機動戦士ガンダムSEED第15話:海外の反応「キラとフレイはヤッたのか?」


●CABCELとCOUSTOMっているUIにも目を引かれたけど、左側の男の顔にも注目したよ。
殆どのモブキャラの顔はむちゃくちゃだと分かっているけど、こんなにひどいのか?

あともう一つ変なUIをあげておく!

僕はこの二人が本当に好きだよ。
ベストカップルだよ!

この絵はアークエンジェルにたくさんの事が起っている事に対して反応しているシーンだよ。

サイはキラとフレイが忙しい事について話していたね。

「いいから早くハッチ開けろよ!僕が行ってやっつける!」

キラは突然敵に対して叫び声をあげたね。

バトルを楽しんだから、ストライクのOSにSEXCAMがインストールされている事は無視しておこう。
キラが戦っている間にこのSEXの事を思い出していた事もね。
キラが必死に動いていて、敵が彼より優位に立とうとしているのが良かったよ。

でもキラが魔法のようにOSの調整して、SEEDモードになって武器を持ったから、敵の優位も長くは続かなかった。
砂漠の虎をもっと見るのが楽しみだよ。

フレイのプランが明らかになってきたね。
彼女は誰か(おそらく彼女自身)をキラに守らせたいんだよ。
キラには戦い続ける理由があるし、悪くない計画だ。
その計画についてはフレイは卑劣になる必要はなかったけどね。
フレイがコーディネイターを憎み続けることは、彼女のプランを実行するにあたって多くの選択肢を残さないと思うけどね。

あとカガリが出てきたね!
レジスタンスと一緒にね。
彼らは電源を使い切ったキラを助けたね。

●↑究極のアンチエネミーサイコロジカル戦闘ツール:SEXCAM!
そうだね。
ゲリラ達の戦闘は非常にうまくいっていた。
乗り物と道具をうまく使って戦っていた。

●↑今回も珍しいUIを探す素晴らしい仕事をしてくれたね!
CABCELは多分CANCELの意味だろう・・・かなり近いけどね。
あと画像の左側にいる男は酔っぱらってるんだよ。

●ミリアリアとトールはフレイの行動に気が付いていたね。
キラとサイは混乱しているね。

「私を守るから」

・フレイについてだけど、彼女は深刻な結末に近づいているようだね。
キラに自分自身を傷つけさせるという作戦はうまくいっている。
キラは早くそのことに気が付いて欲しいよ。

・バクゥは本当にかっこいいね。
砂漠戦用に設計されたモビルスーツというアイデアは好きだよ。
バルトフェルドもかっこいいよね。
ウルヴァリンを思い出したのは僕だけかな?

・地上と空中のコンビネーションで戦うシーンは観れて楽しかった。
レジスタンス達の戦略はかなり賢かったね。
特に自分達の火力が劣っている事をよく考えているところが良かった。

・カガリに何があったのかまだ分からないけど、フレイのようになってないのはいい事だよ。
彼女をもっと見るのが楽しみだよ。

●↑>キラとサイは混乱しているね。
キラはそうだけど、サイはそうでもないよ。
サイはフレイと婚約していたけど、彼女の父親が死んでから彼女が婚約を破棄したんだ。
サイはフレイの事を心配しているだけだと思うよ。

●↑サイも嫉妬してるよ。

「私を守るから」

●ジーザス、フレイは完全にヤンデレになったぞ。
キラとフレイはヤッたのか?

「ストライクに当たります」

”この船の艦砲は動くターゲットに対しては無力だ”
それなら艦砲はなんのためにあるんだ?
以前ミサイルを撃ち落としてなかったっけ?
無人の目標だけしか打てないようなもんじゃないか。

こいつらゾイドを使っているぞ!
彼女が驚いたのも不思議じゃない。
製作陣は他のフランチャイズからメカを持ってきたね。

マジでよく似てるけどね。
ホーリーシット 奴ら発砲したぞ。
僕は主人公が自分のガンダムと結婚する(もしくはガンダムになる)OOとWガンダムに慣れてしまっている。
あの作品の主人公は異性には無関心なんだよ。
ストライクガンダムは僕が以前持っていた携帯電話よりバッテリーの容量が少ないね。

●↑>主人公が自分のガンダムと結婚する(もしくはガンダムになる)
最近の作品はガンダムハーレムアニメだと考えざるおえない。
理解するのが難しい主人公はモビルスーツ達の気持ちには気が付かない。
逆にガンダムの方がパイロットのハーレムを作ってるね。

●↑俺がガンダムだ!

●↑そうだね、刹那!お前はガンダムバカだ。

●↑>ストライクガンダムは僕が前持っていた携帯電話よりバッテリーの容量が少ないね。
君の電話はフェイズシフトを使えるのか?

