機動戦士ガンダムSEED第33話:海外の反応「キラが新しいガンダムでアークエンジェルを救ったね!」

●このエピソードのタイトルは”舞い降りる剣”であるべきで “まなざしの先”じゃない。
ところで、ラウ・ル・クルーゼは新しいアクセサリーを手に入れたね。
フレイとの関係がどうなるのか見てみよう。

「そして本部は最後の手段に出る。全てドカンさ!」

これがムゥがあのモニターで見た物だったんだね。

「整備班、どっかのバカが一機つっこんで来ようとしているわ。退避!」

この言い方は完璧にムゥの事を言っているな。

「残って戦っているのはユーラシアの部隊と、アークエンジェルのようにあっちの都合で切り捨てられた奴らばかりさ!」

僕はムゥあらゆる方法でなんとかサイクロプスシステムの事を他の人達に伝えようとしているのが好きだよ。
彼はアークエンジェルのメンバーと関わりがあるからね。

新しいアイキャッチだ!
さらにモビルスーツが追加されて、とうとうアスランとキラが入れ替わったね。

「ウォンバット!撃て!」

僕は本当にマリューが撃て!って言うのが好きなんだよね。
バットガールが言うのも好きだねどね。

あととんでもないメカを手に入れたキラが新しいガンダムでアークエンジェルを救ったね!
Meteorがバックグラウンドで流れていた!

「クソ!何だよあれは?」

心配するな、イザーク、みんなが同じリアクションをしていたから。

「両軍とも直ちに戦闘を停止し、撤退してください!」

キラはサイクロプスを起動させるという地球連合の計画を知らせることによって、みんなを救うことを決断した。
悪いアイデアじゃないけど、僕が想定していた結果とは違ったよ。

「あいつ・・・なぜ?」

イザークはキラにビームサーベルで切られなかったからとても驚いていたね。
なにか感情の変化があったんだと思う。

「ラクスが・・・そんな!」

Ohohoho・・・ アスランはラクスの事を知ったけど、気分が悪そうだね。
あのシーンは良くなかったともうよ。
イザークは目の前で他人の命がきらめいて消えるのを見ることになるよ。

●↑>イザークはキラにビームサーベルで切られなかったからとても驚いていたね。
なにか感情の変化があったんだと思う。
そしてイザークの目の前で。

●えーと、CMへ移る時のカードが変更されていたから、公式にキラはラクスの夫だね。

・血の霧のなかで、人々に何かが起こっている。

・フリーダムがアークエンジェルを救った瞬間だ!

●↑>えーと、CMへ移る時のカードが変更されていたから、公式にキラはラクスの夫だね。
うそだ!キラ x アスランは永遠だ!

●↑このアニメは僕が観てきた中で最も同性愛者向けのアニメの一つだよ。

●↑重要な点は、アニメ雑誌の娘TYPEやNewtypeの漫画は公式だということだよ。

●↑あれは悲しかった。

「最低でも8割は誘い込みたいものですな」

●アラスカと地球防衛軍にとっては地獄のようだけど、ZAFTが着実に勝利して不利になりつつある戦いを一気に有利にするつもりのようだ。

地上乗組員用のユニットだ!

飛行本部から出撃した編隊が現れたね。
戦士達は、たいてい上司のポーンのようにみなされることが多いけど、彼らの上司はSEEDの中では異色だと思うよ。
アークエンジェルを落とせという命令で、イザークは子供のように喜んだね。

ジンがアークエンジェルを攻撃する寸前だったのも幸運だったね。
ミーティアだ!舞い降りる剣だ!

View post on imgur.com

フリーダムのフルバーストモードはオーバーパワー過ぎる。
好きだけどね。
青き清浄なる世界のためにのブルーコスモスが準備していた、サイクロプスシステムが起動した。
ラクスは反逆者とみなされて、アスランはその事を知ったね。

●キラが初めてフリーダムガンダムを使って現れたシーンが大好きだよ。
彼がアークエンジェルを救ったシーンはとても素晴らしくてよくアニメ化されていたと思う。
キラはフリーダムガンダムを戦闘に持ち込んだ。
そして僕たちは、次のエピソードからキラが自由に作戦を遂行するのを見ることになるだろうね。

キラはラクスと一緒にいたおかげで、SEEDモードを制御できるいいパイロットになったんだよ。

そして彼は意図的に全ての敵(キラにとってはもはや敵ではないけど)のモビルスーツの頭や、腕や足を切断した。
キラの新しい考えが全面にでていたね、そして他のキャラクターは彼と同じぐらい道徳的で正直になるべきだよ。
必要な物は強力に組み替えられた遺伝子の力と、権力のある政治指導者の娘であるポップアイドルの支援と、最も先進的な軍用ハードウェアでとんでもなくオーバーパワーなフリーダムガンダムだ。

●↑>そして他のキャラクターは彼と同じぐらい道徳的で正直にになるべきだよ。
アスランも同じような必要性に迫られていたよね。
それに彼には権力のある父親がいる。
アスランはジーザスヤマトと同じぐらいの正義のレベルに到達できるのかな?

●↑正直言うと、カガリは酷いアイドルだよ。
彼女は歌を歌おうともしてないしね。

●↑それは正しい。

●地獄のような戦いが続いて、指揮官たちはどこかに行ってしまった。
ムゥは9機のジンを3秒ほどで落としたね。
このエピソードでZAFTが失った機数の4分の1だね。
アークエンジェルが3機のエンジンをやられて爆発しているクリップをみたよ。

キラが現れた時の音楽が好きだよ。
あのガンダムはとんでもなくセクシーだね。
そして信じられないほどかっこいい。

”双方戦闘をやめろ”って彼は言いながらレーザーや銃を撃っていたね。
クソ野郎のイザークは殺されそうになったけどなんとか戻ってきたね。

何が起こったんだ?
人が爆発に巻き込まれて血の霧が発生していたのか?
なんて残酷な武器なんだ。
大爆発になると思ったよ。
かなりめちゃくちゃだ。
かなり大きな爆発だね。

●↑サイクロプスは基本的にはモビルスーツに搭載されている燃料と弾薬を爆発させる巨大な電子レンジの集合体だよ。
あと有効範囲内にいる殆どの人の体も蒸発させてしまう。

残酷だよね。
バックストーリーによると、エンディミオンの戦いでは、地球連合は武器を使った。
攻撃は軍隊を薙ぎ払って、ムゥ・ラ・フラガはエリート部隊のメビウスゼロのパイロットになった。

●↑>何が起こったんだ?
人が爆発に巻き込まれて血の霧が発生していたのか?
なんて残酷な武器なんだ。
大爆発になると思ったよ。
かなりめちゃくちゃだ。

マイクロウェーブを照射したんだよ。
とんでもない兵器だ。

●↑Psycho-Passにでてくる Lethal Eliminator works ドミネーターのように作動するんだろうね。

https://www.reddit.com/r/anime/comments/43l4ht/から翻訳

6 Responses to “機動戦士ガンダムSEED第33話:海外の反応「キラが新しいガンダムでアークエンジェルを救ったね!」”

  1. 名無しさん より:

    この回の反応が見たかったのよ

  2. 名無しさん より:

    なんでこんな古いのを 機動戦士ガンダムSEED第33話:海外の反応「キラが新しいガンダムでアークエンジェルを救ったね!」とか翻訳してるのか・・・・。

  3. 名無しさん より:

    今見ても感動するなこのシーンは
    進化した人類の頂上だからできるマルチロックはやばい

    • 名無しさん より:

      >進化した人類の頂上だからできるマルチロック

      別にそんな設定は無かったぞ。脳内妄想で構築か。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