が違うと吹き込んでいるだけだ。
以前の日本政府でさえ、1965年の条約は慰安婦や強制労働者を対象としていないことを認めていた。


●うん、1965年の条約は韓国に金銭的援助を与えた。
すぐにベトナムは経済的に非常に強力になるから、韓国はベトナムで韓国が犯した残虐行為に耳を傾ける準備をするべき。

●↑ベトナムが韓国に対してその問題を持ち出すことは間違っていない(帝国日本にされた事を持ち出したっていい)。
韓国がこの問題を日本に行ってくるのが間違っていないように。
援助と投資は被害者への補償ではない。


●あなたの家族を生かし続けるために、やらなければならないことをやればいい。

ttp://bit.ly/2Zy4e6k
ttp://bit.ly/2SB0aAJより翻訳

28 Responses to “目標はより多くのお金を日本からぼったくる事だ!韓国の憲法裁判所が2015年の慰安婦合意の破棄の請願を拒否 海外の反応”

  1. 名無しさん より:

    朝..鮮..人アホばっかり

  2. 名無しさん より:

    > 援助と投資は被害者への補償ではない。

    うん、その通り。
    補償を、援助だの投資だのという名目で国民を騙して使い切った韓国政府が問題って話だよね?

  3. 名無しさん より:

    恥ずべき乞食だな

  4. 名無しさん より:

    しね

  5. 名無しさん より:

    日本は既に最終的かつ不可逆的に解決したという認識で韓国のキチガイぶりが世界中に伝わってこれ幸いと思ってるwww

  6. 名無しさん より:

    韓国人の劣等感の裏返しだ。
    じゃないと、奴隷と認めざるを得なくなる

  7. 名無しさん より:

    紛らわしい記事を書かせて既成事実化か。
    個人に対する拘束力は無いから、原告は何も失っていないと。
    >韓国の合計240人の女性が
    それにしても毎回数字がいい加減だな。
    1992年の時点で247人、その後の追加認定で265人じゃないか。
    25人は何処に消えた?

  8. 名無しさん より:

    本当に酷いのは朝鮮戦争での出来事だが
    何故か歴史は1945年で流れを止めていて
    1950年の朝鮮戦争やベトナム戦争を含め
    大戦以降の出来事については語らない習わしのようだ

  9. 名無しさん より:

    ここで注目すべきなのは韓国の言う日本の戦争犯罪が全て海外で事実として伝わっていることだ。

  10. 名無しさん より:

    日本にもスレタイのようにカネ目当てとしか思っていない人がいるけど、
    韓国=「被害国」「正義」「上」
    日本=「加害国」「悪」「下」
    ・・・みたいな構図を永久に確立することをアイツらは考えている。
    故に、「問題」は手段にすぎず、朝鮮版華夷秩序が完成するまで
    解決する気はアイツらには無い。

  11. 名無しさん より:

    南朝鮮を軍事力で完全に滅ぼして、1匹残らず駆除すれば、すべて解決される問題ですね。

  12. 名無しさん より:

    「より多くのお金をボッタクれ」

    韓国人の場合、
    「集る(たかる)」だけなんだけどね。

    韓国人から”得るモノ”が無い。

  13. 名無しさん より:

    目標は金ですらないから、いくら金を与えた所で満足することはない
    そこがわからない限り韓国の奇行は理解できない

    オリンピックのボイコットの主張の仕方を見れば明らかだけど、放射能や旭日旗が嫌ならさっさとボイコットすればいい
    だけど韓国はアメリカやヨーロッパなどの関係ない場所でそれについて騒ぎ立て、日本の顔に泥を塗る事に必死になっている
    ストーカーの偏愛と一緒で日本を侮辱したり汚すことだけが生き甲斐になっている

  14. 名無しさん より:

    韓国に対しては吐き気しか感じない。

  15. 名無しさん より:

    日本の区役所の窓口でナマポの金くれってゴネてる在コとダブって見えるのは俺だけか?

  16. 名無しさん より:

    お商売としてやってることなんだろうね 韓国独特の法律の穴をついて

  17. 名無しさん より:

    条約守れないと過去の戦争全部掘り起こせることになるだろ

  18. 名無しさん より:

    外国人、韓国を日本が軍事的に侵略し奴隷みたく扱ったと思ってんの?
    戦争犯罪がー言ってるが韓国とは戦争してないんだが?

