機動戦士Zガンダム第33話:海外の反応「ハマーン大好き、ハマーンは人生!」

 


「元ジオンの残党が、アステロイドベルトで、こんな戦艦を用意していたというのか?」

●アクシズは鉱山基地だから、アステロイドベルトから戦艦を作るのに必要な金属を採掘できるとおもうよ。
でも彼らは他のジオンの協力者たちから莫大な資金援助を受けているに違いない。

・ハマーン・カーンだ。
前から気付いていたけど、もし髪の色が違っていて長かったら、ちょっとセイラに似ているね。
ハマーンとシャアの以前の関係がちょっとだけ出てきたね。

・ミネバ・ザビだ。
かわいそうな事にお母さんは病気で死んでしまったんだね。
でも君は今は(形式的だけど)大きな組織を支配しているね。

「まったく!」

・シャアの素性は大きな秘密のようだけど、他の人達は既に知ってるよ。
でも大きな声で言い訳をする必要があったね。
”それは秘密だ・・・”って
カミーユはやはりってリアクションをしてたね。

・彼らは独房に閉じ込められてしまったね。
グッジョブだ、シャア
でも彼とミスターウォンはすぐに脱出を試みたね。

「元々、私は裏切りは一切していないよ、ハマーン」

・”私は今までの人生で他人を裏切ったことがない”
クソ野郎のシャア
僕はお前が騙した人達のリストを上げることができるよ。
みんなが既に知ってるよ。
でもクワトロ・バジーナが誰も裏切ってないのは形式的には事実だと思うよ。

「左舷前方より、敵モビルスーツ隊接近!」

・アクシズの船から脱出した後、状況は悪くなり続けたね。
交渉が破綻しただけではなく、ティターンズがどこからか襲い掛かってきた。

・シロッコのニュータイプの罠はレコアをさらに悪い方に追い込んでるね。
彼女の心にした事は非常にパワフルに違いない。
戦闘でレコアの状態が悪くなるだけではなく、態度もイライラするようになってきたね。

「このパプテマス・シロッコ、ミネバ様の御ためなら、この身を滅ぼしてまでもつくす所存にございます」

・パプテマス・シロッコはアクシズのジオンと何とか個人的に同盟を結んだね。
もちろん彼はジャミトフ・ハイマンに忠誠を誓って見せたように、自分の力を増すためにそうしただけだけどね。
でもハマーンもシロッコを利用しようと考えているから、相互に利用し合っていると言っていいね。

●↑>”私は今までの人生で他人を裏切ったことがない”
クソ野郎のシャア
僕はお前が騙した人達のリストを上げることができるよ。
みんなが既に知ってるよ。
でもクワトロ・バジーナが誰も裏切ってないのは形式的には事実だと思うよ。
キャスバル・ダイクンは、妹を除けばだれも裏切っていないよ。
でもこれは検証すべきだろうね。

彼はガルマを裏切ってなんかいないよ。
最初から、彼のゴールはザビ家の人間を殺す事だったからね。
ザビ家が彼を信用していたからといって、ザビ家を裏切ったということにはならないよ。
当時ザビ家の人間だったとしたら、裏切りになるんじゃないかな。

●↑ゼータの頃のハマーンの事を教えてくれ!
幼い見かけの頃のハマーンのファンじゃないけどね。
僕が機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像を読んだことがないのは認める。
最近聞くまでハマーンとセイラにつながりがあるなんて、思いもよらなかったよ。
彼女達の髪型ってちょっと似ていると思う。
顔は違うけどね。

●↑シャアとクワトロの人格について。
シャアは時々ヒーロー的な面を見せるけど、シャアとクワトロのアイディンティはダブってるところがあるよね。

●↑>”私は今までの人生で他人を裏切ったことがない”
クソ野郎のシャア
僕はお前が騙した人達のリストを上げることができるよ。
みんなが既に知ってるよ。
でもクワトロ・バジーナが誰も裏切ってないのは形式的には事実だと思うよ。
なぜ脚本家がこのように言わせたのか分かる人いる?
製作陣は、シャアについて何を言いたかったんだろう。
このセリフのポイントが分からないよ。

●↑彼は今まで、誰も裏切ったことがないよ。
彼が「裏切った」人は、最初から彼に敵対していた人たちだよ。
少なくともこの時点まではね。

「ザビ家の正当なる後継者、ミネバ・ザビ王女である」

●今日のガンダムの感想
シャアの昔のアンチ・ザビの本能が戻ってきたね。
それがエゥーゴのメンバーのアクシズへの結束を妨げていた。
エゥーゴの外交団はアクシズの船に入って、ハマーン・カーンと会見した。
8歳の女の子のために、物凄い華やかさを演出していたね。
でも彼女はドズルの娘で初代ガンダムで一年戦争を生き延びたミネバだ。
アクシズは彼女をリーダーにしたんだ。(実際に采配を振るっているのはハマーンなのは明らかだけどね)

「やはりシャア・アズナブルだ」

ミネバはクワトロがシャアだと分かっていたね。
彼女が分かったのはシャアの変装がひどいからだけどね。
ザビが嫌いで裏切り者のシャアであることが、アクシズ側に明らかになった。
でもシャアはハマーンによって新しいザビの支配者として持ち上げられているミネバを見て、アンチ・ザビの本能が働いて、ハマーン・カーンを殺そうとした。

エウーゴの代表団は拘束されたけど、なんとか逃げ出したね。
アクシズの兵士を何人か殺して外に出た。

「元々、私は裏切りは一切していないよ、ハマーン」

シャアはハマーン・カーンを殺すのに失敗したね。
そして僕の今までの人生の中で最も面白い事を言った。
シャアは人は裏切ったことはないと言ったね。
人を裏切るのは君がやっている事じゃないか。
代表団がアクシズの船の外に出たらすぐに、ティターンズが追いかけてきて攻撃してきた。

ヤザンは彼と一緒に戦う狂った仲間をリクルートしたんだね。
ヤザンたちは電気ネットの罠でカミーユをとらえたけど、エマがラーディッシュのモビルスーツを連れて現れてアーガマを救ったね。
エマ!君はかっこいい!

