機動戦士ガンダムSEED第14話:海外の反応「ちくしょう!フレイめ!」

 

●ネタバレだけど・・・ナレーションの所でキラとカガリを抱いている紫色の髪の女性がいるね?
キラとカガリは双子だから彼らの顔はその女性にとても似ているんだけどね。

●↑君のコメントはネタバレに入ると思うよ。
ネタバレだけど、彼女は二人の母親だよ。
そのシーンはリマスターバージョンで新規に入れられたんだと思っていたけど、オリジナルのTV版でも入っていたよ。
気付かなかった。

●第14話のタイトル:果てし無き時の中で
ヘイスレ主、第14話のタイトルは正しいけど、”果てし無き時の中で”はリマスター版ではカットされた総集編だぞ。
リマスター版の第14話のタイトルは”それぞれの孤独”だよ。
タイトル名で混乱したのが自分だけだとしたら、僕だけ間違ったエピソードを観たんだろうね。
オォォォォ 新しいオープニングだ!

オープニングにはかなりいいモビルスーツがでてくるね。

あと製作陣はとある理由から、新しいオープニングでマリューの絵を良くして出番を増やしたね。(以前のOPでは無かった絵があったし、とてもクオリティが高かったよ)

アスランはキュートな少年だったのに、かっこよくなっていたけど何が起ったんだ?

フレイはコーディネイターを嫌っていたのに、コーディネイターの世話をしている。
いや違うな。

「まだお話だけだったんだし」

「キラは戦って、戦って、戦って死ぬの」

サイには説明していたけど(サイがかわいそうだとは思わないよ、フレイと別れられてよかったからね)、フレイは自分のカラーを出してきたね。

フレイは親切なふりをしてキラをPTSDに追い込んでるね。
それでいいけどね。

少なくとも彼女はハッピーに見えるよ。
ちくしょう!フレイめ!
新しい人間関係が形成されてきたね。
新しい人物も出て来たけど、彼らは一体どうなるんだ。
これから面白くなるだろうね・・・・

●↑>あと製作陣はとある理由から、新しいオープニングでマリューの絵を良くして出番を増やしたね。(以前のOPでは無かった絵があったし、とてもクオリティが高かったよ)
TV版のオリジナルのOPではマリューはシルエットだけだったんだけど、リマスター版のOPはさらに詳細に描かれていたね。

●↑そうだね。
彼女のシルエットをぼんやりとだけど思い出したよ。
詳細は思い出せないけどね。

●↑オリジナルのTV版との比較のために。
次の20話では登場しない人物を新しいOPに入れた事を不思議に思わざる負えない。(またOP変わるけど)

●これがこの絵に進化してるね。

●↑マリューの胸が揺れるシルエットはオリジナルバージョンのOPの中にあったよ。
製作陣はその部分を書き換えて、ちょっと調整したね。

「戦争は勝って終わらねば意味がない」

●今回の話はオリジナルのTV版ガンダムSEEDの第15話だね。
ありがたいことにリマスター版は総集編をカットしているんだ。
総集編ではラウ・ル・クルーゼが過去の出来事を説明し、コーディネイターとプラント、紛争の進展について述べるんだよ。
このクソ野郎の滑らかな説明を永遠に聞いていられるよ。

アークエンジェルは地球の砂漠に着陸した。

「連中、とにかく俺たちよりはるかに身体機能は高いんだからさ」

みんながまたキラのコーディネイターの能力について議論していたね。
彼らはキラの能力を受け入れて、もう議論するのを止めるべきだ。
しばらくの間、フレイはこのアニメの本当のメインキャラクターになるような気がするよ。

「まだお話だけだったんだし」

彼女は可愛そうなサイを冷たく見捨てたね。
普通の一般人の能力を超えるキラには追いつけないからね。
フレイは今回からキラをおもちゃのようにもてあそぶようになると予言しておく。
次回はカガリが出てくるから興奮する。
次回、機動戦士ガンダムSEED”燃える砂塵”
”その力、解き放て!ガンダム”(奇妙だ)

●↑>”その力、解き放て!ガンダム”(奇妙だ)
PVの画像を見てみれば分かるけどそんなに奇妙じゃないよ。
ところで英語版だけど、”Fire with everything you’ve got, Gundam!”になっていたよ。

>総集編ではラウ・ル・クルーゼが過去の出来事を説明し、コーディネイターとプラント、紛争の進展について述べるんだよ。
最初のコーディネイターであるジョージ・グレンが現れるのを見る時はいつも、焼きたてジャパンのブラッド・キッドを思い出すんだよね。

