韓国人「韓国と日本との国力の差が…」日本のワクチン接種開始に羨ましがる韓国人【韓国の反応】



■ワクチン接種が始まる日4万人の医療スタッフがファイザーを迎える


日本政府が17日、コロナ19ワクチンの接種を開始した。


朝日新聞、NHK放送などによると、日本政府は同日から米国ファイザー独バイオエンテックが共同開発したコロナ19ワクチンを優先的に医療従事者4万人に接種する方針だ。


今月14日、厚生労働省がファイザーのコロナ19ワクチンの使用を正式に承認してから3日後のことだ。 約4万人の医療陣は、先行接種に事前同意したという。


日本政府は先行接種対象を除いた370万人の医療従事者に対しては来月中旬から、65歳以上の高齢者3600万人に対しては4月1日から接種を始める計画だ。 高齢者接種以後には基底疾患者(約820万人)、高齢者施設などに従事する者(約200万人、60~65歳(約750万人)の順で接種が行われる予定だ。


接種対象は16歳以上で、3週間おきに2回注射する。 コロナ19 に感染したことがある者も対象とする。 接種は原則的に住民票(住民登録謄本に該当)がある自治体で受けなければならず、無料接種期間は来年2月末までだ。


河野太郎行政改革担当相は、16歳以上の全国民を対象に無料接種を終えるのに約1年かかると見通した。


「4万人の優先接種対象者のうち2万人は観察日誌を作成し、接種の安全性を調査することになる」と述べた。


■韓国の反応

●韓国人
発展途上国のようだ。やはり国力の差は無視できない。


●韓国人
そんなに気にならないんですよ~ 猿島の消息は。


●韓国人
OECD加盟国37カ国のうち最下位で、コロナワクチン接種予定の韓国。 それもアストラゼネカ…


●韓国人
ファイザーだなんて羨ましいですね。


●韓国人
OECD国家の中で最下位。これが君たちの実力で、k防疫の実体だよ、ムン·ジェアンたちよ。


●韓国人
日本を見習おう。


●韓国人
いいな。






●韓国人
ああ、お腹が痛い。ファイザーの大規模接種だね。ここは後進国のアストラなのに。


●韓国人
お腹が痛いニュースがいつも出てくるね。


●韓国人
日本の方がうまく対処していると思いますが。


●韓国人
ワクチン接種の日程も決まってない国が、接種が始まる国を心配してるよww


●韓国人
いいから、私たちはいつファイザーワクチンを打てるのか知りたい。


●韓国人
文在寅は1つもゲットできなかったが、誰を心配しているのか。


●韓国人
我が国はアストラゼネカ、OECD加盟国の中で最下位接種国だそうです。




●韓国人
羨ましいですね。 僕たちはいつも…


●韓国人
A級ワクチンも入手できていない国が言うべきことではないようだ。


●韓国人
何か不安で、羨ましくてたまらないな。


●韓国人
特殊注射器だけあってワクチンがない韓国!! これが文在寅のK防疫。 ククククク


●韓国人
注射器の特許を韓国企業が取っているから日本が作れない、日本に売らないようにと言っていたコメントは何だったのかwwwww





https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=052&aid=0001551832
その他より翻訳、引用


コメント
  1. 名無しさん より:

    キムチ薄めるか
    トンスル接種すれば?
    世界のK防疫さん

  2. 名無しさん より:

    エラにワクチンは危険だよ
    何か別なものが生まれる可能性があるから

    副作用被害者ポジションモンスターが

  3. 名無しさん より:

    数千年間集られつつけられる事だろう

    強制接種で被害を受けたニダ
    ファーザーは謝罪と賠償を!!!!!!!!

  4. 名無しさん より:

    マグロ冷凍倉庫に保管出来るのは
    いいとして、病院等に保管出来る
    超低温冷凍庫は準備できた?
    Panasonic?ツインバード?

