機動戦士ガンダムSEED第23話:海外の反応「アスラン x カガリのカップリングが始まった!」

 

●今回新しいカップルができたね。
今回は全て アスラン x カガリの話だったね。
このエピソードは、お約束のビーチエピソードに数えていいかな?
出合った直後、アスランは狂った様なコーディネイターのスキルでカガリを圧倒したね。

カガリの面白い叫び声でアスランは殺すのを止めたね。
少しの間一緒の時間を過ごして、彼らはお互いの事を打ち明けた。
二人は立場の違いがあるにも関わらず面白い相性の良さを見せていたね。
カガリはアスランの銃を握って、二人は深刻な対立状態に陥ったね。
今回のエンディングへの移行は良かった。

「どうしてもやるというのなら、俺はお前を殺す」

挿入歌が始まってアスランはたちが悪くなったね。
二人は間違いなくまた会うだろうね。

●↑初めてSEEDを見た時は暁の車がこんなに早いエピソードで流れた事に気付かなかったよ。
もっと後のエピソードで聴いた憶えがあるよ。
今日聴けてよかったよ。

●↑そうだね。僕もそう思っていたよ。
いい意味で驚いたよ。

●↑>挿入歌が始まってアスランはたちが悪くなったね。
ベストソングにベストのアスランだ。
アスランが悪くなる事はめったにないからね。


●フムム・・・
主人公の側のおてんば娘と敵のエースが島で孤立する。
アスランはカガリを押さえつけたけど、会話で二人は理解を深めた。
僕はこのエピソードからキラ x ラクス、アスランx カガリが公式のカップルになったんだと思っているよ。

●このエピソード好きだよ。
アスランとカガリの間の緊張感のせいでそう感じちゃうのかはわからないけどね。
アスランはこれでカガリが女の子だと気付いたのか?
女の子に見えなかったのかな?

「隊長の捜索である!」

イザークはリーダーが失敗したと思って喜んでいるように見えるね。
ディアッカは大笑いさえしているしね。

このシーンはとても良かった。
イージスを傘として使っているね。
イージスという言葉の意味を考えると納得できる。

アスランにはファンサービスが必要だった。
彼は紳士すぎるよ。

縄をほどいた敵がいるのにアスランは睡眠さえ取っている。

カガリをロストしてムゥは自分自身に腹を立てているみたいだね。
彼が彼女に出撃を許可したのだから理解できるよ。
責任感を感じるのは当然だよ。

「機体に手をかけさせる訳にはいかない」

カガリは君を傷つけたかもしれないんだよ、君の機体じゃなくて。バカだな。

「オープンボルトの銃の投げるヤツがあるか?」

マジで?
君が言う事はそれだけか?
キラと戦うときはアスランは情熱的だけど、このシーンは他のどの場面よりも情熱的だったね。

「このまんまじゃ私、借りのつくりっぱなしじゃないか?少しは返させろ」

カガリは自分がしたことを後悔しているね。

このショットのカガリは裸に見えるね。
素晴らしい挿入歌、暁の車がカガリ x アスランのシーンで流れて全てをとてもよくしていた。
あと最終的に二人はお互いのチームに救助されたね。
ニコルがアスランを見つけて、キラがカガリを見つけた。

●↑リマスター版の暁の車はとても素晴らしい。
歌の始まりに魂がこもっていた。
10点中10点だ。

●ムゥはこのエピソード以前までは、ほぼ合理的な判断をする男だったのに、妹を失ったかのように感情的になったのは彼のキャラクターからしたらちょっと予想外だった。

●↑ムゥがあのように振る舞ったのは、彼がカガリに飛行機の操縦許可を与えてしまったし、彼女と一緒にいるべきだったからだよ。
だから彼はカガリをロストしてしまって自分自身を責めているんだ。
あと君はクロスアンジュを観るべきだよ。
嫌いなのかもしれないけど、観るべきだよ。

●↑君はいいポイントを突いているね。
クロスアンジュのことは思いもつかなかったよ。
SEEDと Destinyはいい評価は多いけど、クロスアンジュに関してはいい事を聞いたことがないよ。

●これが子供を兵士にするべきではない理由だよ。
自分を撃った敵が女の子だから殺さないだって? ばかげている
彼女の前で眠るだって? ばかげている。
イージスの中でロックをかけて眠るべきだったんだ。
あとアスランは二人の銃をその辺に投げ捨てて放置してなかった?
銃の一つは自分のバックに入れて、もう一つは腰に付けておくべきだったんだよ。

「その前に・・服着てくれないか?」

●アスラン x カガリのカップリングが始まった!
アスランとラクスの関係はそんなに離れていない。
この時点ではキラはアスランほどラクスに会ってなかったと思うよ。
今回のエピソードではアスランの心の優しさがまた見れたね。
もしアスランじゃなくて別の兵士だったら、寝ている間に銃を盗んでカガリがしたのと同じやり方で要求をしてもうまくいかなかっただろうね。
暁の車はA+の挿入歌だ。

●↑>この時点ではキラはアスランほどラクスに会ってなかったと思うよ。
この時点ではキラは他の誰よりもこのシリーズに出ている全ての女性を見ているし、何かを感じているよ。

●↑君は正しい。
このシリーズの早い段階でキラはマリューの胸に頭をのっけたのを完全に忘れていたよ。


●異なる勢力の二人のキャラクターがしばらくの間、動きが取れなくなるという展開は、MS08小隊とコードギアスでもあったからイライラしたよ。
(少なくともコードギアスはロマンスはなかったけどね)

●↑僕はこういうの好きだよ。

●↑僕は嫌いだけどね。


●戦争の一方の勢力の男が出てくる? チェック
・もう一方の勢力から女の子が出てくる? チェック
・男がエピソードの中で女の子を押さえつける? チェック
・女の子が服を濡らしてしまって乾かす必要がある? チェック
そうだね、サンライズの島のエピソードの公式は完全に満たしている。

●↑そのサンライズの公式ってSEED以前からあったの?

●↑サンライズのメカアニメでは共通している事だよ。
僕が頭に思い浮かぶ例は、コードギアスとバディ・コンプレックスだね。
SEEDが最初かもしれないけどね。

●↑その公式が完全に当てはまらない時もあるよ。
MS08小隊はそのチェックを完全には満たさないと思うよ。

●↑クロスアンジュも当てはまる作品なのを思い出した。

●↑ありがとう、クロスアンジュは観た事ないよ。
ウォッチリストに入れておくよ。

https://www.reddit.com/r/anime/comments/43l4ht/から翻訳
 

4 Responses to “機動戦士ガンダムSEED第23話:海外の反応「アスラン x カガリのカップリングが始まった!」”

  1. 名無しさん より:

    恥ずかしい。ここまで日本がバカにされたアニメは無い。
    こんなものは作成を中止しないといかんわ。

  2. 名無しさん より:

    クロスアンジュという作品。品質はあまりよろしくなさそうだが
    ラッキースケベなアニメらしいですな。
    紳士として興味深い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