>フレイは今回からキラをおもちゃのようにもてあそぶようになると予言しておく。
彼女は僕を怒らせるかもしれないけど、素晴らしいドラマの元になる人物だからね。

●↑>普通の一般人の能力を超えるキラには追いつけないからね。
これは今回の話の中での議論すべき点だね。
もしチャンスがあればだけど、僕たちでもコーディネイターにならないという選択はしないだろう。
とあるエピソードの中で、キラがコーディネイターは能力の容量は増えたけど、能力は必ずしも増えていないと戯言みたいな事を言っていた。
見えすいた矛盾だけどね。
SEEDでは多くのナチュラルがコーディネイターを嫌っている。
コーディネイターを嫌うのは反遺伝子工学的な感情もあるんだろうけど、大半はコーディネイターへの恐怖が原因に違いない。

●↑そうだね、同意だよ。
ナチュラルがコーディネイターを恐れるのは自然だよね。
このアニメはモラルに関する問題をよく提起してくるよね。

●↑>今回の話はオリジナルのTV版ガンダムSEEDの第15話だね。
僕たちにとってはリマスター版がスタンダードだよね。
だから50話じゃなくて48話しかないから、今回の話が第14話になるんだ。

●確認したいんだけど、ニコルって間違いなく男なんだよね?

●↑そうだよ。
男性で間違いない。

●↑知ることができてよかった。
声で男性か分からなくなっちゃうんだよね。

●↑彼は14歳だからね。

●↑本当?
若いキャラクター達はみんなそれぐらいの年なの?
少なくとも16歳ぐらいだと思っていたよ。

●↑SEEDのキャラクターの年齢は以下の通りだよ。
ニコル:14-15歳
イザーク:17歳
ディアッカ:17歳
アスラン:15歳
キラ:15-16歳
ミリアリア:15-16歳
トール:15-16歳
カズイ15-16歳
サイ:16-17歳
フレイ:14-15歳
フレイが一番若いけどね・・・

「入れ!」

●イエス!このシリーズの中でも好きなキャラクターの一人で、ザフトのキャラの中では大好きなアンドリュー・バルトフェルドが出て来た。

●↑そうだね、バルトフェルドと0079で彼に相当するキャラは絶対にベストの敵役だよね。

●↑敵にはいつも親切ですごい将軍がいるよね。

●↑そうだね。
0079で誰が彼の事を嫌いになれるだろうか?
特にオリジンを見た後にはね。

●↑バルトフェルドはまたすぐに見れるよ。

●↑なんてかっこいいんだ!

●↑僕の大好きなキャラの一人だよ。
とんでもないやつだ。
Destinyでは銃の内臓されている義手を付けているんだよ。

●↑ホーリーシット!その事忘れてたよ。
キラがまたフリーダムガンダムに乘ることになった話で、暗殺者が逃れたときにその義手を使ったんだっけ?

●↑そうだね!
そのエピソードではマリューは完全にマザーフ〇ッカーだったよね。
いいエピソードだけどね。

●↑Destinyの中でもベストの話だったよね。


●コーディネイターはほぼあらゆる面でナチュラルより優れている。
キラが”同じ種族であるコーディネイターと戦う”っていうのは好きだけど、僕は主人公はあらゆる手段を使って自分より優れたパイロットに立ち向かうのが普通だと思っているよ。
遺伝的に自分より優秀に改造された敵より優れたパイロットになるために、主人公が自分の限界を克服するような展開が望ましいんだけどね。

●↑そうだね。
もしキラがナチュラルなら、ヘリオポリスで死んでいたろうね。
もし軍事訓練を受けたナチュラルのパイロットがいれば、ナチュラルのキラが遺伝学的に優れた敵に対抗するっている君の前提もあり得るんだけどね。
ムゥがガンダムを与えられて闘う場合を除いてね。
訓練さえ難しいナチュラルが、コーディネイター達と同じレベルで技術を使いこなすのは想像しがたいな。

https://www.reddit.com/r/anime/comments/43l4ht/から翻訳
 

2 Responses to “機動戦士ガンダムSEED第14話:海外の反応「ちくしょう!フレイめ!」”

  1. 名無しさん より:

    結構先の話も平気でするんだな
    海外はスポイラーにうるさいのかと思ってた

  2. 名無しさん より:

    赤い髪の生き物が本領を発揮してきたな

コメントを残す

サブコンテンツ