  5. 名無しさん より:

    無い物ねだりしてもしょうがないからそれで遣り繰りするしかないでしょ
    外交で孤立し始めている今の韓国には手札を選り好み出来る程の余裕は無いだろうしな

  6. 名無しさん より:

    いつもの事だから分かるけど、日本に入ったという事は、
    日本の在日医者も入手したという事。
    そこからの入手は、お安い御用だよな

    韓国はパクりのプロ。
    今にワクチン完成ニダ って発表するのは目に見えてる。
    でも知識なくパクると、インフルエンザワクチンみたいに
    若い健康な人が大量に亡くなりますよ

    • 名無しさん より:

      それ無理。
      厚労省や河野が徹底的に一滴レベルで管理してるってさ。
      盗みがでたら速攻でばれる。

      • 名無しさん より:

        どこぞのお国では 政府高官が抜け駆け接種して大問題になってますね
        ちょい前 BSプライムでその可能性を言ってたお医者さんに脱帽
        中国がやってるワクチン外交の危険性!
        国内分断を招く可能性あり!   とか言ってたなぁ

  7. 名無しさん より:

    朝鮮人同士のだまし会い、化かし会い。嘘で嘘を塗り固めた韓国社会らしい。

  8. 名無しさん より:

    ムンは自分と家族親族の分はしっかり確保してるよ。
    他の政治家もなwそれが韓国だ。

  9. 名無しさん より:

    アストロゼネカが不良品みたいな言い方だなw
    年寄りには使えないが若者には問題なく使えて効果も高い。
    そのアストロゼネカも南朝鮮にいつ入るのは知らんが…

    3
    1
    • 名無しさん より:

      それも、途上国を救済する為のCOVAXから供給して貰っておいて、このいい草。

      こいつ等、G7に入りたくて必死だけど、先進国って言うのは海外援助や支援をする側。
      先進国を自称しておいて、真っ先に途上国用ワクチンに飛び付き横取りし、有り難がるどころか、B級だの、質が悪いだの文句タラタラ、何処までクソなん。

  10. 名無しさん より:

    実は日本政府も「かけ」が成功したようなものじゃないかな?契約時にはこんなにいいワクチンだって予想できなかったはず。たまたま一番いいワクチンを他のワクチンよりも多く契約できたんだと思うんだけど…。どうだろうか?

    • 名無しさん より:

      1社のみに賭けないで 複数メーカーに賭けた結果です。
      無駄になることを恐れず 国民の健康は 金に換えられない という方針ですね。
      どっかのお国のように 金を渋っていては ワクチン入手の順番も 終わりのほうになってしまいます。

      • 名無しさん より:

        金を渋るとこか 散々悪口言ってたよ
        気分を害して後回しにされたんじゃ 
        ほどほどにしとかないと 入って来ないかもね

  11. 名無しさん より:

    記事と関係ないけど、韓国の「(嫉妬で)お腹が痛くなる」って言い回しは、日本で言う「胃が痛い」みたいな感じ?

    でも嫉妬や羨望では、胃もお腹も痛くならないよねぇ???

  12. 名無しさん より:

    大丈夫だよもうすぐ接種する
    人間達が南朝鮮からいなくなるからw

  13. 名無しさん より:

    あの国には「いとこが土地を買うとお腹が痛い」
    という諺があるらしい。

    羨望とか劣等感とか、混ざって
    とにかく他者の成果成功が妬ましい、腹立たしい。

    というお国柄みたいですよw

    今書いてて思ったんだが
    親でも兄弟でもなく他人でもない従兄弟ってあたりに
    あの国らしい理由がありそう。

    親兄弟ならオコボレでメリットを享受できたり
    相続とかワンチャン自分のものになる可能性があるけど、
    従兄弟くらいまで離れると、なかなかそうもいかない。

    それでいて完全な他人ではなく血縁者だから
    距離をとって劣等感から目を逸らすこともできない…とかねw

  14. 名無しさん より:

    特殊な注射器に関しては、
    ニプロが月に50万本ほどから、数百万本の規模に増産できるよう進めている。増産の体制が整って供給できるようになるには、4か月から5か月かかる見通し。[6月以降?~]
    ファイザー製ワクチン、日本の確保数 7200万人分。

  15. 名無しさん より:

    「韓国は日本を超えた!」⇒「日本の技術は凄い、見習う所は見習わなければ」⇒「日本は衰退し滅亡する」⇒「やはり日本は技術大国だ」⇒「日本人が韓国に嫉妬している」⇒「日本が羨ましい」⇒・・・(延々続く)

    あのさ、どっちかに統一してくれないかな?

  16. 名無しさん より:

    今後、ファイザーワクチンを運ぶ航空機は、朝鮮人によるハイジャックに気を付けてください。
    見つけたら、即銃殺で構いません。

コメントを書き込む

サブコンテンツ

カテゴリー

カレンダー検索

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

このページの先頭へ