// PCで表示させたい内容

日本は劣等感爆発だね!一人当たりGDPが日本より上の韓国がG7に入るべき!韓国のG7招待で日本が存在感が薄れる事を懸念 韓国の反応

ドナルド·トランプ米大統領が主要7ヵ国首脳会議(G7サミット)が時代遅れだとして、韓国などを招待したいと明らかにしたことに対し、日本政府は自国の存在感が薄れることを懸念するなど、複雑な心境だ。

1日付の読売新聞によると、日本政府は米中の対立がさらに激化する場合、中国との関係で難しい対応を迫られる恐れがあり、米国の対応を慎重に把握しているところだという。

特に外務省幹部は新聞に対し「アジアで唯一のG7参加国という日本の存在意義が薄れる」と話した。

他の政府関係者はG7首脳会議の延期と参加国の拡大について「米国から正式連絡はなかった。香港情勢などを反映して首脳会議で中国問題を論議しても良いが、中国を過度に刺激したくない」と懸念した。

当初、今春に中国の習近平国家主席は日本を国賓訪問することが予定されていた。

しかし、新型コロナウイルスの拡散により延期された。

同紙は「米中対立が深まれば(習主席の訪日)日程調整は難航が避けられない」と懸念した。

一方、菅義偉官房長官はこの日、トランプ大統領がG7について「時代遅れの枠組み」と表現したことについて「G7の枠組みは参加する主要国の間で国際社会が直面する課題に取り組む方針や連携協力を確認する場として引き続き重要だ」と述べた。

また、6月に予定されていたG7の具体的な日程については「議長国である米国が検討中だと聞いている」と述べるにとどめた。

これに先立って先月30日(現地時間)、トランプ大統領は、「G7が時代遅れだ」とし、韓国、インド、オーストラリア、ロシアを招待したいとの意向を示していた。



●韓国人
日本はまた劣等感爆発だね。
韓国は日韓併合や朝鮮戦争がなければ
日本が見上げることもできない位置に駆け上がっていたはずだ。


●韓国人
もう国民一人当たりのGDPは韓国がすでに日本をリードしているのに、当然G7に日本以外に韓国も入るべきじゃないの?


●韓国人
日本は今や国防力も世界7位の韓国に劣り、PPP基準GDPも韓国に追い越される立場なのにうわべだけのG7アジア国家に執着するのか?


●韓国人
日本はG7からまもなく脱落しその後には私たちが入るだろう。


●韓国人
世界情勢を掴むには韓国が必要


●韓国人
日本、いくらタックルをかけても大韓民国を阻止することはできない。
大韓民国はこれから世界の中でリーダー国家となる大勢を阻止することはできない。
夢から覚めない日本こそ哀れでならない。


●韓国人
安倍のやつの詐欺もそろそろバレそうだ。
日本はGDPに対して負債の比率が270%1京2000兆
世界一達成〜〜。


●韓国人
コロナ禍以降G7ができることはなにもない。



●韓国人
韓国は中国の視線を気にして行きたくないというニュースが流れる一方日本は韓国が来なかったというニュースが流れ…面白いものだ…笑


●韓国人
っていうかあの7か国中アメリカ以外に力のある国があるのか。


●韓国人
他の国はまだしも今回のコロナ問題で考えると日本とイタリアはなぜ?


●韓国人
むしろ反対しろわが国。
反対したら中国の視線を気にすることもなくて良いから。


●韓国人
インドはアジアじゃないのか。


●韓国人
いや必ずしもアジアで唯一の参加国じゃないといけないのか?
他の国は全部各大陸から代表として出ているというのか?


●韓国人
アジアには韓国もいる。


●韓国人
時期が時期なのに大統領が14日間自宅隔離して会議に出席するのか…
ドイツを見て学べ。


●韓国人
そう、日本はアジア唯一の参加国でいいよ。
そしたら肌の色が白い白人になるだろう。
そしてトランプのお尻でも拭いて暮らせ。



●韓国人
カナダイタリア日本はG7に入れるのは無理がある。
米英仏G3にドイツくらいならEU代表として別途参加国として分類するのに賛成。


●韓国人
アジア唯一どころか
G7から淘汰されるのもそう遠くない。
その席は韓国が取って代わるはずだ。


●韓国人
トランプも安倍も全然信じられない。


●韓国人
アジアの唯一国ではなく
アメリカのペットの役割だろう。


●韓国人
トランプがなぜ招待したのだろうか?行けば得より損が多そうだけど?


●韓国人
GSOMIA終了宣言で安倍も終わらせてください!


●韓国人
韓国はアメリカにつくか、中国につくか、葛藤する必要はない。
北朝鮮につけばいい。


●韓国人
招待されたんだし参加してあげようよ。
代わりに一回だけという条件で。

https://news.v.daum.net/v/20200601140911255より翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