// PCで表示させたい内容

韓国の反応「韓国の言いがかりがすさまじい、”韓国が旭日旗を政治利用している”、日本のTVでパネリストが妄言」

「韓国が旭日旗を政治的に利用している」「韓国が謝罪しなければならない」が、最近の日本のTV時事番組で出てきた発言です。
来年東京オリンピックとパラリンピックに登場する旭日旗応援、旭日旗のメダルに私たちが抗議したところ、かえって卑劣な言葉で応酬したものです。

【記者】

【伊達川シラク/日本の評論家:旭日旗が嫌いという人は、日本国旗も嫌だろう。スタンドに日本人が座っていても、過去を思い出し嫌だろう。]

来年の東京パラリンピック、およびパラリンピックのメダルが旭日旗に似ているという韓国の抗議のニュースを伝えた日本のTV番組。

日本のパネリストは、旭日旗は日本を象徴する日本国旗と同じだと主張をしました。

また、旭日旗は政治的意味がないとし、むしろ韓国が政治的に利用していると説明しています。

【八代秀樹/日本弁護士:2011年から急に韓国が(旭日旗を)政治的に利用し始めました。私たちは、それを世界に訴え続けなければならないと思います。]

誤った抗議をした韓国の謝罪が必要であるとの、居直り発言もあふれています。

【伊達川シラク/日本の評論家:だから抗議した人々は、きちんと謝罪しますよ。「本当に申し訳ありません」と言って。]

しかしこのメダルには、中国もその模様が旭日旗を連想させると言って問題提起をしました。

戦争と侵略の象徴なので、旭日旗はアジア諸国に歴史的な傷と苦痛を蘇らせるが、日本の一部の人は、この旗が戦犯機であることを否定し、韓国の対応を単純な反日感情と受け入れています。



●韓国人
オリンピックで軍旗を振る唯一の国、戦犯国日本

●↑韓国人
世界でメダルの形は扇形だと言うのに、旭日模様だと言い張る唯一の国、被害妄想韓国

●↑韓国人
巧みに負債を隠し、旭日旗を世界に広告してイメージメイキングする、狡猾でお金で買収するだけの日本。
彼らの祖先は百済が教育させて王室も開いたのに、子孫らは海賊だから…

●↑韓国人
私たちは独島と大きく表記した韓半島旗を作ってみようかww
日本が強く出たから、我々も一度同じように対応してみよう。

●↑韓国人
旭日昇天旗は江戸時代から400年以上使用されてき日本の象徴だ。
戦争は全く関係ない。
第2次世界大戦参戦国ではなく、朝鮮が一人で戦犯機という捏造と歪曲が大きい。

●↑韓国人
扇形wwwww
日本猿はあれを扇形と言うんですねww

●↑韓国人
被害妄想www
被害妄想ではなく事実だろ、あれは厳然たる事実だ。


●韓国人
そしたら私たちも、安重根義士の手形の旗作っていこうか〜

●↑韓国人
私はお弁当爆弾バッグ

●↑韓国人
亀甲船が良さそう

●↑韓国人
太極旗の上に原爆雲描いとけ

●↑韓国人
反日精神病人コメントレベルを見ろw
質が悪いね

●↑韓国人
旭日昇天旗の中に放射能マーク

●↑韓国人
朝鮮併合反対派だった伊藤博文を暗殺した安重根を英雄視しているなんて、本当に歴史を知らない人だね

●↑韓国人
テロリストを崇拝する未開な被害妄想朝鮮人


●韓国人
IOCに美しいハーケンクロイツ模様の製品を作って送ろう。

●↑韓国人
言葉よりも有言実行性が見たい


●韓国人
自国の国旗よりも愛用されたという点も共通しているね



●韓国人
最近断髪するおじさん、おばさんたち!
こんなことに反対する剃髪は死んでもできないでしょう?そうでしょう!


●韓国人
政治的に見れば、日本は本当に後進国。
韓国もそうだけど、あいつらは私たちよりも30年は遅れをとっているようだ…


●韓国人
オリンピック選手の方に今回の五輪は国家レベルで了解を得て、大韓民国は東京オリンピックボイコットしましょう。
あいつらとは同じ空の下で生きられない。


●韓国人
アマチュア大会でオリンピックが最も栄誉ある大会なのに、了解を得られるとでも?
頭おかしいのかww


●韓国人
旭日旗が戦犯旗であることを世界的に知らせなければならない。


●韓国人
旭日旗を英語で何て言うか知ってるか?
そんな言葉ないよww


●韓国人
ドイツは戦争を起こしたことを後悔して、日本は戦争で敗れたことを後悔する…これが恥ずかしい歴史と向き合う姿勢の違い。
日本の歴史修正主義は、政治的影響と同時に、日本国民の認識まで変えている。
手のひらで空は隠すことができない。
現実とまっすぐ向かい合ってみろ…

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=437&aid=0000219752&date=20190916より翻訳

サブコンテンツ

このページの先頭へ