ノラガミ ARAGOTO第7話:海外の反応「夜ト部に入ろう!」

na-7-2

 

na-7-1

「無事帰ってきたらひよりさんとの縁を切ること」

●ひよりとの縁を切るところで混乱した。
夜トは雪器を引き抜いて、ひよりは記憶を失ったらしいけどよくわからない。
実際は縁を切ってないの?

●↑いいえ。漫画では私たちはしばらくの間彼が縁を切ったと信じ込んでいた。
でも彼が苛立だしいのでひよりが無視していただけだとわかった。
ひよりはツイッターで彼をブロックしてたよ。

●↑Ah! ありがとう!はっきりしたよ。

na-7-2

「ひよりはもちろん夜ト部だよな?」

●夜ト部に入ろう!

●↑クラブミーティングは4PMです。

na-7-3

「私は七福神の恵比寿だ」

●近いうちに恵比寿に投げつける強い言葉を貯めることになるかな?

●↑ 恵比寿は陸巴みたいに怒りを誘うことはないよ。
それでも後のために言葉を貯めとくべきだろう。

●↑言葉を貯めとくべきだろう。
たぶん恵比寿のためじゃないけど。

View post on imgur.com

●お金がいっぱい

noragami.gif

●お金がすべてを語る。

●「お金で幸福を買えない」というのはずっと同意できないんだ。
お金があれば安心感もあって落ち着くし、それは幸福なんかより大事なこと。

View post on imgur.com

「あ!いた!」

●1年前に原作を読んでから初めて、この回のアヤカシは小銭入れのようだと気付いた。

●↑言われなかったら気付かなかった。

na-7-7

「何してくれちゃってるの? 雪音ェェェ!」

●このアニメの最初から雪音がどのように成長して成熟したのかとてもよくわかるのがいいね。
ただの生意気な少年だったけど、今は夜トのうるさいおばあさんみたいな存在になってきたね。

View post on imgur.com

●夜トはクリスマスの時の子供みたいだな。

●↑彼がうれしいのはお社が神様のシンボル以上のものだからでしょう。
多分次回わかりますよ。

●↑1期でお社は神様と武器をアヤカシから守ってるって言ってたね。


●お社のシーンは本当に素晴らしかった。
愛情溢れ胸が温かくなった。

●この回を通して夜トの様々な感情と態度の移り変わりが良く描かれて良かった。
今週のベストショットだ!

na-7-9

●↑いや、ベストショットはこれです。

View post on imgur.com

「欲しかったんだ。 昔からずっと」

●若い夜トはとてもかっこいいですね。
彼の過去と若いころがもっと出てきてほしい。

●↑若いころ?最悪の乗り心地だろう。

●↑それは危険なリクエストだよ。フレンド。

na-7-11

●ひより以上に優しい娘は存在しないと思う。
お社を夜トにあげるシーンは感動した。
特に彼女の傷だらけの手を見た時。


●この回でひよりがベストワイフなのがよく分かったでしょう!
毘沙門は俺の一番理想な愛人なんだけどね。

●↑ひよりはデレデレですね。
本当のベストガールです。

na-7-12

●嘘を言うつもりはないけど、夜トが泣きはじめたシーンで私もちょっと泣きそうになった。
ED曲のおかげで元気になったけど。
PVによるとひよりの学校の男が次の話の主役みたいだ。
とても興味がある。

●↑あれはいいシーンだった。
このようなシーンが2期の残りでもあってほしい。

●↑OPとEDはすばらしい。
OPは特にすごい。EDはいい歌だ。


●しかし縁を切る約束はどうなったの?
なにか見落としているのかな?

●↑私にもわからない。
夜トは雪器を持ってるけど他には持ってない。

ひよりが夜トを無視してるシーンでは、ひよりは夜トに関する記憶をなくしてるみたいだ。
でもあきらかに縁は失ってなかったはず。
どういうことなんだろう?

●↑それは漫画の中のジョークだよ。
多分ひよりとの縁を切って章が終わるよ。
次の章は落ち込んだ夜トと彼のことが分からないひよりで始まるよ。

https://www.reddit.com/3y71pfより翻訳

 

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38