棺姫のチャイカ AB第7話:海外の反応「ベストガールの大人フレドリカが戻ってきた」

hca-7-4

 

hca-7-1

●トールはナイフを投げて、罠が動かないようにしてたね。
棺姫のチャイカが好きな理由の一つは、戦闘シーンが派手で、よくアニメ化されていて、演出がいいからなんだよね。
だからこの話は最高だよ!
チャイカは魔法攻撃がうまくなってるし、最近の闘いではうまく使い始めているのがいいね。

●↑潜るシーンだけど、アニメーターはシュノーケルがどう動くかとか、なぜ使うのかをよく理解してないようだね。

●↑それシュノーケルじゃなくて、呼吸装置だよ。

●↑どういうものか説明して。

●↑チューブの中に、呼吸に必要な空気を貯めておくんだよ。

●↑あんな閉じたチューブじゃ役に立たないんじゃないの?

●↑私の推測だけど、てっぺんにスライド式の弁がついていれば、チューブの中の気圧が下がって未使用の空気が使えるんじゃないかな。
マウスピースはつけたままだよね。

hca-7-2

「トールが私と契約して、戦士たちを蹴散らして」

●なぜフレドリカが契約を結びたがっているのか教えてくれないか?

●↑彼女は寂しいし、パートナーだったドミニカ(だっけ?)が死んでから目的を見失っている。
一生契約を結べば、両方の悩みから解放されるからね。
主人公のトールと一緒にいる事になるし、彼のミッションが彼女のミッションになる。
人生の目標が、チャイカの主題だよね。
チャイカの様に盲目的にミッションを追い求めるか、契約を結んで雇い主のミッションを遂行するサバターみたいにね。
全ての登場人物が、自分の存在意義に関係することをしなくてはならない。
ドラグーンであり戦士であるフレドリカだけど、ミッションは契約を結ぶ事なんじゃないの?
少なくとも、彼女は前のパートナーを尊敬してたよね。

●↑フレドリカがトールに特別な感情を持っていても驚かないけど、話の展開からしてそれはないと思う。
もしロマンスがあるなら、トールとチャイカだけだよ。
フレドリカがわざとトールにまとわりつくのは、トールがチャイカについているのと同じだよ。

●↑なるほど!その通りだね。

●↑そうだね。
このアニメには、精神的ダメージを与える場面がいっぱいあるよね。


●トールがフレドリカと契約すれば、強力なサバター/ドラグーンになると、また言ってたね。
兄弟子のシンも、「トールはサバターに向いてない」と言ってるしね。
そう考えると、トールが契約するのは流れに沿ってるよね。
問題は、いつ契約するかと言うことだよ。

hca-7-3

●何らかの理由で、ニーヴァはハルトゲン・チャイカのためには作動しないと思うよ。
ニーヴァを試して使おうとするけど、白チャイカのためにしか変形しないんじゃないかな。

●↑個人的には、白チャイカがこの城を吹っ飛ばしてほしい。
頭と腕にニーヴァガンドを装着して!
この話のルールからいくと現実的だから、いいと思うんだけど。

●↑チャイカによろしくだよね。

View post on imgur.com

●二人のチャイカよりいいのは?
三人のチャイカだ!

●この話には、情報と戦闘シーンの両方が少しずつあるね。
ちょっとミステリーだけど、メインの黒チャイカ(登場順で3番目)が全てを操っているように見えるね。
おそらくハルトゲンさえもね。
彼女たちも遺体を狙っているのは、納得がいかないけどね。
蒼チャイカもそうだったけど、時々方向性を見失う時があるよね。


●また別のチャイカが現れたようだ。
チャイカのハーレム状態だ。
でもなぜ、赤と白のチャイカだけが変なしゃべり方なの?
直近に出現したからかな?

●↑たぶん、「しゃべり方=記憶=魔法思念料として記憶が使われた=少し前に魔法をたくさん使ってしゃべり方に影響が出てる」って事だろう。

●↑いつも思ってるけど、彼女たちは魔法のロシア大陸から来たんだろうね。

●↑白チャイカは納得だけど、魔法を使ってないように見える赤チャイカの場合は疑問だな。
否定もできないけどね。
この世界で魔法がどのように作用するのか、ほとんど知らないしね。
ナレーションで何かヒントがあればいいんだけどね。

View post on imgur.com

「こんなこと5年もやってるなんてね」

●ベストガールの大人フレドリカが戻ってきた。


●このように離れ離れになってしまったら、フレドリカとトールはどうやってチームを組むのか心配になってきたよ。

●↑ライトノベルの事を言っているのか?
アニメはライトノベルと違うエンディングだからだよ。
ライトノベルとアニメは同時に終わるけど、結末は違うと2期が始まる前に言ってたと思うよ。

●↑ライトノベルのこのシーンの事言ってるんだよ。
ライトノベル通りなのか知らないけど、アニメでも見たいんだよ。

●↑トーナメント終了までに二人をペアにしないと、その結末はライトノベルだけになりそうだね。
途中でパートナーを替えても構わないけどね。

●↑チャイカが3番目の黒チャイカの所に連れていかれて、アカリがシンとの戦いで傷つくみたいだけど、そうなるとフレドリカとトールが残るよね。

●↑フレドリカ、トール、そしてパワーが必要に‐‐‐。

●↑とうとう手下を持つことになるのか!

View post on imgur.com

●チャイカは次の話で闘う準備ができてるね。

●↑本当にそうだけど、チャイカが一番いいチャイカだよ。
話すときもかわいいし、以前より強くなってるのがいいね。
トーナメントでも立派にサポート役を果たしている。

●↑たまには、彼女の射撃シーンだけでもかっこいいんじゃないかな。
いつも呪文を聞く必要はないような気がするよ。
特に呪文が長い場合はね。

「ザ・トルネード」と詠唱する前に、敵の男がトールを切りつけるのに4秒ぐらいかかってるしね。

●↑同感だよ。
でも、彼女がどのように上達しているかを見せたいんじゃない?
クローディアほど早くないから、もう少し時間が必要だよ。
覚えているけど、以前の呪文は今より長かったよ。

●↑確かに、以前よりかなり短いよね。
最初のころは呪文を詠唱している数分間、トールが敵を抑えていなければならなかったよね。

https://www.reddit.com/2ovyeiより翻訳

 

コメントを残す

■コメントに関するガイドライン
NGワードを含む場合はすぐには反映されませんのでご注意ください。
NGワードは性的な表現や差別的な表現です
そのような表現は伏字を使っていただければすぐ反映されます
マナーを守ってご利用ください。



Parse error: syntax error, unexpected 'else' (T_ELSE) in /home/ailexwp1/kaigai-otaku.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_cool_1512311247/footer.php on line 38