パプテマスはニュータイプのおかしなやり方で、レコアの心に何かしたね。
彼女が何かをしようとすると、彼女の心にパプテマスのイメージがでてくるんだ。
パプテマスはレコアに何かしたに違いない。

「このパプテマス・シロッコ、ミネバ様の御ためなら、この身を滅ぼしてまでも、つくす所存にございます」

パプテマスはエゥーゴを襲って、アクシズと同盟を結んだ。
正直言ってエウーゴはアクシズと同盟を結ばないでよかっただろう。
彼らの戦艦はザビ家の物だし、ギレン・ザビは宇宙版ヒトラーだ。
それにアクシズは宇宙版ネオナチだよ。
アクシズとの同盟を考慮したとしても、メリットとデメリットがあるから、同盟しない方がベストだっただろう。
ティターンズはジオンの残党を掃討するために結成され、アクシズは狂信的な宇宙版ネオナチなのに、手を結んだね。

ハマーン・カーンとパプテマスは勢力を統合したけど、二人ともそれぞれの目標が達成されたらお互いをすぐに裏切るタイプの人物のようだね。
これからの展開を見るのが楽しみになってきたよ。

●ハマーン大好き、ハマーンは人生!
とにかく、エウーゴは、以前の敵と手を組むだなんて、不愉快だと思うよ。
アクシズは過去に戦った不愉快極まりない敵だからね。

ミネバを操り人形のリーダーとして使うなんてハマーンはなんてビ〇チなんだ。
カミーユが、クワトロがシャアだと分かってもそれほどショックを受けていないのはよかった。
結局、カミーユは大人や大人の付くウソに振り回されているんだ。

「レコアさんは、なんでこう危険な事ばかりするんです?」

●エウーゴのメンバーはシャアがクワトロだと分かっていたと思う。
カミーユがいつでも戦う準備ができていたのはよかった。
シャアがミーティングホールで戦おうとしたとき、カミーユは躊躇しなかったね。
最近カミーユはレコアの事で頭がいっぱいのように見えるのは僕だけかな?

●↑>最近カミーユはレコアの事で頭がいっぱいのように見えるのは僕だけかな?
第6話ぐらいからカミーユはレコアの事で頭がいっぱいだよ。

●↑それは分かるんだけど、最近はさらに別次元で頭がいっぱいのように見える。

●↑カミーユはレコアが何かおかしいと感じてるんだよ。
彼女はいったい何なのか理解すらしてないけどね。

https://www.reddit.com/4dy4o5/から翻訳

 

14 Responses to “機動戦士Zガンダム第33話:海外の反応「ハマーン大好き、ハマーンは人生!」”

  1. 名無しさん より:

    >元々、私は裏切りは一切していないよ、ハマーン
    >ミネバはクワトロがシャアだと分かっていたね。

    翻訳か字幕では細かい心情は伝わらんのかな
    言葉の中に含めた思いとは別の意味がわかるのは難しいのか

  2. 名無しさん より:

    外人はクワトロのセリフをそうとっちまうのかぁ…

  3. 名無しさん より:

    日本人も洋画見て不正確なニュアンスで受け取ってることが多々あるようにな

  4. 名無しさん より:

    アーガマでは終始カミーユくらいしかレコアを気にかけてないからな
    シャアの裏切り云々は英語の語彙力の幅のなさで微妙なニュアンスを伝える翻訳が難しかったんじゃ?

  5. 名無しさん より:

    某ヤクザ映画

    「お前ら、俺を裏切るのか!」
    「やだなあ、それじゃワシらが味方だったみたいじゃないですか」

  6. 名無しさん より:

    シャアが言っているのはアクシズ離脱の経緯についてだが、
    劇中ではこの辺り説明が足りないので
    前提知識がないと人生で一度も裏切った事がない?嘘つけ!というズレた反応になるのも仕方ない
    翻訳より前提知識の問題、アニメ誌やフォーラムで散々議論してきた日本と事情が違う

  7. 名無しさん より:

    翻訳の問題なんかな
    あとエゥーゴを連邦繋がりの勢力と思ってそう

  8. 名無しさん より:

    ふと思ったけど
    富野節って翻訳して英語にしても雰囲気出るんだろうか?

  9. 名無しさん より:

    シャアにとっての理想は、重力に魂を引かれた人たちからの宇宙の民の自立と解放。
    だから組織は必要だがエウーゴでも何でもいので、ザビ家にもジオンにもこだわりは無い。
    だがジオン残党やハマーンにはザビ家復興とジオン再興の形こそが全て。

    そんな運動に加担した覚えは無いし、ハマーンやミネバの配下になった事実もないってことだろう。

    でもこの辺ハマーン様は誉められたかったんだろうなと思うと切ない。シャアの為に作ったネオジオンと言えなくもないんだから

  10. 名無しさん より:

    ヤザンの怖い所は一見、武闘派の猪武者に見えて割と狡猾で策士な所だなぁ
    だからZや百式を撃墜できないとしても、それなりに追い詰める戦い方をして、戦闘を盛り上げてくれるだろうと期待が持てるキャラクターではあったかなと思うんだけど

コメントを残す

サブコンテンツ