●僕はバクゥがかなり好きだよ。
犬の形をしたモビルアーマーだよ。
HGCEのバクゥが欲しいよ。
移動中のバクゥもよく見えるよ。

●↑バクゥのキットあったと思うよ。
あまり生産されなかったんだけどね。
編集:Amazonを探したけど、間違っていた事を認めなくてはならない。
とんでもなく高いよ。

●↑古いSEEDのキットじゃなくて最近のHG(新しいストライクガンダムやストライクルージュのような)の事を言ってるんだと思うよ。

●Ah 有名なキラとフレイのシーンだ。
僕が子供で10代前半の頃にゴールデンアワーの国営放送で午後6時にこのシリーズを放送していた11年前を思い出したよ。
僕は”これ国営放送で放送するのか?”って感じだったよ。
次の日に僕のクラスメートの何人かがキラがどれだけ凄くてかっこいいか話していたよ。
キラはメカとセクシーな女の子とバーサーカーを手に入れたんだ。
あのシーンを見て僕はアニメは子供のためだけに作られているのではないと理解したよ。
あとあのシーンは男の子がHアニメを観るきっかけになったんだよ。


●フレイは悪いことは何もしていない。

●↑確かに彼女はしていない。
キラは尻に敷かれているんだよ。

●↑今の所はね。

●↑君に完全に同意だよ。
彼女にはそのような事をする理由があるからね。

●↑そのような事をする理由があるからといって彼女がワーストガールになるわけじゃない。

●↑彼女はしようとしている事のために素晴らしいことをしている。
でもだからといって彼女がビ〇チになってしまうということはないよ。

●バクゥは素晴らしかった!
人間型じゃないメカのファンなんだよ。

あんな感じでSEXするとは思ってなかったよ。
でも前回の話のPVにヒントがあったよね。
フレイはずる賢いやつだ。
でも彼女は面白いキャラだよ。
サイに対しては酷い態度をとっているけどね、かわいそうな男だ。

以前出ていたけど新しい女の子がついに戻ってきた。
OPとEDで彼女を観ていたけど、彼女が実際に現れて興奮したよ。
彼女は有能でクールなようだね。

新しく出て来た将軍は素晴らしい男だ。
彼の事を後でもっと見れると聞いたから嬉しいよ。
ザフトと地球連合とナチュラルの国の違いを見分けるのは本当に難しいよ。
ザフトは地球の一部に支配地域があるけど、主力の軍は宇宙にある。
そして地球の国と中立の国もコロニーを持っている。
あとレジスタンスもいる。
太陽系全てが派閥の寄せ集めのようだね。

●↑CE71の時点でのパワーバランスの要約だけど、ザフトはアフリカ、ヨーロッパの大半、中東、アジアの中央とそれに加えて何十ものコロニーを宇宙に持っている。
地球連合は南北アメリカ大陸とオーストラリア、アジアの残りの部分、月にあるコペルニクス基地を持っている。
オーブは東南アジアにメインの島があって、以前存在していたヘリオポリスとモルゲンレイテの本社がある。

●↑ありがとう!これは助かる。
早速質問だけど、これらの場所は全て太陽系内にあるんだよね?
有人惑星間航行をする必要があるようなコロニーがあるの?

●↑すべてのガンダムシリーズは太陽系の中の話だよ。

https://www.reddit.com/r/anime/comments/43l4ht/から翻訳

9 Responses to “機動戦士ガンダムSEED第15話:海外の反応「キラとフレイはヤッたのか?」”

  1. 名無しさん より:

    >彼女は有能でクールなようだね。
    そうだね(目をそらしながら)

  2. 名無しさん より:

    よく批判されるシーンだけど、二人にとってはまさにギブアンドテイクが成立しているんだよね

    それにしても意外と好意的な意見が多いけど、そういうのだけ抜き出したのかな?

  3. 名無しさん より:

    あんな性格悪い女の身体でキラがあれだけ活躍するのなら
    巨乳艦長と美人の副長が枕持参でキラの私室を訪問すれば
    翌朝キラはアムロ1ダース分くらいの働きをするに違いない

  4. 名無しさん より:

    クールで有能……だといいね

  5. 名無しさん より:

    まあフレイはこれで終わらずヒロインやりきるからね
    ガンダム史上見てもあんまり類を見ない使い捨てじゃなかった色仕掛キャラ

    種死ではババアの一存で存在抹消されるがw

  6. 名無しさん より:

    アグニでアークエンジェルへの砲撃を撃ち落とした所は、海外の人の反応どうだったんだろう

  7. 名無しさん より:

    童貞捨ててイキっちゃうとこがリアル

  8. 名無しさん より:

    カガリのコロニーから地球ワープ説はどうなったっけ?

  9. 名無しさん より:

    フレイは自分を守らせたいんじゃなくて
    キラ(コーディネーター)とコーディネーターを
    殺し合いさせたいんだろ
    そのために自分の身体を使ってキラを炊きつけたわけで

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