    韓国人の侵略つうのは豊臣秀吉の時代の話じゃないか?
    じゃあ元に半島が日本侵略吹き込み日本侵略しにきた元寇は?つう話だが。

  19. 名無しさん より:

    日本の戦争犯罪て、韓国人も日本人で、戦犯として100人位が裁かれ数名が死刑なってんだが、外国人知ってんの?
    韓国はドイツにおけるオーストリア、戦勝国側じゃないぞ。

    被害者のふりしてるだけ。

  20. 名無しさん より:

    日本に言いたいことがあるなら仲裁委員会を開けばいいだけ
    韓国が単独で勝手にあれこれ決める事は許されてない

  21. 名無しさん より:

    慰安婦訴訟(Wiki)
    2000年9月18日、第二次世界大戦中に日本軍に慰安婦にさせられたとする在米中国人や韓国、フィリピン、台湾人女性ら計15人が、日本政府を相手取って損害賠償請求の集団訴訟をワシントン連邦地方裁判所で起こした。原告のなかにはアメリカ市民でないものも多かったが外国人不法行為請求権法に依拠した。アメリカに限らず国際民事訴訟においては外国主権国家に対して主権免除の原則があり、外国の国家を裁くことはできないが、アメリカ法の外国主権者免責法 (en:Foreign Sovereign Immunities Act; FSIA) では国家の商業行為は例外とされており、元慰安婦ら原告側は「日本軍慰安婦制度には商業的要素もあった」として訴えをおこした

    日本政府の対応
    日本政府は「日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)での国家間の合意で解決ずみ」としてワシントン地裁に訴えの却下を求めた

    2001年9月17日、米連邦裁ウォーカー判事は中国・韓国・フィリピン人による対日賠償請求訴訟について「フィリピンは平和条約を批准しており、賠償請求をできない」、中国・韓国人については「ヘイデン法が憲法違反であり、したがって訴訟も無効」と判決し、訴えを却下した。原告は控訴。
    2001年10月4日、ワシントン米連邦地裁は慰安婦訴訟について日本側の主張を認め請求棄却。原告側はD.C.巡回区控訴裁判所(高裁)へ控訴。
    慰安婦訴訟についてワシントンD.C.巡回区控訴裁判所(高裁)が主権免除の商業活動例外は法の不遡及によって適用されないとして2003年6月27日に一審判決を支持し棄却。
    2003年10月6日、米国連邦最高裁判所は上告棄却。
    2004年6月14日、米国連邦最高裁判所はワシントン高裁へ差し戻す。
    2005年6月28日、ワシントン高裁は平和条約と請求権については司法府に審査権が付与されない政治的問題として一審判決を再び支持した。原告側は最高裁へ再審請求し、2006年2月21日にアメリカ合衆国最高裁判所は、却下の最終司法判断を下した

    2006年2月21日のアメリカ最高裁の判決によって米国の司法当局および裁判所が日本軍慰安婦案件については米国で裁くことはできなくなり、また米国で訴訟を起こすこともできなくなった。これらの集団訴訟に際してアメリカ合衆国政府・国務省・司法省は一貫して「サンフランシスコ平和条約で解決済み」との日本政府と同じ立場を明言している。ただし立法府(議会)はこの限りではないため、その後も下院などで非難決議が出されていく。

  22. 名無しさん より:

    日韓請求権協定を無視するのなら、断交しかない
    国際法が通用しない途上国と、今後付き合っても仕方ないだろう

  23. 名無しさん より:

    既に相当ぼったくられているけどな。
    まあ、米が断韓に舵を切るなら、日本もこの無能で恩知らずのニートの面倒を見てやる義理はなくなるからな。
    早く、米は断韓~サツ韓に流れて欲しいわ。
    その為にもムンたんにはずっと大統領として頑張ってもらわねばな。
    最近はヘタれてばかりだが。

  24. 特亜は敵じゃない より:

    日本は戦前からアジアの為に死に物狂いで尽くしてきたんだ。恨まれる筋合いなど微塵も無い。大東亜戦争の時の聖業で、奴隷貿易ができなくなって、莫大な利益を潰されたユダ金の仕返しを受け続けている。奴隷貿易ができなくしやがってなどとくちがさけてもいえない。世界大恐慌の時、軍需産業を買いたたいたユダヤ人が、金儲けするためにユダヤ人大統領のルーズベルトがハルノートを突き付けた。嫌戦ムードのアメリカ人をだまして日本に喧嘩を売った。当時アメリカ人はハルノートの内容を知らなかった。自分達はIQ200超えの天才ペテン師のヒトラーに悪役を演じさせ、アンネまで使って、被害者を演じて、ぼろ儲けした。911テロもベトナム戦争もイスラム国もアラブの春もユダ金の仕業です。特亜の反日や、マスゴミの売国奴は脅されてやっているに過ぎない。逆らったらクネパパ、ケネディ大統領、田中角栄、中川昭一、マイケルジャクソン、ジョンレノン、尾崎豊、今井雅之、NHK記者の長谷川浩みたいに頃される。今のアジアの繁栄があるのは、英霊様の命捨て身の戦いがあったからです。それだけは忘れるな。ご先祖様はアジアに恨まれる事など一切してない

  25. 名無しさん より:

    国際法や国と国との条約、合意を無視し国内法(情治)が上位として罷り通る三流以下の自称民主主義国家

  26. 名無しさん より:

    韓国との話し合いなんて全部無駄、いい加減わかれよ、、
    自分の都合で条約無視するような国だぞ、どんなに頑張って合意してもこの先ひっくり返すんだから何の解決にもならないし
    韓国なんてほっとけば潰れるだろ
    米が捨てるなら変な仏心出さずに切れ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